インチキ発掘が発覚して騒動になりましたが、前から疑問に思っていたことがあります。歴史の教科書の中で、たしか九州の田んぼで偶然見つかった金印が日本に国家が存在した証拠のようなことが書いてあったと思いますが、1.何でそんな重要なものが田んぼで見つかるのか。2.どうしてその時代のものと特定できるのか。とても疑問でした。日本が古くから存在する文明国家だと世界に鼓舞するための偽装のような気がするのですが、詳しい人がいらっしゃったら是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はは。

余り日本の歴史を短くしないで下さいまし。
何故金印が田んぼで見つかったことに関しては
想像するしかありません。
国家が衰退したときに、王族か何かが金印を抱えて逃げて、そこら辺で息絶えたのでしょう。想像ですが。
確か中国か朝鮮の古い文献に「奴国の王に金印を授けた」
との記述があるからその時代に日本に奴国という国家があった、とされています。
外国の文献なら信用できますか?
(もっとも「かんのなのわのこくおう」と読んで良いのかが議論されていますが)

世界最古の土器は、日本の縄文式土器です。
学術的に確認されていることです。
1万2千年程前の物だと記憶しています。
で、縄文時代だけでも1万年以上の時代を持っています。
勿論世界中の古代文明もその位古い部分があるわけです。
金印なんて最近の話ですから、そこまで否定しないで下さい。

懸念されてる竹内文書や九鬼文書などの記述は、一度その手の本を読んでみられればよろしい。
何百万年前でも何億年でも遡る様な表現です。
科学的に裏付けを取ることは不可能な話だと分かります。
ただ、僕の本音としては、世界中の「オーパーツ」や伝説(今の世界が四回目、又は五回目の文明世界だという伝説は実に世界中にある)を裏付ける意味で、興味深い文書なのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史って面白いですね。最近急に興味が湧いてきてます。
また、いろいろ教えてください。
どうぞ宜しく。

お礼日時:2001/01/14 18:12

「漢倭奴国王」の金印の事ですね。

江戸時代に筑後の国で見つかって、黒田藩に献上されたんじゃなかったかと思います。

1.別に田んぼの中に誰かが埋めた訳じゃありません。恐らく奴国の宮殿のあった所が、国が滅んだりしたあと紆余曲折があって、田んぼになってしまっていただけのことです。

2.奴国は滅んでしまって現在の日本には記録が残っていない(日本の歴史がきちんとたどれるのはせいぜい紀元後4世紀くらいまでのこと)ので、それだけでは時代の特定のしようがありません。ただ、中国のほうは遥か昔まで(それこそ紀元前2000年くらい前まで)資料により歴史をたどることができますから、こちらで証明できるのですね。中国の漢の時代(紀元前200年~紀元後200年くらい)か、その後の魏の時代の文献の中に、倭(やまと)の奴国の王に、金印を授けたという記録があって、これと符合する事が解ったのですね。

戦前の皇国史観を考えればある程度歴史を疑ってかかる事も必要ですが、あのような不真面目な考古学者がいたからといって、いきなり偽装と言ってしまうと、多くの研究者の方に失礼な気がしますね。興味を持ったら、まずは自分でいろいろ調べて見た方がよろしいんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また、いろいろ教えてください。

お礼日時:2001/01/14 18:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q後漢書の金印と、魏志の金印?

歴史の勉強をしていて混乱してしまったところがあるので教えてください。
金印は2つあるのでしょうか。
卑弥呼は「親魏倭王」の称号とともに金印を送られた、とある問題集に書いてありました。

一方で、後漢書においても光武帝から印綬されたとあるそうです。
この印綬されたものは金印なのでしょうか。
よく教科書で取り上げられる「漢委奴国王印」はこちらなのでしょうか。

調べてもよくわからず混乱してしまいました。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

光武帝からもらったのが、教科書の漢倭奴国王印で金印です。
福岡県から出土したものですね。
親魏倭王の印は魏志倭人伝という本に書かれているだけで、実物は発見されていません。
金印は、中国の国に朝貢した周りの国に対して、皇帝があなたをその国の王様として認めてあげますよ、という意味であげるもので、日本以外にもあげています。たやすくもらえるものではないですが・・・。
ちなみに、もし卑弥呼がもらったとされる金印が発見されれば、邪馬台国の存在した(近畿説、九州説等)に決着がつくのでしょうが・・・

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q4大文明? 6大文明?

昔、学校の世界史では、古代の4大文明と教わりました。
しかし、最近は、アメリカ大陸のメソアメリカ文明とアンデス文明を入れて、6大文明、といった方が正確なのでしょうか?

Aベストアンサー

最近は、四大文明とか、○大文明とかいうことはあまりないようです。
「いわゆる四大文明」のような言い方で河川の流域で都市文明が発生したことに触れることはあっても、「○大文明」のような章や節を設けて説明することはほとんどなくなっているのではないかと思います。
 
いまは、{西アジア世界・地中海世界(西アジアと地中海一帯の地理的特質,オリエント文明,イラン人の活動,ギリシア・ローマ文明に触れ,西アジア世界と地中海世界の形成過程を把握させる)南アジア世界・東南アジア世界(南アジアと東南アジアの地理的特質,インダス文明,アーリヤ人の進入以後の南アジアの文化,社会,国家の発展,東南アジアの国家形成に触れ,南アジア世界と東南アジア世界の形成過程を把握させる)東アジア世界・内陸アジア世界(東アジアと内陸アジアの地理的特質,中華文明の起源と秦・漢帝国,遊牧国家の動向,唐帝国と東アジア諸民族の活動に触れ,日本を含む東アジア世界と内陸アジア世界の形成過程を把握させる)}と節や章を設けて説明することが多いようです。
 
学校では、{ 今は昔から今と同じ状態があったのではなくて、また単純に変化しているのではなくて、それぞれの地域にはそれぞれの地域の文明発達があり、それらがいつの時期かにそれぞれ交流があって、やがて大きな文明の成果を享受しつつ、それぞれの地域の民族や文化の特性をもった世界に向けて進歩発展している }という感性やら理解の仕方を生徒が身につけ、常識化することが、歴史の勉強なのでしょう。
習ったときに四大文明と習ったのであれば、その後の流れもそうした展開で習ったはずです。
 
[正確]という概念で考えようとするのに、「4大文明? 6大文明? 」は適していないと思います。 ただ、メソポタミアでは、、、、、。エジプトでは、、、、というように歴史の流れを理解出来、ある時期の興亡や交流などがわかるのであれば、四大文明と括って記憶していても、なんら問題ないと思います。 記憶としては[正確]だと思います。
クイズではないし、[正解]など気にしなくていいと思います。
黄河・長江文明でも、古代中華文明でも、古代中国文明でも、メソポタミア文明でも、シュメル都市文明でも、習い覚えたもので、構わないと思います。
文明の区分や呼び方は、研究が進めば変化するので、それを専門研究者でも、学校教育関係者でもない人は、気にしていても無理です。

最近は、四大文明とか、○大文明とかいうことはあまりないようです。
「いわゆる四大文明」のような言い方で河川の流域で都市文明が発生したことに触れることはあっても、「○大文明」のような章や節を設けて説明することはほとんどなくなっているのではないかと思います。
 
いまは、{西アジア世界・地中海世界(西アジアと地中海一帯の地理的特質,オリエント文明,イラン人の活動,ギリシア・ローマ文明に触れ,西アジア世界と地中海世界の形成過程を把握させる)南アジア世界・東南アジア世界(南アジアと東南...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Q霜月騒動の「騒動」とは(鎌倉時代の軍事行動)

歴史上、「騒動」というと「米騒動」とかしか思いつかないのですが、軍事的動きのあったと思われる?「霜月騒動」が「騒動」でいいのでしょうか?どうも変だと思ってしまいます。死人が出ているのに何か不謹慎ではないという気がします。
それから、鎌倉時代っていうのは、江戸時代のように武器蔵にしまわれてしまったのではなく、出番が多かった、血なまぐさい時代だったのでしょうか?考えただけでも、元寇は別にして、三浦滅ぼしやらいろいろあるようです。

Aベストアンサー

霜月騒動は貞時が起こしたクーデターであることは明白で、これを騒動というのはちょっと変な気がしますね。これに限らず、日中戦争を支那事変、満州侵略を満州事変、また2,26事件など、明らかに戦争やクーデターであるにも拘わらず、特別な言葉を使うのは歴史上、よく見られることです。これは勝利者側が何でもなくちょっとした事件だったのだと印象づけたいための造語という例が多く、霜月事件の場合も徳宗家は御家人とのちょっとしたいさかいであると主張したかったのでしょう。
 それが奏功して、この事件は歴史教科書などでもあまり取り上げられることがなく、日本人の殆どがこのクーデターを知らないか、忘れてしまっていますね。

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Qヨーロッパ文明はギリシア文明とキリスト教の混血???

ヨーロッパ文明はギリシア文明とキリスト教の混血???

ヨーロッパ文明に影響を与えたものは多くあると思いますが、
ヨーロッパ文明に決定的に大きな影響を与えたものは、
キリスト教とギリシア文明と考えてもいいのでしょうか。

上記二つ以上に、現代ヨーロッパの源泉となったものはあるでしょうか。

Aベストアンサー

そのような考え方があるのは事実です。
正確にはキリスト教、ユダヤ教をあわせてヘブライズムと呼び、ギリシア由来であるヘレニズムと対比されたりします。

例えば神への信仰に重きを置いた中世はヘブライズム。人間中心のルネサンスはへレニズム。
宗教改革はヘブライズム、というように、ヨーロッパの歴史はこの二つのせめぎあいの歴史ともいえます。

しかし、ルネサンスがアラブ文明を吸収したものでもあるように、この二つのみがヨーロッパ文明を構成すると考えるのは乱暴です。
なぜなら東洋(特にアラブ、イスラム)に対してのヨーロッパの優越意識によるバイアスがかかっているからです。
こういった考え方は、非常にヨーロッパ中心的ですので、どういう文脈で用いられているのかに注意しなければいけません。

日本で例えるなら、縄文(アニミズム由来の宗教的文化)と弥生(大陸由来の理性的文化)の対比のようなものだとお考えください。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Qムー文明やアトランティス文明があったことを信じますか。

ムー文明やアトランティス文明があったことを信じますか。

信じる方は、なぜ滅んだと思いますか。

Aベストアンサー

「ムー」はチャーチワードのでっちあげなので存在しません。

「アトランティス」についてはそれに相当するものがあった可能性はある。
永続的に反映する文明はなく、時を重ねれば腐敗、弱体化、分裂し、消滅に向かうのは自然な流れ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報