コメディカル分野の専門学校に行ってるものです。パーキンソンについて課題がでています。だいだいの主症状は網羅しましたが、応用編で困っています。パーキンソンの患者さんが何らかの感冒に罹った場合、やはり基底核部、その周辺のレセプター関係に服薬(成分にもよると思いますが)による何らかの影響があるのでしょうか?そしてそれが全身に影響があるのでしょうか?ウィルス等に影響されて症状が悪化するという予測はしているのですが、その機序についてなかなか調べることができません。臨床ではいかがなものでしょうか?何らかの現象等でも良いので解答おねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

パーキンソン病の患者さんが急性上気道炎や肺炎を起こし、元々の病状が比較的重度なために痰の喀出がうまくいかずに呼吸困難になった場合、気管内挿管をしたり長期に及ぶ場合には気管切開などをして治療することがある、という意味での経験者として書き込みます。


「パーキンソン病の患者さんが感冒にかかった場合に何らかの総合感冒薬などを投与すると、その薬剤が黒質-線状体系に何か影響を及ぼすか、また、そのことが全身状態の悪化につながるか」、という質問でしょうか?
申し訳ありませんが、薬剤の影響についてはわかりません。ただ、一番上にも書きましたように、パーキンソン病が重度になりますと、嚥下障害や痰の喀出障害が起きてきますので、肺炎になりやすくなったりそれが重症化することはあります。
余談ですが、ご存じのこととは思いますが、パーキンソン病に使用する事のあるアマンタジンという薬剤は、A型インフルエンザの初期治療薬(又は予防薬)でもありますので、これを投与されている患者さんではインフルエンザにかかりにくいかもしれませんね。

>ウィルス等に影響されて症状が悪化するという予測はしているのですが、

ということですが、どういう予測をたてたのか補足されると、専門家の方が色々アドバイスしてくれるかもしれませんよ。

この回答への補足

「ウィルス等に影響されて症状が悪化するという予測」ということなんですが、錐体外路のニューロン等に(パーキンなので黒質-線条体の部分と明記します)に菌の作用、または投薬による影響等、「なんらかの影響を及ぼし」て陰性および陽性徴候が強くなり、無動・寡動また振戦が強くなるのでは・・・と思っているのです。風邪が原因で寝たきりになる事はお年寄りにはよくあるのですが、パーキンソンの患者さんがそう言う状態になったときに特にどの点を「見立て」および「注目」して、ケアをしなければならないでしょうか・・・。「ケア」および「リハ」というのがが自分のポイントなのですが。内容にまとまりが欠けています。申し訳ありません。

補足日時:2001/01/14 10:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。「パーキンソン病の患者さんが急性上気道炎や肺炎を起こし、元々の病状が比較的重度なために痰の喀出がうまくいかずに呼吸困難になった場合、気管内挿管をしたり長期に及ぶ」という箇所で、もうお一方からもあったのですが、症状に「固縮」がありますよね。内臓にも固縮がおよび、腸などの運動にも影響を与えているということを聞いたことはあるのですが、その関連で気管等にも・・・ということなのでしょうか。
あまり、応用編の臨床症状が本にないのでとても助かります!またちょっと考えて質問の補足をしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/14 10:14

便乗質問ですが...


 風邪をひくと、咳が出る、嘔吐するなどの症状が出ます。その時に「スイッチが切れた」状態になってしまうと危ない、ということはないんでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーキンソン病の鍼灸治療について

パーキンソン病の鍼灸治療について
母親がパーキンソン病で、発症から10年近く経過しているのですが、大阪市、大阪府、その近辺でパーキンソン病治療において評判の良い鍼灸院を教えてほしいです。

もし思い当たらなければ、パーキンソン病を得意とする鍼灸院によらずとも構いません。
ただし、パーキンソン病を得意としていないことを明記してほしいです。
大阪府内でパーキンソン病を得意としている鍼灸院がほどんとなく、藁にもすがる想いです。
(パーキンソン病の実績があるか等鍼灸院に直接問い合わせをしたいと思います)
どんどん情報をください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲もわき、運動できる時間も長くなり

薬の効き目は期待しないで下さい。その他はそのとおりの効果はあります。


>鍼灸というのは聞いたところによると、行う人により程度の差があり、治す気がない・下手な人が行うと症状が悪化すること、また得意部門・不得意部門にわかれていることを聞きました。

鍼でパーキンソンが悪化するようなことは絶対にありません。鍼は刺激が強すぎると、翌日に痛みやだるさが出ることがあります。逆に言えばこれがなければ効果が薄いのですが、出すぎるのが困るわけです。刺激量の決定は個人差が非常大きく、細い鍼ですごく良く効く人もいれば、太い鍼でもいまいちという人もいます。患者さんの反応を見極めて刺激量を決定をする必要があります。この刺激量を間違え、翌日にだるくて起きられない、様なことが起こってパーキンソンが悪化した、と勘違いしたのでしょう。これは鍼の刺激が過剰に出た例であり、パーキンソンが悪化したわけではありません。


>鍼灸院のサイトは当然のごとく自分たちの都合の良いように書き連ねるでしょう。参考にできません。
しかし付近でパーキンソン病に特化して口コミを探すことは症例から言って困難だと思われます。
そこで口コミ評判の一環としてこのOKWaveを使わせていただこうと思ったのです。
できれば具体的な鍼灸院名があればありがたいです。

私は毎日OKWaveを利用していますが、地域限定の口コミ情報はほとんど回答が得られていません。また業者が宣伝目的で回答つけることも良くあります。(削除される質問も多いので) 不特定多数のコミュニティサイトでの情報提供はほとんど信じられないと思います。病院やショートステイでパーキンソンの方がいますよね?そこから情報を得た方が確実だと思いますよ。


>そこでしっかりした専門的な回答
もしよろしければ、専門的な回答とは例えばものか教えていただけませんでしょうか。
別のサイトで、中国古典医書でパーキンソン病はどんな考え方をしているのかを見ましたが、それが回答でき、治療法・治療回数等を教えてもらえれば良いところだと判断して構いませんでしょうか?

鍼灸の治療法は大きく分けて三種類あります。西洋医学的に基づいた方法、東洋医学に基づいた方法、中医学的に基づいた方法、です。個人的な考えでいえば、西洋医学か中医学の方がいいと思います。ただ中医学に傾倒しすぎているのも問題あるかもしれません。といいますのは、パーキンソンの治療の基本は病院です。病院の考え方とあまりにもかけ離れていると、病院を否定しかねません。これは西洋医学的術者もそうですが、病院治療を否定する施術者はやめましょう。

専門的な回答はパーキンソンで言えば、基本症状、お薬、リハビリなど理論的に説明できないとダメだと思います。いま患者さん生活状況・病状を聞き、パーキンソンの症状と照らし合わせて考え、具体的な治療方針を立て、近々の目標、さらには中長期的な展望など明確に出来る人が望ましいと思います。もちろんパーキンソン以外の医学知識が出てくる場面もあるでしょう。

鍼治療の方法は基本に、パーキンソンだから特別なことはしません。治療の目的は運動器の改善や便秘の軽減です。これは肩コリ、腰痛の患者さんに行う方法と基本的に同じです。ですから、地元である程度はやっている治療院はいいと思います。しかし治療院の規模や、保険の関係で流行っているように見えるだけかもしれません。腕が良くても個人でやっているお店なら、どんなに多くても患者さんは日に10人程度です。鍼は直接手をかけるため、完全予約制が多いです。ですから見た目で流行っていないように見えることが多いです。


すいません。長くなってしまい的を得てない部分があるかもしれません。
他に何かあれば補足してください。

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲も...続きを読む

Qノロに一度罹ると今年はもう罹らないのでしょうか?

どうもノロウィルスに罹って、治ったようなんですが、免疫が付いて今年はもうノロに罹る心配は無いでしょうか?この免疫は来年まで持つでしょうか?

Aベストアンサー

私もノロウイルスにヤラレタ1人です。
免疫は出来るようですが、ノロウイルスにも色々と種類や型があるようで、それが違うとまた感染してしまう可能性があります。
もしまた感染するような事があれば、違うタイプのノロウイルスだと思います。
下のサイトにも説明が掲載されています。1度ご覧ください。
もう感染するのはこりごりですね。かなりヒドイ目にあいました。

参考URL:http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/67f/nlv.html

Q統合失調症、パーキンソン病、薬害パーキンソン症候群についてどなたか答え

統合失調症、パーキンソン病、薬害パーキンソン症候群についてどなたか答えてください。
私の父は現在76歳で統合失調症で23年間精神科の病院で生活していました。
入院して10年後くらいに手足に震えが始まり
去年父は脳内出血で倒れ国立へ転院しました。
その時医師にパーキンソン症候群では?と言われ、そんなことはないと思います。と
私はそれが薬害によるパーキンソン症候群とは知りませんでした。

私なりにネットで統合失調症とパーキンソン病、パーキンソン症候群を調べ
統合失調症に有効な治療は出過ぎるドーパミンを抑えるということで
10年間その薬を飲み続けた結果ドーパミンが出にくくなり?出なくなり
薬害によるパーキンソン症候群になったようです。

パーキンソン病の治療は逆に出にくいドーパミンを増やせば有効とのことで
統合失調症とパーキンソン症候群を発病している患者にとってその加減が難しいことなのですか?
パーキンソン患者の高齢者には一日1回くらいのLdopa?という薬を飲ませれば良いとありました。
それを一日一回でも飲ませなかった場合薬害パーキンソン症候群になった患者はどうなるのですか?

統合失調症とその薬害パーキンソン症候群になってしまった患者の命は助けられないのですか?

統合失調症、パーキンソン病、薬害パーキンソン症候群についてどなたか答えてください。
私の父は現在76歳で統合失調症で23年間精神科の病院で生活していました。
入院して10年後くらいに手足に震えが始まり
去年父は脳内出血で倒れ国立へ転院しました。
その時医師にパーキンソン症候群では?と言われ、そんなことはないと思います。と
私はそれが薬害によるパーキンソン症候群とは知りませんでした。

私なりにネットで統合失調症とパーキンソン病、パーキンソン症候群を調べ
統合失調症に有効な...続きを読む

Aベストアンサー

精神科の主治医に相談するのが一番です。

Q感冒におけるお風呂の役割

感冒で鼻水がたくさん出て喉が痛くて咳がとまらず寒気もして苦しいのですが、
少し熱め(43度)のお風呂に入ると全ての症状が収まって、普段通りお風呂に入っているのと変わりませんでした(不快な症状が消え去ったのでむしろ普段より気持ちいい)
お茶を入れたペットボトルをもって1時間近く入っていました。
その後お風呂から上がるとまた入る前の状態に戻り、
喉が痛く咳も出ています…(鼻はまだ通っています)

これはお風呂に入っている間は身体に良い作用をしていると捉えていいのでしょうか?

極端な話ですが風邪を引いている間ずっとお風呂に入っていれば、症状に悩まされることなく風邪を治せますか?

詳しい方ご回答お願いします

Aベストアンサー

難しいところですが、発熱の代わりに水温で熱を与えたと考えていいでしょう。
体に付いた雑菌を落とす、水蒸気で咽頭・鼻腔内の洗浄をする、免疫の活性化になる、という良い側面ももちろんありますよ。
ですが、体温より熱いお風呂に入るということは運動しているのと同じで体力を消耗しますし、心臓に負担もかかります。
極端な話ですが、風邪を引いている間ずっとお風呂に入っていると、風邪より深刻な影響が出ることもありえます。
体がやらなくちゃいけないことを代わりのものでブーストするのが長く続くと本来の体の機能が落ちるのはよくあることなので、適度なリフレッシュに抑えた方がいいと思います。
心身弱ったところに一時の活力を与えるのにお風呂は良いと思いますが、何事もやりすぎは禁物ですよ。

お大事にして下さい。

Q薬剤性パーキンソンの検査と治療

母がパーキンソン病と診断されました。
ただ、これまで4年間、抗うつ薬(半年前から服用中止)を
服用してましたので、その経過から薬剤性のパーキンソン症候群ではないかと思っていますが・・・。

そこで質問ですが、パーキンソン症候群の原因が薬剤性であることを確かめるための検査などありますか?
(血中濃度などの測定でわかりますか?)
また、仮に薬剤性パーキンソンであった場合に飲んではいけないパーキンソン病治療薬などありますか?
現在はカバサールを服用しています。若干、こわばりがとれたような感じです。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

症状などでだいたい見当が付くことが多いようです。

パーキンソン病では、まず片手に症状が出て、同じ側の足に出て、反対側の手に出て、反対側の足にでるということが数ヶ月から年単位で起こることが多いです。

一方薬剤性パーキンソン症候群では、左右対称に症状が出現し、症状の進行は数週から数ヶ月単位で、パーキンソン病よりも早いことが多いようです。

ほかにも色々と違いはあって、専門家から見るとたいていの場合分かるらしいです。

それと、薬剤性パーキンソン症候群の治療法ですが、薬剤性であった場合に飲んではいけないパーキンソン病の薬については知りません。ごめんなさいm(__)m
でも、薬剤性の場合一番大事なのは、まずは原因となっているかもしれない薬剤の中止らしいです。

goomac2004さんの以前の質問も読ませていただきました。
主治医の先生が薬剤性パーキンソン症候群の可能性はないと言っていて、でもgoomac2004さんは薬剤性だと思うなら、なぜ薬剤性パーキンソン症候群でないと言えるのかを詳しく説明してもらってもいいと思いますよ。少し機嫌を悪くするかも知れませんが、大切なお母さんのためならいいじゃないですか。納得できるまで食い下がりましょう(^^)

症状などでだいたい見当が付くことが多いようです。

パーキンソン病では、まず片手に症状が出て、同じ側の足に出て、反対側の手に出て、反対側の足にでるということが数ヶ月から年単位で起こることが多いです。

一方薬剤性パーキンソン症候群では、左右対称に症状が出現し、症状の進行は数週から数ヶ月単位で、パーキンソン病よりも早いことが多いようです。

ほかにも色々と違いはあって、専門家から見るとたいていの場合分かるらしいです。

それと、薬剤性パーキンソン症候群の治療法ですが、薬剤性...続きを読む

Q祖父がノロウイルスに罹ってしまったかもしれません…><

症状は昨日の今頃から出始め、今まで続いています。
先ほどまでは熱はなかったようなのですが、はかってみたら37度5分熱が出ているようです。
一昨日の食事を聞いてみたところ、持病の薬をもらってきた帰りにカキフライを食べたそうです。
嘔吐も今のところありませんが、症状からみるとノロウイルスなのではないかと思っています。
もし仮にノロウイルスであるとすれば私はどうすれば感染せずに済むでしょうか?

祖父に詳しく症状を聞くと、 完全に水のような下痢で体に力が入らないと言っています。
何度かトイレに行っているようですが、その間に私もトイレに行っています。
調べたところ、家族にノロウイルスの感染者がいても、感染者と接触したり汚染されたものに触れた手で物を食べたりしなければ、主な感染原因の経口感染はしないので大丈夫だと聞いたのですが本当ですか?
今は祖父とは別の部屋にいてなるべく部屋の外には出ないようにしています。

ノロウイルスと決まったわけじゃない!!と祖父に怒鳴られましたがもしそうだとしたら…と怖くて涙が出てきます。

どうか回答お願いします!!

症状は昨日の今頃から出始め、今まで続いています。
先ほどまでは熱はなかったようなのですが、はかってみたら37度5分熱が出ているようです。
一昨日の食事を聞いてみたところ、持病の薬をもらってきた帰りにカキフライを食べたそうです。
嘔吐も今のところありませんが、症状からみるとノロウイルスなのではないかと思っています。
もし仮にノロウイルスであるとすれば私はどうすれば感染せずに済むでしょうか?

祖父に詳しく症状を聞くと、 完全に水のような下痢で体に力が入らないと言っています。
何...続きを読む

Aベストアンサー

単に、カキフライでの食中毒の様に思います。
であれば、感染する可能性は全く有りません。

しかし、ノロウイルスで有れば十分に感染する可能性が大きいです。
ただし、あくまでの経口感染ですから食事の前やトイレの後に手を洗い、食品や食器も使いまわししなければ大丈夫でしょう。
しかも、感染後の症状が現れるのが非常に早いですから、現在体調に変化なければ大丈夫と思います。

ただし、ノロウイルスの病原菌は、少なくとも感染者の体内に1週間は残って居ると言われて居ます。
しばらくは油断しない様にしてください。

Qパーキンソン病の便秘について

 パーキンソン病の祖父のことで質問させていただきます。
祖父はパーキンソン病になってから便秘がひどく、5日ほど
しないと出ないようです。
 パーキンソン病では自律神経が障害されたり、パーキンソン病
の薬からも便秘になりやすいと聞いたことがあるのですが、
こういう場合、便秘の改善にはどんな薬が向いているでしょうか?
 教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

一番いいのは適度な運動かなぁと思うんですけどね
お爺様は座れますか?立てますか?歩けますか?
座ることが出来るのなら日中はできるだけ座らせてあげましょう。
あとは便秘薬といえるレベルではないですが酸化マグネシウム(マグミットとかって薬局で売ってます)
と大目の水分 これだけでダイブ違いますね。
浣腸等に頼るのも最終的にはいいとは思いますが あまり多用すると癖になりますからね

病院の先生にひどい便秘であることも伝えてみましょう

Q給食職員がノロウイルスに罹ったら

給食職員がノロウイルスに罹ったら、何日くらい休ませるといいものですか。1日休みもう症状はないので、復帰したいとのことですが。

その職員のみで、他に症状等はありません。

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。

 最初にお断りしておきますが、ノロウイルスに限らず職員が感染症に罹患した場合の対応は、職場の責任であらかじめ決めておくべきことです。

 まず、ノロウイルスは「菌」ではなく「ウイルス」です。「菌」という言葉も非常にあやふやで、「菌」だけだと細菌も真菌も含まれてしまいますし、それぞれ性質がまったく異なりますから、感染症に対するリスク管理を考えなければならない人は、そのあたりはしっかり勉強して下さい。

 ノロウイルスが非常に長期間、体内にウイルスを保持して排泄を続けるのは確かです。ちなみに2週間とか1ヶ月とか言われているのは「罹患してから」ではなく「回復後」です。これで数日間ずれてしまうので注意して下さい。
 このウイルスの排泄は「便」からとなります。従って日常生活上はまず大きな問題にはなり得ません。ご質問のケースは「日常生活上」ではないので別な考え方が必要ですが。
 また、回復後2週間ウイルスを排泄すると言っても、当然のことですが「発症中」の吐瀉物や下痢便によるウイルス排泄とは、そのウイルス量はケタが違います。従って発症中の患者と回復した罹患者を同じリスクと評価することは間違っています。

 いろいろ誤解されている方がいるようですが、「有効な消毒薬」は存在します。塩素系の消毒薬が効果があります。
 また、他の方法にしても、まるで効果がないというわけではなく、極端な話、水で手洗いするだけでもウイルス量は1/100くらいには落とせるのです。ですから複数の方法を組み合わせることによって、リスクは大きく減じることができるでしょう。

 それと「空気感染する」という意見も問題で、それは「ノーマルな」感染経路ではありません。
 空気感染が成立するのは、発症中の患者が嘔吐した吐瀉物が空中に舞い上がって、エアロゾルが発生した場合です。また、「空気感染」とは意味が異なりますが、そのエアロゾルがカーテン等に付着して、それを触った人が、手から口経由で感染する、という可能性はあります。
 なので、「回復した人」から空気感染が起きるリスクはゼロと考えて良いでしょう。便を、もう回復しているので固くなっているでしょうから、それをわざわざ水で溶いて、その液体を調理場の床に勢いよく叩きつけるくらいのことをすれば、「回復者からの空気感染」も成立するかもしれませんが。

 それに言うまでもないですが、その給食施設で嘔吐していない限り、そこの空中にウイルスが浮遊しているという可能性もありません。

 検便も1つの手ですが、ノロウイルスは「ウイルス」ですので、通常の検便では検出することができません。
 一般的にはウイルスを検出するには細胞培養とバイオセーフティ施設が整ったラボが必要です。ただしノロウイルスはまだ細胞培養系が確立していませんので、通常はRT-PCRというノロウイルスの遺伝子を検出する方法で行います。
 それには専用の機器と熟練した技術者が必要ですので、保健所などではできません。普通は都道府県の衛生研究所などでやっていると思いますが、一民間施設の職員の健康管理のための検査などは対応してくれないでしょうから(都道府県によっても異なるかもしれませんが)、民間のラボで受けてくれるところに依頼する必要があるでしょう。けっこう高額だと思います。

 回復者がウイルスを排泄するのは便からのみ、ということを考えれば、手袋、帽子、マスクを必ず着用する等の一般的な衛生管理体制が徹底されているところであれば、それほどリスクは大きくないとは思います。
 念押しすれば発症者がウイルスを排泄するのも、便と吐瀉物のみです。汗などからは決して排泄されません。

 ちなみにNo.2の方の奥さんの店で子供が嘔吐したときの対応ですが、私が衛生管理者であれば家族に吐瀉物の始末はさせません。
 というのは、ノロウイルス罹患者の吐瀉物は極めてウイルス量が多い汚染物品ですから、それの始末は"素人"にやらせるべきではない、という考え方です。素人がやることによりウイルスを除去しきれないことが怖い、ということです。
 ですから、従業員の数人にきちんとした感染症対策の教育を受けさせて、彼らに吐瀉物の始末をやらせる、という対策を取るでしょう。
 これは私が正しくてNo.2の奥さんの店が間違っている、という意味では決してありません。それぞれのリスク要因とその除去方法に対する考え方の相違によるもので、それぞれで責任を持って遂行すれば良いことです。
 そもそも、リスクをゼロにする確実な方法なんてありませんから、リスク要因をどう捉え、それをどうやってどこまで除去するか、という問題はそれぞれの組織で相違があって当然です。どこまでできるのか、という要素もありますし。
 感染者が出たら社員総出で消毒する、という話も、私ならその掃除によって感染するリスクがある、と考えます。
 例えばデスクに置いてある紙にウイルスが付着していたとして、それは誰かが触らなければそこにあるだけで、いずれ失活してリスクがなくなるわけですが、総出で掃除するとわざわざその紙に触ってしまう機会を増やすことになります。また、掃除で紙を移動させたりすることにより、付着していたウイルスがエアロゾルになるリスクもあるし。
 なのでこの場合でも、私なら「誰か1人かせいぜい2人」に、その掃除と消毒を担当させるでしょう。ちゃんと教育を受けさせた社員に。
 これも私の考え方です。私がその会社の感染症対策などを命じられたらそういう規定にするだろう、という意味です。

 というわけなので、その給食施設の組織としての判断です。
 そのために「食品衛生管理者」という者を置くことになっているのです。

 という前提で、あくまで「私なら」という但し書きつきですが、この件についての対応案を。

 その職場の人員配置にもよるのですが(人数的に辛い職場か余裕があるのか)、回復後、3日ほど休んでもらいます。復帰後は、その翌週末まで「職場での排便」は禁止します。
 あとは一般衛生管理の話です。ノロ患者が出ようが出まいが、普段から徹底しておくべきことです。それは「一般衛生管理」なので省略。食品衛生管理者なら当然知っていることですから。
 あと、私なら一般衛生管理に加えて手洗い場にブラシを常設しますかね。ブラシを使った手の洗い方はあるやり方があって、要するに手術前に医者が手を洗うやり方なのですが、それは全職員に教えて常時徹底してもらいます。
 という案を出して、あとは職場で協議して決める、というのが常識的なところでしょうか。

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。

 最初にお断りしておきますが、ノロウイルスに限らず職員が感染症に罹患した場合の対応は、職場の責任であらかじめ決めておくべきことです。

 まず、ノロウイルスは「菌」ではなく「ウイルス」です。「菌」という言葉も非常にあやふやで、「菌」だけだと細菌も真菌も含まれてしまいますし、それぞれ性質がまったく異なりますから、感染症に対するリスク管理を考えなければならない人は、そのあたりはしっかり勉強して下さい。

 ノロウイルスが非常に長...続きを読む

Qパーキンソン病の介護の件で、、

現在、ロングショートで特養にいます(最近、患った、誤嚥性肺炎の退院後のリハビリの回復病棟の入院待ちです)。

ところが、前から気になっていたんですが、どうも、誤嚥から肺炎になったりしたこともあり、パーキンソンの初期症状ではないか?(以前に、神経内科の医師からも、パーキンソンかも?との指摘はありましたが、、、)
との、心配をしていると、施設の担当者に言ったら、それなら、早速、家族さまで、病院の外来に介護タクシーを手配して、受診をして下さい、ショートでは、パーキンソンには対応できませんから、と言われました。

で、質問なんですが、施設がおっしゃっているんだから、外来受診をしようと思うのですが、やはり、今、入院待機待ち状態の、リハビリ病院の外来で受診すべきでしょうか?(ところが、この病院は、リハビリや脳神経外科はありますが、神経内科はないのです。パーキンソンは神経内科しかだめでしょうか?)。

出来たら、この待機待ちの病院の外来で受診し、もし、必要あらば、待機待ちから、入院にスムースにいかなかいかな?とか、考えたりするんですが、、、、。

この考えはどうなんでしょうか?

あと、もし、外来受診で、パーキンソンの判断が下った場合、ショートは、パーキンソンは預かれないというようはニュアンスだったのですが、今後の、受診後の家族の対応はどうすればよいのか?がわからないのです。

そもその、パーキンソンなら、在宅介護しか、方法はないんでしょうか?
施設の方は、パーキンソンの診断が下っても、外来受診となってゆくのではないのか、というような発言でした。

一般にパーキンソンの診断が下った方は、その後はどんな、介護、どんな入院、どんな外来、となってゆくんでしょうか?

すいません、アドバイスをお願いいたします。

現在、ロングショートで特養にいます(最近、患った、誤嚥性肺炎の退院後のリハビリの回復病棟の入院待ちです)。

ところが、前から気になっていたんですが、どうも、誤嚥から肺炎になったりしたこともあり、パーキンソンの初期症状ではないか?(以前に、神経内科の医師からも、パーキンソンかも?との指摘はありましたが、、、)
との、心配をしていると、施設の担当者に言ったら、それなら、早速、家族さまで、病院の外来に介護タクシーを手配して、受診をして下さい、ショートでは、パーキンソンには対応でき...続きを読む

Aベストアンサー

介護職の桜子です。パーキンソンだから ロングショートを利用出来ないなんて聞いたことないですよ。先ずはお世話になりたい病院に神経内科がないのなら病状を正しく調べるために専門医がいる病院で看てもらいはっきりさせた方がよいでしょう。パーキンソンと言ってもみな同じ症状ではなく進行の度合いも違い妄想があったり様々ですから。在宅も可能ですが独居はきついかなと思われますので担当のケアマネさんとよく相談しましょう。

Qノロウイルスに罹った後の通学はいつごろからがいいのでしょうか?

ノロウイルスに罹った後の通学はいつごろからがいいのでしょうか?
20歳の娘が3日前から嘔吐下痢で苦しんでました。
嘔吐は初めの一回だけで、水分は摂れてたので病院へは行きませんでしたので、
ノロウイルスかは不明ですが、かなり苦しんでました。
3日目の今日は下痢も腹痛もかなりよくなり、
明日は学校へ行きたいと言ってます。
娘の体力も心配ですが、周りにまき散らすようでどうすればいいのか悩んでます。
特に決まりがないようですが、皆さんならどうされますか?

Aベストアンサー

通常は、下痢が改善して48時間後です。すなわち、ほぼ日中に排便しなくてもいい(学校で排便しないだろう)と推定できるようになってからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報