レバレッジの効果って何のことですか?
少し詳しく教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とりあえず大ざっぱに説明させていただきます。


巷で「レバレッジ(梃子)効果」と言われているものは大きく分けて2つあり、
(1)企業財務の分野では、ある会社の事業利益率が市場利子率を上回る場合に、自己資本比率を下げる(=借入金を増やす)ことで自己資本利益率を上げることができる現象(その逆も)のことです。
例えば、今やっている事業で10%稼ぐことのできる企業が、3%の利率で借金できるとしたら、この会社は無借金(=自己資本比率100%)でいるよりも、資金を借りてどんどん10%稼ぎ3%の金利を支払った方が、自己資本利益率を高めることができます。事業利益率が借入金利よりも低い場合はその逆がいえます。
(2)証券投資の分野での「レバレッジ効果」は、先物・オプションなどのデリバティブ市場で、現物に投資するより少ない資金(証拠金分のみ)で、現物の値動きとほぼ同じだけの利ざや(または損)を稼げることをいいます。
例えば、1000円の株が半年後に1200円になると考え、千株買うとします。現物で買うには100万円必要ですが、先物を買うには10万円しか要りません(証拠金10%の場合)。で、半年後予想通り1200円になれば20万円儲かります。前者が20%の儲けに対して後者は元手の3倍になります(!)。
一方損をするときも大きいわけで、800円に下がってしまったら前者なら20%の含み損ですが、後者は証拠金に10万円積み増して下がった20万円分耳を揃えて払わなければなりません(説明を簡単にするため、細かいことは省いてます。ご了承ください)。このように少ない元手で大きな効果が出ることをレバレッジ効果と言っています。

かなり荒い説明ですが、これ以上詳しいことは書籍を当たられることをお勧めします。(1)については企業財務・会計関連の、(2)については株式投資や先物・オプションの入門書レベルのもの(日経文庫など)に載っているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
今日、文献をあたって調べてみたところなのですが、p_catさんの回答を読んで、具体的にイメージがわき、より理解できました。
実は明日、大学の財務管理の試験なんです。
がんばります。

お礼日時:2001/01/16 01:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレバレッジ効果が高ければ高いほど良いってどういうこと?

質問に書いてあるとおりなんですが、大学の試験でこの”レバレッジ効果について
論ぜよ”とあって、なんかよいこと(リスクよりリターンについて)を中心に
論ぜよといっているような気がするのです。
レバレッジ効果そのものより、効果が高いからどうのこうの、という感じかも。
ちなみに、講義名が商品先物市場論です。なんかすごくあいまいな質問かも
しれませんが、わかるかたがいらっしゃたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 一般にCorporate Fiannceの範疇において、レヴァレッジとは、負債と資本の比率のことを指します。レヴァレッジ効果は、負債の比率を上げれば、ROEが上昇し、また税効果を勘案すれば企業価値も増大することを指します。
 しかし、先物市場のようなInvestmentの範疇においては、投資の原資を担保にして借り入れを行い、また投資するということを繰り返し実際の原資の何倍もの投資効果を生むことを指します。
 たとえば、10000円の原資を元に投資を行う場合、はじめに購入した10000円の資産を担保に、その90%の金額を借り入れることができるとします。そうしてまたその金額を投資して、購入した試算を担保に借り入れを行うということを繰り返すと、
    10000+10000×0.9+10000×0.9^2+10000×0.9^3+・・・
のような式になります。すなわちよく知られた無限等比級数の和になりますので、投資の効果は原資の10倍の10000×10=100000円分になるというわけです。

 質問では、リスクとリターンの関係についてとありましたが、この話は主にCorporate Fiannceの範疇の話で、負債比率(すなわちレヴァレッジ)が高まるとその企業の信用リスクが高まるため、その収益率も高くなるということです。(競馬のオッズを考えればわかるでしょう)

 一般にCorporate Fiannceの範疇において、レヴァレッジとは、負債と資本の比率のことを指します。レヴァレッジ効果は、負債の比率を上げれば、ROEが上昇し、また税効果を勘案すれば企業価値も増大することを指します。
 しかし、先物市場のようなInvestmentの範疇においては、投資の原資を担保にして借り入れを行い、また投資するということを繰り返し実際の原資の何倍もの投資効果を生むことを指します。
 たとえば、10000円の原資を元に投資を行う場合、はじめに購入した10000円の資産を担保に、その90%...続きを読む

Q営業レバレッジと財務レバレッジについて

[背景]
ある本を読んでいたところ以下のような式が出てきました。

(1)営業レバレッジ = 貢献利益 / 固定費

(2)貢献利益 = 売上総利益 - 変動費

(3)財務レバレッジ = 総資本 / 株主資本

(4)総レバレッジ = 営業レバレッジ / 財務レバレッジ


(3)(4)の意味は理解できたのですが、
(1)(2)は 理解ができず困っています。そもそもこの定義は正しいのでしょうか?

特に (2)の貢献利益は『固定費を返済するお金(力)』を表すはずなので、
貢献利益 = 売上高 - 変動費 
ではないのでしょうか?

素人なので上記式が正しいのか判断しかねております。
アドバイスいただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レバレッジとは・・・・てこ率。借入金などの他人資本をてこにして自己資本利益率を高めること。「-効果」のようにつかいますが,参考にしてみてください。

Q財務レバレッジ

財務レバレッジについて調べているのですが、サイトによって計算式が「総資本/自己資本」と「負債/自己資本」の大きく2種類に割れています。
いずれにせよ「場合によっては借金した方がもっと儲かる」という意味らしいのですが、一般的な計算式とその意味合いを分かりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ROE=をデュポンシステムで分解したら
ROE=(税引後利益/売上)×(売上/総資本)×(総資本/自己資本)
となり
ROAであらわしたら
ROE=[総資本利益率+(総資本利益率-負債利子率)×負債/自己資本]×(1-実効税率)
ってなりますよね
ケースバイケースで使い分ければいいかと思います
私は後者のことはD/Eレシオと読んでましたが。。。

財務レバレッジ(D/Eレシオ)自体は高ければ高いほど
デフォルトリスクが高くなるという程度の意味だったかと思います
財務レバレッジ効果となればROAが負債利子率より高ければ
負債を増やすことによりROEを上昇させるという事象のことを示しています

別に借金をしたからって儲かりませんよ
利益指標が改善されるだけです

Q今まで総務、庶務の経験はあるのですが、次の就職先では、経理のことも少しして欲しいと言われました。税理

今まで総務、庶務の経験はあるのですが、次の就職先では、経理のことも少しして欲しいと言われました。税理士がいるから最低限のことしかしなくても良いと言われたんですけど、何々すれば良いのかご回答お願いします。

Aベストアンサー

おそらくですが、給与計算関係のことでしょう。
給与の計算、社会保険料の計算、源泉所得税の計算、それらの納税、年末調整、法定調書の作成と提出です。
経理をしてくれと言って、税務署に提出する申告書を作ってくれという無謀な事は税理士が入れば言い出さないはずです。

就職前に少しでも学習しておこうというならば、おそらくは以上の点ぐらいで十分なはずです。

Q企業の取引口座を減らすことのコストダウン効果

私の会社は事業部制を取っており、購買は各事業部毎または本社で行っております。
私は本社部門ですが、国内の大手メーカーのある部品が欲しいため購入を依頼したら、本社の購買より取引口座がないので代理店を通してほしいという回答がありました。こんな有名な企業と取引がないのはおかしいなと調べたところ、他の事業部はその会社と取引をしていおり、会社としては口座を持っているようです。
私の会社の購買部門は口座を年間どれだけ減らすことができたのかということが成果として上げています。少し取引期間が空くとすぐに口座を無くしてしまいます。
社内のだれに聞いてもわからないのが、代理店を通すことによるコストアップと口座を減らすことのコストダウンのどちらが大きいのかです。
会社によって差はあると思いますが一般論としてどのようなコストになるのが教えてください。
1.新規取引相手と口座を新設する場合。リスク管理の費用なども含めて。
2.開いた口座の維持費
3.私のケースのように会社としては口座があるが、ある部署が取引を開設したい場合。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

口座を減らすことによるコストダウンと代理店を通すことによるコストアップの比較ですが、商品カテゴリー(業界)によって、また、その会社の事務コストによって変わるので、一言では言いにくいです。参考まで以下のように考えて見てはいかがでしょうか?
(1)代理店を通すことにより、他に購入している商品があれば、同時に輸送することによって送料分のコストダウンを見込めます。また取引額が大きくなることによるボリュームディスカウントが見込めますので、その際は他の商品のコストダウンも見込めます。(2)メーカーより直接購入するメリットは取引の最短化による低コストの他、商品の付加情報(納期・新製品の案内・リコールなど)を得られる事が大きいです。
ただし、直接取引きする際は 取引の継続性やボリュームがポイントになるのでその辺りを考慮して判断してください。具体的には小ロットの納入は別途送料が発生することがあるのでかえってコストアップになるケースがあります。で、質問への回答ですが、(1)口座開設の費用は契約書に張る印紙代(1通4000円双方ともに必要)+与信コスト(信用調査会社などとの契約条件による)+事務コスト(法人さんによって大きく異なります)が必要になります。(2)口座維持コストは単純な事務費用でしかないので数千円ですが法人によっては毎年契約書を作り直すところがあり、その際は印紙代が再度発生します。(3)相手の法人さんにもよりますが、既存の契約のある事業部さんの支店とかの名目で枝番号を振ることにより手続きなしで取引することも可能な場合があります。但し、取引条件は親になる事業部さんとの契約に準じます。 少しでもご参考になれば

口座を減らすことによるコストダウンと代理店を通すことによるコストアップの比較ですが、商品カテゴリー(業界)によって、また、その会社の事務コストによって変わるので、一言では言いにくいです。参考まで以下のように考えて見てはいかがでしょうか?
(1)代理店を通すことにより、他に購入している商品があれば、同時に輸送することによって送料分のコストダウンを見込めます。また取引額が大きくなることによるボリュームディスカウントが見込めますので、その際は他の商品のコストダウンも見込めます。(2)...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報