はじめて質問します。
シャブシャブの鍋は、なぜまん中に
あのよーな穴があいてるんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 鍋自体が「火鍋:フォグォ」というもので真中の穴に炭を入れて使います。


元来北部中国の騎馬系民族の料理「(シ刷)羊肉:スュワンヤンロウ」・・・マトン肉のシャブシャブの応用です。
(サンズイに刷の字)

 日本で始めたのは、京都祇園の「十二段や」で引揚者の一族の方が昭和30年頃始めたものです。。。正確な年代は直接電話でお確かめ下さい。

なお、全国区にしたのは六本木の「瀬里奈」の功績は大きいと思います。
    • good
    • 0

直接の私の回答ではないのですが、やっぱり炭を入れる穴だそうです。


詳細については以前の質問を参照して見てください。

ちなみに自信なしは私の回答では無いからであって、内容は信用出来ると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=18666
    • good
    • 0

元々は炭火で調理をしていたために煙突効果で鍋の中の温度が高いまま保たれるようにし、という物もあります。


また別の説ではあの穴の中に炭をつっこんで調理したという物もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすかったです。
ありがとうございました。
遅くなりましたがお礼でした!

お礼日時:2001/01/15 23:53

補足です。


普通の鍋だと鍋の中心付近は温度が低くなります。
そのためあのような形にして、中にいれた肉が
均一に下からも横からも加熱されるようになっているのです。
それによって、短時間で火が通りますので、
うまみが逃げるのも防ぐことができます。
    • good
    • 0

鍋の温度が、ところどころ変わらないように、均一に保つためです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報