Longman Dictionary of Contemporary English の中で、
  
attribute : to believe or say that someone or something has a particular quality
 
の例文として
   
"One should not attribute human motives to animals."
 
が挙げられていたのですが、その例文の意味がいまいち良く分かりません。
「動物に人間のような(生きる?)動機があるとは考えるべきではない」という意味で合っているでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あっていると思います。



attribute は、特徴付ける のような意味。

ただ、動物にもいろいろな感情・感覚があるのは事実だと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
 
そうですよね、私もそう思います。
例文の内容自体に共感できないと、その英語に対する理解も薄れる
なぁーと思いました。

お礼日時:2007/03/11 14:05

いいのではないでしょうか。


手持ちの辞書(ライトハウス)では「(...に~の性質が)あるとする、(...が~の性質を)持っているとする」という訳が書いてありまして、例文として
Do you attribute kindness to such an evil man?
あんな悪い奴が親切心を持っているとおもうのですか?

というのが出ていました。
今回のご質問の文と同じような構成ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
その例文も参考になりました。

お礼日時:2007/03/11 14:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

意味 動物」に関するQ&A: 龍と竜の違いは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qanyone,anything,someone,somethingは関

anyone,anything,someone,somethingは関係代名詞の先行詞できた??

Aベストアンサー

可能です。
代名詞によっては先行詞になれないものがありますが、これらは大丈夫です。
関係代名詞は who, which よりも、that が好まれます。

Qattribute to について

いつもお世話になっております。
つぎの英文和訳を見ていただきたく、質問致しました。

The language may be thought hegemonic,
in ways similar to those he attributes to the concepts.

「彼がその概念の特徴であると思う類似の方法で,
その言語は支配的であると考えられるかもしれない」

このように和訳してみたのですが、コンマ以下がさっぱりわかりません。
ご教示のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Google scholarを用いたところ、クラークらの論文でしょうか。

Clark, G. L., Hebb, T., & W?jcik, D. (2005). Institutional investors and the language of finance: The global metrics of market performance. WPG 05-05. Oxford: School of Geography and the Environment, University of Oxford.
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=675779

ご質問の箇所ですが、やはりわかりづらいと考えられたのか、異なっています。ご質問の文章とこちらとどちらが先かは不明ですが、わかりやすさからいって、下の形のほうがあとなのでしょう。

This being the case, the language of finance may be thought hegemonic, in ways similar to those Power (2004) attributes to related concepts such as 'enterprise risk management'.
こういう状況だから、金融の言語というものは、Power(2004)が「企業リスク管理」のような関連概念に帰属させたの似た意味で、ヘゲモニー的であると考えられよう。

元の文のheがとくに誰というわけでもないとすると、この変形では、誰でもないある人がPower(2004)に、「概念」が「『企業リスク管理』のような関連概念」に具体化されています。推測でしかありませんが、元の文の内容のほうが一般的すぎて、自明に主張できることではないため、このように具体化しているのだろうと思いました。

The language may be thought hegemonic, in ways similar to those he attributes to the concepts.
言語〔金融で共通言語として使用されるもの〕は、〔金融で使用される〕概念に帰属されるのと似た意味〔方法〕で、ヘゲモニー的〔支配的〕であると考えられよう。

attribute A to Bは、「AをBに帰属させる」という意味です。つまり、「Aがあって、その原因をBに求める」ということであったり、「BがAという性質をもっていると考える」ということであったりします。

The languageは、「金融で(共通言語として)使用される言語というものは」という意味だろうと思います。変形版のほうでThe language of financeと、より特定されています。the conceptsは、concepts of financeとなるでしょう。「金融で使用される諸概念」ということです。変形版のほうでは、related conceptsという表現になっていますが、同じことでしょう。

thoseはwaysですので、関係代名詞節を元に戻すと、he attributes those [= the ways] to the conceptsとなります。この場合、金融で使用される概念が支配的であるという状況を考えます。その支配には何らかの方法が伴うと考えるわけです。いいかえると、その概念がそういった支配のためのそのような方法をもっていると考えていることになります。これを「heがthe waysをthe conceptsに帰属している」と表現していることになります。そこで、上では「概念に帰属されるのと似た意味で」と訳しました。

直訳を避けるのであれば、「概念がもつと想定されるのと似た方法で」となるでしょう。また、分割して訳すのも手です。「概念もヘゲモニー的なものであるが、それと似たやり口で、言語もヘゲモニー的なのだと考えられよう」と訳すとシンプルですが、attributeの意味あいをだいぶ削ってしまっています。attirbuteの意味あいを出すと、「概念もヘゲモニー的であり、どのような方法でヘゲモニー的であるのか想定されるのであるが、言語もそれと似た方法でヘゲモニー的なのだと考えられよう」とでもなりますが、きれいに訳せていません。

以上、偉そうに書いてきましたが、the conceptsの指示内容など、かなり当て推量だったりするので、とんでもない誤訳になっていたらすみません。

Google scholarを用いたところ、クラークらの論文でしょうか。

Clark, G. L., Hebb, T., & W?jcik, D. (2005). Institutional investors and the language of finance: The global metrics of market performance. WPG 05-05. Oxford: School of Geography and the Environment, University of Oxford.
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=675779

ご質問の箇所ですが、やはりわかりづらいと考えられたのか、異なっています。ご質問の文章とこちらとどちらが先かは不明ですが、わかりやす...続きを読む

Qattribute toについて

辞書をひくと”人が結果を~原因に帰する”っとあります。
類義語をみるとcredit ,
connect with とありますが。。。はっきりしたニュアンスがつかめません。

A の結果Bになった=A is attribute to Bっであっていますか?
辞書の訳に”~のせいで~”っとありますが

例えば、be attribute to~は、

””親の借金のせいで私は40歳近くまで借金返済に追われる。””

のような感じの”悪意”といいますか”陰のあるニュアンス”
の意味になるんでしょうか??

長々とすみませんが、解説お願い致します!

Aベストアンサー

二つの言葉を安易に「同じ」と決め付けるのは、危険な勉強方法です。言葉に対して鈍感になってしまいます。

He attribute A to B. = 彼はAをBのお陰であると考えている。
※原因と結果が逆です。
※良い意味で使う言葉です。

AはBの作品である。=A is attributed to B
※例文では is が使われていますので、受動態で続けます。
※主語から日本語にすることで、混乱や誤解を防ぎます。
※例文の、受動態の形は特に作品と作者の関係を述べるときに使います。

connect A with B は「A を B と結びつける」「A と聞くと B を連想する」という意味です。
I always connect London with fog.「ロンドンと言えば、いつも霧を思い出す。」
ですので明らかに attribute とは異なります。霧の発生する原因がロンドンとはナンセンスです。

QNobady believes him to be honest. という英文の日本語訳は 「誰も彼

Nobady believes him to be honest.
という英文の日本語訳は
「誰も彼が正直だと思っていない」と
「正直に言って誰も彼を信じていない」
のどちらですか?

参考書には前者で書いてあるので前者だとは思うのですが、一回気になってしまうとなかなか信じられないものでして…

Aベストアンサー

この並びで後者の意味になるのは会話の時ぐらいです。
nobody believes him, to be honest.「誰も彼なんか信じないよ、正直言って」
と付け足す感じで。
でも文章としての英語でしたら、普通紛らわしい書き方はしません。後者の意味で使いたいなら、ちゃんとto be honestが分の最初に来るか、後に続くとしてもカンマで区切ってあると思います。

Qbelieveとbelieve inの違い

過去に似たような質問があったのですが、少し理解できなかったので、質問します。
(1)Some people believe in ghosts. と (2)Some people believe the ghost. ではニュアンスが違うと言われたのですが、具体的にどう違うのでしょうか。
英語で説明されたのですが、理解できず気になっています。

Aベストアンサー

>(1)の方は幽霊全般の存在を信じている、(2)は特定のそのゴーストを(または、ゴーストが言うことを)信じているという解釈でいいのでしょうか。

○ (1)の「believe in」を用いた英文は「幽霊の存在を信じている。」という訳で良いと思います。

○ (2)の「believe」を用いた英文については2通りの解釈ができそうです。「LDOCE on line」には、前回の回答で示した意味とは別のもうひとつの意味が載っていました。

 (1) to be sure that someone is telling the truth.
  → 「幽霊の言うことを信じる人がいる。」

 ※ 幽霊が見える」とか「幽霊の言うことが聞こえる」という人もいるのかもしれませんが、現実的には?です。映画や小説の台詞なら別ですが、この解釈は一般的には△でしょう。

 (2) to be sure that someone or something is true
  → 「(だれかが話す)幽霊(の話を本当だと)を信じる人がいる。」

 ※ 「存在」を信じるのと「だれかの話」を信じることは微妙にニュアンスが異なりますね。「believe the ghost」の訳としてはこちらの方が良いと思います。





 

>(1)の方は幽霊全般の存在を信じている、(2)は特定のそのゴーストを(または、ゴーストが言うことを)信じているという解釈でいいのでしょうか。

○ (1)の「believe in」を用いた英文は「幽霊の存在を信じている。」という訳で良いと思います。

○ (2)の「believe」を用いた英文については2通りの解釈ができそうです。「LDOCE on line」には、前回の回答で示した意味とは別のもうひとつの意味が載っていました。

 (1) to be sure that someone is telling the truth.
  → 「幽霊の言う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報