元々、歴史小説(SFやIF物、架空戦記まで含めたかなり広い意味での)が好きなのですが、ここ最近、また歴史小説にハマっています。

最近読んで面白かったのは、
北方謙三『水滸伝』『楊家将』『黒龍の柩』『三国志』
隆慶一郎『影武者徳川家康』
定金伸治『ジハード』
井上靖『蒼き狼』
司馬遼太郎『関が原』『夏草の賦』『尻喰らえ孫市』

SFや架空ですが、
田中芳樹『銀河英雄伝説』
佐藤大輔『皇国の守護者』
酒見賢一『後宮小説』
皆川ゆか『評伝シャア・アズナブル』
栗本薫『グイン・サーガ』
あと、歴史小説ではないですが、伊坂幸太郎、福井晴敏、綾辻行人などのミステリや冒険小説も好きで読みます。

こうして書き出してみると、わりとジュブナイルっぽいラインナップかも知れません(^_^;) ともかく、こんな僕におススメの歴史(的な味付けのある)小説を是非、おススメください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ヨーロッパの歴史小説に抵抗がなかったら佐藤賢一はどうでしょう?


・傭兵ピエール
・赤目のジャック
・黒い悪魔

あとアシモフのファウンデーションシリーズ(銀河帝国興亡史)も、
おもしろいですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐藤賢一は機会が無くて(というか、文量と文字の密度に圧倒されて)なかなか手に取らなかったのですが、扱ってるテーマ自体は興味あります。今度、読んでみようと思います。

アシモフも翻訳物が苦手だったので、敬遠してたのですが梗概を読んで面白そうだなと思ってはいました。この機会に挑戦してみようかと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/13 10:29

半村良原作「妖星伝」


読まれましたか?
SFマガジンなどでも、20世紀の日本SE・伝奇小説の金字塔と評価されています。
未読でしたらぜひ。

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%8C%E6%9C%AC-%E5%A …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『妖星伝』は以前から興味はあったんです。
印象としては山田風太郎の一連の作品や、夢枕獏の『大帝の剣』みたいな感じでしょうか?

是非、読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/13 10:31

架空の世界なら


茅田砂胡「ディルフィニア戦記」
神江京「放浪王ガルディス」
田中芳樹「アルスラーン戦記」
ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジリオラ」
南房秀久「月蝕紀列伝」
王領寺静「異次元騎士カズマ」
SFなら
鷹見一幸「でたまか」
吉岡平「無責任艦長タイラー」
柿沼秀樹「ガルフォース」
津守時生「三千世界の鴉を殺し」
秋津透「放課後宇宙戦争」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの作品をご紹介いただきありがとうございます。

中学、高校の頃に親しんだ作品が結構あり、なんだか懐かしくなりました。『タイラー』とか久々に読んでみたくなりました(^。^)

お礼日時:2007/03/03 14:10

宮城谷昌光氏の歴史小説、中国物ですが面白いです。


特にお薦めなのが「重耳」、「楽毅」、「晏子」です。

酒見賢一氏の
「墨攻」 、「周公旦」 、「陋巷に在り 全13巻」

田中芳樹氏の
「アルスラーン戦記」と「マヴァール年代記」

高田 崇史氏の
QEDシリーズ
ミステリーですが、最近は事件が付け足しのようになっている感があります(悪い意味ではないんですよ)

小説では無いのですが
学研の
機動戦士ガンダム一年戦争全史U.C.0079-0080〈上〉
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

『墨攻』『アルスラーン』『マヴァール』は読みました。

宮城谷昌光は『介子推』くらいしか読んだことないですが、機会があれば読みたいとは思ってるんです。入門しやすい作品となると何になりますか?

『陋巷に在り』は読みたいと思いながら、その長さに圧倒されて手が出せないでいます。
高田崇史の『QED』は興味はあったんですけど、なんかどういう内容か想像がつかなくて、手をだしかねてました。

『一年戦争全史』は凄く欲しいんですけど、ちょっと値段が高くて……(^_^;)

ご紹介させていただいた本、参考になりました(^。^)

お礼日時:2007/03/03 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSF小説、紹介してください

今さらながら、トム・クルーズ主演の宇宙戦争を見ました。
そして今さらながらSF小説が読みたいと強く思いました。

SF小説といってもいろいろジャンルがあると思うのですが、宇宙人が出てくるSF小説が読みたいです。
そして出来れば宇宙戦争のように宇宙人が地球にやってくるみたいな話がいいです。でも、面白ければ違っても全然構いません。

既読
宇宙戦争(原作)
幼少期の終わり アーサー・C・クラーク

ご回答待っています。

Aベストアンサー

こんばんは。早速のお返事ありがとうございました。
さきほどの回答の補足です。
「創世紀機械」も、J.P.ホーガン(ジェイムズ・P・ホーガン)の作品です。検索されるときは、ジェイムズ・P・ホーガン 創元SF文庫 にあります。
http://www.na.rim.or.jp/~majio/bookshelf/book/Hogan_THE_GENESIS_MACHINE.html
上記のページにも作品の紹介がちょこっとのっていました。

フリー百科事典、ウィキペディアで検索されるときも、ジェイムズ...のほうで載っていますので、
検索エンジンに「ジェイムズ・P・ホーガン」といれると
トップでウィキペディアがでて、そこに
作品群ものっていますので、ご参考になるかと思います。

私は、小さいときからSF読んでいたつもりなのですが、それでも
まだまだ「え?あんな有名なのを読んでいないの?」と
いうのもたくさんあります。
星を継ぐもの、そういえば、昔読みたてのころに、
あまりに面白くてOLをやっている知人にも貸したところ、
ものすごく面白かった!!!と興奮して喜んで
もらえてすごくうれしかったのを思い出しました。
これから、まだまだ質問者様はたくさんのすごい作品と
出会えると思うので、楽しみですね。
部屋を駆け回るくらいのいい作品とであえますように。

こんばんは。早速のお返事ありがとうございました。
さきほどの回答の補足です。
「創世紀機械」も、J.P.ホーガン(ジェイムズ・P・ホーガン)の作品です。検索されるときは、ジェイムズ・P・ホーガン 創元SF文庫 にあります。
http://www.na.rim.or.jp/~majio/bookshelf/book/Hogan_THE_GENESIS_MACHINE.html
上記のページにも作品の紹介がちょこっとのっていました。

フリー百科事典、ウィキペディアで検索されるときも、ジェイムズ...のほうで載っていますので、
検索エンジンに「ジェイムズ・P...続きを読む

QSFと推理小説はどう違うのですか

SFと推理小説はどう違うのですか

Aベストアンサー

一番違う所は,推理小説は現実世界で起こる事しか書いてはいけない。
SFは、現在の現実社会の範囲ではないけれども,もしかすると可能な世界があるとして、話を展開する。
例えば,1940年の話に携帯電話が出てくればSF。交換局を通せば推理小説。

Q綾辻行人さん「暗黒館の殺人」愛蔵版!!

綾辻行人さんの「暗黒館の殺人」
の愛蔵版購入された方いらっしゃいますか?!
今、普通に買おうか愛蔵版にしようか
かなり悩んでいます。
イラスト集がついてるんですよね?
どんな感じなのか・・・

ぜひ感想聞かせてください。

Aベストアンサー

なにせ「黒猫館」以来10年ぶりの「館」シリーズですから、「これを買わずにいられるか」みたいな勢いに任せて、つい予約して買ってしまいました……。

黒い重厚感のある外箱に、お揃いの表紙をした上下巻と画集が収まっていて、背表紙タイトルは金箔押しです。

連載中イラストを描いてくれていた喜国雅彦さんの画集はなかなかの出来です。巻末には綾辻氏と喜国氏の対談が載っています。

ただ通常版との違いが外箱+画集で、約3000円の差ですから、要は画集にどれだけ価値を見るかです。

個人的には、内容も含めてたいへん満足ですが、ためらいがあるなら通常版にすることをお勧めします。

Q戦国歴史ミステリー

戦国時代(信長・秀吉・家康)・徳川時代の歴史ミステリー関係で
お薦めの本とかありますか??
例えば、明智光秀が天海がだったとか、徳川一族の話とか
戦国時代ではないのですが、義経がチンギス・ハンになった話とかが
載った本を読んでみたいなって思っています。
以前にテレビ東京かで、そういう歴史ミステリーの番組を
しててはまってしまいました。
教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「八切意外史」シリーズ   八切止夫(作品社)
  『信長殺し、光秀ではない』『徳川家康は二人だった』等があります。

 その他
『戦国武将・闇に消されたミステリー いまだ解けない80の謎』   三浦竜(PHP文庫)ISBN4-569-66407-5
『歴史マガジン文庫 覇王たちの戦国合戦の謎』   津本陽(KKベストセラーズ)ISBN4-584-30318-5

 上記2冊は、一つの話が短くて、ちょっとした空き時間に読めます。
  

Q恩田陸『ライオンハート』について

 先日恩田陸氏の『ライオンハート』を読み終えました。エドワードとエリザベスのあの切ない感じなんかはすっごい良かったです!
 ・・・なのですが、タイトル通りいまいち時間軸を読み取る事が出来ませんでした。
 大学教授をしているエドワードがエレン(エリザベス)と結婚していたのでしょうか? それともそのエドワードは違う人物なのでしょうか?
 また「記者のエリザベス」はあのままエドワードの事を忘れてしまうのでしょうか? それとも後に違うエドワードと再開するのでしょうか?
 「エリザベス女王が思い描いた夢」がエドワードを縛っているとは一体どういう意味なのでしょうか?

 辛うじて私は「日記をつけていたエドワード=フランス人のエドワードの祖父」という事は分かったのですが如何せん読解力の無い私です。正直なところこれさえも正しいかどうかは分かりません(涙
 ですのでこの作品をお読みになった方で私の数々の疑問にお答えできる方、お待ちしております。

Aベストアンサー

「ライオンハート」は未だ読んでいないので私自身の書評はできなくて申し訳ないのですが、恩田陸さんの作品は中毒になるというか、クセになるというか、一筋縄ではいかないところがあったりして、私自身ここで助けられたことが多々ありますので、参考になればと思い投稿いたしました。

参考URL:http://tacet.milkcafe.to/ondariku/ondatop.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報