今度スキーブーツを買いたいと思っているのですが、
どういった選び方をしたら良いでしょうか?
失敗しない選び方など皆さんの経験等を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

スキー暦40数年経過しましたが、スキーの道具の中でスキー靴が一番大切だと思っています。

アルペン選手の頃は毎シーズン履き替えていましたからあまり気にはならなかったのですが最近は数年履き続けるのでじっくり選びます。他の方も書かれているように・・・(1)まず、シーズンの初めの在庫が多い時期に行って色々と履き比べます。(2)楽だけれど緩いものは靴擦れが出ます。出来るだけぴったりの物が理想。(3)インナーの縫製にほつれ等がないか確認します。(4)分厚い靴下で履くと当っているところが分からないので、必ず普通の靴下を持参して履きます。(5)アウターは1センチ刻みで製造してる場合が多いので、0.5センチの差は履いてみないと分かりません(つまり同じ26センチのアウターに
25.5と26.0の2種類のインナーが存在するわけです)(5)スキー場では朝はきつくても滑っているうちに緩んできますから、午後はバックルを締めますが、午前中は一番軽い締め方にします。(6)熱でインナーの形が変えられるものが理想ですが6~8万ぐらいするでしょう。3万円以下のものはあまり良いものは無いように思います。(7)右と左で足の大きさが違うので注意が必要です。(8)スキー場で靴を履くときには乾燥室か車の中で暖まった物を履くようにします(インナーのフォームが良く馴染みます)。逆にシーズンが終わったら綺麗に清掃し日陰で乾かして、軽くバックルを締めて(形を整えて)保管します。
    • good
    • 0

私は超幅広の足をしているため、ブーツ選びも大変でした。

まず、もう遅い助言ですが、シーズン前、店頭にブーツが並び初めてから、ブーツ選びを始めます。運良く量販店の大量入荷商品が合えば良いのですが、なかなか。市場に出回る全てのブーツを履いてみたと思います。
その後、その中から良さそうな物を、最低30分履かせてもらいました。お店によっては(勿論複数店にわたります)、そのまま店内を廻らせてもらえる所もあります。mihobooさんが2時間粘ったとありますが、私は2ヶ月程毎週2,3日ですから、問題ありません。
時間的にはyodaさんがお答えの通り、夕方が良いですね。私は店が空くこともあって、いつも夕方でした。
これでも私の場合、足に合うブーツが無く、その後チューニングと言う事になったのですが、現在のブーツは熱成形フォーミングのインナー採用により、解決しました。
とにかく、足に合わないブーツほど辛い物は無いですから、時間をかけて、欲張って選んでも損は無いと思います。ちなみに、足に合わないブーツを1シーズン履き続けた私は、小指の付け根の骨が腫れ上がってしまいました(いわゆるたんこぶ状態)
かと言って、ゆるいブーツと言うのも問題がありまして。友人に緩いブーツを買ったばかりに、靴擦れに悩まされ続けている者がいます。市販のままであれば、足先が動かせるくらいで、当たらない程度にフィットするブーツがベストかと思います。
    • good
    • 0

私がパラレルをきちんとできるようになった頃(20年


くらい前ですが)、お茶の水のブーツ専門店で「あなた
の足にはこのブーツが一番あいます!」といわれ買った
ものは、痛くて仕方がないものでした。(しかも、5万
円以上した。)

フィットするにこした事は無いのですが、競技スキーや
コブ斜面をガンガン滑るというのでなければ、ゆるめの
ものをお勧めします。うまく滑るより楽しく滑る方が大
切でしょ。フィットしていると感じたものを選ぶと多分
痛くなります。少々ブーツの中で足が動いても、きちん
とスキーに乗れていれば大丈夫です。

とにかく私は、ゆるめをお勧めします。痛いスキーは楽
しくない!
    • good
    • 1

予算の記述が無いので、


それを頭に入れずに回答します。
最も大切なのは、如何に自分の足にフィットしたブーツを手に入れるかです。
まず、正しいサイズを選ぶのが重要です。
それは、スキーをしているうちに足自体のサイズが変わってしまうからです。
と言うのは、午後になると鬱血して0.5mm~1.0cm大きくなるからで、
午前中に買いに行くと足が小さいので、そのブーツで滑っていると午後に痛くなる事が多くなります。
と言う事で、買いに行くのは午後がお勧めです。
午後買ったブーツなら、滑り出しの午前中はバックルを少しきつめにする事で対応できます。
次にインナーについて、
ノーマルインナーでジャストフィットのものが見つかればそれに越した事はないですが、
そうそう世の中はあなたの足に合わせてできていないのが実情です。
shigatsuさんの仰るように、パッドを入れてフィット感を高める方法もあるので、
予算がないのならノーマルインナーでフィット感の高いものを見つける事です。
足の形はブーツには合わせられないので、ブーツに足の形に合わせてもらうのがベストです。
となると、成形型のインナーが理想です。
フォーミングと熱成形がありますが、前者の方が高価であります。
フォーミングインナーは、形成するのに時間がかかりますが、フィット感を追求するには最適なものです。
成形型のインナーは、専用オーブンで温めて足型をとります。短時間で済み何度でもやり直しができると言う利点があります。
アウターは硬さが大事です。
よく上級者は硬いブーツなんて通説がありますが、レベル・脚力・体重・スピードを考慮して、
自分にあった硬さを求めましょう。
デザイン等の好みもあるでしょうが、例え気に入ったデザインでも、試しに履いて、違和感があるようなら違う物にした方が良いでしょう。
長くなったのでこの辺で終わりにしておきます。
    • good
    • 0

週末はどこも混んでますから、できれば平日スキーショップ行って、じっくりとフィッティングしたらいかがでしょう?


厚い靴下とか履くでしょうから今履いてる靴のサイズよりも一回り大き目がいいですね。フィッティングのときも靴下持っていったほうが良いです。
スキーショップには、たいがい計測用の機械がありますので、そこで正しいサイズを測ってもらいましょう。長さだけじゃなくて幅も計ります。
スキーブーツはシェルという固い外側と、インナーという内側の部分が外れますので、その隙間に部分的に緩衝材を入れるなどしてフィッティングする事も可能です。
足首から上の部分も重要ですね。スネやふくらはぎの締め付け具合なども、調整できる幅や当たったとき痛くないかなどを確認しましょう。
で、外見のデザインはその後ですね。
    • good
    • 0

// じだいどりーむ//です。



 僕も、そんなにコロコロ変え買えるほどスキーブーツを買ったことは
ありませんが・・。一応。

 先ずは、どういう服でそのブーツを履くかといったことですね。
スキー場で着ることを想定したズボンで、スキーブーツを試着(?)
してみては、いかがでしょう。
 特に、足が冷え性などで、つま先にホッカイロや靴下の重ねばきをする方は
特にその必要があると思います。

 で、今の僕のスキーブーツもそうですが、履いて1時間は痛くないのです。
急なコブコブ斜面で滑っていると、いつしか足が、、、痛くなる・・。
特に脹脛(ふくらはぎ?)が。

 足にフィットしていることが前提ではありますが、ある程度の余裕も
ほしいですね。 
    • good
    • 0

去年スキーブーツを買いました。



私は♀ですが、足が幅広で甲高なので、普通のレディスではフィットしませんでした。結局メンズで普通のサイズより1センチ大きい物を選びましたが、それに決めるまでにア○ペンで2時間くらい粘りました。(←こんなのも珍しいかもしれないですが・・・)
とにかく片っ端からはいてみることをお勧めします。日本人の足の形はサロモンよりノルディカの方が合っていることが多いとも聞いたことがありますが、これはまた人によりけりと思います。
履いてみたら少し歩いてみて、足の指などどこも痛くならないか確認してみるのも大切だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

Qショートスキーへの転向について

今までカービングスキーや普通のスキー板でスキーを楽しんでいましたが、今年からショートスキーに挑戦しようと思っています。

そこで質問なのですが、
1.板を選ぶポイントは何でしょう?
  私は身長が155センチしかないので、90センチ位の板で  も大丈夫でしょうか?
  板はスポーツオーソリティーの1万円前後のモノを考え  ています。(値段は関係あるのでしょうか?)
2.ブーツはどんなのでもいいのですか?
  例えばボード用でも…。
3.ロングスキー板からショートに転向するにあたって何  か気をつけないことはありますか?
  転んだら板が取れないと聞いているので怪我しないか  心配です。ちなみに私は何とか板を揃えて滑れる程度  なので中級位の腕前です。

以上、色々ありますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.板選びのポイントは
 まずショートスキーは一般成人を対象に開発されていますので、子供が子供用のスキーの代わりに使用することができません。
 そのため、最低身長が規定されているものがありますのでその点は確認しましょう。

 また、私自身いろいろなタイプを滑ったことがあるので、参考までに覚えているものを紹介します。

 ガウアー(特殊な船底型をしたもの)
 ビックフット(足の形をデザインしたもの)
 サロモンのスノーブレード(カービングスキーを短くしたような形状もの)(ハードブーツ用、ソフトブーツ用の両方)
 LINEのスキーボード(スノーボードをショートスキーサイズにしたような形状の幅の広いもの)
 たしかATOMICだっと思いますが普通のビンディングをつける短いカービングスキータイプのショートスキー

 ちなみに、普通のスキーをしていた時の腕前は初中級です。

 これら形状により、かなり滑り方は変わってきますので、目的に応じて形状は選ぶとよいでしょう。

 各タイプの特徴は、

ガウアーは膝を痛めたオリンピック選手が膝の負担を少なくするために開発したもので、非常に簡単に滑れますが、スキーのエッジングの楽しみは少なくなります(今は廃れて見かけませんが)。

ビックフットはオーストラリアかどこかの国のスキー選手が重心位置をとるための練習用に開発したもので、バランスがわざととりにくいものが出発点だったらしいです。実際他の製品よりも短いのでバランスはとりにくいです。

LINEは幅が広いので、カービングが簡単にできますが、幅が広いため最初の感じは普通のスキーよりもかなり違いました(最近のモデルは幅が狭くなってきていますね)。

他の2種は普通のスキーとあまり感じが変わらず滑れました。

板は長い方が安定していますし、サイドカーブがついていたり幅が広い方がカービングがしやすかったです。
ショートスキー用のビンディングは足が固定されますので、長めのものの場合こけたときに足をひねる可能性が高くなりますので注意してください(てこの原理で弱い力で足がねじられますので)。
また普通のスキーと比べるとつけるのに時間がかかるこことは考慮しておいた方がよいです。

2.ブーツ
私は普通のスキーブーツで滑っていますが、新たに購入するのなら、足首の屈伸がしやすいちょっと柔らかめのブーツがよいと思います。
質問にあるボード用というのはハードブーツのことですよね。これを持っているのならそれでも構わないと思いますが、新規に購入するのなら、ショートスキー専用の方がよいと思います。
一時期ソフトブーツをつけられるものがサロモンから出ていましたが、あれは足の拘束が弱くエッジングがしにくいのでお勧めしません。

3.転向について
後傾するとすぐこけますので、なれるまではストックを持っていた方がよいと思います。どちらかというと膝や足首の屈伸をよく使い普通のスキーよりも気持ち前に荷重するとよいと思います。

またビンディングがつけにくいので、グローブは操作がしやすく、防水性が高いものがよいと思います。
ボード用の方が向いていると思います。

膝が心配ならば、ちょっと高くなりますが、通常のビンディングがつけられるタイプもありますので、それにするとよいと思います。
私の感想では、1m以上のものはちょっと心配です。

1.板選びのポイントは
 まずショートスキーは一般成人を対象に開発されていますので、子供が子供用のスキーの代わりに使用することができません。
 そのため、最低身長が規定されているものがありますのでその点は確認しましょう。

 また、私自身いろいろなタイプを滑ったことがあるので、参考までに覚えているものを紹介します。

 ガウアー(特殊な船底型をしたもの)
 ビックフット(足の形をデザインしたもの)
 サロモンのスノーブレード(カービングスキーを短くしたような形状もの)(ハ...続きを読む

Qスキーブーツ買い替え ビンディング調整は必要?

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありません。

旧ブーツ NORDICA TREND05 ソール長270 サイズ23.5
新ブーツ ATOMIC HawxH90W ソール長275 サイズ23.0

新ブーツをビンディングにはめてみますと
旧ブーツよりも力は必要ですが、一応はまります。
新ブーツをはめた状態で前圧調整のネジ(と思われるネジ)を見ますと、特に出たり引っ込んだりはしていません。
(あくまでもシロウト判断ですが)

ビンディングはミリ単位での調整が必要な物なのだという先入観があったのですが
当方、競技スキーをしているわけではありませんので
そこまでシビアな調整が必要なのか? という思いもあります。

ゲレンデスキーヤーレベルでは、ソール長5ミリ程度の違いは誤差の範囲内(調整の必要はない)なのでしょうか。
また、調整が必要な場合、自分で調整できるものではないと思いますのでショップ等に調整をお願いしようと思っているのですが
大手量販店(家の近くにはアル○ンかヴィ○トリアしかありません)でも持ち込めば有料で調整してもらえるものなのでしょうか。
(ちなみにブーツ、板の購入店はそれらの大手量販店ではありません。板を持って行くのはかなり辛い距離にあります)

以上、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。
よろしくお願い致します。

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありませ...続きを読む

Aベストアンサー

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジに刻んである3本のミゾを使って調整します。
M29:開放値3.0から4.5 一番奥のミゾ
開放値5.0から7.0 中央のミゾ
開放値7.5から10.0 一番手前のミゾ
M27V:開放値2.5から4.0 一番奥のミゾ
開放値4.5から6.5 中央のミゾ
開放値7.0から9.0 一番手前のミゾ

M6.1とM5.1、M4.1はネジに刻んであるミゾとネジの一番後ろを使って調整します。
M6.1:開放値3.0から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から10.0 ネジの後ろ
M5.1、M4.1:開放値2.5から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から9.50 ネジの後ろ

ネジが露出しているのが正常なケースも多数存在します。
自分が使用しているメーカーと同じで前圧調整がネジ式だからといって全てが同じではありません。
ネットで得た知識で自己調整を行い、誤った前圧位置にしている方を大勢見かけましたので御注意を・・・・。

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジ...続きを読む

QスキーブーツのOEM生産について

スキー業界も世界的に再編の波が押し寄せて久しいですが、かつてのブーツメーカーの名前が消え、スキー板メーカーのブーツが多くなりました。

ブーツメーカーの買収およびOEM生産と推測しますが、どこのメーカーが作っているのかご存知の方教えてください。

例) ロシニョール → ラング

   ・アトミック
   ・フィッシャー
   ・ヘッド
   ・K2

   また、ノルディカとテクニカは同じ製造元でしょうか?
   アトミックとサロモンは、同じアメアスポーツですが、製造も同じでしょうか?

   上記メーカー以外にもOEM生産させているスキーメーカーがあれば教えてください。
   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(金具)チロリア
   サロモン:(板)サロモン・(靴)サロモン・(金具)サロモン
   過去には板は,他社に製造依頼していたこともあるような,現在は不明

・フィシャー:(板)フィシャー・(靴)フィシャー,製造は不明・(金具)〔チロリア〕

・ヘッド:(板)ヘッド・(靴)ヘッド=旧サンマルコ・(金具)チロリア

・K2:(板)K2
   フォルクル:(板)フォルクル・(靴)テクニカ・(金具)マーカー
   K2は,フォルクルとテクニカのかなりを買収したはずですが,詳細については知りません。

・テクニカ:(板)エラン・ノルディカ・(靴)テクニカ・ノルディカ・(金具)マーカー
  かなりの部分がK2に吸収されたようです。詳しくは知りません。

・レグザム Rexxam(日本)
 ミズノがスキーから撤退して,OEM生産していた会社が,ミズノのスキーブーツ開発スタッフを受け入れて独自ブランドで製造・販売しているものです。

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報