仕事の帰りに交通事故あって、鞭打ちになってしまいました。
相手は車で渋滞の間を右折しようとしていて、私は原付で道路の路側帯を走行して事故にあいました。
3:7と私の保険会社から言われましたが、納得できませんでしたがバイク屋さんの修理代金が入金ができなくて困っていると言われたので、納得せざる終えない状況で話を進めました。
これが、過失にもなると後から相手方の保険会社から言われて、だんだんと納得できないと思っていました。
インターネットで相談したところ、それは物損の過失であって、慰謝料の過失にはならないと聞いたのですが本当でしょうか?
本題に入りたいと思います。
総治療日数が289日
実質入院日数が50日
実質通院日数127日
慰謝料は106万円
後遺症慰謝料も逸失利益と後遺症慰謝料合わせて75万円
内金分と過失3割分を差し引いて
総支払額113万円だそうです。

八月まで会社には在籍していたのですが、仕事が重労働で自主退職にせざる終えない状況になり、八月末をもって退社となりました。
休業補償が、11月末までありましたが、それ以降は軽作業ができると判断され休業補償がストップとないり、収入がなくなりました。
今は失業保険をもらっていますが、90日分で終わります。
しかも、前の収入の60%しかないので保険会社から内金の払ってもらい凌いでいますが、これにも限界があります。
十二月末で全ての治療をSTOPして後遺症障害認定を受けました。
14級だそうです、でもこの金額では仕事を失った上に113万円では納得できません。
どうしたらいいでしょうか?
弁護士か行政書士に頼んだほうがいいでしょうか?後は交通事故紛争センターとかにたのむか・・・・
良かったらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

追伸


ネットでの事故相談URLには示談屋まがいの怪しい連中も少なく、ありません。事故110番もその一つです。

お奨めは「法テラス」ですね。

なお対物示談で過失相殺を認めた以上、人身は別よ、ではおかしいことになりますね。
3割過失を覆すことは出来ないでしょうね。
    • good
    • 1

まずは自分の損害額を把握することです。

損害額が小さい場合は弁護士に依頼することは費用倒れになってしまいますが、あなたの場合は損害が大きいため弁護士に依頼しても損はないと思われます。ただし、あなた自身で示談交渉する術(知識)を持っている場合は別です。弁護士費用を節約して自分で納得する補償を得ることも不可能ではないと思います。

自分で示談交渉しようとする場合は最低限、損害額の算定を自分でしなければならないと思います。算定方法は参考URLが参考になると思います。一般的にいう裁判所基準は参考URLの「赤い本」又は「青本」です。これは図書館等で閲覧できます。

参考URL
http://www.koutsuujikosoudan.com/hannitonaiyou/
http://www.koutsuujikosoudan.com/kijyun/
http://www.hpmix.com/home/jiko/L11.htm

また過失割合は一般的に最も重視されるのは判例タイムスの基準です。これも図書館等で閲覧できるものです。ただし、おそらく過失割合については妥当なものと思われますが、詳細が不明なので不確かです。
http://www2f.biglobe.ne.jp/~k-m/workroom/times.h …
http://www.jiko2.com/kasituwariai/b019-.html(判例タイムスかどうか不明)

繰り返すようですが、自分の知識に自身がない場合は弁護士に依頼するのが最善と思いますが、あせる事はありません。自分の判断に自身が持てるまでじっくり思考するべきと思います。
    • good
    • 0

ANo.4の方の参考URLの中では信号機のある場合過失15%で載っています。


まずは過失割合の譲歩で10%以上UPして下さい。
以前専門家に聞いたのですが、渋滞で交差点手前に直進車両が止まっていたいたとしても、右折する際はバイクが影から出てくることを注意深く見る義務が相手にあるそうです。

参考URL:http://www.jiko2.com/kasituwariai/b009-.html
    • good
    • 0

実は私も数年前、同じような事故に遭いアバラ骨と足首を骨折しました。


2~3日後、保険会社の物損担当が来て損害賠償を3:7で提示され、何の疑問もなく応じてバイクを弁償してもらいました。
その損保会社は治療が長引く場合、先に物損を処理するそうです。
治療をして半年ほど経った頃、仕事の空き時間に偶然行った市役所の無料相談員(損保会社定年退職)に相談したところ「赤い本」の該当箇所をコピーしてくれました。それには場合により、過失20~30%の幅があることがわかりました。
7ヶ月ぐらいで症状固定し、(後遺症を申請しましたが認められませんでした)そのコピーを持って人身の担当者に泣き付くようにお願いしたところ、人身については過失20%で補償をしていただきました。
 この例にもあるよう人身と物損は違うタイミング、過失割合で示談をしても問題ないもんだなと感じました。
また、損保の担当者にも譲歩枠があるのがよくわかりました。
「バイク屋さんの修理代金が入金ができなくて困っている」と言われたのは相手に技を使われているように感じます。

過失割合の判定は図や状況説明がないのでできませんが、色々な方に相談し自分の有利な資料を集めてください。
    • good
    • 1

自分で損害額を算定できない場合は弁護士に頼んだほうが良いと思います。

特に損害が大きい場合はそうです。

参考URLを見れば参考になると思います。

参考URL:http://www.jiko2.com/sennmonnka.html
    • good
    • 0

>相手は車で渋滞の間を右折しようとしていて、私は原付で道路の路側帯を走行して事故にあいました。



この例ですと別冊判例タイムズ16では基本過失割合は3:7です。
修正要素が無ければの話ですが。
保険会社は通常の過失割合を適用しています。
    • good
    • 1

>物損の過失であって、慰謝料の過失にはならないと聞いたのですが本当でしょうか?



自賠責120万限度を超え、任意保険計算になると根っこから過失相殺が適用されます。
書き込みから推測ですが、自賠責限度を超えてるように感じます。
したがって、人身部分に過失相殺が関わってくるのは致し方ないところですね。
慰謝料にも適用され減額するのは当然のことです。

>弁護士か行政書士に頼んだほうがいいでしょうか?後は交通事故紛争センターとかにたのむか・・・・

納得できなければ、そのようなところに相談されることを選択されることも否定するものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
任意にかわってますが、3:7を不服と思ってます。
それを一度認めてますから、またそれについて争えるのかと聞きたかったのです。

お礼日時:2007/03/08 10:18

某任意保険会社の積算では


総治療日数が286日
実質入院日数が50日
実質通院日数127日
で入通院慰謝料が1,042,650円、入院雑費が55,000円、計1,097,650円となります。
そして後遺障害14級の75万円は自賠責の基準です。
某保険会社の後遺障害の慰謝料は400,000円です。
これに逸失利益が加算されます。
金額にご不満であれば、交通事故紛争センターに持ち込むのも手かも知れませんね。

帰宅途中であれば通勤災害として労災の適用があるかもしれません。
一度労働基準監督署で確認されたほうが宜しいかと。
適用されれば、休業特別給付を請求すれば少しは凌げると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうざいます。確かに不服ですね。
こっちとしてはこの事故のせいで人生が変わってしまったのですから
労災はおりてます。

お礼日時:2007/03/08 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害14級で弁護士裁判は・・・

追突事故にあいました。当方過失0で、後遺障害14級の認定を受けています。
症状としては12級が妥当と主張し、異議申し立てをしましたが、非認定でした。
現在示談金交渉中ですが、14級での提示金額に納得いかず、弁護士さんに
お願いしようかと考えていますが、費用対効果としては却って損でしょうか?
ちなみに現在の保険会社の提示金額は、1番初めの示談金(通院日数×8,400円で
算出された慰謝料+後遺障害14級75万円)に+25万円の上乗せです。
(症状固定後に現在も自費で治療中のため、その分と今後の治療費で25万円上乗せ)

ここから弁護士さんにお願いして示談金が上がったとしても、弁護士費用を引けば
手元に残る金額としてはあまり変わらないでしょうか?
ご教授いただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、自賠責で認定できない物を、裁判では認定しません。
自賠責で認定待ちの場合、裁判所では、自賠責の認定が出るまで裁判所は裁判の進行を停止し、自賠責の認定が出てから再開する。とまります。

そして貴方は赤本基準でと書かれて居ますが、それぞれの基準はどの様な理由で出来て居るかお分かりですか?

赤本基準は弁護士基準です。
なぜあなたは赤本基準でと書かれたのでしょう?
単に金額が高いからですよね。
なぜ赤本基準が一番高いかは理解されて居ますか?

裁判では裁判所が認定した額より要求金額が低ければ、要求額で終りになります。
だから、弁護士基準は、裁判所が出す時の基準より若干高く設定されて居るに過ぎません。
裁判して赤本基準が認められる事はまず無いのです。
それなのに赤本基準で請求を主張すれば、保険会社はどうせ認められるもんじゃないから裁判で決めてもらいましょう。となるだけです。

保険会社から見れば、保険会社の弁護士は年間契約してますし、裁判やったって経費ですから、損害とは考えません。甘い考えしてる人には徹底的にやりましょうか。となってしまう場合もある訳です。

また、症状固定と言うのは、「それ以上の治療効果は無い。」つまりそれ以上治療しても良くも悪くもならない。と言う状況を指しますので、症状固定以降の治療費は基本的に認められるものではありません。
裁判になれば、当然ですが、すべて0からのスタートになります。
今うわ積みでと言われている25万も0に戻っての話になり、症状固定して居るのですからそれ以降の治療費は一切認めない。と言う所からスタートになり、裁判所もそれを支持する事になるでしょう。

そういう部分も良く考えられて、行うと言う事を考えられてください。

ちなみに裁判になれば、裁判所は平日の昼間しか開いて居ません。
裁判はその間に行われます。
弁護士に頼まなければ、自分で裁判所へ出向かなければならず、月に1回で大体最低で6カ月位は掛かります。
長引けば1~2年位になります。

そもそも、14級だと弁護士は費用倒れですし、そもそもの成功報酬金額が少なすぎて引き受ける弁護士はまず無く、よほどの仕事の無い弁護士でなければ受けないでしょう。
その辺も良く考えられてください。

まず、自賠責で認定できない物を、裁判では認定しません。
自賠責で認定待ちの場合、裁判所では、自賠責の認定が出るまで裁判所は裁判の進行を停止し、自賠責の認定が出てから再開する。とまります。

そして貴方は赤本基準でと書かれて居ますが、それぞれの基準はどの様な理由で出来て居るかお分かりですか?

赤本基準は弁護士基準です。
なぜあなたは赤本基準でと書かれたのでしょう?
単に金額が高いからですよね。
なぜ赤本基準が一番高いかは理解されて居ますか?

裁判では裁判所が認定した額より要求金額...続きを読む

Q後遺障害14級 示談にすべきでしょうか

追突によるむち打ち(当方過失0)で、昨年10月まで10か月間通院していましたが
症状固定になり治療を打ち切りました。その後11月に後遺障害を申請して、今月1回目の審査で後遺障害14級9号に認定されました。

通院していたころは、治療の効果もあってか、14級程度で妥当かと考えていましたが、
10月で通院を止めてからは後遺障害の結果が出るまで3ヶ月間治療してなかったので、腕の
痺れ・倦怠感・首の張りなど(14級で認定された部位)が通院していたころより日増しに悪化し、
今ではその症状からくる胸のむかつきで明け方に目が覚めるほどです。
仕事もパソコンが主のデスクワークですので、腕の倦怠感や頭痛がひどい時などは嫌気がさすほどで、業務上でも支障をきたしています。

14級の判断となったのは、MRI画像による医学的他覚的所見が認められなかったことです。
たしかに、昨年10月時点では今ほどひどくなかったので、主治医にもそのときの症状のみお話し
していましたが、しばらく通院をしなくなってここまで症状が悪化したとなると、12級の「強度の
神経症状を残す」に該当するのでは?と思います。

ここから質問させていただきますが

・まだ示談交渉していませんので、異議申し立てをしたほうがよいのか考えていますが、
 やはり画像などでの他覚的所見がないと、12級の認定は難しいでしょうか?
 (その際に必要な手続きとしては、再度別な医療機関で画像をとってきたほうがいいでしょうか?)

・また、治療を再開したいのですが、今後は自費での治療になってしまうので、人身傷害部分だけ
 示談にして慰謝料をもらい、後遺障害部分の補償・慰謝料については12級か14級かの結果待ち  ということで保留にしても問題ないでしょうか?

・それとも14級のまま、症状の悪化を理由に今後の自費での治療費を含め、慰謝料の上乗せを
 交渉するほうがよいでしょうか?

アドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。

追突によるむち打ち(当方過失0)で、昨年10月まで10か月間通院していましたが
症状固定になり治療を打ち切りました。その後11月に後遺障害を申請して、今月1回目の審査で後遺障害14級9号に認定されました。

通院していたころは、治療の効果もあってか、14級程度で妥当かと考えていましたが、
10月で通院を止めてからは後遺障害の結果が出るまで3ヶ月間治療してなかったので、腕の
痺れ・倦怠感・首の張りなど(14級で認定された部位)が通院していたころより日増しに悪化し、
今ではその症状か...続きを読む

Aベストアンサー

>左腕の痺れ・冷え・だるさ・首の痛み・
>胸のむかつき・それらによる不眠をいくら訴えても、
>素人ではこれ以上は認めてもらえないのでしょうか・・。
>悔しいです。。。

そうですね。痛みなどの神経症状は、本当に
つらいですね。

>「客観的な医学的所見を重視する」

これです。
この通りの事を立証すれば、12級確定と言っても良いでしょう。
おそらく、質問者は、通院状況、症状の一致性などすべてが条件をクリアしていて
していないのは「客観的な所見」のみと判断できます。

画像は客観的根拠のひとつですが、画像だけでもありません。
「しびれ」があるという事は、神経がダメージを受けている可能性があるわけですから、
神経伝達の検査結果なども、重要な客観的証拠になります。
たとえば、針筋電図だとか、筋反射など、詐病を出来ない検査結果は非常に重視されます。
ちなみに、この2つのうち何れかで所見が出ると、12級は確定するのではないかと
思いますよ。

諦めず、これらの検査をしてみるのも、重要かもしれません。
既に75万+怪我の慰謝料が貰える状況ですので、
数万掛かっても、「専門家に依頼」してみるのも良いかもしれません。

※専門家に依頼しても駄目なものは駄目でしょうが
私のような素人より適切なアドバイスをもらえる可能性があります。

いずれにしても、諦めたら14級確定で諦めなければ、12級の獲得可能性が
有るわけです。
それだけの症状なら、諦めるのも悔しいと思います。

>左腕の痺れ・冷え・だるさ・首の痛み・
>胸のむかつき・それらによる不眠をいくら訴えても、
>素人ではこれ以上は認めてもらえないのでしょうか・・。
>悔しいです。。。

そうですね。痛みなどの神経症状は、本当に
つらいですね。

>「客観的な医学的所見を重視する」

これです。
この通りの事を立証すれば、12級確定と言っても良いでしょう。
おそらく、質問者は、通院状況、症状の一致性などすべてが条件をクリアしていて
していないのは「客観的な所見」のみと判断できます。

画像は客観的根拠のひとつで...続きを読む

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q後遺障害 14級 慰謝料について

娘が咬傷事故で両足の傷で後遺障害14級の醜状傷害が認定されましたが、相手の保険会社から提示された損害賠償額の後遺障害の欄には、後遺障害14級慰謝料として弊社任意基準により算定額44万円(自賠責基準では32万円)とかかれ、外貌の醜状傷害につき逸失利益は考慮出来ませんと書かれています。いろいろ調べてみたのですが、認定されれば最大の75万円は出るように書かれているのですが、交通事故の場合とは何か異なるのでしょうか。又、女の子ですので病院にて今後の形成治療にかかる費用を細かく計算して頂いた所自賠責の点数計算で総費用約80万円かかるそうです。その場合このような費用は慰謝料に上乗せして示談する事は可能でしょうか。詳しい方がおられましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

>保険会社は14級認定と書いて来ただけで何号かも詳しく分かりません でした。備考欄に今回の事故は外貌の醜状につき逸失利益は考慮され ないと記載されていただけです

自賠責保険ではないので何号は無いでしょう。
自賠責保険の
14級(5)下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
を参考に算定してはいるでしょうが・・・

これが賠償事故ではなく一人で転んだ怪我・山・谷から落ちた
怪我で生命保険・傷害保険での請求ならば後遺障害自体該当しません。
生命保険・傷害保険には14級など存在しないのです。
入通院の保険金額を払って終わりです。

賠償事故だから自賠責保険を参考にしているのでしょうが。

裁判所ならばもっと積極的に判断するでしょうね。
最も診断書など証拠は必要ですが・・・

Q車で追突されましたが保険会社の対応に疑問があります

3日前に、自家用車にて信号で停車中、後ろから
追突されました。

相手の方は、信号をみておらず、地図をみていたため
自分が全面的に悪いと謝っておられます。

私のほうはぶつかったときは停車してしばらくしてたことも
あってかなり油断しており、相当な衝撃を受けたらしく
病院のレントゲンでも「これは完全に鞭打ちになってますね」
とお医者さまから言われました。
で、相手の保険会社(富士火災)を使うということに
なったのですが、相手の保険会社から連絡が来たのは翌日。

最初救急車で運ばれたときはそんなに痛くなかったので
お医者さんにも「大丈夫です」と言ってたのですが
「絶対に、2,3日したら痛くなるので安心しないでください」
といわれ、やはりその翌日の朝起きようとしたら体が激痛で
起き上がれない、寝返りが打てないという状況になり
近くの病院にタクシーでいくことになりました。

その翌日ももともと予約していた病院(これは歯医者ですが)があり
相手の保険会社に「自転車で行くしかない(バス等がないため)とこで
医者からも自転車はまだ無理といわれてるのでタクシーを使いたい」
ということを言うと
「鞭打ちの場合は事故当日と翌日のみしかタクシーは使えません」
といわれました。
?と思い、まだ私の状態も確認してないのになぜそんなことが
いえるのですか?確認に来ないのですか?というと
「私は(加害者側の住居が遠いため)遠方のため無理です。」
の一点張りでした。
近くの自分の保険会社支店から連絡が行くからといわれ
昨日の夕方から待っているのですが結局電話がありませんでした。
こちらからはどこにかけていいのかわからないですし
また、大破した私の車もまったく現認に来る気配もありません。

知人に相談すると、「自分の保険会社に相談して交渉してもらえ」
といわれたのですが、自分の保険会社(損保ジャパン)に電話したら
「10-0の場合はこちらは関係ありません」といわれてしまいました・・・。

私は現在無職ですが、母の看病もあり自分も病気治療中で
そこへ事故になってしまい、今日は一日家から動けず
いろいろショックで食事もほとんどとれません。(というか、ごはんを
つくるのに動くとめまいや吐き気で怖くて動けません・・・)

保険会社は
「鞭打ちの場合は慰謝料はありませんし、車も修理だけです。
 治療は公共交通機関を使っていただき、タクシーは2日分だけ」
と言って連絡がありません。

いきなり何も言わないうちからのこの提示という
あまりの失礼さにこの先のことを考えても
気分が落ち込み、ちょっと鬱状態になってきました・・・。
(昨日から睡眠もほとんど取れません・・・)
これからどうして対応していけばいいのか
経験者の方、お知恵くださいませんでしょうか・・・(泣)


なお、加害者の方は今のところ毎日電話をしてこられたり
もうお見舞いにもこられて誠意をこめてらっしゃると思いますが・・・
いらないといってもポストにお金を入れていったりされるので
ちょっと困っています。(今で合計6万円ポストに入れられてました)
(保険会社に今度「すべて最後にきっちりしてもらうつもりです」
といったんお返しするつもりですが保険会社はまだこられてません)


ちょっと混乱ぎみで文書がわかりにくいかもしれませんが
なにとぞよろしくお願いします。

3日前に、自家用車にて信号で停車中、後ろから
追突されました。

相手の方は、信号をみておらず、地図をみていたため
自分が全面的に悪いと謝っておられます。

私のほうはぶつかったときは停車してしばらくしてたことも
あってかなり油断しており、相当な衝撃を受けたらしく
病院のレントゲンでも「これは完全に鞭打ちになってますね」
とお医者さまから言われました。
で、相手の保険会社(富士火災)を使うということに
なったのですが、相手の保険会社から連絡が来たのは翌日。

最初救急車で運ば...続きを読む

Aベストアンサー

まずやるべき事・確認すべき事
(1)人身事故の確認
>これは人身扱いでしょうか?(無知ですみません・・・)
病院で書いて貰った診断書を警察に提出していれば人身事故です。
(2)大至急必要な書類の確保
>「これは重症なのでとにかく最初にいった病院のレントゲンと
  診断書をすぐに持ってきてください!」
タクシー代が保険から出る出ないの問題ではありません。
必要なレントゲン・診断書がなければ今後の治療に多大な影響
があります。そしてその後の賠償にも大きく影響します。
その病院に電話してレントゲン・診断書を確実にもらって下さい。
現在の担当医も困るはずです。
事故日に診察した医師の書類がなければ事故の怪我だという証拠
が有りません。事故と関係無い怪我で通院していると判断できる
のです。大至急手に入れて下さい。
こういう時の為に加害者から貰った6万円gは役立つのでは?
タクシー代・診断書代・レントゲン写真代金など・・・
(※最初の病院の資料を現在の医師に渡せず仕舞いでしかも
  その書類を現在の担当医師でなく富士火災に先に確保されれば
  非常に困ることになる可能性もあります。可能性ですが・・)
(3)最初の病院の書類を現在の担当医師に渡す。
 自転車に乗れない重傷・本当は入院が必要である旨の診断書を
 医師に書いてもらう。
(4)富士火災お客様相談室に電話をかける。
一番重要なことは、担当サービスセンターが何処の部署なのかを
明らかにしてもらうことです。
事故場所の京都SCなのか?あなたの大阪のSCなのか?
SCが決まらないのでは事故担当社員も決まる訳ありません。
担当SC事故担当社員が決まれば事故についての話をするだけです。
担当者は通常2名人身担当と物損担当です。間違えないように・・・
人身事故担当者に医師の診断書が既にある事
診断書には入院が必要な重傷である事・自転車には乗れない事
交通が不便な為に公共交通機関は使用が難しいことなどを説明する
(5)交渉は押すだけでなく引く事も重要です。
タクシー通院を認めてくれるならば健康保険での治療を了承する
と言いましょう。健康保険を使用する事によって治療費削減が
可能です。又長期通院は完治を待たずに治療打ち切りになりますが
健保治療はいい加減な自由診療でなくレセプトが健康保険組合に
送付される為に後日の打ち切り対抗の強い味方となります。
万一打ち切りを受けても健康保険治療ならば自己負担で通院可能です。
(4)健康保険使用の為の第三者行為による傷病届けを記載・提出する。
このあたりは富士火災に保険会社で書類は手続きして欲しいと
言えばよい。署名・捺印はするのでその他の欄は記載して欲しい。
書類作成・記載に富士火災が協力してくれないと分からないために
書類は提出できないと言えば富士火災が記載するでしょう。
住所・氏名・捺印の欄は本人ですよ!
念書などもありますが怪しい書類ではありません。
富士火災ではなく役所に出す書類ですから
加害者に記載してもらう欄もあるのでそれも富士火災に
取り付けてもらいましょう。
本当は第三者届けは本人がそろえる書類です。
事故証明書の添付も必要ですがそれも富士火災に頼みましょう。
(5)最終的には無料の弁護士相談を受けて下さい。

注意点
病院・医者に気を使い自由診療を選ぶ人がいますが
健康保険治療を嫌がる病院は悪徳病院です。
最後に泣くには被害者(患者)です。
かぜ・階段から落ちた怪我で健康保険を使えないとう医者がいますか?
病院が自由診療で儲けるか、健保治療で被害者が適切な通院治療の上
慰謝料・休業損害を多く手に入れるかの違いがあるだけです。
自由診療だと医師が味方で有利になると思う人がいますが逆です
タップリ病院代を払ってくれたのは保険会社です。
保険会社の治療打ち切りに病院は協力します。
健保と違い自由診療はレセプトを保険会社以外の
外部に見せずにすみますから・・

まずやるべき事・確認すべき事
(1)人身事故の確認
>これは人身扱いでしょうか?(無知ですみません・・・)
病院で書いて貰った診断書を警察に提出していれば人身事故です。
(2)大至急必要な書類の確保
>「これは重症なのでとにかく最初にいった病院のレントゲンと
  診断書をすぐに持ってきてください!」
タクシー代が保険から出る出ないの問題ではありません。
必要なレントゲン・診断書がなければ今後の治療に多大な影響
があります。そしてその後の賠償にも大きく影響します。
その病院に電話し...続きを読む

Q後遺症認定までの期間はどれくらいですか

7月中旬に後遺症診断書を保険会社に提出しました。
確認の電話が担当者から有り「診断書を受け取りましたので、もうしばらくお待ちください」と言われました。通常認定までの期間はどれくらいかかるのですか?

後もう一つ質問が有ります。
結果はどの様な形式で私に連絡が有るのですか?
過去の質問を拝見していたら、担当者から電話で告げられた方もいましたし、保険会社から手紙で連絡の方もいました。保険会社により違うのですか?

2点ほどの質問ですが、ご存知の方がいましたらお願いします。

Aベストアンサー

>被害者請求の場合でしたか

いえいえ被害者請求の場合では有りませんよ。

任意一括つまり事前認定の場合です。
事前認定の書類に先の様に書かれていますから事前認定で等級が確定すれば、
示談前に被害者請求をする事により支払されると言う事です。

Q交通事故の自賠責範囲 120万超えたときの慰謝料

交通事故の自賠責で120万超えてしまったときのことでお聞きします。

私は去年の10月におかまをほられまして、それから接骨院に通っているのですが、(免責は0です)

保険会社からも6ヶ月目に一度電話があっただけで、
それからなんの音沙汰もありませんので、
そのまま通わせていただいております。

治療も十分受け、調子もよくなってきたので
そろそろ終わりにしようと思っているのですが、
治療代金、交通費、慰謝料合わせても、とうに120万超えていると思われます。
ちなみに自由診療というやつです。健康保険は使っていません。
通院は1ヶ月で20日くらい平均で通っています。

ここで慰謝料の計算でお聞きしたいのですが、
みなさんの質問や回答を見てみると、
120万を超えた場合は任意保険会社の計算でということになっています。

各保険会社で計算は違うでしょうけど、おおよその1日の参考単価などはないのでしょうか?
たとえば半年とか1年間通ったときの平均慰謝料とかが分かればありがたいです。

おそらく自賠責の4200円よりは安くなるんだろうなとは思っていますが、
大体の概算でも分かれば参考にしたいなと思いまして質問しました。

どなたか経験された方でもいらっしゃいましたら、
そのときの様子を教えて頂けませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

交通事故の自賠責で120万超えてしまったときのことでお聞きします。

私は去年の10月におかまをほられまして、それから接骨院に通っているのですが、(免責は0です)

保険会社からも6ヶ月目に一度電話があっただけで、
それからなんの音沙汰もありませんので、
そのまま通わせていただいております。

治療も十分受け、調子もよくなってきたので
そろそろ終わりにしようと思っているのですが、
治療代金、交通費、慰謝料合わせても、とうに120万超えていると思われます。
ちなみに自由診療と...続きを読む

Aベストアンサー

総治療日数が240日と言う例が出ていますので、240日として回答します。
240日は8ヶ月ですから76万9000円です。
77万4900円という会社も有ります。
凡そ77万円前後と考えてください。
任意保険では通院日数が月平均1~4日の場合1/3~1/2、
月平均5~9日の場合1/2~2/3に減額されます。
増額は骨折・骨折同程度で1割、重傷事案で2割の増額です。
慰謝料の日額は3ヶ月までは1日4200円、以後6ヶ月までは4200円の75%、
9ヶ月までは45%等低減します。
従って平均慰謝料はと言う質問には回答が難しいとお考え下さい。

通院(入院)実日数が10日、治療期間が60日だった場合
 4,200円×10日分×2=84,000円
 通院(入院)実日数が10日、治療期間が15日だった場合
 4,200円×15日分=63,500円
この説明は任意保険ではなく自賠責の説明です。

Q後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても

後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても
大丈夫なのでしょうか?

交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。
MRIや筋肉伝達速度検査、筋電図検査などをして後遺障害の認定を受けようと
考えているのですが、現在の病院では検査設備が整ってなく、
主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

転院すればいいのですが、現在通っている主治医はとても親切で一生懸命やって
くださるので後遺障害認定後のリハビリもその主治医のもとで続けたいと思っています。
症状固定後の治療費は私が負担することももちろん了承しています。

そこでセカンドオピニオンとして設備のある病院で精密な検査をしてもらい、
その病院で後遺障害診断書も書いてもらうことを考えています。
その場合は当然主治医以外の先生が後遺障害診断書を書くことになりますが、
後遺障害認定の請求については問題がでてくるのでしょうか?

その診断書で認定請求をおこなっても、

・主治医以外はダメ
・1~2回(セカンドオピニオン先)しか通院していない病院で書いてもらった診断書はダメ

とか言われないでしょうか?

後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても
大丈夫なのでしょうか?

交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。
MRIや筋肉伝達速度検査、筋電図検査などをして後遺障害の認定を受けようと
考えているのですが、現在の病院では検査設備が整ってなく、
主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

転院すればいいのですが、現在通っている主治医はとても親切で一生懸命やって
くださるので後遺障害認定後のリハビリもその主治医...続きを読む

Aベストアンサー

>後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても大丈夫なのでしょうか?

 制度上は全く問題ありません。


>交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。

 お見舞い申し上げます。
 関節可動域制限は、自力で曲がる(自動値)範囲を対象としているのではなく、他人の力で曲がる(他動値)を評価対象とします。主治医がこれでもかとというほど曲げると言う方法が他動値の測定方法です。
 シビレ等の知覚障害は、例え知覚の異常が認められても、その原因部位が画像等で確認されること、受傷時からの症状の推移が外傷に起因していると確認されること、反射の異常など神経学的異常所見が明らかに認められること等の審査要件があります。
 転医先の医師にこれらの証明が可能であれば問題は生じません。こういうケースで主治医からの情報が不足する場合は、主治医に対する照会がなされます。転医先の医師が後遺障害診断書を作成したとしても、そういう意味で主治医の所見は大きな影響を与えることになります。


>MRIや筋肉伝達速度検査、筋電図検査などをして後遺障害の認定を受けようと考えているのですが、現在の病院では検査設備が整ってなく、主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

 筋肉伝達速度検査とは神経伝導速度検査ではないでしょうか?MRI検査では軟部組織の状態が明確に画像として現れますが、問題は外傷性と認められるかどうかが問題となるでしょう。交通事故の場合に行われる神経伝導速度検査や筋電図検査等は、神経損傷の場合に用いられることがありますが、質問者さんには神経損傷等があるのでしょうか? もし交通事故によって神経損傷が発生していれば、受傷当初にそれなりの初期症状が認められているはずです。


>主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

 医師が作成する後遺障害診断書に記載された自覚症状について審査が行われることになります。そういう意味で自覚症状を記載してくれない医師の場合は、被害者は不利になってしまうことがあるのは事実です。自覚症状は、自分で別紙に記載して後遺障害診断書に添付することも可能です。しかし何よりも大切なことは、受傷から症状固定までの症状の推移と、他覚所見・神経学的異常所見の存在であることを理解してください。医師には後遺障害等級に関する知識は無いことが普通です。「この程度では後遺障害には該当しない」とか「12級に該当する」などということを、根拠もなく平気で発言する医師はある意味無責任な医師であると思います。


>そこでセカンドオピニオンとして設備のある病院で精密な検査をしてもらい、その病院で後遺障害診断書も書いてもらうことを考えています。その場合は当然主治医以外の先生が後遺障害診断書を書くことになりますが、後遺障害認定の請求については問題がでてくるのでしょうか?

 セカンドオピニオンとして精査を受けることは最終的な身体の状態を証明する有意な方法です。後遺障害診断書の作成も何ら問題はありませんが、最終的な病態が事故に起因しているか否か、そういう相当因果関係の問題が発生することがあります。訴訟などに発展した場合、セカンドオピニオンの医師は、「自分は結果的なものは証明できるが、最初から見ていないので原因は分からない」としか回答しないと思います。


>結論

 後遺障害の認定基準を云々する前に、後遺障害の定義を理解する必要があります。後遺障害として認定されるためには、将来にわたって回復が困難な症状が残存し、かつ、その存在を医学的に裏付けることができ、交通事故と相当因果関係が認められること、つまり、回復不可能な傷害が残存し、それが交通事故に起因するということを証明できなければなりません。主治医はこれまでの経験から「後遺障害は無理だ」と判定しているのでしょうが、それも医師の経験則だけであって、確定されているものではありません。
 最終的な方法は質問者さん自身で決めなければなりません。回答になっていないように感じますが、それが事実です。

>後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても大丈夫なのでしょうか?

 制度上は全く問題ありません。


>交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。

 お見舞い申し上げます。
 関節可動域制限は、自力で曲がる(自動値)範囲を対象としているのではなく、他人の力で曲がる(他動値)を評価対象とします。主治医がこれでもかとというほど曲げると言う方法が他動値の測定方法です。
 シビレ等の知覚障害は、例え知覚の異常が認められても、その原因部位が画像等で確認...続きを読む

Q頚椎捻挫  医師から3ヶ月で症状固定の話が出ている

今年の9月末日に車に搭乗中(運転者)、信号待ちで後ろからの追突事故にあいました。当方過失は0です。

週に2回のリハビリ(患部ホットパック、マッサージ)、週に1回の診察(触診、血管注射)で通院しております。
(本日まで、通院日数:29日 治療期間:80日)

今現在、首の痛み、腕の痺れが残っています。(今週は特に、痛み、痺れが強くなったため診察を3回、血管注射〔ノイロドロピン〕を受けています。)

先日、医師より「今月末(12月末)で受傷から3ヶ月になり、症状の波はあるものの安定はしてきております。痛み、腕の痺れが継続しているのはMRIの画像を見るかぎり頚部の軟骨(?)が突起しているから起こっていると考えます。症状固定をして後遺障害の診断をしたいと思います。」と言われました。

私としては、「症状は回復に向かっているが、いまだ首の痛み、腕の痺れがあるので、注射、リハビリ、服薬をして、もうしばらく経過を見て治療をしていただきたい。」と伝えると、

「3ヶ月が目安ですし、このご時勢で保険会社からの締め付けも厳しいですし、先ほども言いましたが、症状の波はありますが安定はしてきているので・・・。症状固定で、その後の診察は健康保険に切り替えて受ける形になります。」と保険会社からの支払を打ち切りたいようです。

保険会社の担当者からは、私の方には打ち切りの連絡はきておりません。

今の病院では症状固定の話が先に立っていて(保険会社からの打診があったのか?)、打ち切り必至です。
痛みが継続しているのに保険の支払を止めるべく、症状固定にされるのは腑に落ちません。
(健康保険診療に切り替わったとしても、より身体の回復を目指したいので診察、リハビリはしたいと思っておりますが・・・)

このような場合、他の病院を受診(転院)して、症状の判断をしていただく方が良いのでしょうか?
その他、選択肢ががありましたら教えてください。

また、今の状態で症状固定をし、医師より後遺障害の診断書を記載して申請した場合、後遺症の認定はされるのでしょうか。
(サイト内を見るかぎり、症状固定まで6ヶ月以上の診察期間、120日~130日の通院実績がないと認定は難しいとの記述が多いですが・・・)


症状を少しでも軽くしたいのと、今回の医師の判断が妥当なのかとか、今の状態で症状が残るのであれば後遺症になるので認定していただきたいとか・・・。
事故後の対応で分からないことばかりです。

ご意見、ご回答を頂きたいと思います。
以上、よろしくお願いいたします。

今年の9月末日に車に搭乗中(運転者)、信号待ちで後ろからの追突事故にあいました。当方過失は0です。

週に2回のリハビリ(患部ホットパック、マッサージ)、週に1回の診察(触診、血管注射)で通院しております。
(本日まで、通院日数:29日 治療期間:80日)

今現在、首の痛み、腕の痺れが残っています。(今週は特に、痛み、痺れが強くなったため診察を3回、血管注射〔ノイロドロピン〕を受けています。)

先日、医師より「今月末(12月末)で受傷から3ヶ月になり、症状の波はあるものの安定はしてきてお...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
症状固定にして、リハビリ病院への転院を言われています。
症状固定は現在の治療による効果がないことです、3歩進んで
2歩下がる結果として1歩改善している現在は治療による効果
がある→症状は固定してはいない。
現在の国の医療制度は3ヶ月以上の治療には厳しく、リハビリ名目で
転院をさせる。それは病院の治療点数が減るために置きたくない
のです、腕の腫れ痛みの説明が頸部からとは素人が判断してもかなり
おかしな話ですね、神経系統のダメージが腫れの原因ですか?
このあたりを根拠にしばらく来年の花咲く頃(6ヶ月を目標に)まで
医師は敵にはしないでください、見方でなくてもイイのです。
敵でも味方でもない状態にしておいてくださいね。
ところで事故の状況は仕事中ではないのですね?
ご自分の健康保険を使用して治さなくてはならない状況ではないんで
シッカリと認識してください。そのための自動車保険ですから、しっかりと
保証してもらいましょう。痛いのは貴方、誰にも分からない事です。
体中のしんけいの束が通る管の変形を甘く見てはいけません、お近くに
労災職業病対策連絡会があるといいのですが、治療と対応では治りも遅くなり
ますよね。後遺症の件もありますので探して見られたらどうでしょう。

こんにちは。
症状固定にして、リハビリ病院への転院を言われています。
症状固定は現在の治療による効果がないことです、3歩進んで
2歩下がる結果として1歩改善している現在は治療による効果
がある→症状は固定してはいない。
現在の国の医療制度は3ヶ月以上の治療には厳しく、リハビリ名目で
転院をさせる。それは病院の治療点数が減るために置きたくない
のです、腕の腫れ痛みの説明が頸部からとは素人が判断してもかなり
おかしな話ですね、神経系統のダメージが腫れの原因ですか?
このあたりを根拠にしばら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報