今年、大学3年生になるものですが、公認会計士になりたく、LECかTACのどっちかへ通いたいと思っています。
現在、どっちに行くべきか、かなり迷っています。この2つの学校の良い点と悪い点があったら教えてください!!
また、ほかの良い学校がありましたら、教えてください!!
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

公認会計士の受験に関しては、TACがお勧めです。


何よりも受講している人が多いからです。
受講生数が多いということはたくさんの人が選んだ=信頼できるということです。

会計士の予備校ではTAC、大原が大手なのにLECが選択肢に出るということは
LECの先生に気になる人がいるということでしょうか?
確かに管理会計論などはLECの講師が一番有名ですが、
トータルはTACだと思います。

一応、
TACの良い点:最大の母集団
TACの悪い点:答練ベースでのアウトプットからのインプットが多いため、自分ノートが必要

LECの良い点:少数でやっているので講師と距離が近い、テキストベースでのインプットなのでテキストだけで試験に挑める
LECの悪い点:答練等の難易度設定がおかしい、受講生が少ないから相対評価しにくい

他のお勧め予備校
有名大学に通っているなら東京CPAがいいかもしれません。大学生以外には進められませんが合格率は高いそうです。

もし可能なら説明会や公開講座に参加してみると良いと思いますよ。

後、こういうサイトがあったので、ココの会計士の所見てみると良いかもしれません。

資格合格NET http://sikakugoukaku-n.lolipop.jp/index.html

参考URL:http://sikakugoukaku-n.lolipop.jp/index.html
    • good
    • 6

mapk11さん こんにちは。


自分の質問コーナーを確認中、たまたま貴方の質問を読ませて頂き
気になりましたので、参考になればと思い回答しました。
知人でT出身の公認会計士補のかたのお話です。
彼の個人的に思うTの長所・・・偏差値の高い受験者が集まりやすいので、自分の目標位置を常に確認しやすい。
他校でも良いかなと思う点・・・テキストの内容が多岐に渡りすぎており、試験では捨てても命捕りにならないような論点の判別は、結局、自力でやらないと駄目。
その人は、朝から晩まで勉強に専念される受験生活で、Tの通信と通学を1年ずつ、通算2年で合格されたようです。
受験期間は短いほうだと思いますが、ご本人いわく、模試で、かなり上位に居た人でも、いまだ受験勉強をされてるかたも多いようです。 
試験は当日の体調や運にも左右されるものです。合格者を多く輩出している専門学校で、有名大学出身の受験者が必ずしも、有利とは限らないようです。
私が個人的な考えなので、聞き流して頂いてけっこうですが、試験の配点は受験生の出来によって傾くようですので、受験者が集まりやすい大手専門学校で、保険となる論点を押さえておくのが無難でしょうか。
Tは、大学生向けのプランを色々と勘案されているようですので、同じ境遇の受験生と切磋琢磨できて心強いかも知れません。受験生活が長期になりがちな難関試験は、周囲の支えが何より心強いものです。
そういった意味では、学校の講師の人格面も、大きな要素のひとつです。
私は、実のところ、監査というものをずっと見てきておりますが、監査法人の職務には、あまり魅力を感じておりません。私の勝手な100%偏見ですが、皆、会計士というと、高い年収で生活するとか、安定した肩書きを褒め称えていますが、会計士もサービス業の一環という観点で見る限りにおいては、今の業界では、確かに若くして優秀なかたは多いですが、人間的に大切な部分を、今ひとつ忘れかけているように思えてなりません。そういった繊細な部分の話で共感できる学校は、そう多くないと思います。私はそういった価値観の一致から、学校を選んでいます。
ちなみに、一般企業もそうですが、監査法人は特に、入社時の年齢に関係なく、上下関係がはっきりとした世界のようです。年下の先輩・上司に頭を下げるのは我慢ならないといった性格の人は、用心したほうがよいでしょう。
万が一、肌に合わない学校を選んだとしても、学習のスタートの時期が早いほど、軌道修正ができやすいです。ご自分の性格・信頼を委ねられる学校を、ご検討ください。




            


  
    • good
    • 2

具体名だと答え難いですね。



Lは司法試験などの法律関係から成り立ってきました。
Tは公認会計士などの会計関係から成り立ってきました。

Lは講師が比較的良。しかしアフターフォローに問題あり。
Tは講師はあまりです。しかしアフターフォローは良し。

他に大原簿記学校も検討に入れられたらいかがでしょう?

私ならばまずガイダンスに参加して「この講師の講義を受けたい。」と思える学校にします。
単に考えるのであればTです。Lは…。
    • good
    • 3

公認会計士ならTACが良いと思います。


簡単に言うと
LECは法律分野に強いです。
TACは会計分野に強いです。

私は、LECもTACもお世話になりました。
法律系のLECのテキストはすばらしいし、
模試も絶対に外せないのですが、働いている
スタッフはいまいちの印象です。

TACは、スタッフの対応は、ばっちり。
テキストもすばらしかったです。
教室も綺麗なところが多く、お勧めですよ!!


頑張ってくださいね!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q35歳で公認会計士取得は遅すぎでしょうか

3年越し35歳での公認会計士取得を目指しています。
35歳という年齢で取得して、その後会計士として、実際どのような
キャリアを積むことになるのでしょうか?

本を読んだところ、学生合格の公認会計士の監査法人での
キャリアパスについて↓
25~26歳でシニアスタッフ(3次試験合格後)
28~29歳でマネージャー
30~33歳でシニアマネージャー
40歳でパートナー
とありました。階層制度のようで、35歳で会計士1年目でも学生
合格した方と一緒に監査法人で雇ってもらえるのでしょうか?
独立開業の道しか残されていないのでしょうか?

実現場の方、貴重な体験談などお聞かせ頂きたく、よろしく
お願いいたします。

Aベストアンサー

順当に行ったとしても35歳で会計士合格ですよね。
その後に監査法人などに就職するとしても、競争相手は
20代の合格者です。10歳以上年が離れていて、実務経験が
ない人が採用されるのは難しいのではないでしょうか?
監査法人としても一つの会社です。人事処遇上経験のない
ベテランを雇うことは少ないと思われます。
効果の薄いことに時間を割くのはためたほうがいいです。
それならば、今の会社でもっと活躍できるように精進するか
他の回答者ご指摘の通り、税理士にトライするのがいいかもしれません。

Q専門学校(大原やTAC)から公認会計士になった方

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいのですが、

・卒業校
・経歴
・入学から資格取得までに要した期間
・勉強のボリューム
・資格取得後、スムーズに就職できたか
・実収入(一般サラリーマンと比較してどうか、など、抽象的な表現でも結構です)

その他、苦労した話や、入学してから気付いた点など、何でも結構です。
教えて頂ける範囲で情報を頂けないでしょうか。

畑違いということもあり、公認会計士にまつわる情報、特に、経験者の生の声をたくさん収集したいと思っております。
また、専門学校以外で公認会計士になられた方のご意見や経験談もご参考に頂ければ幸いです。

以上、お時間のあるときで結構ですので、ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいので...続きを読む

Aベストアンサー

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象徴的な存在としてこの会計士業界がメディアで取り上げられています。
収入 :確かに一般的なサラリーマンよりはいいかもしれません。大手監査法人で一般的な大卒初任給の1.6倍くらいでしょうか。

まず、予備校は関係ありません。
テキストをもらいしっかり暗記する、それにつきます。
どんなに素晴らしい授業受けても合格するのは予備校ではなくあなた自身です。
その意味で、体系的に記述されているテキストであれば、どんな予備校でも構いません。


他の方が書いてるように、就職だけは大変です。
勉強したから楽に仕事に就けるわけではないことはわかってください。


ただ、収入は別にして、独立を目指すのであれば、確かにぴったりの資格だと思います。


現在の仕事を辞めると、学費と生活費でかなりのプレッシャーになるとは思われますが、それを覚悟で勉強されるのであれば応援します。

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象...続きを読む

Q現在35歳なのですが、公認会計士の資格を取るには、もう遅い年齢でしょう

現在35歳なのですが、公認会計士の資格を取るには、もう遅い年齢でしょうか?

Aベストアンサー

全然遅くないと思います
私も同じ35歳ですが、ただいま税理士目指して猛勉強中です
一緒に頑張りましょう

Q大原、TAC、クレアール、LEC・・・・・

こんにちは。
大学一年生のものです。会計士を目指しています。
資格学校に通う時間が無いので、通信講座にしようと思っているんですがどの学校にしようか迷っています。
考えているのは、大原、TAC、クレアール、LECなんですが、どれが一番良い学校だと思われますか??
おおまか過ぎますが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
やはりTACと大原が2強です。
合格者の大多数がこの2校なので、そういう意味で言えばこのどちらかを選べばいいのでしょう。

十分な時間・お金があるのなら、大原をオススメします。
全体的に質が高いです。

クレアールは「個性派・少数派・実力派」といった感じです。
少数派だから悪いというわけではなく、ここも絞り込まれたカリキュラムをきちんとこなして身につければ合格可能な訳です。
そして、大手にはない良さもあります。講師も厳選されている感があります。

クレアールもオススメできます。
LECはオススメしません。

どれが一番良い学校・・・
私の意見では、敢えて「クレアール」としておきます。2強を選ばないという選択肢もあるということです。
是非候補に入れてみて、学校で話をきいてみてください。

Q公認会計士とは・・・。

公認会計士と税理士の違いがいまいちです。

1、公認会計士と税理士、資格の難易度はどちらが高い?
2、公認会計士と税理士、どちらが優位?
3、公認会計士と税理士、どちらがもってて便利?
4、公認会計士と税理士、試験の管轄は?(たとえば、日商簿記であれば、日本商工会議所です。)

Aベストアンサー

資格者からイチャモンが付きそうな質問事項ですね。
受験を一時諦めている元受験生の私見を書くと・・

> 1、公認会計士と税理士、資格の難易度はどちらが高い?
得手不得手や、受験方法から見たイメージもありますが、巷で「3大難関試験は?」と尋ねた場合、公認会計士が挙げられます。

> 2、公認会計士と税理士、どちらが優位?
公認会計士の資格者は税理士登録できます。
だからと言って、公認会計士の勉強をすれば税理士業務が一通り滞りなく行える能力が付く訳ではありません

> 3、公認会計士と税理士、どちらがもってて便利?
質問1および2に対する自己の回答から、公認会計士と考えます。

> 4、公認会計士と税理士、試験の管轄は?
> (たとえば、日商簿記であれば、日本商工会議所です。)
・公認会計士
金融庁の公認会計士・監査審査会だったと記憶しております。
 http://www.fsa.go.jp/common/about/sosiki/index.html
受験案内 http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/annai22/01.pdf
・税理士
国税庁の国税審査会だったと記憶しております。
受験案内 http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/annai2008/pdf/01.pdf

資格者からイチャモンが付きそうな質問事項ですね。
受験を一時諦めている元受験生の私見を書くと・・

> 1、公認会計士と税理士、資格の難易度はどちらが高い?
得手不得手や、受験方法から見たイメージもありますが、巷で「3大難関試験は?」と尋ねた場合、公認会計士が挙げられます。

> 2、公認会計士と税理士、どちらが優位?
公認会計士の資格者は税理士登録できます。
だからと言って、公認会計士の勉強をすれば税理士業務が一通り滞りなく行える能力が付く訳ではありません

> 3、公認会計士...続きを読む

QTAC or LEC?

税理士財表2年連続不合格Aで今年もチャレンジします。
直前講座をTACかLECで迷っています。
TAC¥66,000、LEC¥42,000なのでLECにしようかと思っているのですが、内容的に比較するとどうなのでしょう?知ってる方、教えてください。
一昨年、昨年は大原でしたが、今年は気分を変えて大原はやめようと思っています。

Aベストアンサー

参考に

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nakaman/Q1/741546630859375.html

Q外国公認会計士の税理士登録について

税理士事務所の元職員ということで、いろいろな資格者について聞かれることが増えました。
そこで聞かれてわからなかった、調べても調べきれなかったこととして、質問をさせていただきます。

公認会計士および公認会計士となる資格を有する者については、税理士を無試験で登録できるとなっています。
外国で公認会計士として登録をし、一定の実務経験などの要件や登録先の国との関係次第で、日本の公認会計士協会へ外国公認会計士として登録ができると聞いています。

外国公認会計士における日本での公認会計士業務に制限があるとは思うのですが、日本での税理士登録は可能なのでしょうか?
税理士法と公認会計士法の表面だけを読むと、外国公認会計士も日本の税理士として開業できるのでは?と思ってしまいます。

お分かりの方、ご説明をお願いいたします。

Aベストアンサー

税理士法第3条で、税理士となる資格を有する者について規定されています(第1項第4号に公認会計士と明記されています)。
そして、同条第2項では、「公認会計士法(昭和23年法律第103号)第16条の2第1項の規定により同法第2条に規定する業務を行うことができる者は、この法律の規定の適用については、公認会計士とみなす。」と規定されています。
公認会計士法第16条の2の規定は、外国公認会計士についての規定ですので、要するに、外国公認会計士として日本公認会計士協会に登録することができれば、法律上、税理士登録できることになろうと思います。

ただ、外国公認会計士としての登録が認められた人は平成に入ってからは殆どいないのではないでしょうか。
今後はTPPなど、外国との交渉・取り決めにより国家資格の相互認証が進むかもしれませんが、今のところは“あくまで法律上は・・・”という状況と思います。

Q公務員試験の予備校はTAC?LEC?EYE?

再来年に向けて、公務員の学校に通おうと思っているのですが、
今ぶっちゃけTAC,LEC、EYEで迷ってます。
実際に通っていて何がいいのか。何が悪いか。
教えていただきたいです。通うとしたら、水道橋か、渋谷で
考えています。
2チャンでそれぞれかなりたたかれているので、実際にはどうなのか、
現場にいる方にお聞きしたいです。よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

選ぶ基準はもちろん「合格」できるかどうかだと思いますが、
あげられている3校は「それなり」に問題ないと思います。
そうでないと企業として成り立たないので。
ただし、「それなり」です。
大学や高校の先生と同じように講師は人間です。
やはり相性があります。相性が合う講師がいても公務員試験講座はその講師が全て教えるわけではありません。複数の講師で構成されていると思います。
ですからどこのスクールに行っても、我慢強く1年間勉強できるかが
合格につながると思います。

ですが、1年間にわたり授業を受け続けることになるので、
・校舎の雰囲気やスタッフの対応
・欠席時のビデオフォローが無料か有料か?
・テキスト代は受講料込みか別途購入か?
・面接対策は別途受講料が必要か?何回できるか?
・論文添削は何回までできるか?無料か?有料の場合はいくらか?
などは最低限調べて比べてください。
結構公務員試験はランニングコストがかかってきます。

あとライブ(生)講義にこだわる方がいますが、
全国規模でライブを行っている場合など講師の質が疑問な場合も考えられます。※水道橋か渋谷とのことですのでこの場合は問題ないと思います。
裏技として、各スクールのビデオやカセットテープの通信販売を調べて、その担当講師が担当する校舎で受講することもオススメです。
また、自習室の環境も要確認です。
TAC、LECは会計士系講座があるので彼らと同じ自習室では電卓の音がうるさく感じることがあるかもしれません。
また「安さ」を売りにしている場合や過大広告っぽく合格率や占有率を表示しているスクールは集まってくる受講生の質が悪い場合もあります。ラウンジで騒いだり、自習室のマナーが悪いこともあるので、要チェックです。

なお、合格率、合格占有率などは表示されていても信じないでください。参考程度にもなりません。
各スクール少しでも良い数字を表示しようと数字を操作します。
簡単に言うと分母をなるべく小さく、分子を大きく操作します。
例えば、メインコースの合格率と言っても「出席率○○%以上の受講生」など勉強についていけずドロップアウトした人を抜いています(分母を小さくして合格率を高く表示する)。このようにスクールが出席率を何%にするかなどにより合格率はいくらでも変わってきます。
また新聞報道にあったようにTACとLECは公正取引委員会?より指導?警告?を受けています(正確に覚えていませんが)。
模試だけの受講生を「一般受講生」のように扱い合格者にしたためです(たしか?)。

とにかく公務員試験含め資格全般にいれることは自分自身がどれだけ勉強できるかで結果が変わってきますので、しっかり目標に向かってがんばってください。

選ぶ基準はもちろん「合格」できるかどうかだと思いますが、
あげられている3校は「それなり」に問題ないと思います。
そうでないと企業として成り立たないので。
ただし、「それなり」です。
大学や高校の先生と同じように講師は人間です。
やはり相性があります。相性が合う講師がいても公務員試験講座はその講師が全て教えるわけではありません。複数の講師で構成されていると思います。
ですからどこのスクールに行っても、我慢強く1年間勉強できるかが
合格につながると思います。

ですが、1年...続きを読む

Q公認会計士についてです。今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士の

公認会計士についてです。
今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士のお仕事の魅力を教えてほしいです(>_<)

Aベストアンサー

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょう。問題を洗い出して指摘されるわけですからね。しかし、監査により関与企業が正しく評価されることで、その企業の発展につながるかもしれませんし、監査の業務の中で経営者などから信頼を得られる仕事かもしれません。

友人の公認会計士は、企業合併における業務に携わり、提携の弁護士とタッグを組んでの業務を行っていました。当然関与企業からの依頼に沿った実現を目指すわけですから公認会計士としての信頼から成り立つ業務となることでしょう。

嫌われることを嫌う人は厳しいかもしれませんが、正しいことを正しいという評価を行う、これらのためのアドバイスを行うというような立場としてもやりがいがあることでしょう。

私の友人は公認会計士業務の中で、公認会計士として学ぶべき法律関係が多く、将来独立などを視野に入れることで、弁護士や司法書士などと対等な関係でビジネスを行うという意味で、公認会計士として監査法人に勤務しながら司法書士試験を学び、合格するという結果につなげたようです。

友人は、普段の業務以上に将来の独立に対して気持ちを持っていたようです。最近は連絡を取ることが少ないですが、20年近く同じ監査法人で勤務しているようです。
お分かりだとは思いますが、公認会計士は、無試験で税理士と行政書士の登録が可能であり、一定範囲の社会保険業務や商業登記業務を行えます。こちらに司法書士資格を含めることで、独立後に顧客と慣れうであろう中小零細企業の事業承継や相続などについてもワンストップで受けたいと言っていましたね。
ただ、無試験で税理士となることができる、公認会計士試験に租税科目もあると言っても、すぐに税理士業務を通常の税理士と同等に能力を持っているわけではないという理解をしていました。可能であれば監査法人の提携の税理士法人に移籍して経験を積みたいとも言っていましたね。

社会的評価や将来性のあるのが公認会計士だと思います。
私の友人以外の知り合いの公認会計士は、公認会計士登録の要件と実績のための監査法人勤務後、独立して税理士事務所中心の事務所運営をされている方が多いように思います。

頑張って下さい。

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょ...続きを読む

QTACと大原社会人向けなのはどっちでしょうか?(税理士講座)

はじめまして。
税理士試験の講座でTACと大原が強いし、
どちらに通っても同じというのはよく聞きますが、
どちらにも特徴があると思います。
それぞれの学校に通ったり友達から聞いたとかでも
結構なので、それぞれの学校の特徴(講師・テキスト等)
を教えてください。また、自分は社会人受験を考えていますので、
社会人向けなのはどちらかという意見を募集します。
(講師が、覚えることや問題を絞ってくれるとか、
学校の雰囲気とか。)
あと、DVD通学での受講を考えているので、そちらのほうの意見も
募集します。
沢山のご意見をお待ちしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TACの方が社会人向けだと思います。
私も実際にTACの税理士講座にいますが半分くらいが社会人です。
友人は大原に行っていますが、大原にはあまり社会人はいないと言っていました。
大原では定期親睦会というのがあるらしく、勉強仲間をつくるにはいいと思いますが、社会人の方だと忙しくて参加できないんじゃないかな。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報