長く楽器をやっていたので、音程や声域などはそこそこなんですけど、いかんせん声が弱く、カラオケではマイクの音量を上げて歌ってます。
腹式呼吸が全く出来ていないのだと思いますが、どなたか声がたくさん出るような方法をご存知でしたら教えてくださいませm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

腹式呼吸の理論はわかりますか?


いわゆる横隔膜と腹筋をイメージするってやつですが。
簡単に言うと、息を吸うときは腹筋を緩めて横隔膜を下げ
はくときは腹筋で押し上げるように……ということです。

イメージ自体はつかんでしまえば簡単なことですが、その
訓練は地道です。
簡単な方法として、暇なとき、歩くときに気軽に出来る
やりかたの一例をお教えします。

まず、アタマでメトロノームを鳴らします(これは楽器を
やっていたかたなら簡単ですね。そうでないかたでも、
歩く早さにあわせればいいので問題ないはずです)。

4拍で吸って4拍ではきます(4歩で吸って4歩で
はく)。慣れたら、2拍で吸い6拍ではく。1拍で吸い
3拍ではく。次に7拍ではく。
さらに一瞬で吸い、4拍ではく。次に8拍ではく。
慣れたら拍数(歩数)をのばしてゆく。

この訓練で腹式呼吸が身に付くとともに、肺活量も鍛えら
れます。息のはきかたもコントロール出来るようになる
はずです。おまけにリズム感もよくなるかも。

ただ、豊かな声量があるからと言って喉をこわさないとも
限りませんので、カラオケや喉の酷使には、御気をつけ
下さいませ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え頂きまして、有難うございます。(^o^)

教えていただけたことを一つ一つやって見ようと思います。
喉の強さは自分がどうなのか、わからないのですが、とりあえず大事にしながら頑張ってみます!(^o^)

ありがとうございました!

お礼日時:2001/01/15 00:57

適切な回答が出来ているか不安なので、アドバイスを・・・


(゜゜;)ゴメンネ・・・(笑)

腹式呼吸はどちらかというと、女性よりも男性の方が会得しやすいようです。
女性は普段、胸で呼吸しているのに対して男性は普段からお腹で呼吸をしているらしいです・・・・(^▽^笑)
人間は立っているときと横になったときと呼吸方法が違うんですって(^^

ワタシが以前にやっていた腹式呼吸の練習方法は、仰向けで寝っ転がって声を出すこと、腹筋を鍛えることでした。
ついでにもう一つ・・・・(ノ*゜▽゜*)ニパパパ
頭蓋骨は3つの骨で出来ています。
ちょうど、真ん中あたりを意識して(頭のてっぺんです(笑))声を出すこと、真っ直ぐ前を向くよりもこころもち顔を上げていること。
肩の力を抜いて、両足は肩幅くらいで立つこと。

肺活量に関しては全くわかりません(*^-'*)> ぽりぽり

コーラス部での毎日のトレーニング方法でした(* ̄∇ ̄*)
毎日の発声練習によって、鍛えられていくモノですからいきなりはムリだと思いますが、ガンバってくださいね
p(#^∇°)q ファイトッ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますm(__)m♪

今夜から頑張って教えていただいた事を実践して見ようと思います。
簡単に出来る物ではないようなので、根性いれて頑張ります♪(^O^)♪

お礼日時:2001/01/14 04:39

ついさっき?よく似た質問に回答しました。

ご参考までに↓。

あと、楽器をやられていたということですが、吹奏楽器ではないようですね。
腹式呼吸ができないということですから・・・。

ただ、あまり声がでず、腹式呼吸もできない人がいきなり大きい声を出そうとするとのどやっちゃいますよ。
向こうで着けてるレスも、結論は ubon さんと同じですけど・・・。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=27735
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。(^o^)

楽器は、弦楽器をやっておりまして、腹式呼吸とはまったく縁のない暮らしを送っておりました(オーバーだ)。

大きい声を出してみても、仰るとおり、喉がおかしくなるだけでした。
頑張って勉強して見ます。m(__)m

お礼日時:2001/01/14 04:35

> 腹式呼吸が全く出来ていないのだと思いますが、



そこまでおわかりでしたら、腹式呼吸を使った発声練習をすればよいのです。カラオケのときだけ腹式呼吸で歌おうなんて、そんな器用な真似は出来るもんじゃありません(無理にやったら喉を痛めるのがオチでしょう)から、普段から地道にやるしかありません。

といっても、声を出して練習ってのも、状況によっては恥ずかしいものがあるかもしれませんねぇ(笑)。声を出さずに呼吸の方法だけを会得しても、だいぶ違うと思うんですが。あとは歌手の唄い方を参考に、いかにうまく息つぎをするかを研究するとか。

具体的な方法は、書店の音楽関係のコーナーとか、楽器店の楽譜や教則本のコーナーに行けば、適切な教則本があるはずです。でも、自学自習よりも、合唱のサークルとかが身近にあれば、そっちでちゃんと教わって、実際声を出して見るに越したことはないんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え下さって、有難うございますm(__)m

普段から、腹式での発声を心がける…なるほど。
腹式呼吸は難しいそうですが、頑張って勉強してみます(^o^)

お礼日時:2001/01/14 04:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌ってるとすぐ声が枯れます

カラオケで、音程もそれなりに取れてるし高い声も出せるのですが、
一曲歌うと、ヘタすると曲の最後の方では声枯れて低い声しか出なくなってしまいます。

しばらく休んでれば少しは回復するのですが、続けて歌えずカラオケ行っても少ししか歌えません><

こうならないようにするためには、発声練習(?)して高音も楽に出せるように訓練するのが良いのでしょうか?
またその方法を教えてください。

Aベストアンサー

原因が幾つか考えられます。

1、声帯が細る
中高年の方に稀に見られる症状で、声帯がどんどん弱る症状があるそうです。
老化が原因と考えられ、現在特に対処法はないそうですが、歌ったり声を出す機会を意識して増やす事で多少食い止めれるとも聞きます。

2、声帯の筋肉が弱い
普段から声を出す機会が多いわけでもないのに、歌うときだけ張り切る人は、単に声帯が弱いだけである可能性があります。
自分の普段の生活を思い出してみてください。
特に大人になると、意外かも知れませんが、声をほとんど出さずに生活している人は多いです。

3、自分の音域に会わない歌を好んで歌う
ハイトーンボーカルに憧れて、高い歌ばかりを歌おうとする方。また、高い声が出ることが歌が上手い事だと思っている方に多いです。
低い歌を歌ってノドにくる人はなかなかいないので、カラオケであれば、歌いやすいところまでキーを下げて歌いましょう。
恥ずかしいと思う人もいるようですが、私に言わせると、ろくに出せない音域を上ずるような声で歌う人のほうが、よほど恥ずかしいです。

4、誰かの歌い方を真似している
3と似ていますが、某ロックユニットが好きな男性によく見られます。
メジャーの歌手で売れている歌手の中には何人かに一人、とてもじゃないけどボーカリストとしては評価しづらい歌い方をする方がいまして、その人の声に憧れて真似して歌うと、無理が祟ってろくでもない結果になる場合があります。
誰かのうたい方の真似をするのが悪いわけではありませんが、長く歌いたいなら20年以上その歌い方で歌われていて、声がつぶれていないような方を参考にしてください。

5、準備運動が足りていない
例えば朝起きて5分以内に50m走の計測を全力で行うところを想像してみてください。
どんな陸上選手でも高確率で故障します。
歌う事と喋る事は、本来ほとんど変わらないのですが、負荷は格段に違います。
最初の一曲目から全開で飛ばすのはやめて、まずは様子見で2曲ぐらい歌ってみてはどうでしょうか?
キーは低めのもので、歌い上げないようにテンポは少し速めの曲が良いでしょう。
立ち上がって歌うだけで声が強く出てしまうので、座って歌いましょう。
さらにマイクはできるだけ口元に近づけて歌っていただければ、準備運動としてはなかなか良いかもしれません。

6、喫煙や副流煙が原因の嗄声(させい)
これはもう、タバコを止める(やめてもらう)しかないです。
水分とビタミンCを多く取る事で、緩和されたという話をどっかで聞いたことがありますが、百害あって一理無しです。
どうにもならない場合は、割り切って太く短く生きてください。
ただし、太くとは言っても、所詮タバコの太さですが…

7、その他
他にも「声帯が渇きやすい」など、様々な原因が考えられますが、一度実際にボイストレーナーや咽喉科の助けを受けるのもとても良い方法です。


オススメのトレーニング法

・ハミングを鍛えてみよう!
ハミングは口を完全に閉じても声が出せる発声法です。
ひまな時間や一人の時間を見つけて、ハミングを鍛えると、声そのものが豊かになります。
曲はヒットソングでも親しみやすい童謡でも何でも良いと思います。
ハミングで声がかれるほど大きな音を出すのは、それはそれでなかなか難しいので、よほど違和感がない限り安心して練習してください。
ハミングが出来ない人や、出しにくい人は「なーんーなーんー」と声を出してみましょう。
その「んー」の部分がハミングです。

原因が幾つか考えられます。

1、声帯が細る
中高年の方に稀に見られる症状で、声帯がどんどん弱る症状があるそうです。
老化が原因と考えられ、現在特に対処法はないそうですが、歌ったり声を出す機会を意識して増やす事で多少食い止めれるとも聞きます。

2、声帯の筋肉が弱い
普段から声を出す機会が多いわけでもないのに、歌うときだけ張り切る人は、単に声帯が弱いだけである可能性があります。
自分の普段の生活を思い出してみてください。
特に大人になると、意外かも知れませんが、声をほとん...続きを読む


人気Q&Aランキング