世界で一番広い範囲を支配した国は誰でしょうか?
範囲と国で分かれるかもしれませんので、以下の2つをあげてみました。
 ・世界で一番広範囲を支配した国
 ・世界で一番多くの国を支配/滅ぼした国
   ※現在の小規模国家は含めないで。

モンゴル帝国ですかね?やっぱり。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

補足です


No5では帝政ロシアとソ連とロシア共和国、モンゴル帝国と元、ウマイヤ朝とアッバース朝を同じものとして扱っていますので、別と考えれば順番は変わります。あと、現代のカナダが抜けていました。
1大英帝国
2モンゴル帝国
3帝政ロシア
4ソ連
5ロシア共和国
6清
7スペイン
8フランス
9ウマイヤ朝
10元
11アッバース朝
12カナダ
の順番になると思います。大英帝国の一位はカナダ自治領とオーストラリア連邦とインド帝国が含まれているのが大きいですね。
    • good
    • 0

植民地なども含めた帝国の大きさでいえば、各々全盛期で


第1位 大英帝国
第2位 モンゴル帝国
第3位 ロシア
第4位 清
第5位 スペイン
第6位 フランス
第7位 ウマイヤ朝
第8位 アメリカ合衆国
第9位 匈奴
第10位 ブラジル帝国
ということになるようです。

参考URL:http://irows.ucr.edu/research/citemp/asa01/oct2k …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

匈奴っていうのも結構でかかったんですね。
大日本帝国は、ランキング外なんですね。
満州国とかは別国だったからでしょうか。

お礼日時:2007/03/06 00:49

スペインと、それを打ち破ったイギリス帝国


共に「太陽の沈まない国」と呼ばれ、地球を一周する支配権を有しました。

「太陽の沈まない国」
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C2%C0%CD% …

「イギリス帝国」の地図
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%A4%A5% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いま、幸せな時代に生まれたような気がしてきました。
日本が植民地になる可能性もあったんでしょうね。

お礼日時:2007/03/06 00:44

面積では分裂前のモンゴル帝国でしょうかね。


地域が多岐にわたるという意味では大英帝国。今でもアンティル諸島とかイラク戦争で有名になったディエゴガルシア島とかジブラルタルとかいろんな所に植民地を持っています。アメリカやカナダやオーストラリアをイギリス領土にカウントすると、かなり広大になります。

国家を滅亡させた数は、自信ありませんがモンゴル帝国か、あるいは中華系の王朝の中にありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イギリスも多いんですね。
アメリカ大陸は、イギリスだったこともあったからですね~。

中国って、もしかして、今が一番領土広かったりするんですかね?
チベットとか満州とかは、もともと漢民族はいなそうだけど、、、。

お礼日時:2007/03/06 00:40

面積ではモンゴル帝国ですが、多くの国を支配に関しては、国って何よ?となり、結論が出ません。



たとえば、中国古代の秦。
たくさんあった都市国家を支配したという意味では、結構な数。
たとえば、ロシア帝国。
民族の監獄とも揶揄されましたが、現在のロシア共和国内の○○自治共和国とか●●自治州というのも、ロシア人でない他の民族の国(もどき)と考えると、ロシア帝国はそれらを一つ一つ潰していったことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
その当時支配した範囲を
現在ある国と地域(百九十何カ国)で置き換えて、
一番多くの国を支配した国、、、と質問しようとしたんですが、やっぱりやめました。

国ってこれだ!っていうのがあるかなとも思ったので。
やっぱないっすよね~

お礼日時:2007/03/06 00:37

このようなサイトは参考になりますでしょうか?



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3% …

各国の植民地が地図で記されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モンゴルはすごいですね。
やっぱり

お礼日時:2007/03/06 00:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史上最も領土の広かった国と現存する最古の歴史を誇る国は?

こんにちは。
地球上に存在したもしくはしている国で、最大の領土を誇る国と、最古の歴史を誇る現存する国を教えてください。

Aベストアンサー

#1の回答補足に日本の天皇の血統に触れていたので、ちょっとフォロー。回答ではありません。あくまで日本はどれくらいの歴史を持っているのか、ということだけ。

神武天皇(初代天皇)は存在はまぁ確かでしょうが、いかんせん文書として残る最古の資料「古事記」「日本書紀」の年代よりずっと古い時代のことで、それまで口で伝えられてきたのと、またこの2冊で書いてあることが微妙に異なること、古代人なのにやたら長生きなことなどから、正直即位年はあやしいです。一応下記URLを参考に紀元前660年としましょう。今年で2660年の歴史を誇っています。
また、26代継体天皇はその前までの血統を実はひいていないのではないか、という説もあります。継体天皇からカウントすると、西暦507年からになります。この場合、今年で1496年の歴史を誇ることになります。

参考URL:http://www.hoops.ne.jp/~sado001/list/list_01.htm

Qピッキング作業ってどんなことをするんでしょうか?

先日求人雑誌でピッキング作業募集!と載っていました。時給や安かったのですが・・・どんなことをするのでしょうか?経験された方の意見を是非聞きたいです。

Aベストアンサー

ピッキング作業とは簡単に言うと問屋や倉庫での商品仕分け作業の事です

問屋や倉庫の中で種類別に保管されている商品を、
各小売店ごとに小売店から注文された品物、品数を取り揃えて通い箱に詰め合せる作業で、
よく深夜のコンビニに「その店が補充発注した、品物、品数を丁度に詰め合せたプラボックス」が届くでしょう?
あれを発送元で詰め合せる作業の事を「ピッキング」と呼びます。

一概にピッキングといっても、
・箱を持って倉庫の中を歩き回って、
 あちらの棚からこの商品を何個、こちらの棚からこの商品を何個、と取り揃える「摘取り形ピッキング」と
・それぞれの棚毎に担当者を決めて、コンベヤなどで流れてくる箱に
 それぞれが担当の商品を放り込んでいく「種蒔き形ピッキング」がありますので、
倉庫が導入しているピッキング用設備によって作業の勝手はだいぶ違いますよ。

参考URLはピッキング用設備の製造メーカーのものですが、作業の雰囲気はなんとなくつかめると思います
(この会社では有りませんが、昔、ピッキング用設備の製造メーカーに勤めていた者です)

参考URL:http://www.daifuku.co.jp/products/picking/pick.html

ピッキング作業とは簡単に言うと問屋や倉庫での商品仕分け作業の事です

問屋や倉庫の中で種類別に保管されている商品を、
各小売店ごとに小売店から注文された品物、品数を取り揃えて通い箱に詰め合せる作業で、
よく深夜のコンビニに「その店が補充発注した、品物、品数を丁度に詰め合せたプラボックス」が届くでしょう?
あれを発送元で詰め合せる作業の事を「ピッキング」と呼びます。

一概にピッキングといっても、
・箱を持って倉庫の中を歩き回って、
 あちらの棚からこの商品を何個、こちらの...続きを読む

Qモンゴル帝国の滅亡について

チンギスハンが興したモンゴル帝国はなぜあんな大きな帝国ができたのですか。その当時の国はどうして対抗できず滅んだのですか。また、これは教科書にもなかったのですが、なぜあんな巨大帝国が後に滅んだのですか。滅んだ過程がわかる方ぜひともお願いしますむ。中学や高校の教科書で断片的な知識しかなく、ぜひともお願いします。

Aベストアンサー

それは、やはりモンゴルが遊牧騎馬民族であることが大きいです。

歴史的に見ていくと、古代~中世世界において遊牧騎馬民族というのは反則的に強いのです。フン族に襲われ大混乱になったヨーロッパしかり、万里の長城を作って必至に防ごうとしたにもかかわらず北方を幾度となく奪われた中国など、敗北例は山ほどあります。

基本的に兵は全部騎馬(普通、農耕民の軍隊でこれはまずありえません)で、しかもほかの民族には難しい騎射(馬の上で弓を撃つ)という戦法をすべての騎馬が可能(他の国はこれができるのは精鋭くらいなもので、精鋭であっても錬度の面で馬上で生まれ馬上で死ぬ遊牧騎馬民族にはとてもかなわない)です。
また、都市という概念がないので食料とかもすべて(生きた状態で)持って移動していますから、「補給」という軍隊において最も重要で最も面倒くさく最も維持しにくいものを維持する必要がないため、桁外れの機動力を持ち合わせていました。
また、その機動力を余すことなく使用する戦術(代表的なものは偽装撤退。城攻めの必勝戦術でもありまして、相手に撤退すると見せかけて追い討ちさせ、それを迎え撃つという戦法です)を保有していました。
そのため、どんな強国でも優秀な指揮のもとで統制された遊牧騎馬民族にはかなわず、ホラズム(この国はモンゴル帝国の侵攻直前まで領土を拡張し続けており、決して弱い国ではないのです)や金も、敗北しています。ちなみに、この強弱関係がひっくり返るのは火器が積極的に導入されてからです。

しかし、滅びたのもまた遊牧騎馬民族である面が大きい、ともいえます。
遊牧騎馬民族というのは、都市の概念がないですから、そもそも「国」という概念が希薄です。
それをかなり変えたのはやはりチンギスなのですが、それでもモンゴルの伝統である末子相続(つまり末っ子が遺産を引き継ぐ)、そして後継はクリルタイという族長会議で決定(ただ、このクリルタイ、モンゴル帝国では2年くらいかかるんです・・・なにせ、あの広い領地から集まってくる上、このクリルタイも半分宴会みたいなものでして・・)というのがありました。
そのため、チンギスは生前に嫡子4人に領地を分配します。長男であるジュチ家(後のキプチャクハン国)、次男であるチャガタイ家、三男であるオゴタイ家、そして四男であり、モンゴル高原を直接的に保有するトゥルイ家です
そして、三男のオゴタイが継ぎました。しかし、その次が問題でして、グユクというのは酒癖も悪く評判が悪かったのですが、母親の根回しもありハーンとなりました。しかし、これを一番嫌ったのが長男家の当主で一族の長老であったバトゥ(また、四男家も、譲歩したとはいえ面白くはなかったようです。逆にグユクの側にいたのが次男家)。グユクは彼に暗殺されたとも言われています。
その後、トゥルイ家のモンケが継ぐのですが、これが面白くなかったのがチャガタイ家とオゴタイ家。このあたりから兄弟家の間での不和が表面化します。
そして、日本でも有名なフビライの代で分裂は決定的になります。彼は、いままでの方針を破って、全族を集めないで(支持者だけを集めて)クリルタイを行った上で即位、また即位を宣言した弟を倒して、ハーンとなりました。これが気に食わなかったのが長男、次男、三男の家。とくに三男の家当主であるハイドゥとは軍事衝突に発展しています。
そうなると、もうあとは各地の地方政権ですから、ほかの歴史上の国と同様、隣国、兄弟家同士でたたきあったり(オゴタイハン国はチャガタイハン国に叩かれて消滅)、支配民族が反乱を起こしたり、ほかの異民族に倒されたりで、消滅していきました。

また、モンゴルの政権といってもほとんどその妻は現地人のため、代を重ねるにつれどんどんモンゴル人から離れていって、しまいにはハーンがイスラム教徒になってハーン位を捨てたり、はてまたキリスト教に染まったり・・
そういう具合に、自然とその地に溶け込んで、消滅していったのです。

それは、やはりモンゴルが遊牧騎馬民族であることが大きいです。

歴史的に見ていくと、古代~中世世界において遊牧騎馬民族というのは反則的に強いのです。フン族に襲われ大混乱になったヨーロッパしかり、万里の長城を作って必至に防ごうとしたにもかかわらず北方を幾度となく奪われた中国など、敗北例は山ほどあります。

基本的に兵は全部騎馬(普通、農耕民の軍隊でこれはまずありえません)で、しかもほかの民族には難しい騎射(馬の上で弓を撃つ)という戦法をすべての騎馬が可能(他の国はこれができ...続きを読む

Q2016年5月現在戦争をしてる国内乱が起きてる国は何処ですか?

2016年5月現在戦争をしてる国内乱が起きてる国は何処ですか?

Aベストアンサー

朝鮮南北では戦争中ですね
中国は内モンゴル、チベット、ウイグル、台湾を支配下にあるとしてしてますが
紛争の火種になっています
ロシアとウクライナのクリミア問題は解決しておらず
北アイルランドやスコットランドも紛争がたえず
スペインのカタルーニャも独立に向け紛争になるかもしれません
ヨーロッパ全体では100年単位でアラブ系住民と衝突をくりかえし
アメリカも移民対立が深まってきており場合によっては内戦になるかしれません

日本だって沖縄が本気で独立云々いいだしたら、内戦になってもおかしくありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報