その本には「お戻りになりましたら私のところまで電話を下さるようお伝えください。」とあるんですが、英語が得意でないので・・・。
 
1命令形なのに、このような日本語訳なんですか。askの使い方・意味が?です。
2Could you ・・・? とか Would you・・・? とかは使わない?
  
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

pleaseは、人にものを頼むときに使うもので、


「~してください」という意味になります。
決して「~しろ」と言ってるわけではありません。
could you, would you はより丁寧な使い方になります。
ask 人 to 動詞の原形で、人に何々するように頼む、言う
という意味になります。ここでは、「彼に~と言っておいてください」てな感じですかね。おそらくこんなものだと
思います。英語がんばってね。
    • good
    • 0

もう皆さんがお答えになっているので重複はなるべく避けたいと思いますが、命令形の前にpleaseを付けると「~して下さい。

」という丁寧な言い方になります。
Could you とかWould youを付けるとさらに丁寧な言い方になり、「~していただきたいのですが。」という意味になります。
もっと丁寧にしたければWould you mind asking...となって「~頼んでいただけないでしょうか。」といった意味になります。
    • good
    • 1

1.命令形は動詞が一番前にきたときです。

この場合、Pleaseがあるので命令形ではないですよ。
 askは「尋ねる」というような日本語の意味ですが、”要求”の意味を示すことがよくあります。この例文がその一例です。ask someone to...で「だれだれにTo以下することを頼む」という構成になります。

2. Could you・・・?,Would you・・・?でも似たような意味になりますよ。言い方の違いですね。
日本語で言うなら、「彼が戻ったら電話するように言ってください」と
「彼が戻ったら電話して伝えてください」ぐらいの差です。意味としては”電話がほしい ”が一番大事なことで、伝えようが言おうが同じですね。

仮にCould youなどを使うと、そのまま疑問文にして、
Could you ask him to call me when he comes back?
または、
Could you please ask him to・・・?ということも可能です。
    • good
    • 0

既に回答されていますが、命令形でも Please をつけると丁寧な表現となります。

当然、口調にもよりますが‥
Could you please ・・・、或いは、Would you please ・・・となれば、最も丁寧な言い回しになりますネ。
『戻られましたら、私に電話していただけるようにお伝えいただきますようお願い申し上げます』といったニュアンスになるでしょう。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTO DOリストとは何ですか

TO DOリストとは何ですか
TO DOリストとは何でしょうか。
パソコンやXperiaで使うことができるのでしょうか。
どうやって作るのでしょうか。

Aベストアンサー

TO DOリストとは「やらなければいけない事」の覚書です。

多岐にわたる仕事をしていると、いつまでに何を仕上げなければいけないか、忘れてしまう場合があります。また複数のメンバーで順に仕事をしていると終わっていない仕事が何か分かりにくくなります。それらを管理することを目的とします。

パソコンのソフトにフォーマットが入っている場合もあります。
システム手帳でもフォーマットが用意されているものもあります。
どんなツールを使うかは、そのリストを、何人で、どんなふうに使うかによりますね。

作り方も細かなところは自由です。
私が使っている項目は次の通りです。
・何をするのか
・締め切りはいつか
・他の作業との兼ね合いはあるのか
・誰がいつ仕上げたのか
・完成した報告はどこへするのか
ご自分の目的に合った使い方とフォーマットにしないと、リスト管理が目的にすりかわってしまいますから要注意です。

QCould you,Will you,Would you--?の違い

Would youはwill youを、Could youはCan youをより丁寧にした表現に、と教わりましたが・・
Would(Wil) you~?とCould(can) you~?は両方
“~してもらいたいんだけど、してくれませんか?”
みたいな意味で使われると思うのですがどういった違い、使い分けがされるのでしょうか?
また、Would you~?とWuold you like~?は文法的に(?)何か関係があるのですか?
お願いします!

Aベストアンサー

Would you ~?もCould you ~?も意味は同じで、「~してもらえますか?」「~してもらってもいい?」といった意味になります。
Will you ~?は相手に何かをする意思があるかどうかを尋ねる場合に用いられる事が多いので、依頼文には使わない方が無難です。例えばタクシーに乗ったときに運転手に「急いでもらえますか?」と言う場合、もしWill you hurry?と尋ねたらまず間違いなく嫌な顔をされます。この場合は「ちょっと、急いでくれよ、まったく」とか「急ぐ気あるんか、おいっ」という意味にとられてしまいます。
また、Can you ~?は場合によってはこちらの方が好ましい場合もあります。例えば相手に手伝いを求める場合、Could you help me?は相手の能力や都合はおかまいなしに一方的にお願いするニュアンスがあります。この場合はCan you help me?の方が相手が断りやすい、思いやりのある言い方になります。
その他の一般的な依頼は先述のWould youまたはCould youを用いて問題ありません。
Would you like ~?はDo you want ~?の丁寧な表現で、「~はいかがですか?」と所望の有無を尋ねる時に使います。いわゆる大人の表現です。
また、Would you mind ~?は丁寧な表現ではありません。これはとげとげしい嫌味な言い方です。例えばWould you mind turning off the lights?は「電気ぐらい消したらどうなのよ」と言う意味になってしまいます。何かをやめて欲しい時にWould you mind?(ちょっと、やめてくれない?)と3単語のみでも表現されます。

Would you ~?もCould you ~?も意味は同じで、「~してもらえますか?」「~してもらってもいい?」といった意味になります。
Will you ~?は相手に何かをする意思があるかどうかを尋ねる場合に用いられる事が多いので、依頼文には使わない方が無難です。例えばタクシーに乗ったときに運転手に「急いでもらえますか?」と言う場合、もしWill you hurry?と尋ねたらまず間違いなく嫌な顔をされます。この場合は「ちょっと、急いでくれよ、まったく」とか「急ぐ気あるんか、おいっ」という意味にとられてしまいま...続きを読む

QGoogle CalendarでのTo Doリスト共有

Google CalendarでTo Doリストを使っていますが、それを複数の人と共有することは可能でしょうか?同じ案件を協業するときにこれができれば便利なので共有したいのですが。

Aベストアンサー

カレンダー左側にある [ToDo リスト]のことでよろしいでしょうか?
そちらだと‘共有’はできません。
Google側が提供していません。

ですので、新しく「ToDo」カレンダーを作って共有することをお薦めします。

Q"Would you mind if I ask you...."

先日、ある英語教師(ネイティブ)から、Aの表現をBに変えるように言われました。文法上の理屈はわかりますが、どうも納得できません。
ネット上で検索すると、圧倒的にAの使用例が多いです。

どう理解したらいいのでしょうか。

教えてください。


A "Would you mind if I ask you...."

B  "Would you mind if I asked you..."

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<ある英語教師(ネイティブ)から、Aの表現をBに変えるように言われました。>

1.その方は英国人、それも文法に厳しい人、もしくは英国英語の影響うけた方ではないでしょうか?

2.同じような表現に、Do you mind if~の言い方もありますが、Would~過去形~?の表現は英国人(特に語法にこだわる人)に好んで使われる表現です。


ご質問2:
<文法上の理屈>

は以下の通りです。

1.このwouldは、仮定法過去で使われる帰結の婉曲用法になり、ifは、仮定法過去の条件節になります。

2.従って、条件節のif節内は仮定法過去にするのが正しい文法上の用法になります。

3.仮定法とは事実と反することを想定して述べる用法ですから、この表現の直訳は
「(実際はまだしていないが)もし~するとすれば、あなたは気にするでしょうか?」
となります。

3.文法上の理屈はご存知ということですので、if節の中の過去形が何故仮定法過去か、直接法(Do you mind if~)との違いもわかると思います。


ご質問3:
<ネット上で検索すると、圧倒的にAの使用例が多いです。>

ネット上で使われる英語が全て正しい英語ではありませんし、ネイティブが全て正しい語法を使うわけではありません。文法無視の日本語が出回っているのと同じです。

Wouldを使ったこの表現では、その英語教師が言うように、if節で仮定法過去を使うのが正しい語法です。英国でも正しくきれいな英語を話す英国人は、必ず仮定法過去を使います。


ご質問4:
<どう理解したらいいのでしょうか。>

1.Do you mind if~は現在形との使用になります。主節の疑問文が仮定法ではなく直接法だからです。

2.Wouldを用いた表現とほぼ同じですが、仮定法の丁寧な婉曲用法でもあるwouldの表現の方が丁寧な言い方になります。訳出のニュアンスの違いは以下の通りです。

例:
Do you mind if~?
(直訳)「もし~するとしたら、気にしますか?」
→(意訳)「~してもいいですか?」

Would you mind if~?
(直訳)「もし~するとしたら、気にするでしょうか?」
→(意訳)「~してもよろしいでしょうか?」

ちなみにそれぞれの回答は
No, I don’t.(Do~に対する答え)
No, I shouldn’t.(Would~に対する答え)
(直訳)「いいえ、気になりません」
→(意訳)「いいですとも」
となります。

3.Would you mind if+現在形を使う人は、Do you mind if~の用法と混同した使い方をしているのです。Wouldを使って丁寧な表現を出そうとしたものの、if節内の時制の一致まで気が回らないのだと思います。

正しい用法とは言えませんが、それが広く行き渡って慣例となれば、その語法のまた正しい用法として定着していくのかもしれません。文法は生物なので時代と共に変化することもあり得ることです。

4.但し、現在の英国ではその英語教師の言う通り
Would you mind if+仮定法過去?
「~してもよろしいでしょうか?」
という依頼文に対し
No, I shouldn’t.
という語法を使うのが、きれいな話し方をする英国人に正しい用法とされています。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<ある英語教師(ネイティブ)から、Aの表現をBに変えるように言われました。>

1.その方は英国人、それも文法に厳しい人、もしくは英国英語の影響うけた方ではないでしょうか?

2.同じような表現に、Do you mind if~の言い方もありますが、Would~過去形~?の表現は英国人(特に語法にこだわる人)に好んで使われる表現です。


ご質問2:
<文法上の理屈>

は以下の通りです。

1.このwouldは、仮定法過去で使われる帰結の婉曲用法になり、ifは、仮定法...続きを読む

QTo Doリストを作れるウェブサイトを探しています

To Doリストを作って、自分の行動管理をしたいのですが、そんなウェブサイトってありますか?

できれば、ログインすればどこでも利用可能であって、期日を設定しておけばアラーとを発信するなどの機能もあるといいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フランクリンプランナーの「オンラインプランナー」はいかがですか??

自分の行動管理どころか、それ以上のものが管理出来ると思いますよ。

参考URL:http://www.franklincovey.co.jp/products/index.html

Qwould youとcould you

以前にも質問があったらすみません。
丁寧な依頼のwould youとcould youに違いはありますか?
couldの方が丁寧と聞いたこともあるし
could youは“できましたか?”と勘違いされることも
まれにあるからwouldの方がいい。とも・・・
結局どちらの方が丁寧なのでしょうか?
それともどっちでもいいのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の回答自体は過去にも回答していますので、参考にして下さい。
あと、ちなみにイギリスに住んでいる人から聞いた話だと、would you ~もcould you~も悪いという訳ではあませんが、実際にはもっと丁寧な言い方、
would you mind ~
と言う言い方の方がより丁寧で、好まれるようです。(文章は長くなりますが)
まあ、丁寧に言っているという事がよりわかりやすい方が良いということですね。

不思議なことに(不思議ではないのかもしれませんが)、日本語でも英語でも文章が長く複雑になるほど敬意が感じられるようです。

では。

Q海外から日本に帰国する際のTo Doリスト?

お世話になります

現在ニュージーランド在住の者ですが、夫の仕事の都合で日本に永住帰国することになりました。おそらく、今年の10月ごろには日本での生活をスタートさせないといけないと思います。

3歳と1歳の子供がいるので、今のうちから徐々に準備を始めないといけないと思うんですが、いったい何から手をつければ良いのやら、検討も付かない状況です。

私と子供たちだけ先に帰国して、コチラの処理は夫にお願いして、私は日本で新居を探したほうがいいのかと思うんですが、夫が帰国してくるまでに家を準備するには、逆算していつごろに帰国しておけばいいでしょうか。(引越し先は東京です)
新居が決まるまでは私の実家に世話になると思うのですが、実家は狭いし、両親も高齢なので、あまり長いこと世話になれないと思っています。

あとは、こまごまとした事務処理とか、いろんな手配とか、何をどうしたらいいでしょうか。
To Doリストなどないかとインターネットで色々探してみたのですが、見つけることができませんでした。

アドバイス等いただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.新居については旦那さんと一緒に帰国されてから実家に世話になって探されてはいかがでしょう
 何か月もかかりませんよ、、あとあと不満の種になりませんか?
 実家が通勤圏になければ探しに行くのもたいへんです

2.諸手続きは会社の総務に相談されるのが良いと思います。
 というより、会社の方から聞いてくるのが普通じゃないでしょうか

 きっと前例があるはずです。 社命で転勤しているのでしょう
 運送会社なども個人で直接当たるより会社出取引のある業者の方が何かと安心でしょう

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q仕事の情報整理方法 (TO DOリストの管理方法について)

こんにちは。

現在、仕事の情報整理がうまくいかず困っています。
特に、書き込んだToDoリストが行方不明になってしまい、伝達ミスや無駄な動きがしょっちゅう発生し、非効率で困ってます。
現在、整理術の本を読んで名案を探している所なのです。皆さんはどのように情報整理をしているのでしょうか?


ー<現状>ー
現在は、B5ノートをメイン、そしてメモ帳をTodoリストとして利用しています。以前はB5ノートにTodoリストを一元管理していたのですが、一日辺りのノート消費が著しく、色々な情報が整理しきれなくなり、現在の使い方に変更しました。Todoをすぐに探せず手戻りが多く発生したからです。

毎朝仕事に取り掛かる前にTodoリストに「今日の仕事、時間、優先度、期限、そのた情報」を書き込んで行き、仕事が済んだら赤線で消していってます。

<原因分析>
当日のToDoに関しては管理できるのですが、以下の確認にムラが出てミスを誘発します。
・遣り残した仕事と現在進行形の仕事
・日付は未定だが近々やらないといけない仕事
・Todoリストで上げた仕事の中で、先輩から駄目出したされた事や付随した仕事(ex:具体的に何をどの様にやるのか、何が必要か)
・突然の優先順位変更に対応できない。
ーーーーーー

皆様の知恵を拝借したく質問してみました。
宜しくお願いします!

こんにちは。

現在、仕事の情報整理がうまくいかず困っています。
特に、書き込んだToDoリストが行方不明になってしまい、伝達ミスや無駄な動きがしょっちゅう発生し、非効率で困ってます。
現在、整理術の本を読んで名案を探している所なのです。皆さんはどのように情報整理をしているのでしょうか?


ー<現状>ー
現在は、B5ノートをメイン、そしてメモ帳をTodoリストとして利用しています。以前はB5ノートにTodoリストを一元管理していたのですが、一日辺りのノート消費が著しく、色々な情報が整理...続きを読む

Aベストアンサー

下記 条件付書式参照11の誕生日3日前・・・あたりを参考にしてみて下さい。

もっと簡単な方法もありますよ、やらなければいけない事を書き込んでおいて、その前のセルに優先順位を数字で入力しておいてソートしてやれば一発で並べ替えられます。

ついでにエックセル技道場もURLを貼っておきました。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/excel/waza/cformat.html,http://www2.odn.ne.jp/excel/

QI would really appreciate it if you could ~

I would really appreciate it if you could response it to us.(連絡いただければありがたい)などとビジネス英語では、よくある表現ですね。文法的な質問ですが、このwould, couldの働きは仮定法の方法ですよね?
1)直訳だとどの様な表現でしょうか?
2)どの程度、相手に対して丁寧なのでしょうか?
3)Would,Couldはどの程度の仮定法での表現なのでしょうか?
ちょっと質問がややこしいですが、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

"if you can,"(よければ)という表現自体、相手の意思を尊重しているわけですから、それなりに丁寧な言い方だと思います。

"if you could,"は、それをさらに仮定法過去にしているわけですから、より丁寧な言い方になります。日本語でも「よかったら」と過去にする表現がありまよね。訳としては「よろしければ」という感じでしょうか。仮定法は、不可能なことを仮定する場合ばかりではなく、「事実」や「要請」を裸のままストレートにぶつけるのでなく、それぞれに対して「距離」をとった表現をとることで相手の意思を尊重したり、ソフトな表現にすることが出来るんです。「期待していない」ということとはちょっと違うと思います。"if you could,"とすることで「もし、そうしていただければ」と相手にゆだねる感じが出るんですね。「仮定」として申しますのも、実行していただけるかどうかはあなたしだいだからです、といった感じで(日常的な表現なので、そこまで強く意識しているかどうかはわかりませんが、言葉のつくりを解析すればそういうことになると思います)。

1)直訳だとどの様な表現でしょうか?
yamamo55さんの訳でいいと思うんですけど、あえて直訳風にしてみると、「この件について私たちにご返信していただければ、私はそのことに対して大変感謝いたします」といった感じでしょうか。
もう少し普通に訳せば、「この件につきご返信いただければ、大変ありがたく存じます」でしょうか。

2)どの程度、相手に対して丁寧なのでしょうか?
かなり丁寧だと思います。ただお客さんに対する手紙としては、ごく普通の表現スタイルなのではないでしょうか。生活圏にいないので「どの程度」というのは正確にはわかりませんが。

3)Would,Couldはどの程度の仮定法での表現なのでしょうか?
前後とも「仮定法過去」です。"if you could" と条件節を過去にしているので、"I will really" も"I would really"と過去形になっているんですね。

"if you can,"(よければ)という表現自体、相手の意思を尊重しているわけですから、それなりに丁寧な言い方だと思います。

"if you could,"は、それをさらに仮定法過去にしているわけですから、より丁寧な言い方になります。日本語でも「よかったら」と過去にする表現がありまよね。訳としては「よろしければ」という感じでしょうか。仮定法は、不可能なことを仮定する場合ばかりではなく、「事実」や「要請」を裸のままストレートにぶつけるのでなく、それぞれに対して「距離」をとった表現をとることで相手の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報