医学部を目指している一浪生です。
国公立大の前期日程も終わり、今は後期日程の対策をしています。

本題なのですが、後期日程のセンター試験でのアドバンテージについてです。
僕は前期は第一志望校に出願したのですが、後期はやはり多浪は避けたいということで、センターリサーチで一番判定の良かった所に出願しました。
結果、琉球大学の後期に出願することにしました。
リサーチの段階では、駿台・河合・代ゼミ共に綺麗に「+16」でB判定でした。
琉球大のセンター:二次の比率は1000:300です。
僕の(甘い)認識から言えば、後期でセンターが二次の3倍以上ある所ならば、ボーダーを10点以上越えていればきっと大丈夫だという考えがあったのですが・・・、実際予備校のクラス担任には「琉球後期はアドバンテージがあっても、合格者センター得点率分布を見る限り全然安心できないよ」という趣旨のことを言われました。
これはやはり本当のことなのでしょうか?
それとも琉球大学特有のことなのでしょうか?
「医学部はセンターでほとんど決まる。特に後期は。」ということを色んな先輩方からよく聞きます。
確かに後期の小論文を見ても、これはあまり差がつかないなと思うのですが・・・(配点は小論文100・面接150・調査書50)
差がつくのだとしたら、ひょっとして面接で沖縄の人を優先的に・・・?などと要らぬことを想像してしまいます。(僕は沖縄県民ではないので)
現役時は後期など勝負できるレベルではなかったので、正直実感的によくわかりません。

国公立大医学部後期のこういった事情に詳しい方、どんなことでもいいので、ナマの情報を提供して頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

センターで逃げ切る、といっても後期は合格枠が極端に少ないというのがネックなんでしょうね。

少なくとも、その配分で、B判定にいるということは、不利にはなら無いのは確かだと思います。が、逃げ切る、といっても数点の差で合否が決まるのが後期でもあるでしょうから、小論、面接で出来るだけ努力することではないでしょうか?

小論は差がつかない。というような話はもちろんあります。ただ、差がつかない、といっても点数化する以上自分の納得のいけるものがかけなくては落ちるでしょう。特に浪人だと小論なんてほとんど対策してこなかった人もいるでしょうから、なめているとかけなくて落ちることも十分あるでしょう。一応合格射程内ということなら、他人より秀でたものがかけなくても、周りにと同程度の点は確実に取れるような小論文が書けることを確実にして試験に臨むべきでしょう。

もう一つ、どうも面接の配点が高い気がします。沖縄県出身、は琉球大は推薦で地域枠があった気がするのでそこまで気にする必要はありません。ただ、将来沖縄で医者をやる意志がある、ということを地方大の使命として理解した上で述べられる準備はしておきましょう。よく、「地域医療が学べる」などと適当に言って終わるのがありますが、これだけでは十分とはいえません。地域医療とは何なのか、ということも具体的に表現して、出来れば貴方の将来の医師像を絡めて述べれば良いと思います。その際に、将来沖縄で医師として活躍するつもりがあるということも(そうでなくても)すんなりと言えるといいとおもいます。

面接の質問は駿台のsumページに全国のが掲載されています。センターで逃げ切りが可能かどうかという質問かもしれませんが、何を言ったところでもうセンターは終わっていますし、逃げ切れるから遊んで寝てればいい、というわけでも無いでしょうから、最後まで悔いの無いようにしっかりと準備ましょう。仮に、後期20人枠があったとして、150人受験した内、40人が合格射程内にいたとしても、20人は確実に落ちるということですので、安心は出来ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、本当にありがとうございます。
やはりセンターに関わらず、小論文の対策を十分にしておくのはもちろんですよね。
面接は確かに要注意な気がします。
自分としては沖縄の医療に貢献する意志はあります。
しかし、面接時間は去年のデータによると5~10分と結構短めだったみたいで・・・短くても内容は濃いのかな?と思っています。

お礼日時:2007/03/04 23:24

沖縄出身の医学部生ですが(琉大ではないので先輩になることはないですがね)



+16ということは九割に届かないかなぁ~ぐらいってことですよね?
通常、琉大は前期で九割越えの方々は普通に合格して(二次が簡単で医学部受験生には差があまりつかないので)後期はセンターが88~89や九割でなぜか落ちた人の勝負になります。私の友人で後期を受ける人も88~89に固まってますし。
ボーダー+16だと勝負できるところにはいるんで安心はできませんが、諦めることはもちろんありません。

あと、地元枠ですが・・・一時は地元というより沖縄の中のある学校枠があるのでは?という噂もあったのですが、最近の合格者をみるとそれも単なる噂だったらしく、地元枠も去年や一昨年は断然県外が多かったのでないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とりあえず今は結果を待つのみです・・・

お礼日時:2007/03/13 23:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国公立大学医学部の後期出願についてのご質問

国公立大学医学部の後期出願で、山梨大学、岐阜大学のどちらにしようか迷ってます。

現役の高三生です。センター試験で失敗してしまい、9割どころか800点を切ってしまいました。
前期は、もともと決めていたチャレンジ校を受けるつもりですが、後期の出願先を決めかねています。
できれば関東近畿の近辺でと考え、何とか足切りを超えそうな山梨大学、岐阜大学の2校にまでは絞りました。比較の判断材料としては、

1.岐阜の方が2次試験の配分率が山梨より高く、逆転の可能性が高いかもしれない。
   センター:2次
<山梨> 2 : 3(800点:1200点)
<岐阜> 1 : 3(400点:1200点)

2.センター試験の失敗原因は、おもに数Iで、英語は高得点でした。
そのため、英語の傾斜配点の高い山梨の方が、駿台や河合塾の合格判定では上に出ます。

3.数学が不得意で英語が得意なので、岐阜の2次試験の方が有利かもしれない。
<山梨> 理科(2科目)600点、数学(I、II、III)600点
<岐阜> 理科(2科目)400点、数学(I、II、III)400点、英語400点

4.山梨は出願数11倍で足切り、岐阜は40倍で足切り。

5.偏差値的には岐阜の方が上。岐阜の後期は例年、かなりの高倍率になる。

数学、理科の過去問の相性は、どっちもどっちという印象です。
遅くとも4日後には出願しなければならないので、どうか早めのアドバイスをお願いいたします。
最終的には自己責任と自覚しています。
よろしくお願いします。

国公立大学医学部の後期出願で、山梨大学、岐阜大学のどちらにしようか迷ってます。

現役の高三生です。センター試験で失敗してしまい、9割どころか800点を切ってしまいました。
前期は、もともと決めていたチャレンジ校を受けるつもりですが、後期の出願先を決めかねています。
できれば関東近畿の近辺でと考え、何とか足切りを超えそうな山梨大学、岐阜大学の2校にまでは絞りました。比較の判断材料としては、

1.岐阜の方が2次試験の配分率が山梨より高く、逆転の可能性が高いかもしれない。
   セン...続きを読む

Aベストアンサー

国公立大学医学部は特異的です。
センター試験でミスが許されないのです。
しかし、国語で失敗する学生は毎年います。
前期ならまだ800点なくとも770点あれば
ボーダーラインの国公立大学医学部は有ります。
しかし、後期は募集人数が少なく、センターがダメなら
選択肢が無くなります。後期では9割必要です。
しかし山梨大学と岐阜大学は特別です。
山梨は国立大学としては日本で唯一前期で一般入試が無く
完全後期型です。
岐阜は後期試験での募集が前期とほぼ同じで
後期2次試験の配点がすごく高いです。
センターで点が取れず、2次力特に数理が得意な人が後期で狙うパターンです。

岐阜は全国からセンター失敗組が集まります。そのため毎年競争率が
40倍を越え、岐阜大学の2次試験のとき岐阜市内のホテルが取れなくなるほどです。
また毎年京大の医の医残念組は九州大学に回りますが一部は受けに来ますよ。
しかし今年は狙い目だと思ってます。
例年より易しくなると思われます。
阪大、京大残念組が奈良県立医大の後期に回ると思われるからです。

山梨大学は募集人数が多く、岐阜よりは易しですが
理科科目は半端じゃないほど難しい。
貴方が物理化学得意ならアドバンテージがあります。
また理科科目が不得意なら合格は難しいです。
我こそは理科が得意だと言う学生が集まります。
また山梨は関西からは不便ですよ。

どちらにせよ、あなたのような場合は前期で合格を目指すべきで
センターで失敗したならそちらのランクを落とすべきです。
後期はおまけだと思った方が良いです。
私なら後期は岐阜が狙い目だと思います。

国公立大学医学部は特異的です。
センター試験でミスが許されないのです。
しかし、国語で失敗する学生は毎年います。
前期ならまだ800点なくとも770点あれば
ボーダーラインの国公立大学医学部は有ります。
しかし、後期は募集人数が少なく、センターがダメなら
選択肢が無くなります。後期では9割必要です。
しかし山梨大学と岐阜大学は特別です。
山梨は国立大学としては日本で唯一前期で一般入試が無く
完全後期型です。
岐阜は後期試験での募集が前期とほぼ同じで
後期2次試験の配点がすごく高いです...続きを読む

Qセンター82%で国立医学部は難しいですか?

2浪目の女子です。
センター試験の結果は82%でした。
国立の琉球大学医学部医学科を目指しているのですが、やはり厳しいでしょうか。
また、この結果を踏まえたうえで、おすすめの医学部医学科受験の方法があれば、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2年も浪人してたら解るでしょう?
センター82%じゃ厳しいって。
無理とは言いませんがかなり厳しいです。
琉球大学より札幌医大の方が良いかもしれません。
前期の足切りは大丈夫だと思います。
とにかく受験は出来ると思います。
後期での医学部医学科は全国とこでも足切りにかかるでしょう。
前期勝負です。
医学部は2浪3浪人は当たり前なんて言いますがこれは私立大学医学部の話で
国公立大学だと現役が最も多く1浪2浪までです。
3浪になると大変合格者は減ります。
2浪までで合格できない学力の人は国公立大学医学部に合格しにくいと言うことですね。
貴方の場合は医学部受験に見切りを付け、医学部薬学部に方向転換するのも
一つの手段と思います。
センター試験の結果で言えば九州大学などの旧帝大でも歯学部ならかなり合格する
可能性が高いと思います。

Q医学部受験の厳しさ、、?

医学部受験の厳しさを教えてください。(私大、国公立含めて)


早稲田、慶應の理系学部に普通に受かるような偏差値を持った人でも、私大医学部に落ちていることや、
浪人生、しかも多浪生が多いのが現状くらいしか分かりません。



私の考えですと、一年間浪人してダメだったら、もう見込みはないと思うんですが、
これほどまで医学部を志す多浪生がいるのはどうしてなのでしょうか。



よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 一浪して早稲田商卒です。

<医学部受験の厳しさを教えてください。>

もし、生まれ変わって医学部目指すとしたら、たぶんどこにも

受かりません。3浪してもしかしたら、かな。

それくらい度を越して超難関です。私文頂点こそ受験最激戦の

はずですが、医学部受験に比したら、早慶文系合格なんて

遊びみたいなもんです。だって理系のくせに、古文や漢文が

得意とかありえない世界でしたわ、見てると。

たぶん高2か高校受験を控えている人とお見受けしますが、

覚悟してくださいね。目指すなら。

<これほどまで医学部を志す多浪生がいるのは>

いうまでもないです。就職状況です。

もし、私が将来 東大京大間違いなしと言われてる中学生なら

東大なんて目指さない。医学部目指します。

どこでもいい。沖縄だろうが網走だろうが。

国立どころか公立大学でもいいから、医学部目指します。

将来 安泰だもん。

<一年間浪人してダメだったら、もう見込みはない>

うん。一浪の段階で見えると思います。2浪に突入する

価値があるのかどうかが。

がんばってね。

Q国公立後期の医学部について

初めて質問させて頂きます。
私は今国公立医学部を目指して浪人していて、今年度のセンター試験では充分な点数が取れたので前期第一志望に出願する事を決めたのですが、後期の出願校について迷っています。
出願候補は群馬医・山形医・岡山医・広島医・名古屋市立医・熊本医です。センターリサーチ(駿台・河合)では群馬・山形・名市がA、岡山・広島・熊本がBでした。

そこでお尋ねしたいのですが、これらの大学は、地元の人を優先的に採用する事はありますか?
また現役・浪人の差別はありますか?
前期で第一志望に出願する分、後期では手堅く決めたいのですが「後期は地元の人を優先的に採用する傾向がある」と度々耳にするので出願校を決めあぐねています。

当方一浪、埼玉県在住です。
ご教授いただけると幸いです。

Aベストアンサー

一浪なら全然考えなくて大丈夫ですよ。三浪くらいまではゴロゴロいますから。

地元有利も、近年は地元枠で確保、推薦で確保、そういうことをしてます。

小論も予備校なら練習してるでしょうし、案ずることはありませんよ。落ち着いてやりましょう。

後は志願者の動向を各予備校のサイトでしっかり確かめましょう。

Q私立医学部と国立医学部ってどっちが難しい?

私は受験生の姉がいて、姉が医学部を受けるらしいです。

医学部は知っての通り、超難関中の難関…

私は「受からないからやめなよー」と言って止めましたが、聞く耳を持ちません

最初は東京の私立医学部を受ける予定だったらしいんですが、センターで8割5分以上とれたので国立医学部も受けることに決めたようです

そこで問題なんですが、もし両方受かったら、姉は田舎の国立の医学部に行くくらいなら都心の私立の医学部に行きたいと言ってます。

確かに、田舎にいると勉強してる間以外の時間はほとんど無意味な時間になるし、私立医学部でも学費は平均3000万程度

医者になれば実家通いで3、4年もあれば返せる額です(田舎の方なので)

ただ、最近は地方の国立より東京の私立の方が難しいという話を聞きました

実際に、偏差値も地方国立は都会の私立より低く心配です。

姉はどっちの過去問を重視してやれば良いのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

受験云々の話は他の方に任せるとして

#4さんもそうだし、僕も医師だから忠告しておくけど、新卒研修医は研修指定病院で2年間働かないと研修終了できない(少なくとも僕の時はそうだった)。
君のいう1300万円の研修指定病院ってどこ?通えるところにあるの?
それと額面1000万円位だと3割ぐらい税金で持っていかれて手取り700万ぐらいだよ。1300万なら1000万弱くらい。学会とかもろもろで結構出費は多いから、1300万でも貯金は600万ぐらいが限度ではないかな?
そして10年20年先のキャリアアップを考えると一箇所の病院にとどまることは好ましくはない。病院側も欲しがらない。つまり色んな所で経験をつまないとキャリアアップどころか雇ってくれる病院がなくなく(=自分に就職先の選択権がなくなる)。
あと募集があるということと希望すればそこに行けるというのは=ではないよ。実際は何年目以降とか何大学出身とか書いてない選考基準があるもんだから。

若いから仕方ないと思うけど机上の空論ばかりで現実をみなさすぎです。

Q国公立大医学部の門前払い(足切り)のデータが載っているサイト。

全国の国公立大医学部(医学科)のセンター試験のいわゆる2次選抜の門前払い(足切り)の具体的な得点が載っているサイトがあれば教えてください。

また、出来れば推薦入試の場合のデータも載っているもの等がありましたら併せてお願いします。

Aベストアンサー

No.1で回答した者です。
私は現在新設の国立大学医学部に在籍しています。
足きりに関してはNo.2の方が仰る通り、年度により状況が
激変しますので(特に医学部の場合は)、本当に
参考程度にしかなりません。
(参考として福島県立医科大学のデータを載せます)

あくまで一般論で言えば、新設医大はセンターの配点比率が
大きいですので、大体予備校のセンターリサーチでC判定
(現在予備校で公表されているボーダーの3~5%下)
ぐらいまでが出願して勝負できる範囲だそうです。

受験生の雰囲気としては「8割でも大体出願は
出来る」といった感じです。
(新設医大なら前期で80%での足きりは殆どありません)
ですが、勝負するには新設医大でも最低85%必要です。
(但し去年のセンターの場合、新設医大でも最低85%は
必要だという特異な年でした。
例年であれば80%でも何とか出願して勝負できたのですが・・・。)

最後に。「医学部入試は難関だ」と周りは煽りますが
私はそうでは無いと思っています。
努力すれば十分到達可能なラインですので、
是非勉強に励んでください。
(でないと、私みたいに2浪します。いわゆる「反面教師」です)
詳しいアドバイス等に関しては、専門家におまかせします。

参考URL:http://www.fmu.ac.jp/info/siken/igaku/n-siryo/siryo(18).htm

No.1で回答した者です。
私は現在新設の国立大学医学部に在籍しています。
足きりに関してはNo.2の方が仰る通り、年度により状況が
激変しますので(特に医学部の場合は)、本当に
参考程度にしかなりません。
(参考として福島県立医科大学のデータを載せます)

あくまで一般論で言えば、新設医大はセンターの配点比率が
大きいですので、大体予備校のセンターリサーチでC判定
(現在予備校で公表されているボーダーの3~5%下)
ぐらいまでが出願して勝負できる範囲だそうです。

受験生の雰囲気と...続きを読む

Q東京大学と国立医学部どっちがむずかしいのですか?

きになってみたので質問しました。
どちらのほうがむずかしいのでしょうか?
東京大学なら理三は抜きでおねがいします。

Aベストアンサー

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験事情を考えるとこの倍率の面の差が大きく、国立医学部がより難しいということになります。

まあ、医学部というところ自体が特殊なところで、ずっとA判定が出ている医学部を受験しても落ちることはざらにあります。さらに旧帝大系の医学部、千葉などの旧医大系、その他では東京医科歯科大などの難関校のようにほぼ毎年難易度が上位で安定している大学を除けば、どの国立大学医学部もその年のセンター試験の動向次第で志願者の増減の変動が激しく、相当難易度が浮き沈みしますので単純に偏差値的に下位の国立大学医学部は東大より簡単とも言えませんし、逆に年によっては“結果的に”東大理系よりも入るのが簡単だったのではないか、と思える国立大学医学部もあります。

最後に5ランクでかなり大雑把にまとめると、

S、東大理三、京大医
A、その他旧帝大系医学部
B、千葉大などの旧医大系・東京医科歯科などの難関校
C、(特に首都圏近辺にある)公立大学医学部
D、東京大学理一・ニ、その他国(公)立大学医学部(年により変動の可能性有り)

というランクわけになると思います。
(昔から医学部には“旧帝大、旧医大、旧医専、その他”の順のランク分けがありますが、このランク分けに加えて首都圏近辺の国公立大医学部の人気が地方国公立大学医学部に比べて高くなるという事実があり、例えば、医科歯科は旧医専ですが、東京にあるため、地方の旧医大系よりも難易度が高かったりします。)

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験...続きを読む

Q河合塾と駿台の違い、互いのメリットデメリットについて

はじめまして、私は現在高校三年生(今春卒業予定)のものです。
今年は前期で失敗したら浪人する予定す。
現在私の手元には駿台予備校仙台校と河合塾仙台校から
入学の認定が届いています。ですが、正直なところ、
両校のデメリットメリットを調べて比べてみても決めかねています。
皆さんでしたらどちらがいいと思いますか?もしよければ教えてください

ちなみに両校のメリット、デメリットは下記のようでした。
・駿台
○座席指定制
○実績がいい
(ただし実績は個人の問題だと思うのであまり加味しないことにしました……)
○駿台は理系に秀でている(?)
(昔の話だ、という人も多数いて、判断しかねます)
×クラスの人数が多く机が狭い
(クラスの人数はわかりませんが、机が狭いのは試験の時に窮屈だと痛感しました)

・河合塾
○駿台と比較すると少人数、それから個別サポートが充実
○実際に授業を受けたことがあるので、安心
×ただその体験授業のときに、講師の方の説明がよくわかりませんでした。
講師の方の質は実際どれほどのものなのか、
よほど酷い先生に当たったのか、が今一わかりません
×座席指定
×河合なら文系(?)(ただこれも昔の話だという人もいて……)

私は前期は東北大学の工学部志望です。
駿台からは「ハイレベル東北大理系」「スーパー東北大理系集中」
河合塾からは「ハイレベル東北大英語強化/数学強化/理科強化/特別強化」
の受講認定がきています。
(他にも認定は来ていますが関係なさそうなのは省きました)
私立は経済上の理由から行く予定はありません。
また、同じく経済上の理由から浪人も一年のみです。
一年の浪人なので、授業料に関しても両親からは了解を取っています。
安価なほうがいいのですが、、授業料よりも志望校への
適不適を重視したいと思っています。

これを踏まえて、国公立工学部受験には駿台、河合塾
どちらの、どのコースが適しているでしょうか、教えてください
よろしくお願いします

はじめまして、私は現在高校三年生(今春卒業予定)のものです。
今年は前期で失敗したら浪人する予定す。
現在私の手元には駿台予備校仙台校と河合塾仙台校から
入学の認定が届いています。ですが、正直なところ、
両校のデメリットメリットを調べて比べてみても決めかねています。
皆さんでしたらどちらがいいと思いますか?もしよければ教えてください

ちなみに両校のメリット、デメリットは下記のようでした。
・駿台
○座席指定制
○実績がいい
(ただし実績は個人の問題だと思うのであまり加味し...続きを読む

Aベストアンサー

私は東京で通っていたので、仙台のことは分かりませんので、以下記述することは、あくまでも東京での噂によるものです。
確かに、「文系の河合塾」とよく聞きます。
ただ理系は駿台よりも代ゼミと聞きます(いまは、理系も文系も代ゼミになってきているらしいのですが)。
代ゼミは、考えていないようなので、駿台と河合について書きます。
案内にも書いてあると思いますが、年間授業料には1年間の模試代も含まれています。
三大予備校の中で最も平均的に良問と言われいるのが、河合塾の模試です。
さらに、三大予備校の模試の中で、判定が厳しすぎず、甘すぎないのも河合塾と言われています。
駿台は問題も難しく、判定が厳しすぎると言われています(ちなみに、代ゼミは問題が簡単で、判定も甘すぎる)。
模試は出来るだけ多く受けた方が良いので、三大予備校の模試を出来るだけ多く受けるべきだと思いますが、少なくとも、所属している予備校の模試は受けることになるので、模試の観点からでは河合をお薦めます。
授業で使われているテキスト問題ですが、河合は東大の国語の入試問題をドンピシャ(東大対策講座の国語で問題内容も引用文章も)で当てた実績もあり、また、大学入試の問題を請け負っている数が、最も多いらしいので、河合のテキストで使われている問題は、入試対策としては良い参考書になると思います(テキストにはオリジナルの問題もあるので)。
ただ、駿台は難関大学を目指している人たちが多いので、難関大学である東北大学を受けるつもりなら、そういった意味では、駿台は良い環境の予備校だと思います。
模試も難関大学を受ける人の多くが受けているため、比較的難しく作っていると言うことらしいです。
説明のへたくそな先生は、河合にも駿台にもいます。
説明が分からない場合は、他の先生に聞くという手もあります。
私は、授業では解答を得るためだけに行き、実際の質問はお気に入りの先生に夜遅くまで聞きに行った経験が何度もあります。
ただし、その場合は、失礼にないように担当の先生が不在の時に、聞きに行くようにした方が良いですよ。
まだ、1ヶ月あるので、しっかりと考えて予備校選びはしてください。
ただ、大学に受かるか受からないかはどこの予備校に行ったかではなく、1年間どのくらい勉強したかです。

私は東京で通っていたので、仙台のことは分かりませんので、以下記述することは、あくまでも東京での噂によるものです。
確かに、「文系の河合塾」とよく聞きます。
ただ理系は駿台よりも代ゼミと聞きます(いまは、理系も文系も代ゼミになってきているらしいのですが)。
代ゼミは、考えていないようなので、駿台と河合について書きます。
案内にも書いてあると思いますが、年間授業料には1年間の模試代も含まれています。
三大予備校の中で最も平均的に良問と言われいるのが、河合塾の模試です。
さらに、...続きを読む

Q旧帝大の医学部と慶應医学部

医学部受験者です。
旧帝大(東大以外)の医学部と慶應の医学部に合格してしましました。

国立の方を第一希望として頑張った結果ですが、親戚・友人・先生などほとんどの方から慶應への進学を勧められています。

慶應は実家から通学圏内ですが、国立の方はアパート暮らしをしなくてはなりません。

慶應を薦める人は大学としての格が上と言います。また、実家から離れた国立大学へ進学すると関東に戻って来れないとも言います。

借金してでも慶應に入るべきと言われ、本当に迷っています。

・そんなに慶應大学の医学部の格が上なのでしょうか?自分にとっては学費のかかる私立大学がそんなに優秀とは思えないのです。

・大学所在地での勤務を余儀なくされる。又は関東に戻ってきても、立場が弱いというのは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、入れば分かりますが慶應の医学部には三四会というOB組織があり、卒後のバックアップなども良くも悪くも慶應特有の連帯感で国立大学よりも強いです。

慶應の力がどの程度かということですが、国立大学医学部、中でも旧帝国大学医学部を各地域の医学界の頂点ととらえる考え方の中でも慶應医の力は別格です。そりゃあ国立大学より学費が高いですから東大理三とダブル合格すれば理三に行くのが当たり前ですが、過去には理三に行かずに慶應医に行った人間もいるぐらいのレベルです。もちろんこれは極めてレアなケースではありますが、入学時点で将来臨床医になると決めており、尚且つ慶應医出身者が親戚などにいる人にとってはあり得る選択だと思います。

私も貴方と同じで国立第一志望で旧帝に受かり最初はそっちに行こうかと思いましたが、親の意見、予備校関係者の意見などを総合して結局慶應医に行きました。ちなみにその時の予備校の人の意見としては、どちらでもよい、研究医になるなら旧帝へ、関東の人間なら縁もゆかりも無い土地に行くより地元の慶應、などのものがありました。私はその時点では研究に行く可能性も視野に入れていたので迷いはしましたが、結局のところ、将来的に関東圏で働く予定であったことが決定的でした。

もちろん、実際は地方の旧帝に行っても卒後関東圏に戻ってくることは可能です。ただ、その場合、関東の大学の医局に所属する形が一般的ですからそこでの立場は当たり前ながらその大学生え抜きの人間よりは弱いです。誰だって他校出身者より自分とこの後輩の方が可愛いもんですから。特に慶應の医局に所属した場合、医局構成員の多くは慶應生え抜きであり、教授もほとんど慶應出身者という状況です。慶應という組織は医学部に限らず全般的に慶應命、排他的な部分が非常に強いですから、外の人間から見たら嫌な感じということも多々あると思います。。よって将来関東で働くつもりなら慶應医がいいでしょう。

逆に旧帝医に行くメリットは何か。

第一にお金ですね、学費。これは確かに大きいことは大きい。ただ、貴方の場合、自宅通学が不可能になりますからいくらアルバイトするといっても親の仕送りに頼る部分もあるのが普通です。そうなると結局のところ、学費の差がそのまま慶應に行った場合との金額の差にはなりません。日々の生活で親に負担してもらう部分は自宅を離れた場合の方が当然上がりますから、実際には6年間で1千万弱ぐらいの差に縮まるでしょう。もちろんお家の経済状態にも寄りますが、この金額の差は将来のことを考えるならば必ずしも高すぎる金額ではないと思います。

それから、次のメリットとして一般的なのが研究ですか。
確かに研究面でのバックアップは国立の旧帝の方が受けやすいという部分はあると思います。ただどれほどの差なのか。慶應がまったく研究していないかと言えばそんなことはありませんし、新聞に載るような研究をしている先生方もたくさんいます。そして優秀な研究をしている先生の研究室には国や企業からのバックアップはかなりあります。結局、いかに研究費のバックアップを受けられるかどうかは国立、私立の差よりも研究の内容であると感じます。

まあ、最終的な結論としてはどちらに行ってもいいと思います。どっちに行っても将来的に後悔するようなことになることはない大学間での選択ですから。
私はもう一度同じ状況に置かれて考えるならばやっぱり慶應を選ぶと思いますが、選ぶのは貴方ですからね。

最後に参考までに慶應入って良かったと思えること、逆に良くなかったと思うことを書いておきます。
まず、良かったこと。
卒業試験がありません。各大学、国公私立問わず医学部ではどこも卒業試験がありますが、慶應にはありません。よって卒業は極めて楽です。毎年全員卒業であり、卒留(卒業留年)はいません。
出席、特に臨床系の出席が甘い。基本的に学生の自主性任せなのでかなり遊べます。もちろん最低限、きっちりと試験を通さなければ進級していけませんが、効率よい学習が出来る人なら高学年になっても相当遊べます。自分もかなり遊んでました。

良くなかったこと。
部活に入らない人間への風当たりが強い。これは慶應に限らないかもしれませんが、慶應では特にその傾向が強い気がします。入学早々、絶対に部活(それも運動系の部活が望ましい)に入れと命令されます。興味の無い人間には苦痛な気がしますが、将来的にも部活がどこだったかははじめましての次に来る慶應出身者同士の挨拶代わりみたいなものですからどこかの部活に一度は所属しておいたほうがいいとは思います。基本的に途中でやめる分には平気です。6年間ずっとは部活に所属し続けず、途中でやめる人間もけっこういますから。
ポリクリ(5~6年次に行われる病院での臨床実習)が長い。これは苦痛です。国家試験の準備したい時にしつこくポリクリがつきまといます。他大では6年の夏前でポリクリが終わり、9月以降は卒試と国家試験という流れが普通ですが、慶應では国家試験にはほとんど何の役にも立たないポリクリが延々と6年の11月末まで続きます。。ちなみに国家試験は翌年2月ですのでポリクリの間も計画的にやっていかないときついです。ただ、これは毎年学生側から文句行ってますので貴方が慶應に入学してポリクリやる頃にはもっと短縮されるかもしれません。

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、...続きを読む

Q医学部受験娘の3浪の是非についてアドバイス下さい。

2浪の娘の今後について迷っています。今年私立医学部を中心にこれまで10校程度受験しましたが、現在のところ1校も一次試験も受かっていません。しかし、最難関の慶應大学などは自己採点で昨年度の合格最低点はクリヤーしたようで、そこそこの実力はあるのではと思っていますが、聖マリアンナや女子医大も受かっていないので、実力を推し量れないでいます。
これから医学部以外のセンター併願校を受けて行きますが、本人の意思が優先すると思いますが、医学部以外の受かった学校に入ったほうがいいのか、意思があるならもう一年(3浪)頑張らせたほうがいいのか迷うところです。
今年1年も特にここ1か月は家族総力戦で、大変な労力がかかりました。本人が体力的にも精神的にも大変で3浪は相当なリスクがかかると思います。しかし、1年の違いで医師になるのとならないのとでは人生が大きく変わります。どんなことでもよろしいですので適切なアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

国立医学部生を持つ親です。

我が家は皆、大学受験を終えていますが、受けるのは本人ですがそれを見守る親の気持ち、心中お察しいたします。
一度質問をお見かけし、その後どうなったかと気になっていました。
質問と他の回答の中で気になった点、3つ程あったので書き込ませていただきます。

1つ目。
質問文の中の「私立中心に10校」ですが、センターで受けられる私立を含む…としても、受験校に関しては、特に私立は日程的、経済的なことがあるので、ご家庭の事情、判断で様々だとは思いますが、数というより、レベル的に聖マリ、女子医の1次が受からない人が、慶応を受けていることが驚きです。
現役、1浪はどのような受験校だったかわかりませんが、過去でも聖マリ、女子医レベルの1次を通過していないのであれば、模試も受けていると思いますが、慶応は旧帝レベルがAB判定が出ていてもC、下手すると定員の少なさもあると思いますがDが出たりします。

合格最低点はその年によって違いますので一概には言えませんが、慶応の合格最低点をクリアーしたと言っているご本人もそうですし、親御さんが実力を推し量れない…と2浪までしているこの時点で(勿論入試は何が起きるかわからないですが)言っていることが、私は受験校の焦点を絞り切れていないように感じられます。
ここまで模試、受けていらっしゃいますよね?
率直に申し上げれば、「そこそこの実力」というのが偏差値64くらいなのであれば、慶応は厳しい、というより無理だと思います。
人数的に少ないこともあると思いますが慶応は別格です。
過去問対策もせず、ただ当日受けるだけ…であればそれはそれで結構なことですが…。

模試の判定を思い出すと、慈恵は慶応より1ランクよかったくらいですから、おそらく慈恵、学費下げた後の順天も、塾が「今まで受けなかったような上位層が受けている」とデータを出していましたので厳しいかもしれません。
私なら(我が子なら)上位国立層が受験してくるような私立大学はおそらく受けません。
全国私立約30校、そのうち関東約15校くらいだったとおおよそ記憶しています。
お住まいがどこかわかりませんが、自宅から通えないからという理由で、獨協、埼玉、東海等が何校か外れていくかもしれません。
学費の高さでもいくつか外しているかもしれません。
そうすると受験校は限られてしまうとは思いますが、ここまできて記念受験しているとは思いませんが、受ける以上は過去問見て、それなりの対策をせざるを得ないのではないかと思いますので、ここまで1次通過がないなら、私は10校の中に上位校の受けるだけ無駄な大学が含まれている気がします。
順天、日医大、昭和レベルでも、お子さんにとってはチャレンジ校レベルなのかもかもしれません。

お子さんのデータがあまりないので、厳しめに意見させていただきます。

浪人した時の駿台(市ヶ谷校)ではチャレンジ校、実力相応校、安全校…といような言い方をしていました。
当時7クラスほどあって、1クラス150人、1000人位いることになりますが、国立は上2校にいないと厳しい…と言われていたようなので、下のクラスでは私立専願の人も多いでしょうから、そこでは塾側がどのような説明していたかはわかりません。
子供のクラスでは、国立受験と併願しての私立…ということだったと思います。
5~6校が妥当だろう…との記憶があります。
その中でチャレンジ校、実力相応校、安全校を日程的、学費等を考慮し決める…ということになります。
我が家も浪人時、学費安い順に数校受けています。
私立専願だともう少し、日程的にも受験可能だと思います。
大事なのは過去の模試などから判断して、その3つのレベルにバランスよく受験校が入っていたのか?ということです。
浪人を重ねるほど、チャレンジ校より実力相応、安全校を手厚くせざるを得ません。
そこをお宅はどうされていたのか?
偏差値64というのは、私立医学部の最低ライン、ぎりぎりだと私は思いますが、戦略的にどうだったのか?3浪するのであれば、これ以上浪人したくないのであれば、しっかり検討することをお勧めします。
No.3の方の言う受験校3校は、経済的な理由や、現役生や、あくまで国立第一希望の人ならともかく、私立専願の人なら少なすぎます、返って無謀です。

2つ目。
No.3の方の中にある、歯学、薬学受験という部分に関してです。
医学部合格でしなかった人の進学先として、多くが医療に関係する学部が多いようですが、進学した後、同じ大学の中で、医学部の人達と授業が一緒だったり、部活で接したりするのが辛いと思う人がいるようです。
歯学部などは医学部行けなかったような人が多数…という話を聞いたこともあります。
入学当初は割り切って進学したものの、途中で耐えられなくなることもあるようですから、そこは本人が充分覚悟の上で進学されてください。

3つ目。
国立医学部を目指す意見について。
センター受けていると言っても、私立の受験に必要な一部の科目でよね?
または国立に必要な科目全部ですか?
当初は国立希望だった、少なくても現役時、国立志望で受験していた、点数がそこそこだったならともかく、今更2浪で1次どこも受からない人が国立に変えるなど、私から見ると最も無謀としか思えません。
逆はあり得ると思いますが。
厳しいこと申しますが、国立を狙えない学力レベルだから私立にしているのではないでしょうか。
たしかに地方国立で偏差値が高くない、センターである程度の点数取れば入れるような大学もあります。
が、近年、地元枠などと称して、地元高校の現役生の優先枠も多いですし、センターで点数が取れなかった、経済的にどうしても国立…という学生、特に後がない浪人生はどんな地方でも行きます。
私が親なら、今更国立を目指すようなことはしません。

一番思うことは、親御さん自身が今だ「実力を測りかねている」ことであり、国立目指したら?の意見に「私もそう思います」というようなことを言っておられることです。
我が家は、高校にも塾にも、志望校や受験校に関しては出願先を届けたのみで、個人的に「どうしたらいいか?」というような相談は一切していません。
私は勉強の中身に関しては全く把握しておらず、本人任せ、志望校も子供が決めています。
私は時々子供から模試の判定結果の報告を受け、子供が持ち帰る塾からの資料を読んだり、時に塾の保護者会に出席し、最近の受験傾向を聞いていました。
塾の出すデータを読み解くことで、大方の見当をつけていました。

約2年間、ここで10人前後の医学部受験生、浪人生に回答しました。
その他にも記憶にあるだけでも、数倍の医学部希望の方の質問を見かけました。
多くはやはり本人の気力、経済的な理由から1浪2浪までが多く、そこから先はやはり少ないようです。
が、他の学部に進んでも、あきらめきれない、再受験したい…という方も多く見かけました。
先日もそのような再受験生に回答したばかりです。
本人の意志、経済的な事、この2つは車の両輪で、どちらも不可欠です。

長くなってしまいましたが結論です。
その両輪がしっかりしているなら、私は3浪してもいいと思います。
おっしゃるとうり1年で医師になるとならないとでは、人生全く違ってきますので。

我が家やその周り、そしてここでも多くは国立第一希望であり、併願するにしても私立に関しては、住い、学力との組み合わせで、様々なパターンが考えらえます。
私立は金銭的にもある程度の制限がかかってしまうことが大半です。
が、お宅は受験校から察するに、学費に関しては恵まれているようなので、その心配がないなら、何と言ってもそこは大きな強みです。
経済的制限がある国立しか受けられない学生が多い中、それはそれで選ばれた幸せな人間であり、活用すべきです。

本命はどこなのでしょうか?
そこは無難な選定なのでしょうか?
そこを中心に過去問などから出題傾向を把握、対策していたのでしょうか?
多浪になればなるほど実力相応より安全校を手厚くせざるを得ないでしょう。
そのあたりが書かれていませんが、3浪なら、私立に特化した塾も、経済的に可能なら賢い選択かもしれません。
子供の同級生も、私立専願で、大手塾ではなかったようですから。

友人から聞いた、開業医のお子さん3人の話ですが、1人目5~7?浪で歯学部、2人目は3浪で埼玉医科、現在3人目がたしか4?浪中だとかで、2人目以外の数字が曖昧ですいませんが驚くような数字を聞いたことがあります。
どこかで本人、親も区切りが必要でしょう、そこだけははっきりさせておかないと人生収拾がつかなくなります。

お子さんの勉強もさることながら、医学部に関してはある程度、親としての情報収集も必須でしょう。
医学部の学生さんが「そこは最低ではない」と埼玉を挙げていますが、正直言ってそのレベルの大学はデータを出す塾によってその年によって偏差値的に1~2違う程度でしょう。
これくらいの差は、過去問から出題傾向をつかみ、そういう問題を多く解いたり、またはこの大学の出題傾向が自分に合う…というようなことの方が、余程大事かと思うのですが…。

お子さんがここまでどのように勉強されていたかもわかりませんが、人生の大きな分岐点ですから、親御さんはドーンと構えて受け止め、温かく見守り、支えていってあげて下さい。

国立医学部生を持つ親です。

我が家は皆、大学受験を終えていますが、受けるのは本人ですがそれを見守る親の気持ち、心中お察しいたします。
一度質問をお見かけし、その後どうなったかと気になっていました。
質問と他の回答の中で気になった点、3つ程あったので書き込ませていただきます。

1つ目。
質問文の中の「私立中心に10校」ですが、センターで受けられる私立を含む…としても、受験校に関しては、特に私立は日程的、経済的なことがあるので、ご家庭の事情、判断で様々だとは思いますが、数というよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報