現在日本の食料自給率は先進国で最低の状態にあります。そして、その
低い自給率の問題に対して採られている対策はそのほとんどが供給面における
対策のようです。しかし、根本的には日本人の食料消費のやり方を変えること
を並行して行なわなければならないと思います。それは、益々飽食化していく
状況を放置して供給をそれに適応させることは不可能であるからです。
そこで、消費のやり方、例えば抽象的には日本で自給が可能な食料を優先的に
消費していくといった事が考えられるのですが、もっと具体的に、実際に効果の
上がる対策としては、どのような対策が考えられるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門家ではないので、個人的意見として聞いてください.



私は、飼料の自給率を上げるのが早道かなと考えています.

米は自給率が高いのですが、それはあくまでも需要が少ない場合で
パンもうどんも無いとなったら不足すると思います。

で、必要になるのは穀物ですが、
無理して生産だけやっても、現行制度では破綻するのは
古米古古米の問題を見れば明らかです。

しかし、飼料の自給率を上げることで、
平時は家畜のえさ、非常時は人間の食料とする事が可能になります。
このために必要な穀物の量はそんなに多くありません.
畜産って穀物をバカ食いする産業ですから.

なお、この方法、実例があります。
マッカーサーが日本を占領した時にトウモロコシが大量に援助されていますが
あれは、米国では飼料、日本では食料である事に
目をつけたものだということです.
米国も不作だった年で、日本に食料を送るのは国民感情的に
難しかったらしいです。
    • good
    • 1

 えー? 消費サイドをコントロールするんですかあ? そりゃ難しいなあ…。

だって、消費者に「外国からの輸入品は食うな」って言うと、またどっかの国が文句言ってくるし…。

 …とは思ったのですが、とても真面目な問題意識が伺えましたので、ちょっと真剣に考えてみました。でも…やっぱり、難しい…
 例えば、こんなのはどうでしょうか。

1.家畜飼料の自給率を上げるために
・都市部の残飯を飼料転用するシステムをつくる。
・「おから」を産業廃棄物にしたりしないで、飼料転用する。
2.国産食材消費増大のために
・伝統的日本料理の美味しさや健康効果をアピールする。
・その普及宣伝のため、「国産食材料理コンクール」を国費で大々的に開催する。

とりあえず、実現性や有効性はあまり考えずに、思いついたことを書いてみました。ただ、伝統的な日本料理の材料も輸入に頼ってる部分が大きいんですよね。大豆とか…。
 でも、ホント、食糧自給率の低さは、何とかしなきゃいけない問題ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食料自給率が低いことの問題

 日本の食料自給率は40%程度だそうです。この数字を出して「日本の食料自給率を上げることが必要だ」という議論を耳にすることがあります。
 教えていただきたいのですが、食料自給率が低いと何が悪いのでしょうか。
 今まで耳にしたのは
1)異常気象・戦争等により食料の輸入が途絶える可能性
2)輸入品は農薬等の問題がある
3)農家の保護
などですが、
1)はエネルギーのほとんどを輸入に頼っていて、なぜ食料品だけ特別なのか?電気もガスも水道もなければ、少なくとも都市部の住民は生きていけないと思うのですが。旱魃等の問題も日本だけがその被害を免れる保証はないし。
2)は、大切な問題ですが、農薬等の使用を抑えることと、日本で生産することとは別問題だと思います。輸送時の品質保持のために、使用する薬品に関しては国産にすれば解消されると思いますが。
3)は、農家保護のために予算がいくら使われるのか。そのお金を直接、農家に分配したほうが効率的ではないのか(不公平感の問題はあります)。
などと思うのですが、どなたか、食糧自給率が低いことの問題点をご教示いただければ幸いです。

 日本の食料自給率は40%程度だそうです。この数字を出して「日本の食料自給率を上げることが必要だ」という議論を耳にすることがあります。
 教えていただきたいのですが、食料自給率が低いと何が悪いのでしょうか。
 今まで耳にしたのは
1)異常気象・戦争等により食料の輸入が途絶える可能性
2)輸入品は農薬等の問題がある
3)農家の保護
などですが、
1)はエネルギーのほとんどを輸入に頼っていて、なぜ食料品だけ特別なのか?電気もガスも水道もなければ、少なくとも都市部の住民は生きていけな...続きを読む

Aベストアンサー

失礼します、再度 No.2 です。

食料やエネルギー以外に、国家存亡に関わる問題のひとつに 「水」 があります。

日本は水が豊富です。  無論、年によって水不足状態になる事はありますが、極く一部の地域ですし時期も極めて限定的です。

ところが日本のような国はめずらしいのが現状です。

たとえばシンガポール ・・・ 著しい経済発展と高い生産性で今や東南アジアで確固たる地位を占めていますが、この国では年がら年中、水が足りません。

下記のサイトにもありますように、隣国マレーシアから日量90万トンの水を購入してやっと国内需要を賄っているような状況です。

言わばマレーシアはシンガポールの首を絞めようと思えばいつでも出来るような状態ですよね。

無論、国際協調社会の中でそんな乱暴な事はできませんが、シンガポール国民の将来はマレーシア政府の思し召しどおり、という事実には変わりありません。

国家体制維持の重要条件になる品目を他国 (たとえ複数であっても) に依存すれば、将来が危ういというひとつの例になるように思います。

政治学の範疇に入るのかも知れませんが、国家として重要なものにエネルギーや食料、水、教育、予算、軍事力などがあろうかと思いますが、できる限り自国内で調達するのが独立主権国家として当然の責務のように思います。

参考URL:http://www1m.mesh.ne.jp/~apec-ngo/water/jirei/singa.htm

失礼します、再度 No.2 です。

食料やエネルギー以外に、国家存亡に関わる問題のひとつに 「水」 があります。

日本は水が豊富です。  無論、年によって水不足状態になる事はありますが、極く一部の地域ですし時期も極めて限定的です。

ところが日本のような国はめずらしいのが現状です。

たとえばシンガポール ・・・ 著しい経済発展と高い生産性で今や東南アジアで確固たる地位を占めていますが、この国では年がら年中、水が足りません。

下記のサイトにもありますように、隣国マレーシアか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報