WMAって何ですかとタイトルにありますが、それがMP3のように音楽を圧縮する方式の1つであると言うことは知っています。聞きたいことは、それについての全般的なこと。たとえば、それがどのような存在なのか。優れていることとは何なのか、MP3と比べてどちらがいいのか(音質、同じビットレートでの音質、または圧縮率、その他劣っていることや優れていること等)。さらには今後の見通し、現段階での状況など(どれくらい普及しているか等)。
 読み返して気づいたんですが、同じビットレートと言うことは、圧縮率も、音質もいっしょと言うことなんですね!?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

WindowsMedia Audioの略で、マイクロソフトが開発したものです。


MP3よりも圧縮率が高く、WMAの64kbpsがMP3の96kbps相当の音質、WMAの128kbpsがMP3の160kbps相当の音質だと言われています。

WindowsMediaPlayer6 (WMP6)以上とか、WinAmpのスタンダード版とかで対応しています。
WMPに関しては、パソコン買ったら標準でインストールされていたりするので、再生環境の普及率はかなりのものなんじゃないかと思います。
WindowsMediaPlayer7を使えば、CDから直接変換することもできます。

あと、MP3と比べると、著作権保護技術が採用されていることでも異なっていますね。
例えば、WMP7を使って取り込んだ場合、その曲は取り込んだPC及び、そのPCを使って「チェックアウト」した再生環境でしか再生することが出来ません。

携帯用ソリッドオーディオプレーヤの分野における普及率は、MP3よりもかなり劣りますが、それでも徐々に対応機器が増えてきているようです。
    • good
    • 0

わたし自身はWMAについてまるっきり解りませんが こんな掲示板のあるサイトがありましたので 参考までに覗いてみてはいかがでしょう。




「WMA8についてそこそこ熱く語る掲示板(MP3もネ!)」
http://mp3tidalwave.com/cgi-bin/bbs_rinji/light. …

参考URL:http://www.mp3tidalwave.com/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報