遺言書を公証人役場で作成すると、保管しておいてくれる、ということをきいたことがあります。その場合、

1.費用はどうなるのですか?

2.公証人役場で保管しておいてくれる、とのことですが、自分で持っていなくてもよいのですか?(自分での保管が面倒なので捨ててしまってもよい?)

3.本人(遺言者)が亡くなると、自動的に遺言を執行してくれるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

遺言」に関するQ&A: テープによる遺言の効力

A 回答 (3件)

1の回答


費用はかかりません。遺言公正証書作成時に遺言者と証人,それに公証人が署名した遺言公正証書の原本を公証人が保管し,正本・謄本といわれている写しを遺言者にお渡しします。
2の回答
大事な遺言ですので保管してください。もし,遺言者が亡くなったとき,上記正本・謄本がないと相続登記や銀行の口座解約などが遺言を根拠にしてはできなくなります。相続人・受遺者は公証役場に行って遺言の正本・謄本を交付してもらわなければならなくなります。
なお,遺言公正証書を作成しますと,公証人の本部(日本公証人連合会)のコンピューターに遺言者の氏名,遺言公正証書を作成した公証人名・公証役場などが登録されますので遺言公正証書の正本・謄本を紛失した場合,相続人・受遺者は日本中どこの公証役場でも結構ですから出向いて調査を依頼してください。即座に遺言公正証書の有無・原本の保管公証役場がわかります。
3の回答
公証人は遺言執行には関与しません。遺言公正証書に「遺言執行者」が指定しているはずですので,この遺言執行者が遺言の内容を実行します。
    • good
    • 0

yodaさんの回答のところに対する補足への回答を。


まず、死亡通知は遺言執行者がいる場合は遺言執行者のところへ行きます。
この段階で遺言執行者が生存している場合は良いのですが、死亡していた場合は遺言執行者の再選任をしなければなりません。
それをしていない場合、また死亡通知が出来ない場合は、俗に言う「行き倒れ」者と同じ扱いになります。
この場合、官報に死亡通知が載ります。
そこで、死亡者の親族などと連絡が取れた場合は、その方が、家庭裁判所に申し立ての上、遺言執行となります。
    • good
    • 0

1.費用に関しては、


遺言の枚数、遺産の価値等で変わります。
2.公証人役場に20年間保存されます。
3.「遺言執行者」を指定しておきます。

詳細は、下記URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/sakai-siho/yuigon.htm

この回答への補足

どうもありがとうございました。

ところで、身よりのない人、独居している人の場合、死亡通知が公証人役場になされるのでしょうか?
(『自動的』に遺言書が執行されるのでしょうか?「遺言執行者」に本人が死亡したことや「遺言執行者」に指定されていることが通知されるのでしょうか?「遺言執行者」が死亡した場合は?)

補足日時:2001/01/15 14:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公証人役場での遺言書作成

遺言書を公証人役場でお願いしようと思います。
背景にいろいろ複雑なことがあります。
1、その際、事前に弁護士、司法書士等に相談してから公証人役場に出向いたほうがいいのでしょうか?
2、相談をするのなら 弁護士、司法書士 どちらに相談したほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

公証人は文章は作ってくれないので、事前に専門家に相談されたほうが懸命です。
弁護士が望ましいです。司法書士でも対応は出来ますが。

遺産が多い場合には更に税理士にも相談しておくと完璧です。

Q遺言書を公証人役場で作成しましたが。。。

不動産はなく、100万までの額で、去年、公証人役場に行き、全額弟へと遺言書を作成しましたが、私は、まだ、20代で、亡くなるのは、まだまだ先と思われます。私が亡くなるときに、私の総預貯金が、100万より増えていても、相続に値する全額とは、100万だけになってしまうのでしょうか。アドバイス頂けますよう、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「全預貯金を弟に・・」
遺言者が死亡すれば、文言どおり全ての預貯金は弟が相続します。

金額の記載がないようですので、その時の残高が10万円であれば10万円を、1千万円なら1千万円を弟は相続します。

しかし、「全財産を」ではないため、それ以外の財産については法定相続、もしくは全相続人の協議によります。

現金や車などはそのままでは弟は相続しません。

Q公証役場で離婚の証書を作るのですが...

初めまして。質問させて下さい。
この度別居生活を経てついに離婚が成立しそうです。
そして今回の離婚にあたって公証役場で公正証書を作る予定です。
そこで質問があるのですが公証役場での証書作成は夫婦揃って
出席しなければならないのでしょうか?
私個人でも色々と調べたのですが
原則夫婦揃って。とあったので状況次第では夫婦揃っていなくても
良いのでしょうか?
今回は私の父が知人の方(法律関係者)に相談しながら全てを担ってくれています。
なので公証役場にも父が代理人として出席してくれる予定です。
旦那とは浮気、暴力と散々な目に遭いました。
今は落ち着いていますが、別居以前は精神的に崩壊しておりましたので、もう旦那の顔を見たくありません。
とても恐怖なのです。
なので行かずに済む方法等ありましたらアドバイス下さい。

Aベストアンサー

こちらの「公正証書作成のため準備する資料など」をどうぞ。
http://www.koshonin.gr.jp/index2.html

遺言作成以外は、実印の委任状と印鑑証明があれば代理可能なようです。
「なりすまし」を防ぐため、実際にはもう少し判断基準が厳しいかもしれませんが、
気になるようでしたら、証書を作る予定の公証役場に電話で問い合わせてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.koshonin.gr.jp/index2.html

Q「公正証書遺言」。公証役場に登録の有無確認方法

「公正証書遺言」。公証役場に登録の有無確認方法

死人(死体は死に物体)に口なしで登録している否かを確認する方法についてです。
生前には誰にも秘密扱いがあると聞きます。
(1)市役所へ死亡届を提出したら、自動的に公証役場から関係者へ連絡があるものですか。
(2)相続人が公正証書遺言が作成されているかを確認するには公証役場へどのような身分証明書などを提示すれば、その有無を教えてもらえるのですか。

Aベストアンサー

日本公証人連合会HP内の「公証事務~Q&A~遺言」で「Q亡くなった人について、遺言書が作成されているかどうかを調べることができますか?」という項目があるようです。参照なさってはいかがでしょうか。

日本公証人連合会:http://www.koshonin.gr.jp/index2.html

Q公証人役場で作成した遺言状につて

主人の祖母が昨年秋に危篤状態になりました。(幸い一命をとりとめて現在は元気です)
祖母のひとり娘である主人の母は、どういう理由からかは分かりませんが、そのとき祖母の遺言状を開けてみたそうです。
そこには孫である主人と弟に一千万円と五百万円、それぞれの名義で地方銀行に定期預金を作ってあることが書いてあったそうです。
そのお金は
「あなたたちに持たせておくとろくな使い方をしないから、私が預かっておきます」
との母の助言(?)により、主人・弟の名義から母の名義に変更しました。(その後、それで国債を買ったそうです)
弟はどう思っているか分かりませんが、主人の方はもともと自分のお金ではないから、と頓着しておりません。私も主人がそうならそれでよいと思っております。
そこで質問なのですが、公証人役場で作成した遺言状を、作成した人がまだ生きているのに見ることができるのですか?
こんな調子でひょいひょい開けられるものなら、どうやって遺言を残すのがよいか分からなくなってしまいました。

Aベストアンサー

遺言状というと自筆で便せんに書かれたもので、封筒に入っていて封印がされているというイメージが広くあります。
確かに自筆証書遺言ではそのようなケースになりますが、公正証書遺言の場合には、公証人が遺言者の申述に基づいて書面を作成し、立会人2名の署名捺印と共に本人が署名捺印します。
その「原本」は公証役場にて保管され、原本の写しにあたる「正本」「謄本」が遺言者に渡されます。
この書面は普通の髪をホッチキスで留めただけのレポートのような形式であり、封印等は一切なされていませんので、いつでも内容が確認できる状態にあります。

遺言者が内容を秘密にしておきたいのであればこの「正本・謄本」を処分しておき、「遺言は公証役場にある」とだけ伝えておけばいいことになります。
そして遺言者死亡後に相続人が公証役場にて請求をすれば遺言書の謄本が再作成されて交付されるということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報