息子(7歳)自転車と、自動車とぶつかりました。
人身事故扱いで保険屋との交渉中です。100%保証してもらえます。

前歯損傷(乳歯なので抜けてすっきりした)と、頭部打撲と、ひじ・両ひざ打撲と、頚椎捻挫の診断でした。

さて、通院に当たりその日数分の慰謝料が出るそうですが、計算方法が分かりません。

1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?
4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

通院の付き添いで、+2050円もらえるのも回数重ねればいい金額です。
どうせ、慰謝料もらえるなら出来るだけ多くほしいとおもいます。

そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは 脳神経外科」に関するQ&A: もともと頭痛持ちで、脳神経外科に行った際は「肩こりからくる緊張性頭痛」と診断されました。 雨の日など

A 回答 (5件)

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?


治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なっても多くなりません
  
 
>4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

痛くなくなるまでリハビリ(クビの牽引や電気治療など)のある整形外科で
週4回以上治療しましょう。

そうすれば、 治療延日数×2>通院期間  となります。

また、治療を終えるときには「治癒」ではなく「中止」としてもらえば
通院期間に +7日 加算されます。

自賠責の基準や計算方法は下記URLを参照してください。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-0 …

>そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

自賠責で120万円使うと任意保険の基準になり、過失0%でも
もらえる金額がかなり下がります。
3ヶ月までは4200円、4ヶ月目は3366円、5ヶ月目は2933円、6ヶ月目は2533円、7ヶ月目は2100円です。

そうならないためにも治療費を抑えることが重要です。
交通事故の場合、多くの病院は自由診療の最高の1点20円で請求されます。
これは社会保険の2倍で単純にいえば2倍の治療費がかかっています。
(良心的な病院は事故でも1点10円のところもありますが・・・)

接骨医院などは上限がなくかなり高い額を請求するようです。
(リハビリで1日、5千~1万円)

病院側は、交通事故などの第三者行為のとき儲かる自由診療にしたがりますが
健康保険を交通事故の療養に使うと1点10円の計算で治療できます。
(使うといっても後から社会保険事務所が自賠責に請求するのですが・・・)
結局、自賠責での枠を広げることになり被害者が直接もらう枠が広がります。
まだまだ、治療が長引く可能性があるなら是非、社会保険事務所に相談に
いって用紙をもらい申請して下さい。(郵送依頼もも可能です。)

参考URL:http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-0 …№0008
    • good
    • 22

他の回答の補足です。



厳密に言えば、治療終了が「完治」と「中止」では扱いが異なります。
「完治」の場合は、受傷日から治療終了の日までの延べ日数を限度に2倍までですが、患者の都合で通院しなくなった「中止」の場合は、「延べ日数+7日」を超えていなければ、その分まで2倍できます。
たとえば「完治」の場合、延べ日数100日で通院日が53日であれば、2倍すると100日を超えてしまうので100日しか認められませんが、「中止」の場合、延べ日数が107日まで見てもらえますので、53×2の106日分認められます。
    • good
    • 72

スミマセン【訂正です】



>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

通院延日数が増えるため、慰謝料は多くなります。
    • good
    • 80

No1の回答には一部誤りがありますので、補足です。


1ヶ月の日数なんて関係ありません。
総治療日数と実治療日数×2のどちらか少ない方の日数で慰謝料は
計算します。
1ヶ月以内に収めるとか超えるとかは関係ないです。

事故日から完治(最終治療日)まで100日あり、その間
合計で30日通院なら「30×2=60日」が認められます。
60日通院なら「60日×2=120日→100日」となります。

自賠責は何も国が支払うのではなく、自賠責の保険会社が全額
支払います。
ずっと以前は60%を国に再保険していたので、支払も国が
60%負担していましたが、今は全額損保会社が支払っています。
    • good
    • 46

まず参考までにお願いします はっきり知りたい場合はご自身の保険屋に相談してみたほうがいいと思います


私の経験、勉強上でお話します
病院は同日に2箇所行っても2倍もらえないと思います
計算方法は日数×2です
それも1ヶ月31日ですのでそれ以上にはなりません
ようは31日ある月でしたら1ヶ月16日通院すれば
16×2=32なので31に計算されます
31日×4200円=130200円です
これが30日でしたら15×2=30です
16日行っても×2=32になっても30で計算されます
それと通院にはバスを使っていると言うとバス代もでます
親子で往復ですと馬鹿にできない金額になるでしょう
なぜ毎日病院に行かず日にちを最小限にするかと言いますと自賠責保険で120万まで国が負担します
それを超えますと保険屋の損害になります
120万には病院代もはいります
31日分しか慰謝料でないのにそれ以上通院しても病院が喜ぶだけです
なので最小限しか通院しないほうがより月を稼げます
120万近くなると保険屋からプレッシャーをかけてくるでしょう
頑張ってください
あと病院も考えたほうがいいですよ
通院をあまりすると嫌がる病院もありますので
あなたの交渉術しだいでは100万は軽く超えますよ
これはあくまでも相手の保険屋からのみより多く慰謝料を稼ぐ方法です
車同士の事故でご自身の保険屋からも慰謝料をとる場合は考え方がかわりますので
    • good
    • 56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「傷害慰謝料」で通院日数×2とは

以前に事故をしたときの「賠償金提示」の書類が出てきたので整理していました。

「傷害慰謝料」の枠のところで通院×2となっていて
通院日数が二倍になって慰謝料が払われていたのですが
これは精神的・肉体的な慰謝料として払っているという
意味なんでしょうか?

その当時きちんと説明は受けたと思うのですが忘れてしまい
気になって質問しました。

詳しくわかる方にお伺いしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

傷害慰謝料は自賠責では総治療日数×4200円または実治療日数×4200円×2のどちらか少ない方を支払います。
これは貴方が仰っている通り、精神的・肉体的な慰謝料として支払されます。

Q事故通院の整形外科と接骨院について

 交通事故の被害者です。
全面的に相手が悪いということで加害者側の保険会社の方が、整形外科だけでなく接骨院にも通って電気治療やマッサージもしてもらったほうが早くよくなるのではと勧めてくれそうしています。
というのも、整形ではレントゲンを撮り骨折してないから打撲がひどくてもあとは日にち薬と何もしてもらえないからです。
ただ、接骨院では後遺症が残った場合、診断書が書けないみたいだから私としては整形にも1~2週間に1回は通いたいと考えています。

そこで、整形の先生に保険会社の方の勧めで接骨院に通っていることを伝えると
『ルール違反だ!えー、保険やさんがそんなこと言った?それはいかんわ、保険会社にあとから電話しておくわ』と!
保険会社にルールって何ですか?と聞きましたが、当然、整形と接骨院の両方に通院しても治療費も支払えるし問題はないと・・・

しかし、保険会社も自分に有利なように話を進めるのが普通かと???
もちろん、接骨院、整形・・・それぞれ立場が違うでしょうし、誰が言っていることを信じて治療に専念すればいいのか?

どなたか公正な立場で教えて下さいませんか

 交通事故の被害者です。
全面的に相手が悪いということで加害者側の保険会社の方が、整形外科だけでなく接骨院にも通って電気治療やマッサージもしてもらったほうが早くよくなるのではと勧めてくれそうしています。
というのも、整形ではレントゲンを撮り骨折してないから打撲がひどくてもあとは日にち薬と何もしてもらえないからです。
ただ、接骨院では後遺症が残った場合、診断書が書けないみたいだから私としては整形にも1~2週間に1回は通いたいと考えています。

そこで、整形の先生に保険会社の方の勧...続きを読む

Aベストアンサー

平行しての治療は、可能ですよ。
お書きのように整骨院は、医師でないので「診断」が出来ないのです。
だから、診断書も書けません。

その医師のがイマイチ意味不明…。
リハビリの指示もしないのに金になる自由診療の患者を逃がしたくないのかな?って感じですが…。

保険会社が整骨院での治療を進めるのは、上記の通りに医師でないと診断書を書けないからです。
整骨院だと診断書も書けない→後遺症認定書も書けない→万一にも後遺症認定を取られる事がないって事ですね。
後遺症認定が出たら通院とは、別に後遺症分の慰謝料や逸失利益が発生しますから、保険会社は、支払額が増えます、これを防ぎたいのです。
保険会社としては、整骨院での治療を勧めるのは、万一にも後遺症認定を取られない為の布石って感じです。

なので、お書きのように整骨院に通うならちゃんと病院と平行して通うのがいいですよ。
完治するのが一番いいのですが、万一に症状が残った時に整骨院だけだと困る事になります。

お大事に。

Q2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日

2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日の通院で5月1日に整形外科の先生と話して終了することにしたのですが慰謝料等のお金はいくらぐらいもらえるのでしょうか?病院、鍼灸迄の距離は往復5キロぐらいです。慰謝料の他にもらえるものとかも有るのでしょうか

Aベストアンサー

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低い場合の例ですが、新車購入の際の税金・登録諸経費など
6、あとは慰謝料(最低額でも@7000円前後とは思いましたが、A:打撲。B半身不随だと、勿論違います)
7、後遺障害の際の保障、後遺障害の際の慰謝料。
(6番は事故のみです。 7番と合算ではありません。よって2つの慰謝料)
8、そんなところかな??
ーーーーー
当方か過去、交通事故の被害者で弁護士を立てないで裁判を行いました。
保険屋・自賠責 < 過去の判例 < 請求額の順番です。

よって、例えば裁判で、
Aの請求をします=その理由として、過去の判例○○を証拠として提出します。とか
証拠集めが重要です。^^

そこまでぐちゃぐちゃ、ならないことを祈ります^^

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低...続きを読む

Q診断書だけ取りに行った日は慰謝料の通院日数に含まれますか?

現在通院中の者です。
その日、診察や治療を受けずに、病院に診断書を取りに行くだけのばあい、一日分の慰謝料(4200円)として請求することはできますか?
(交通費も。)

(つまりは、取りに行くだけの為に「ご足労」したということだと僕は思っているのですが。実際待ち時間は長かったです。)

そして、診断書や領収書にかいてある日時が、取りに行った日ではないのですが・・。
(診断書にかかれた治療期間の最後に治療した日の日付になっています。書き直してもらったほうがいいのでしょうか?病院に行った日は証明しないといけないですよね?)
教えてください!

Aベストアンサー

飽くまで治療を受けた日が対象ですのでそんなものは出ません。
補償を受けるための努力義務です。

Q損害慰謝料:日額4,200円x通院日数の倍・・・これは適正でしょうか?

損害慰謝料:日額4,200円x通院日数の倍・・・これは適正でしょうか?

保険のことはまったくわからぬ素人です。


約5ヶ月前に、当方自転車、相手方バイクにて接触事故に遭いました。
当方は、鎖骨骨折と左肋軟骨損傷で全治2ヶ月との診断。
通院日数は合計6日でした。
相手方の任意保険により、通院治療費と壊れた自転車の修理代は支払って頂けました。

当方も一時停止を怠っているので過失はあるのですが、責任対比は9:1だそうです。





本日届いた「損害賠償額計算書」によると、

休業損害は、
実は私、自宅で株式のトレーダーをやっているため、それは不労所得に等しいと言われて無支給だそうです。

損害慰謝料は、
日額4,200円x日数12日(通院日数の倍)=50,400円だということです。

結果、総支給額は損害慰謝料のみの50,400円だということです。


保険会社側にしてみれば根拠あって算出した金額なのでしょうが、当方とすればとてもではないけれど納得の出来る額ではないというのが正直なところなのです。

また、休業損害の件に関しては、
実際、通院以外でも事故直後1週間ほどはPCを触ることも出来ずに仕事が出来なかったのは事実ですし、
そもそも利益を出すため人並み以上の時間をかけて市場分析をし資料作りをやっているので、私とすれば不労所得と言われるてしまうのは真にもって持って心外です。



どうも愚痴っぽくなってしまいがちですが、詳しい方のご意見をお聞かせ願えたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

損害慰謝料:日額4,200円x通院日数の倍・・・これは適正でしょうか?

保険のことはまったくわからぬ素人です。


約5ヶ月前に、当方自転車、相手方バイクにて接触事故に遭いました。
当方は、鎖骨骨折と左肋軟骨損傷で全治2ヶ月との診断。
通院日数は合計6日でした。
相手方の任意保険により、通院治療費と壊れた自転車の修理代は支払って頂けました。

当方も一時停止を怠っているので過失はあるのですが、責任対比は9:1だそうです。





本日届いた「損害賠償額計算書」によると、

休業損害は、
実は私、...続きを読む

Aベストアンサー

サラリーマンに対する慰謝料は、年収の入院日数相当の日割り額でした…私の経験。
その他休業補償(つまり、慰謝料に同額)、物品損額は別途実費です。

>自宅で株式のトレーダーをやっているため、それは不労所得に等しいと言われて…
これを根拠にするのであれば、
前年度の収入、休業期間とその影響期間、それから導かれる日割り額を算定し、「得られるべき収入」を損失として請求(根拠主張)されたらいかがでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報