英国のマーガレット・ベケット外相が、物まねタレントからの電話を、次期首相の有力候補であるブラウン財務相と信じ込み、副首相らについて「いない方が仕事が進む」などと“失言”していたことが25日、分かった---最近のニュースですが、これに限らず欧米では同様の事件がよくあるそうですね。 95年には、カナダ・ケベック州の物まねタレント、ブラサール氏が、クレティエン・カナダ首相と偽り、ロンドンのバッキンガム宮殿に電話。エリザベス女王をだまし、14分間会話した内容が、ブラサール氏のラジオ番組で放送された---女王をだまし会話するなど日本では考えられないことですが、欧米の社会では何故こんなことが出来るのでしょうか?日本のタレントがもしこんなことをやれば、不謹慎だとそれこそ芸能界から永久追放されるでしょうし、だまされた政治家の方も黙ってはいないでしょう。欧米の一般大衆やメディアは、不謹慎だと怒るのですか、それともよく情報を聞き出したとして拍手喝采するのですか?自分のラジオ番組で放送するところをみると、手柄になるようですが、騙された相手は「オレオレ詐欺だ、ケシカラン!」とかで訴えたりはしないのでしょうか? それともタレントのこのような行為は人々の許容範囲内で、騙される方がマヌケだと思っているのでしょうか?以前、法を犯して太平洋単独横断に成功した堀江氏がアメリカで大歓迎を受けました。欧米人にとっては冒険というものが、法より上にある、あるいは超法規的のもののようですが、このいたずら電話に関してはどうなんでしょう?タレントの物まね能力というものに対して大きな尊敬の念でもあるのでしょうか?日本と違う何かを感じますがその正体がよく分かりません。どなたか解説出来る方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 以前、法を犯して太平洋単独横断に成功した堀江氏が


> アメリカで大歓迎を受けました。

 この件に関して説明します。昭和37年当時、日本ではまだヨットによる
出国が認められていませんでした。これは欧米諸国では理解しがたい制限で
あったため、サンフランシスコに到着したとき、米国側でそれを問題にする
ような人が誰もいなかったというのが真相です。

 つまり当時の米国人にとって、冒険が法より上にあったのではなく、そも
そも堀江氏の冒険自体になんら違法性が認められなかったというわけです。
米国の入国審査も決して超法規的な措置で入国スタンプを押したのではなく、
あくまで海路での入国として認めただけです。

※当時はビザ免除制度もなければ、ビザ要件自体が現在よりもはるかに
 ゆるい時代でした。だからハワイに移住できた日本人もいたのです。

 いっぽう、モノマネ芸人が政府関係者をダマすのは、たしかに日本人に
とっては理解しがたいものです。これは、王政が長く続いていたヨーロッ
パではもともと、王様や貴族の愚かな振る舞いをあげつらって笑うことが
庶民のガス抜きであり、笑いの文化だったという歴史があるからなんです。

 ですので、このようなイタズラ電話の対象は政府関係者と王族に限られ、
人気スターに対しては行なわれません。スターに対して同じことをやったら
確実に訴えられますが、政府や王族が庶民を訴えるのはそもそもありえない
こととされています。さすがに宮殿に入り込んだら不法侵入になりますが、
身分を偽って宮殿で働いたマスコミの例では裁判になっていないはずです。

 私が大学生のとき、英米文学の教授が「 庶民が王様を笑うコメディーは
文化のレベルが高い 」と言ってました。私はその考えにはまったく賛成でき
ないのですが、そういう考えの人たちがいるということは理解できます。

この回答への補足

遅くなって申し訳ありません。
<<王政が長く続いていたヨーロッパではもともと、王様や貴族の愚かな振る舞いをあげつらって笑うことが庶民のガス抜きであり、笑いの文化だったという歴史があるからなんです>>とのことですが、ということは、欧米人は一般的に現在でも、王室の人間や政治家を見下げる感情があるのでしょうか?尊敬していたり憧れたりする感情があれば、こんな馬鹿にした行為はしないし、一般の人もそれを受け入れないと思うのですが・・・

補足日時:2007/03/19 15:28
    • good
    • 0

その昔、「鬼頭判事補事件」等というものもありましたね。


あれは、風刺・パロディとは異なり政治問題・刑事事件になりましたが。。。

今回の事件でも、外相は『そんなこと言ってない』と一応は否定しているようですね。(当然と言えば当然か)
基本的にああ言った政治的風刺に対して寛容さが大きいんじゃないでしょうか、法的にどうか?よりも度量の大きさを示す方が得策という文化も素地としてあるのでは無いでしょうか。
かなり痛烈な風刺劇や風刺画もありますが、それが法的追求を受けた話は聞きませんし。

日本では唯一「ザ・ニュースペーパー」が政治的風刺とも言えるでしょうが、それ以外の人々(タレント)は意図的に政治的な話題は避けていますよね。
変な事を言うと、某幹事長から『忠誠心が無い』とお灸を据えられそうになるからかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに、日本でも新聞などの政治風刺漫画では随分きつい内容のものがありますね。でも、風刺されて一々政治家が訴えたりはしてませんね。欧米におけるイタズラ電話というのも、政治風刺として捉えられているのでしょうか?

お礼日時:2007/03/06 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女王の国

新聞で英国王室の王位継承の男系優勢を改める法案が提出というのがありました。
先ほど、ここにもそれに関する質問も投稿されていましたが、女性の立場からはとても
よいことだと思っています。
そこで、現在、英国はじめ、オランダやデンマークは女王さまの国ですよね。
王位継承者(皇太子)や、いずれ王位を継承される方が女性の国、つまり
将来女王様が誕生する国はどこがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは、はじめまして
先日(13日)、王国ブータン国王の結婚式が在りました、迚(とて)も煌(きら)びやかなものでした。

平成17年9月現在、世界で君主制を敷く国は(英連邦諸国は除く)29ヶ国
継承方法として、3っつに分けられ、
「1」男子にのみ継承権を認める
「2」男子の外、女子にも認める(男子優先)
「3」男女同等、優先順位を付けない(長子優先)
傾向として、アジア、中東、アフリカ、オセアニアは「1」、ヨーロッパは「2又3」(厳密に細かく見て往きますと、例外も在り、此のページでは書き切れなく成る様ですから細部は割愛、詳しくはA)、B)参照)

ですから、今現在将来に亘って各国の制度が変わらないと仮定しますと、将来「女王」が誕生する『可能性』の在る国は「2」、「3」の国からとゆう事に成ります。然うしますと、先程の29ヶ国の中12ヶ国の中の何処か.....とゆう事に成ります、飽く迄も「可能性」です。然うはいっても「1」の中から将来「2」、「3」への移行を考慮して居る国も多々在るのでしょう、我が日本も、一時俎上に載せ掛けた時が在りましたよね(確か、小泉政権時代?)。
ひょっとしたら、仏国の様な共和制を敷く国でも立憲君主制に成るかも......まぁ、在り得ないか!!

A)http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200509_656/065605.pdf#search='女性王位継承'
B)http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai4/4siryou3.pdf#search='女性王位継承'

B)中、人名等が結構詳しく出て居りますが、将来に向かっての予想で在り、確定した物では無い事は御理解戴けますよね?

上記王位継承者としての「女王」問題の外、各国政府の首長、大臣に女性が続々と輩出されつつ在る昨今、素晴らしい事だと思います、今後アラブの世界にもどんどん(此んな事書いて大丈夫かな?)風が吹くと好いですよね。

 こんにちは、はじめまして
先日(13日)、王国ブータン国王の結婚式が在りました、迚(とて)も煌(きら)びやかなものでした。

平成17年9月現在、世界で君主制を敷く国は(英連邦諸国は除く)29ヶ国
継承方法として、3っつに分けられ、
「1」男子にのみ継承権を認める
「2」男子の外、女子にも認める(男子優先)
「3」男女同等、優先順位を付けない(長子優先)
傾向として、アジア、中東、アフリカ、オセアニアは「1」、ヨーロッパは「2又3」(厳密に細かく見て往きますと、例外も在り、此のページでは...続きを読む

Q欧米人の名前

カテ違いだったらごめんなさい。
TVで映画を観て、フッと思いました。
日本人の名前で、男性なら一郎・一男・昭雄・博 etc、女性なら明子・花子・小百合・純子 etc、(同名の方ゴメンナサイ)など、漢字などの意味が、名づけの際反映されて名前の意味・由来があると思いますが、
外国人も名づけの際の意味があって当然と思います。
男性では、ジョン、アレックス、ロナルド、スティーブ etc、
女性では、ジェニファー、スーザン、ローラ、メラニー etc、
どの様な意味があるのでしょうか?
また、他にそれぞれの意味の名前があるとすれば、いくつかの例を教えてください。

Aベストアンサー

 このサイトにたくさん載ってます。語源も記載されています。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~simone/aya.htm

 たとえば、

・ジョン→聖ヨハネの英語読み
・アレックス→アレキサンダーの略。元々はギリシャ神話における称号で「防御する男」の意。

etc.

Q欧米人の融通性について

我や病気、家庭問題など、プライベートなことを理由に、欧米では日本よりも理解を示されるのでしょうか。

例) 大学の教授が、「前から言っていたけど(聞いてない)、数ヵ月前から離婚問題がこじれていて今たて込んでるんだ。だから、期末試験の結果はもう少し待ってくれないか」(すでに次の学期が始まって2週間)

例) 友人が事故で捻挫した。話を聞いた先生が大変同情し、彼女は課題締切日と試験日程を学期終了3週間後まで延ばしてもらえた。(この先生は普段は〆切などにとても厳しい)

例) ホームシックを理由に故国へ3ヵ月間帰った留学生。延長分の学費は大学が負担する。

例) アポを取ろうと思っていた教授に1週間コンタクトできなかった。後から話してくれた理由は、「バスルームの修理屋が来てたので家にいなければならなかった」。

弱者が守られる社会システムに起因している、ということなのでしょうか。それとも、日本よりも融通性があるということなのでしょうか。それとも、日本でもこんなものでしょうか。それとも、たんに個人の人間性の違いでしょうか。

Aベストアンサー

いろいろなケースが考えられます。

1.欧米人は一般的に言い訳がうまい。自己主張が善(当然)とされる文化と口がうまい人間は信用されない日本の文化の差。日本人は悪気がなければ他人は分かってくれるという村社会の発想です。

2.人間性を尊重する社会。日本もかつてはそうだったし、今でも田舎には同じ習慣が残っています。今のような日本になって未だ日は浅いと思います。(団体行動を乱すものは許されない農村的共同運命体の発想)

3.キリスト教の影響。弱肉強食の資本主義と共に弱者救済の宗教心が残っている。わが国もかつてはそうだったが自由主義と資本主義の悪い面が強く出てしまった。
宗教心も薄れてしまった。

例1.個人の問題。日本人教授でも大学が規則で介入しなければ同じようなケースは起こるでしょう。

例2.弱者救済の例(宗教の影響)日本では何でも平等で割り切りすぎる。

例3.例外。国籍、文化には関係ないと思います。

例4.言い訳、自己主張。日本では謝罪すれば許される
のでくどくど理由を言わない文化。酒を飲みすぎて何にも覚えていない・・・日本も西欧化してだんだん許してもらえなくなりました。

人生を楽しく送るには、何らかの息抜き、潤滑油が必要です。そこに民族差、個人差があらわれます。日本では
地域差も云々されます。(沖縄の人は人間的だなど)

いろいろなケースが考えられます。

1.欧米人は一般的に言い訳がうまい。自己主張が善(当然)とされる文化と口がうまい人間は信用されない日本の文化の差。日本人は悪気がなければ他人は分かってくれるという村社会の発想です。

2.人間性を尊重する社会。日本もかつてはそうだったし、今でも田舎には同じ習慣が残っています。今のような日本になって未だ日は浅いと思います。(団体行動を乱すものは許されない農村的共同運命体の発想)

3.キリスト教の影響。弱肉強食の資本主義と共に弱者救済の宗...続きを読む

Q欧米の犬猫の名前

日本では、ポチと言えば犬の名前、タマといえば猫の名前ですよね。
欧米では、犬や猫の名前というのがあるのでしょうか? それともJACKとかTOMというような人間の名前をペットにもつけているのですか?

Aベストアンサー

>JACKとかTOM

前者はジャクソンとかの略称、後者はトンプソンとかトーマスなどの略称です。言いやすいのと、フルネームで呼ぶのは怒られるときなどですので、親しくしている人に普通に呼びかけるときの言葉ですので、ペットにも使うことがあります。

それ以外には、日本語に訳すと子猫ちゃんに当たる言葉で呼びかけたり、チビちゃん、ブチ、茶色、黒などの特徴、以前、飼いはじめたときの癖や印象でつけられた名前が多いみたいです。

わざと、当時の大統領の名前にしたり、歌手の名前にしている人なども結構多く、英語でも、Itではなく、彼とか彼女と話している人も珍しくないです。聞いてみると、ペットは、家族ですので、Itではないそうです。

地域によっても違うし、わざと、フランスなのに、イタリア語で名前をつけたりもします。でも、呼ぶときは、短めの名前になります。たとえば、アンジェリータと猫に名前をつけ、フランス風に略してアンジェ、さらに、いつもはアンとか、プチとか、シャなどと適当にチビ、猫などと呼ぶのです。イギリスでも、フランクリンと名前をつけ、フランツと呼びかけたり、エフと言ったり、ホワイティーと言ったり、パピーと言ったりで、家族によっても、気分によっても変えることがあるみたいです。色の白、子犬ちゃんなどと呼んだり、イニシャルで話しかけたりなのです。

アメリカは、人種の坩堝ですので、スペイン語の名前、フランス語の名前、英語の名前、韓国語の名前など、名前の由来を聞くと、笑えることもあります。人によりそれなりに考えますので、有名人が飼っているペットの名前の真似したり、いろいろなのです。

逆に私は、日本の友達で、犬にポチと名前をつけているのは知りません。漫画などでポチという犬はよく見るのですが、実際に、ポチと飼い主が呼んでいるのは聞かないのです。猫のタマは、祖母が飼っていた猫はいつでもタマでしたので、知っているのですが、犬のポチは知らないのです。

>JACKとかTOM

前者はジャクソンとかの略称、後者はトンプソンとかトーマスなどの略称です。言いやすいのと、フルネームで呼ぶのは怒られるときなどですので、親しくしている人に普通に呼びかけるときの言葉ですので、ペットにも使うことがあります。

それ以外には、日本語に訳すと子猫ちゃんに当たる言葉で呼びかけたり、チビちゃん、ブチ、茶色、黒などの特徴、以前、飼いはじめたときの癖や印象でつけられた名前が多いみたいです。

わざと、当時の大統領の名前にしたり、歌手の名前にしている人なども...続きを読む

Q欧米での子供の携帯電話の普及率は?

以前、文化庁長官の河合隼雄氏がヨーロッパへ行った時、向こうの子供たちが時計を持っていない(親が持たせない)のにびっくりしたと語っていましたが、携帯電話はどうなんでしょう? 日本では中学生はかなり持っているようだし、小学生低学年では10人に1人、高学年では5人に1人が持っており、ますます増加しているとテレビのワイドショーで言ってました。
欧米では、子供が何かの仕事をしないと絶対に親は子供にお金を与えないとも聞きました、子供をスポイルすると将来よくない結果が出るということを欧米人は知っているようですが、日本人はそれを知らないようです。
で、欧米と一口に言っても一様ではないかもしれませんが、まあ、アングロサクソンやゲルマン族を基調とする諸国家と考えていただいて結構です。
子供が携帯電話を持つことにに対する欧米人の考え方とその普及率を知りたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アングロサクソン基調の国では全然ないので、お役に立てれないとおもいますが子供をスポイルしているのは日本人だけではないとお思い、投稿させていただきました。
イタリアの場合なのですが(アメリカ人でもイタリア系移民にもすこし当てはまるのではないでしょうか?)、親が子にべったりの国です。日本より甘やかしがひどいと思います。
小さい子に食後の後片付けをさせるのを、かわいそうだ といってやらせない親までいます。
なので子の物に対するせがみに親がすぐ負けています。そのせいか携帯電話の普及率はすさまじいです。
小学校低学年はさすがに30人1クラスに1-2人ほどですが、高学年になるほど増えていき、中学生になると持ってない子の数が持っている子の数を下回ります。イタリアでは契約すれば携帯がタダでもらえるという制度はなく、一番安いので6000円くらい、大体子供がもっているのが2万円くらいのものです。
携帯を子に持たせている親の言い分は、
子供の誘拐や失踪が多いので心配なため。(イタリアの大都市では子供の一人歩きはキケンなので学校、ならいごとには送り迎え要)
子供が友達から仲間はずれになるといってせがむので。
子供に文明の利器?を持たせてないと時代おくれになる。ハイテク機器に親しみをもたせる。
という意見があります。(これがすべてじゃないですけど。)
子供(高校生ときには大学生も)が働いてものを買うことはまずありません。大抵親のすねをかじります。25-27歳くらいまで大学に通うので親は大変ですが。メンタリティー的にそうなのと、失業率が高い為、ちょっとしたバイトのポストもすぐに埋まってしまうためです。
質問者様には余談だったかもしれませんがちょっとでも参考になればと思いました。

アングロサクソン基調の国では全然ないので、お役に立てれないとおもいますが子供をスポイルしているのは日本人だけではないとお思い、投稿させていただきました。
イタリアの場合なのですが(アメリカ人でもイタリア系移民にもすこし当てはまるのではないでしょうか?)、親が子にべったりの国です。日本より甘やかしがひどいと思います。
小さい子に食後の後片付けをさせるのを、かわいそうだ といってやらせない親までいます。
なので子の物に対するせがみに親がすぐ負けています。そのせいか携帯電話の普...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報