最近SFにはまってしまい何か読みたいのですが
おすすめの小説はありますか?出来れば
日本人作家のものを読みたいです。どうも翻訳ものは文体が苦手ですので。
小説は「銀英伝」とアシモフのを流し読みした程度。「星界の紋章」はどうも気に入りませんでいた。漫画では「プラネテス」とかです。
バリバリのハードSFを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私もハードSFはまってます。


No1の人も答えておられますが、ばりばりSFではやはりホーガンの「星を継ぐもの」シリーズや「量子干渉機」ホーガン以外ではPアンダースン「タウ・ゼロ」やCシェフィールド「マッカンドルー航宙記」が面白かったです。
あとは、古典では「夏への扉」が有名ですかね。あとSFかどうかわかりませんが「渚にて」がよかったです。
参考になれば。
    • good
    • 1

プラネテスをお読みなら、太田垣康男の「MOONLIGHT MILE」(小学館)のコミックが絶対お奨めですね。



日本の作家はあまり読まないのですが、外国でもよいのでしたら ハードSFなら フレデリックポールの「マンプラス」「ゲイトウエイ」シリーズ。
J.P.ホーガンの「星を継ぐもの」4部作シリーズ。
ロバート.L.フォワードは「ロシュワールド」「竜の卵」「スタークエイク」

これは フォワード自身もこれを素材にして本当に物理論文を書いてる小説ですね(^_^;)


http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=291641
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=246864
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=67143
    • good
    • 0

ラリイ・ニーブンの「リング・ワールド」です。

ある恒星をとりまくでっかい環状建造物上の物語。そのスケールと世界観は圧巻でまさにばりばりのハードSFの傑作です。彼の未来史「ノウンスペース」シリーズの中の長編なのですが、他の短編もあわせて読むといっそうおもしろいです。短編集のお勧めは「無常の月」「中性子星」すべて早川文庫です。
    • good
    • 0

日本人作者のバリバリSF!


「小説」だけですか?それは勿体無い!
コミックスですがこれはもうぜっっっったいに外せないでしょう。
「プラネテス」がお気に入りでしたらもう間違いなくジャストミートです。
ひょっとしてもう読まれているかもしれませんね。だったら失礼をば。

星野之宣(ほしの・ゆきのぶ)

「2001夜物語」vol.1~3(双葉社・アクションコミックス)
「スターダスト・メモリーズ」全1(ソニー・マガジンズ)

たぶん上記2作品とも文庫も出ているでしょうけど、大判での
購入をおすすめします。
オムニバス短編集でどの作品も秀逸です。この方はほかに
J・P・ホーガンの「未来の二つの顔」の漫画化なども
手がけられています。大型の書店に行けばあると思いますので、
機会がありましたらゼヒどうぞ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さん レスが遅れて申し訳ありません
星を継ぐもの注文しました。
>>oogooさん
プラネテスは二巻とも持っているんですが
星野之宣(ほしの・ゆきのぶ)

「2001夜物語」vol.1~3(双葉社・アクションコミックス)
「スターダスト・メモリーズ」全1(ソニー・マガジンズは
知りませんでした。検索してみたいと思います。

お礼日時:2002/06/04 16:19

 日本のハードSFと言えば、「宇宙船オロフル号の冒険」が面白かったですね。

作者は石原藤夫さん。玉川大学の教授だったらしい方です。

 スケールが大きいと言えば「レンズマンシリーズ」や「スカイラークシリーズ」作者はE.E.スミス。
 「理論は所詮試論でしかない」の一言で、相対論は無視しちゃいますが、実際の科学でもそういうことはよく起こるので、判ってる人ほど、頭から馬鹿に出来ないんだよねぇ。
    • good
    • 0

堀晃 「太陽風交点」これは日本人にはめずらしいハード。

しかしなが日本人には珍しすぎてこの方はそれほど有名な著作はないと思います。この本も絶版になってるかも。名作なのに・・。私はこれを中学校の頃読んで、結局今は科学者の端くれです。

でもやっぱりハードは海外ですよね。「星を継ぐもの」是非是非読んでください。

参考URL:http://www.jali.or.jp/hr/
    • good
    • 0

ロビン・クック  おすすめです!!


医学もので、はまりますよ~~~。

ハヤカワ文庫で探してみて下さい。たくさんあるはずです。
    • good
    • 1

私はアシモフファンなので、(日本人でないですが)紹介いたします。



「神々自身」
この宇宙に存在するはずのない物質「プルトニウム186」が発見された。
アシモフ曰く、「存在し得ない同位元素の存在を可能ならしめる(あるいは少なくとも可能らしく見せかける)ような筋立てを考え出さねばならず、さらにそれらの解決法も考え出さねばならなかった。」
この解決法が、とんでもないスケールのもので、素晴らしいアイデアだと思います。
なお、第一部はプルトニウム186をめぐって、地球の科学界と政治とのかかわりが非常に泥臭く描かれています。
一部エンディングは、ひたすらブルーになること、請け合いです。
    • good
    • 0

ということは、ハードSFをまともに読んだことが無いわけですよね?


うーん、しかも海外よりも敷居の高い日本のハードSFがご希望…多分期待なさっているものとは違うと思いますよ?
それでもよければ、下記のページをどうぞ

参考URL:http://www.sasabe.com/SF/hsf.html
    • good
    • 0

えーっとハードSFとは向こうの物理学者などが最新のホットな宇宙論なんかを盛り込みながら描く一発ネタのジャンルだと思うのですが。


読書歴から見るに、読み物的なSFを求めているような…銀英伝など面白いには面白いと思いますが、これっぽっちもSF要素はありませんよ。

多分趣味には合わないと思いながらも、とりあえずハードSFと言えばJ.P.ホーガンでしょう。創元SF文庫からたくさんでてます。どんなんかは参考URLでもどうぞ。

参考URL:http://www.hm3.aitai.ne.jp/~makokato/hogan.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人限定というのは撤回します。
野尻抱介の太陽の簒奪者というのを読んで興味を持ったんでハードSFに限定せずに似非SFとかも含むということでお願いします。
 星を継ぐもの なかなか壮大なスケールで良さそうな感じですね。
 スケールが大きいのをお願いします。
皆さん わがままいってすいません。

お礼日時:2002/05/31 01:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

QおすすめのSF小説は?

こんにちは、高校1年の者で最近読書にはまっています。SF小説を読もうと思っているのですが、どれをよめばいいかわかりません。そこで皆さんがどんなSF小説を読んでるか参考に教えてください。今まで読んだSF小説は「われはロボット」やスターウォーズの小説などです。

Aベストアンサー

かなりSFマニアな者です。ちょっと回答にマニア臭が漂うかも知れませんが勘弁して下さい。

私のオススメは、以下の通りです。全て早川文庫刊です。あまりマニアックなものは避けたつもり。
 1. ハル・クレメント 「重力の使命」
 2. オースン・スコット・カード 「エンダーのゲーム」
 3. ラリイ・ニーヴン 「リングワールド」
 4. ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 「たったひとつの冴えたやり方」(短編集)
 5. トム・ゴドウィン 「冷たい方程式」(短編)

特に、個人的に「重力の使命」をオススメします。

高速で自転する巨大惑星メスクリン(赤道付近は3G、極地方では700G!)を調査すべく、地球人がロケットを極地に送り込むが、ロケットは故障して回収不能に。
人類では到底到達できない高重力地帯でデータ回収を行なわせるため、人類は現住の知的生物に捜索を依頼するが…というストーリー。

作者は、アイザック・アシモフと共同で惑星の形状や大気組成を決めたり、「現住生物は極度の高所恐怖症」というディテールを設定し、ストーリーに生かしています。
その顛末が巻末に「メスクリン創成記」としてまとめられているのも非常に面白いです。
(創元文庫からも、同じ小説が「重力への挑戦」という題で出ているのですが、この「メスクリン創成記」が収録されていません。)

良質の「センス・オブ・ワンダー」に満ち満ちており、ハードSFの世界に足を踏み入れるには最適な一冊だと思います。
(その手の興味がない人には「なんだこりゃ」と言われるかもしれませんが。)

No.13さんの挙げている、マキャフリーの「歌う船」も好きです。マキャフリーは、登場人物の感情が伝わってくるような文章が秀逸です。
マキャフリーでは「パーンの竜騎士」(特に4,5巻)や「クリスタル・シンガー」もよいです。

「銀河英雄伝説」は最高に面白いです。(3回読みました。)ただ、SF(サイエンス・フィクション)かなぁ?
「夏への扉」は、高校生が読む場合「書かれたのが1957年」ということを理解して読まないと、「??」ってなことになるかも知れません。(コンピュータやロボットの描写で)

かなりSFマニアな者です。ちょっと回答にマニア臭が漂うかも知れませんが勘弁して下さい。

私のオススメは、以下の通りです。全て早川文庫刊です。あまりマニアックなものは避けたつもり。
 1. ハル・クレメント 「重力の使命」
 2. オースン・スコット・カード 「エンダーのゲーム」
 3. ラリイ・ニーヴン 「リングワールド」
 4. ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 「たったひとつの冴えたやり方」(短編集)
 5. トム・ゴドウィン 「冷たい方程式」(短編)

特に、個人的に「重力の使命」を...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q広い意味でのSF小説

あさのあつこ著 NO6 が
面白かったので、SFを読みたいと思っています。

あまりハードでなく、日本人のもので、戦争ものでないやつで、
お勧めがありましたらおしえてください。

Aベストアンサー

戦争ものでないSFというと、宇宙開発ものか、時間ものがいいかもしれないです。
No.5の方が書かれている小川一水は、私からも一票。
私からは、岩本隆雄さんがおすすめです。「星虫ストーリーズ1 星虫/イーシャの舟」(朝日ノベルズ)というタイトルで2月に発売予定のものは、「星虫」「イーシャの舟」という名で以前出ていたものの復刊版で、高校生が宇宙を目指す話になっています。
あとは、機本伸司さんの作品や、ライトノベルあたりを探すと合うものがあるかもしれません。図書館を利用されるのでしたら、朝日ソノラマ文庫にその辺りのものが多いので探してみてはいかがでしょうか。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q良質 リアル派の宇宙ものSF小説/漫画って?

宇宙もののSF小説や漫画は数あると思いますが、

近い将来を舞台にした比較的リアルな宇宙/未来像をモチーフにした作品のお薦めを教えて下さい。

例えばどの程度までのものかと言うと

(小説)
●2001年 宇宙の旅
(もうちょっとリアルがいいかな..)
×スターウォーズ

(漫画)
●ムーンライトマイル、プラネテス
×銀河英雄伝説

たくさん知りたいので思い思いに書いてもらえると嬉しいです。

ちなみにタイトルだけでなく一言内容解説があると最高です。

よろしくです。

Aベストアンサー

SF好きです(^^)v
最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があることを知っているのは彼だけ。さて、月は地球から独立することができるでしょうか。
  ハインラインというと「夏への扉」と「未来史シリーズ」が有名ですがちょっとハード目の設定というとこれが一押しです。

◆無常の月(ハヤカワ文庫/ラニーニーブン)
 ニーブンのSFというとどちらかというと異形の宇宙人が出てきてとか、ハードSFといってもファンタジーの色合いが強いですよね。
 これは短編集です。
 ある日突然、月が明るく輝いた。常ならざる月の光。
 天体コラムを書いている主人公と恋人はその夜をどう過ごすのか。という表題作の他、「スーパーマンの子孫存続に関する考察」「タイムトラベルの理論と実際」など。

◆星を継ぐもの(創元SF文庫・J.P.ホーガン)
 月で発見された宇宙服姿の人骨は、5万年前のものだった。チャールズと名づけられた彼の正体は?で始まる ホーガンの代表作。「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」「内なる宇宙」と4部構成です。


わたしも ムーンライトマイル、プラネテス 大好きです。
星野宣之氏も「未来の二つの顔」「未来からのホットライン」など ホーガンのSFをコミック化していますね。
こちらもお奨めです。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=67143

SF好きです(^^)v
最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があること...続きを読む

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

QSF小説

みなさんが読まれたSF小説で、今ではすでに現実。
あるいは、現実に近くなってきている。

そんなSF小説がありましたらご紹介下さい。

Aベストアンサー

小松左京氏の『日本沈没』
作品発表当時は,地震や防災の専門家からも「高速道路が飴のように曲がる』等はあり得ないことだと批判されましたが,阪神の災害でまさに現実の光景となりました。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

QSF小説で時間を共有できない時。

時間を共有できない(会話や思考速度がまったく違う)異星人とのコミニュケイション(意思の疎通とか戦闘)の取り方について解決法を示したSF小説って有りますか?

Aベストアンサー

ロバート・L・フォワード
「竜の卵」とその続編「スタークエィク」 いずれもハヤカワ文庫

中性子星上に進化した知的生命体チーラと、地球人とのコミュニケーションについて描かれています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150104689/249-3287083-4722735
http://www.asahi-net.or.jp/~ue4k-ngt/bnavi/forward.html
などの紹介を読めば面白さが判ると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報