ビデオラックの扉のアングル丁板が欠けてしまったので新しいものに付け替えようとしたのですが、ネジ穴がゆるんでしまっていて、ネジがききません。
ゆるんだネジ穴でもネジがきくようにする方法ってありませんか?

A 回答 (6件)

木ねじに限りますが、穴の大きさにより異なりますが、


「マッチ」か「つまようじ」を穴の深さ位に切って(穴に入れてニッパで傷を付け、出して切る)添えに木工ボンドを付けて突っ込み、そのままネジ止めします(あまり力を入れすぎないでね)
穴が大きい時は(2~3本入れる)

数時間後(ボンドが固まった頃)に増し締めをすればいいのですが、しなくてもゆるむことはほとんどありません。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

h_sakakiさん、ありがとうございます。
爪楊枝といいマッチといい、こんなに身近かなもので補修できるとは思ってもいませんでした。
木工ボンド併用でやってみます。

お礼日時:2002/05/28 23:42

それほど力がかからない部分ならば、ネジはあきらめて、接着剤でくっつけてしまえば良いのでは?


文面から詳しいことは分かりませんが、一般的なビデオラックのようにスカスカの合板で作られているモノでは、崩れたネジ穴の補修は難しいと思います。いっそのこと、ひとまわり大きなパーツを買ってきて、新しくネジ穴を切った方がよいかも。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

miyashさん、ありがとうございます。
ご推察のとおりビデオラックはフラッシュ構造でできているのですが、実は扉にも棚があって、結構重量がかかる為、接着剤では心もとない感じです。使用されていた丁番は、扉の厚さ等によって使えるものが決まっていました。
元々丁番のついていた辺りは中板がしっかりしているので、今回は皆さんに教わった方法で対処できそうです。
でも確かにこういう構造のものだと、補修が難しいということもありそうですね。大変参考になりました。

お礼日時:2002/05/29 00:21

お金がかかりますが、最も簡単なのはその目的専用の充填材を使うことです。

商品名は忘れましたが東急ハンズのようなDIYショップにいけば何種類か売っています。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

k-familyさん、ありがとうございました。
今回は小さい穴なので手近なものでやってしまおうと思いますが、大きな穴の時は専用のものを使った方がいいのかもしれませんね。

お礼日時:2002/05/28 23:49

yuseiさんの解答に近いですが、割り箸を穴の大きさより少し大きめに削り、金槌で打ち込みます。


出っ張った所をのこぎりで切り、そこへねじこむとネジが効きます。
割り箸を打ち込む時、前のネジ穴に木工用ボンドを流し込んでおくとしっかりします。

また、DIYショップに、ネジ穴補強キット(ネジ穴補強用パテやウッドパテなど)が売っていますので、検討してみるのもいいかもしれません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

moominx2さん、ありがとうございます。
割り箸でもいいんですね。木工ボンドと併用すると、更に安定しそうです。
専用のパテもあるんですか。今回は手近なものですんでしまいそうですが、今度ホームセンターに行ったら見てみます。

お礼日時:2002/05/28 23:30

ネジ穴に接着剤(粘度の高いもの)を充填してかなり乾いたところ(乾ききる手前)でネジをねじ込み、手応えで止まった感じがしたらそれ以上回さずにそのままの状態でしばらくおけば完全に接着剤が乾いて固定されますよ。



素早くできる自信があるならアロンアルファのゼリータイプで、そうでなければもう少し乾くのに時間がかかるものを使ってください。

また、木をのこぎりで切ったときにでる木の粉を木工用ボンドで練って馬鹿になった穴に詰め込み十分に乾いた後でネジ止めするという方法もあります、
    • good
    • 5
この回答へのお礼

asucaさん、ありがとうございます。
木工ボンドは手許にあるので、早速やってみます。

お礼日時:2002/05/28 01:53

穴部分が木なら爪楊枝で直りますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

yuseiさん、ありがとうございます。
穴は全部埋めた方がいいんでしょうね。
ダメになった穴は何ケ所もあるので、まず1ケ所で試してみます。

お礼日時:2002/05/28 01:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボルト(ねじ)にかかる応力について

ボルトとナットの強度が充分であれば、ナットの締め付けトルクを大きくしても
ボルトには そんなに負担かからないのでしょうか?

特に、ボルトのネジ山に対し、ナットが浅く(半分以下)しかかかってない場合。

たとえば、クルマ。

タイヤ(ホイール)をナットで締める時、ホイールによっては とんでもなく厚みがあり、
ナットが浅くしかかからない場合があります。

ネジ部にかかった ナットの締め付け力(軸力)は、最終的にはボルト全体が負担するものでしょうが、直接的には 接しているネジ斜面部が受け持つと思います。

いくらボルトやナットが強度あり、大きなトルクで締める事ができたとしても、
半分くらいしか かかってないのでは、双方の接合部にかなりの負荷がかかると思います。
それでも、「トルクかけてもネジの斜面部が壊れなければ問題無い」 ものなのでしょうか?

あと、車重がかかった時のモーメント。
先端に より荷重がかかる 「浅がけ」。

こんな状態で締められた クルマのナット。
私はこんなクルマには絶対に乗りたくないのですが・・・。気分的に。

工学的にみて、どうなんでしょうか?

(工学、物理学にはまったくウトイ人間です。)

ボルトとナットの強度が充分であれば、ナットの締め付けトルクを大きくしても
ボルトには そんなに負担かからないのでしょうか?

特に、ボルトのネジ山に対し、ナットが浅く(半分以下)しかかかってない場合。

たとえば、クルマ。

タイヤ(ホイール)をナットで締める時、ホイールによっては とんでもなく厚みがあり、
ナットが浅くしかかからない場合があります。

ネジ部にかかった ナットの締め付け力(軸力)は、最終的にはボルト全体が負担するものでしょうが、直接的には 接しているネジ斜面部が受け持...続きを読む

Aベストアンサー

 横から失礼します。

>普通の乗用車のボルト径は 12mmです。
ということは、その1/4の幅(3mm!)でねじこまれてれば、とりあえずはOK?

 それは違うと思います。
 ANo.2様の(1)式中のDの値は、強度的に最も弱くなる部分の直径の事ですから、最も細くなる部分の直径という事になり、ボルト径(即ちボルトの山径)ではなく、ボルトのねじの谷径を指しているのだと思います。
 又、Fはボルトが引き千切れる限界の力を表していますから、Fの値はボルトの本体に加える事の出来る引っ張り応力の限界を表しています。
 一方、fは応力に負けてネジ山が潰れる限界の力を表していますから、fの値はネジ山に加える事の出来る剪断応力の限界を表しています。
 従って、(1)式中のσはボルトに使用されている材質の引っ張り強さ(σt)を表しているのに対し、(2)式中のσはボルトとナットに使用されている材質の剪断応力に対する強さ(τ)を表している事になりますから、(1)式中のσと(2)式中のσは異なる値となるため、

L=D/4

とはならないと思います。

>ボルト径は 12mmです。
>ネジピッチは、トヨタの場合 1.5mmですので、、、

 単位がmmである処から考えて、ネジの規格はユニファイやウィットの様なインチねじではなく、メートルねじだと思われます。
 そして、外径が12mmで、ピッチが1.5mmという事は、多分、M12×1.5メートル細目ねじではないかと思います。(JIS規格外の特殊ねじではない場合)
 メートルねじでは、雄ねじと雌ねじで、ねじ山の厚みが異なり、雄ねじと雌ねじが噛み合わさっている部分で最も厚い部分は、雄ねじではネジピッチの4分の3、雌ねじではネジピッチの8分の7になっていますから、雄ねじの方がネジ山の厚さが薄い事になります。

【参考URL】
 鍋屋バイテック会社 > 技術資料 > 一般用メートルねじ
  http://www.nbk1560.com/technical/pdf/697-698.pdf

 鍋屋バイテック会社 > 技術資料 > メートル細目ねじ
  http://www.nbk1560.com/technical/pdf/700-701.pdf

 又、ネジ山が厚くなっている位置は、雌ねじよりも雄ねじの方がボルトの中心軸に近いため、ネジ山の厚みの違いも合わさって、雄ねじの方が剪断応力が加わる面積が狭くなり、その分、単位面積当たりに加わる剪断応力が大きくなると思われます。
 普通の錬鉄や鋼の場合には、剪断応力に対する強さは、引っ張り強さの7~8割程度のものが多い様ですが、ホイールのハブボルトに使用される様な特殊鋼の剪断応力に対する強さがどの程度であるのかに関しては、データを見つける事は出来ませんでした。
 但し、ネジ山の剪断強さではなく、ボルト本体の剪断強さを扱う場合に、材質の剪断強さは引っ張り強さの6割として扱うという決まりを、どこかで目にした記憶がありますから、取り敢えず、それに基づいて計算する事に致します。

 雄ねじの谷径には明確な規格はありませんが、ナットの内径よりも細くなりますから、ANo.2様の(1)式中のDの値に、ナットの山径の値を代入した場合に、F≦fとなる最小のfの値が判れば、雄ねじが千切れる程の力に耐え得るめに必要な、ネジの噛み合わさっている長さを求める事が出来る筈です。
 M12×1.5メートル細目ねじの場合、ナットの内径は約10.376mmですから、

F=(10.376/2)^2×π×σt=26.915π×σt

になります。
 一方、ボルトのネジ山がナットと噛み合わさっている部分における、剪断応力が加わる面積をS、ボルトのネジ山がナットと噛み合わさっている部分の長さをLとすると、メートルねじの雄ねじではネジ山の厚さがピッチの4分の3ですから

S=10.376×π×L×3/4=7.782πL
f=S×τ=7.782πLτ

となります。
 τの値をσtの6割と仮定すると、

f=7.782πLτ=7.782πL×(σt×0.6)=4.669πL×σt

となります。
 ここで、F≦fとおくと

26.915π×σt≦4.669πL×σt
となり、これを解くと

L≧5.765

になりますから、ナットの縁からの長さではなく、ネジ同士が実際に噛み合わさっている長さが5.765mm以上あれば、大雑把な計算上は、ボルトが千切れる力が加わっても、ネジ山が砕けてのナットの噛み合わせが外れる事は無いという事になると思います。
 尤も、現実にはこんな計算通りには行かないと思います。

 横から失礼します。

>普通の乗用車のボルト径は 12mmです。
ということは、その1/4の幅(3mm!)でねじこまれてれば、とりあえずはOK?

 それは違うと思います。
 ANo.2様の(1)式中のDの値は、強度的に最も弱くなる部分の直径の事ですから、最も細くなる部分の直径という事になり、ボルト径(即ちボルトの山径)ではなく、ボルトのねじの谷径を指しているのだと思います。
 又、Fはボルトが引き千切れる限界の力を表していますから、Fの値はボルトの本体に加える事の出来る引っ張り応力...続きを読む

Q室内ドアの蝶番のネジがゆるんで、たてつけが悪くなってきました

現状は、質問タイトルの通りです。
肝心のネジですが、何度か、ネジの増し締めでしのいだ結果として、ドアの枠の側のねじ穴がゆるんでしまい、すでに増し締めではどうにもならない状態です。
ドア枠の側のねじ穴を、本来の木材と同じ強度でふさいでくれる様な補修材があれば、そこに改めてネジを締める事で修理が出来そうに思えます。
何か良い補修材をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひお教え下さい。

Aベストアンサー

まだ出ていない回答・・・

同じサイズの蝶番を購入しても、穴の位置がほとんど同じ場合は、交換出来ません。
このような場合は、電気ドリルで現在の蝶番に、違う場所に、穴を開けます。
私はこうして直しました。(笑)

Qねじ・ボルト関係に詳しい方

たとえば、我が家のコタツの脚の接続部分ですが脚からはボルトが飛び出た感じになっています。
本体にまわしながら接続していくタイプなんですが、同じようなものを木につけたいと思っています。
ボルトかネジのどちらの分類かは知りませんが(先端はとがっていません、円柱になっています)種類を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

「ネジ」とは棒と穴に切ったらせん状の溝により結合させる方法の総称。

棒状のネジを「ボルト」
穴状のネジを「ナット」といいます。

んで、あなたが探しているのは「ハンガーボルト」というものです。
http://www.neji-no1.com/lineup/0B0750.htm

ナット側なら鬼目ナットと言います。

Qネジ穴がばかになったネジをはずしたい!

ネジ穴がばかになったネジをはずすには、
どうすればいいでしょうか!?
完全にばかになったわけではなくて、
まだドライバーは多少フィットするくらいなんですが・・。

ネジは、セルフタッピングという方法のやつです。
ものすごく固くしめてしまったので全然ネジがはずせません!

Aベストアンサー

セルフタップネジということですので、
インパクトドライバまたはドライバドリルを
持って折られると思われます、
もしインパクトドライバを持っておられるのなら
まず他の皆さんの回答の手順を試してみて
ダメだったなら、思い切ってネジを舐めるつもり
で回してみて、(ドライバドリルは不可です)
完全に舐めたら3.5ミリ程度の鉄工キリ(ドライバドリル)でビスに穴を明けて飛ばしてしまうと良いと思います。
ユニクロビスなら楽に飛びますが、
ステンレスなら硬いですので少し難しいです。
磁石に付くステンレスビスなら特に硬いです。
ビスがステンで相手がアルミ、鉄など
の時はキリが柔らかい方に逃げるので
注意してください。

Q図面のボルト表記に小ねじと各必要性について

図面のボルト表記について教えて下さい。

現在社内の図面表記統一の話が出ており、M8以下のボルトの事を
1.「ボルト」(例:M6六角穴付皿ボルト)
2.「小ねじ」(例:M6六角穴付皿小ねじ)
どちらで表記するかでもめております。

私としてはこのM8がM10に変更する可能性なども考慮し1の「ボルト」で統一したいのですが、
「"小ねじ"という規格があるので"小ねじ"でないとダメ。」と言うものも居ます。

本当に”小ねじ”でないとダメなのでしょうか?
”ボルト”で説得したいのですが説得材料などは有りますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

JIS B0101等の定義に従うべきでしょう。
違う物を統一すること自体無理がありますね。

Qネジが空周り+ネジ穴も潰れ

最初ネジを回していても外れないと思っていたら空回りしているみたいで、尚且ついじっていたらネジ穴もつぶしてしまいました。ノートパソコンの底面のネジなので思い切り押したり手荒なことができません。ネジをとるいい方法を教えていただきたいのですが。お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、設計業です。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0703/27/news105.html

上記、少なくとも参考にはなるかと思いますが。

Qボルトのねじの呼びは?

日本語の勉強者で専門用語にとても苦手です。
ボルトのねじの呼びは何ですか?呼び径は口径という意味ですが、この場合でもボルトのねじの呼びとボルトの呼びとの意味は同じでしょうか?直径という意味でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

ねじの呼び方についてですが・・・

一般的にはメートル法を使っていますが、大工さんとかはいまだに昔ながらの尺貫法を使っている人もいます。
なぜなら木造住宅の場合、今でも家の図面そのものが昔ながらの尺貫法に基づいた寸法が基本になっています。
たとえば柱の芯々寸法は1間=6尺(1818mm)といった感じです。
他には6尺3寸間(1910mm)とか地方によって様々でしたが、いまは3種類程度に集約されています。

前置きが長くなりましたが、インチねじの呼び方は尺貫法の寸法に換算した場合に
近い寸法で呼んでいるみたいです。

1間(ケン)=1818mm(6尺)

1尺(シャク)=303mm → 1/6間

1寸(スン)= 303mm → 1/10尺

1分(ブ)=3.03mm → 1/10寸

1厘(リン)=0.303mm → 1/10分

1毛(モウ)=0.0303mm → 1/10厘 ※ この辺だと計測不可能

と単位の呼び方が変わりますので、この中の分(ブ)で呼んでいます。

しかし、元々が「インチ」基準のものを無理やりに
インチ → メートル法(mm) → 尺貫法 と置き換えて換算しています。
ぴったり!という寸法で読んでしまうと
「○分○厘○厘ねじ」と長くなってしまいます。
それらを極力短い言葉で言うにはおおよその近い部分でそのねじの大きさを言ったのだと思います。
(この部分は私的憶測)

1分 → いちぶ
2分 → にぶ
3分 → さんぶ
4分 → よんぶ
5分 → ごぶ
6分 → ろくぶ
7分 → ななぶ
8分 → はちぶ
9分 → くぶ(「きゅうぶ」とはあまり聞かない)

といった感じでしょうかね?

前回も書きましたが 5/8 は1インチ(25.4mm)の8分の5インチの大きさですので
電卓で計算してみてください。
ぴったり「ごぶ(5分)」とはなりませんが、5分(15mm)程度になると思います。

以上長々と書きましたが
参考になりますかね?m(_ _)m

No.1です。

ねじの呼び方についてですが・・・

一般的にはメートル法を使っていますが、大工さんとかはいまだに昔ながらの尺貫法を使っている人もいます。
なぜなら木造住宅の場合、今でも家の図面そのものが昔ながらの尺貫法に基づいた寸法が基本になっています。
たとえば柱の芯々寸法は1間=6尺(1818mm)といった感じです。
他には6尺3寸間(1910mm)とか地方によって様々でしたが、いまは3種類程度に集約されています。

前置きが長くなりましたが、インチねじの呼び方は尺貫法の寸法に換算した場合に
近...続きを読む

Qネジ穴が広がってしまい… ネジが途中までは抜けたのですがその後 空回りしていて抜けなくなりました

ネジ穴が広がってしまい…

ネジが途中までは抜けたのですがその後
空回りしていて抜けなくなりました
その穴を再度ネジでとめるのでこれ以上広げたくありません
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

今は奥に押しながら回してるから空回りしているのでしょう。
ペンチや釘抜きで、手前に引く力を加えながら回せば外せます。

Qコンクリートに打ち込むアンカーボルトは雄ねじ型と雌ねじ型があります。 雄ねじ型のアンカーボルトの方が

コンクリートに打ち込むアンカーボルトは雄ねじ型と雌ねじ型があります。
雄ねじ型のアンカーボルトの方が信頼性が高いみたいですが何故信頼性が高いのか理由を教え下さい。

Aベストアンサー

信頼性が高いと言っても少しですけどね。

同じ程度の下穴径では貴方の言う雌ネジで1300、雄ネジで1500の引抜き耐性です。

なぜ雄ネジ型(芯棒打ち込み型)の方が、貴方の言う「信頼性」が高いか

ご存知と思いますが一応仕様の違いを確認。
・雄ネジ型は、芯棒が打ち込まれることで本体先端が開きます。
・雌ネジ型(テーパーピン型)は穴の突き当りで止まる先端のテーパーピンに、本体が更に打ち込まれて先端が開きます。

どちらも開いた先端が穴の中で踏ん張ってくれるので抜けないという事ですね。

さて、これを抜こうとすると、開いた先端はどういう動きになるでしょうか?
雄ネジ型は
開いた先端が閉じようとしても芯棒があるので閉じることは出来ません。

雌ネジ型は
テーパーに沿って開いたので、行けるという事は元の場所を通って閉じていきます。
つまり踏ん張るはずの開き幅が少なくなっていきます。

言ってみれば雌ネジ型は、開いた先端の一番先端だけが踏ん張っている商品。
雄ネジ型は、芯棒によって、開いて下穴外周に強く押し付けられている部分が最先端だけではなく。ちょっと手前も押し付ける力が掛かっている。
しかも抜けかかっても先端が閉じることは無い。

これほど構造的に有利な雄ネジ型でも引抜き強度に大きなさが無いのは、下穴が大きいから。

という事です。

あと違いとしては
雄ネジ型は本体太さがほぼネジ径。
雌ネジ型は本体より2割ほど細いネジ径。

信頼性が高いと言っても少しですけどね。

同じ程度の下穴径では貴方の言う雌ネジで1300、雄ネジで1500の引抜き耐性です。

なぜ雄ネジ型(芯棒打ち込み型)の方が、貴方の言う「信頼性」が高いか

ご存知と思いますが一応仕様の違いを確認。
・雄ネジ型は、芯棒が打ち込まれることで本体先端が開きます。
・雌ネジ型(テーパーピン型)は穴の突き当りで止まる先端のテーパーピンに、本体が更に打ち込まれて先端が開きます。

どちらも開いた先端が穴の中で踏ん張ってくれるので抜けないという事ですね。

さて、...続きを読む

Q【建築】縦柱に釘穴を開けて間違いだと気付き釘穴を何で埋めたら良いですか? あと釘穴を塞いだ後に、塞

【建築】縦柱に釘穴を開けて間違いだと気付き釘穴を何で埋めたら良いですか?

あと釘穴を塞いだ後に、塞いだ釘穴の上に釘を打つべきか、塞いだ釘穴の下に新たに釘を打つべきか教えてください。

水滴が垂れることを想定した場合、塞いだ釘穴の上に打つべきか下に打つべきか意味を持った説明が出来る方教えてください。

Aベストアンサー

あくまでも個人的な見解ですが…

> 釘穴を何で埋めたら良いですか?
なにもしない。そのまま放置かな?
半年もすれば、自然とふさがって来るので、その段階でとの粉で埋めるとか考えればいいと思います。
個人的には、「京ねんど」と言う、石質系の粘土がお勧めです。

> 塞いだ釘穴の上に釘を打つべきか、塞いだ釘穴の下に
下かな?
釘が錆びて、錆び汁が垂れて来ても、拭くのが簡単だから…


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報