今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

妊娠・出産のため1月に退社しました。
以前の仕事は朝8時から夜11時頃までとかなり長い時間働いていた為、産休をとり復帰するのは難しく仕方なく退社しました。
 出産後落ち着いたらまた仕事をしたいと思っているのですが、今度は時間がきっちりした仕事をしようと思い、今この暇な時間を使って宅建を受けてみようかと思っています。
 独学でも受かるものなのでしょうか??
あと資格についてかなり無知なので、持っていると役立つ資格を教えていただきたいです。
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

受かると思いますよ、私自身、通信講座ですが、合格できました。


完全独学は大変かも知れないですね、やっぱり、注力すべきポイントがどこかわからなかったり、どうしてもよくわからないところがあって先に進まなかったり、ということがあるので、独学とはいっても、通信講座くらいは受けたほうがいいですかね。

実際の数字で考えると、
宅建の2008年合格率は16.2%、となかなか厳しい数字のようですが、
僕が受講したフォーサイトの通信講座の場合、32.5%だったそうです。
(そう、フォーサイトのWebサイトに書いてありました)
良い通信講座なら、10人に3人以上はきちんと合格できる、ということですね。
    • good
    • 1

 「独学で」というのは、「学校に通わずに」という意味ですよね。


 もし、書籍だけではモチベーションが続かないという方でしたら、通信講座を勧めます。
 教材は、自分との相性がとても大事ですので、いろいろパンフレットを
集めて、自分に一番しっくりくるものを選んでみてください。
    • good
    • 0

医師ですが、宅建も持ってます。


(正式には、宅地建物取引主任資格者で、未登録)
医学部の学生時代に、独学で夏休み1月ほど勉強したら、うかりました。
医学生は暗記物に強いので...
何とかなると思いますよ。ただ、量が多いですけど。
    • good
    • 0

独学、充分可能だと思います。


実際、先輩で独学で受かった人がいますし。
肝心なのは、どれだけ勉強の時間が取れるか?集中して出来るか?だと思います。
ぼくは、仕事を早上りして勉強時間を取る為に資格の学校に通いましたが、結局は自宅学習次第でしたから。
学校に通って良かったことは、同じ勉強をしてる人を見て励みに出来たこと。あと、宿題、テストがあり、やらなくてはいけない状況が出来たこと。
過去問をしっかりやって、理解すれば大丈夫。
過去問次第じゃないでしょうか。

・・・と言いながら、ぼくは宅建に4回目で受かりました。取って、その資格が役に立つこともなく、取らなくてはいけないって言う気持ちに欠けていたからだと思います。。正直。
    • good
    • 0

将来的にどのような仕事をイメージするかで選んだ方がいいですね。



あまり宅建は女性にはメリットがない資格じゃないでしょうか。
身近に不動産業されてる人がいたり、複数のマンションや駐車場の経営をしていたりという場合は、宅建主任者としてshunmaさんが重要事項の説明など法的な部分を担当するというのもありますが、そういう関連がなければ疑問があります。
でも、不動産関連の営業をされるなら宅建はあったほうがいいですよ。ただ、時間はきっちりしていない所の方が多いですね。

一般論ですが、お奨めはPC関連か会計か語学がいいのではないでしょうか? でも、採用する側から考えると、会計なら簿記2級以上のものとなりますし、語学なら英語だとTOEIC800以上、英検準1級以上ぐらいにはなります。そこで、もっとも効果的だと思うのが中国語ではないでしょうか?需要はすごいあるうえに英語に比べて勉強している人(できる人)が圧倒的に少ない。いいと思いますよ。

いや、もっと国家資格がいいということであれば、行政書士や社労士や税理士や公認会計士など「士」がつく資格から選ばれてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1

宅地建物取引主任技術者試験は、独学でも受けれます。


合格するためには、貴女の頑張りと努力次第でしょう。
町の本屋さんに行って、受験用の参考書や練習問題集を買っておこないましょう。
参考書や問題集を買い求める時は、最新の物を買いましょう。
法律が毎年変わっていますので、最新の物を求めてください。

検索「国家資格」「資格試験」で検索すれば沢山出てくると思いますので参考にしてください。
事務的な仕事で再就職に有利と思われるのは、簿記、会計士、社会保険労務士、CADオペレーター、等もあります。
その他の技術・技能試験の情報は、お近くのハローワークに行くとパンフレットがありますので覗いて見たら如何でしょうか。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました!
がんばって勉強して資格を取りたいと思います!!
ありがとうございます。

お礼日時:2007/03/10 16:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

Q宅建 独学

今年の宅建に独学で挑もうと思っています。

まだ勉強し始めたばかりなのですが、現在は570ページくらいの参考書を購入して、
それを自分なりに解釈して(言い回しを多少変えて)
wordで書き写す、という勉強法で勉強しています。1日10~15ページほどやっています。

そこで質問したいのですが、宅建に独学で合格した方はどのような勉強方法で合格されたのでしょうか?

現在学生なので勉強できる時間は1日最大で6時間はあります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日建学院の基金訓練なので独学とは少し違いますが去年7月から受けて43点で合格しました。

DVD講義を受講(238時間)
1.ガイダンス(1H)
2.入門民法(12H)
3.アプローチ主要科目(16H)
4.重点講義(110H)テスト13H、見直し4H、問題24H、解説32H
5.要点解説講義(36H)テスト12H
6.宅建ズバリ解説(21H)
7.宅建ポイント解説(15H)
8.実践模擬試験(16H)試験5年分、解説6H
9.直前対策講義(35H)テスト26H、問題9H
10.模擬試験・テスト(32H)テスト12H、見直し6H、解説12H

問題集を3回づつ解く
1.権利177問
2.業法180問
3.法令108問
4.勢その他84問


宅建は375~525時間が平均学習時間らしいです。

実際には時間じゃなくて宅建なら過去問解いて90%解ける状態になるまでやれればOKだと思います。

私の宅建の勉強法
1.テキストを一読、(DVDがあるなら視聴しながらテキストをマーク)
 判らないところ、覚えるところにマーク
 章末に問題をやり間違ったところを見直す(私は講義のあとやりました)。

2.問題集を3回解く
この時4肢を1肢づつ○×として解く(この時どこが間違ってるか書ければなお良し)
間違った肢の解説を読み判ればそれで良し、判らなければテキストを読む。
問題集にチェック欄があると思うのでチェックをいれる
間違った問題は重なる傾向があるので(重ならない場合全般的に判っていないということになる)試験前に間違った問題を解く

3.過去の試験問題を解く(試験では上がるので1時間50分を目安で解く)
過去の最高点は36点なので38点(76%)を目安で採れれば合格すると思います。

4.定期的・仕上げに資格学校の模擬試験を受ける


項目別の点数の目安は正解目安/問題数(正答率目安)

(権利関係)民法  
6~7/10(65%)

(権利関係)特別法
2/4(50%)

法令上の制限
5/8(62.5%)

宅建業法
20/20(100%)

税法・価格の評定
1~2/3(50%)

5問免除
3/5(60%)

なので宅建業法が合格のポイントです(ここで落とすと致命傷です)。
試験では知識だけで答えが出せる宅建業法(試験では第26問目)から始めることをお勧めします。

4.考える問題(権利関係)ではファーストインプレッションの方が正答率が
高い傾向にありますので書き直さない方がいいようです。

5.自宅で勉強がはかどらない場合、
図書館やファミレスでの勉強をお勧めします。

6.満点を目指さない。
難問(民法など)は他の人も解けません。難問をこなすより、確実に採れる問題をこなした方が効率的です。

日建学院の基金訓練なので独学とは少し違いますが去年7月から受けて43点で合格しました。

DVD講義を受講(238時間)
1.ガイダンス(1H)
2.入門民法(12H)
3.アプローチ主要科目(16H)
4.重点講義(110H)テスト13H、見直し4H、問題24H、解説32H
5.要点解説講義(36H)テスト12H
6.宅建ズバリ解説(21H)
7.宅建ポイント解説(15H)
8.実践模擬試験(16H)試験5年分、解説6H
9.直前対策講義(35H)テスト26H、問題9H
10.模擬試験・テスト(32H)...続きを読む

QAFPのおすすめ過去問と宅建の勉強法

2級ファイナンシャルプランナーの過去問題集が欲しいのですが、おすすめのものはありますか?それとも過去問だったらどの本でも大差ないでしょうか?

それと、宅建を6月から勉強しようと思うのですが、独学で勉強する場合、おすすめの参考書はありますか?他の質問を見ていると、「らくらく~」とその関連の問題集をやれば合格レベルに達するとのことなのですが・・・
独学で「らくらく~」の場合と資格スクールに通う場合、真面目にやるのであればどちらでもかまわないのでしょうか?
ちなみに民法については一通り勉強したことがあるので多少心得はあります。

Aベストアンサー

2級ファイナンシャルプランナーですが、学科の場合、きんざいのHPから何年か分が見られますよね。
問題集としては、きんざいのものがお勧めです。
(私は1月の試験、1冊で済ませました)

宅建の独学ですが、10年前の合格者なので、今では他社からもいい参考書でてるかもしれませんが、ナカノ総合出版のものがお勧めです。
(なぜ、この規則・法律になっているのかわかりやすく説明してくれていました)

参考URL:http://www.nakano-s-s.com/bookpr.html

Q宅建の独学勉強方法について。

宅建の独学勉強方法について。

Aベストアンサー

今年独学で受けました。
LECの出る順のテキストと過去問6冊を3回繰り返し、直前に予想模試買ってやりました。
それだけです。
余裕で合格しましたよv( ̄ー ̄)v

Q宅建CDのおすすめ教えてください。

お世話になります。

宅建の勉強を始めようと思いますが
宅建CDのおすすめ教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「超ごくらくパソコン宅建塾」が良かったです。
宅建業界とは全く無縁の私でしたが、6ヶ月の勉強で一発合格しました。
このCD 値段の割には、優れものです。
絶対お勧めです。

 

Q宅建を独学で取るには??

宅建を独学で取ろうと勉強を始めました。
項目別の問題集をときながら解説書を読んで・・・最終的には過去問をとにかくやろうか・・ってやってるんですけど、この進め方で、いいんでしょうか?
正直、参考書自体分厚く多いので大変です・・・
何かよきアドバイスあればお願いします!!

Aベストアンサー

宅建は完全に暗記だと思います。そして、過去問を解きまくる。注意したいのは、全体に均一に過去問を解いていくことですが・・・。大きく分けて、民法、宅建業法、その他法令上の制限と分かれてますよね。
民法の問題は難しいので、必要最低限をこなす。
一番簡単な宅建業法の問題は、気持ちの中で満点を目指すつもりでやる。
法令上の制限などは、過去問の傾向より、捨てるところは捨てるという判断をした方が良いと思います。目標7割ですからね。その代わり、捨てた分野以外は、絶対、点数をとりこぼさないようにしましょう。
以前、専門学校に通っていましたが、そのようなテクニックがあるみたいです。自分は満点にこだわり、そこで時間のロスが生まれ、余分に勉強した記憶があります。満点を目指すのは、やめたほうが良いですよ。
資格を取りたいだけなら、そのような受験テクニックをすすめます。がんばってください。

Q宅建問題で解説してほしい

[問題]
Aは売主から代理の依頼を、Bは買主から媒介の依頼を、それぞれ受けて、代金4000万円の宅地の売買契約を成立させた場合、Aは売主から264万6000円、Bは買主から132万3000円の報酬をそれぞれ受けることができる。
[回答] ×
とあるのですが、Aは売主から132万3000円、Bは買主から132万3000円の報酬となれば正しいのでしょうか。
Aが代理契約という点はどのように考えたらよいのでしょうか

Aベストアンサー

再です。

>代理契約時の一方からもらえる限度額は媒介の時の2倍なので
AとBが納得すれば10:0でもいいのでしょうか

現実にはありえないと思いますが、無償でも別に問題ないと
思いますよ。ま、しかし、「俺は何もしないが、手数料は払え」のほうが
よっぽど現実的かな。


だいたい「報酬をいくらもらった」なんていちいち正直に報告しません。
言っちゃなんですけど、むしろ現実的には、たとえば土地の測量代を上乗せしたり、広告
費用を上乗せしたりしてバックマージンを貰う。
飲み食い接待で間を取り持って、費用はちゃっかり負担してもらう。
つまり「(客にわからないように)結果的には報酬限度以上の利得を得る」ことのほうが、
茶飯事じゃないですかね。

私は不動産業の仕事をしていないんで主任者ではなく、合格者にしかすぎませんが、
金にエゲツない人々ならいっぱい見てきましたからね。

不動産屋に泣かされている人は多いんですよ。
宅建免許がある、主任者だからといって、マジメとは限らないのですw。

Q宅建試験独学で合格できますか?

宅建の資格ですが独学で合格できますか?

Aベストアンサー

充分できます。

条件は日本語が理解できること。
大きな書店で、一番簡単に書いてある基本書と過去問5年分を購入して、一日1時間、3か月で楽勝でしょう。
過去問は最低3回は繰り返してください。

Q行政書士に支払う宅建業の免許更新費用

今年3月に宅建業の免許更新をしたのですが、行政書士に税込みで7万円の代行費用と印紙代を支払いました。言われるがままに更新費用を支払ったのですが、税理士の報酬体系とはどのようになっているのですか?今回支払った行政書士の宅建業免許更新代行費用は、定まった報酬が決まっているのですか?高かったのか安かったのかを知りたくて質問しました。

行政書士業務に詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

宅建免許の更新は非常に簡単です。都道府県の免許係に更新書類を請求し、書類を作成して、若干の添付資料をつけて提出すれば済むものです。行政書士に依頼することは聞いたことがありません。また、支払った7万円は非常に高いと考えます。2.3万円程度ではないでしょうか。新規の免許申請は若干知識を要求されますが、今後、更新手続きは自分で処理すべきです。間違っても受け付けの窓口で新設、丁寧に教えていただけます。

Q【宅建】 独学勉強法・おすすめテキスト

昨年から独学で宅建の勉強をしています。
が、去年の試験では落ちてしまいました。。。
今年こそ!と思い勉強をしてはいますがなかなか身についていないような気がします。
今は一時通っていたTACでもらった問題集を使って分野ごとに勉強しています。
本屋に行っても、数がありすぎてどれを買えばよいのかわかりません。
過去問に関しては何冊か問題集をもっているのでそれを繰り返しやっているといった形です。

夜間や休日を利用して学校に通うのもひとつの手かもしれませんが今のところ独学で挑戦したいと思っています。
宅建合格のためのおすすめの勉強法やテキスト、問題集など
どんなことでもいいのでみなさんの意見をお聞かせください。

また、合格者の方はどのくらい、どのようにして勉強していましたか?

Aベストアンサー

再受験のスタートで一番重要なのは、自分の受験結果の分析です。
TACから解答解説冊子が送られて来ていることと思います(未着なら、参考URLから)が、
解答難易度の一覧表に自分の答えや正解不正解は書かれていることと思います。
ここでは、まず、問題をグループ分けする仕切り線をマーカーで引いて下さい。
1~14:権利関係
15~22:法令上の制限
23~25:その他1
26~45:宅建業法
46~50:その他2(業務経験者免除)
次に、Aランクの不正解、Bランクの不正解それぞれ別の色でマーキングして下さい。
宅建は、Aの全てとBの半分が正解なら合格です。

この分析が出来れば、何をどう勉強すれば良いかは、自ずと判断できるかと思います。

もちろん、来年、同じ分野が同じようにランク付けされるとは限りません。
しかし、全く同じ問題が出たら、AB全問正解で楽々合格出来るようにすることが再受験のスタートです。

参考URL:http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/takken/


人気Q&Aランキング