今、横山光輝のマンガ(三国志、水滸伝、隻眼の・・・等)を読んでいますが、他の作家のマンガで絵が丁寧でよく書けていて、おもしろく、
詳しい歴史物はありますか?
もしあればどなたか教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

漫画ではありませんが正子公也氏が描いている”絵巻水滸伝”はかなりいいです。

ちょっと高いですけど。オーソドックスな水滸伝を読んだことがあるなら一度読み比べてみると面白いです。
歴史漫画なら赤名修氏の”ダンダラ”は良いです。1巻しか出てませんけど。あとは小山ゆう氏の”おーい竜馬”北崎拓氏の”ますらお”がお勧めです。

参考URL:http://www.suikoden.com/
    • good
    • 0

「その時歴史が動いた」のマンガバージョン。


あと、北斗の拳の原哲夫さんが、作家の隆さんと組んだ「花の慶次」は、おもしろいです。
舞台が戦国というフィクションとして、捉えていただければ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「その時歴史が動いた」のテレビはよく見ていて、おもしろいとおもってました。是非読んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/14 09:46

『雪の峠・剣の舞』岩明均(著)


 http://www.amazon.co.jp/dp/4063343871

『飯盛り侍』井川公彦(作) やまだ浩一(画)
 戦国時代の西日本地域の状況を描いた戦国グルメ?漫画です。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4575830658

『弓道士魂―京都三十三間堂通し矢物語』平田弘史(著)
 戦無き世の武士の戦いを描く、命懸けのスポーツ漫画です。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4434071602
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『雪の峠・剣の舞』というのがおもしろそうですね♪
関ヶ原の直後の話みたいですね。
明日本屋で見てきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/14 09:44

手塚治さんが「ブッダ」(ブッタだったけか?)を書いています。


歴史物とは少し違うかも知れませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、それはもう読んでしまいましたm(__)m
でも、もうほとんど忘れてしまったのでもう1度読み返そうかなと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/14 09:41

惣領冬実「チェーザレ」


中世のイタリアの物語。

山田芳裕「へうげもの」
豊臣秀吉に仕えた古田織部が主人公で、戦国の世にありながら、
茶器や壺など「美」というものに魂を魅入られた者の話。

森秀樹「墨攻」
映画化された同名作品の漫画版。

岩明均「ヒストリエ」
岩明均「ヘウレーカ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

墨攻のマンガがあるなんてしりませんでした><
「墨攻」のマンガ是非読んでみたいです。
明日本屋で見てきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/14 09:36

歴史物のマンガといえば、


みなもと太郎「風雲児たち」です!

本来は幕末の志士たちを描くはずでした。が、スタートを関が原にしてしまったため、江戸時代の大半を描くことになってしまって、最新の単行本(通算30巻目)でやっと勝海舟が活躍し始めました。
連載開始から25年以上経過しましたが、一体いつ終わるのか、作者自身にも分からなくなっているようです。

歴史の面白さに目覚めさせてくれた名作です!

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/風雲児たち
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江戸時代ですか。なかなか興味がそそられますね♪
明日にでも本屋に行って見てきたいと思います♪
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/14 09:27

長いですが「カムイ伝」「カムイ外伝」


白土三平 作などどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カムイ伝は読んだことがあるのですがカムイ外伝というのもあるのですね!初めて知りました。
読んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/13 21:02

ヤングマガジン掲載


宮下 英樹(作)
「センゴク」
信長公記、朝倉家始末記など歴史書からの引用も多数。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネットで検索してみましたがこれも又おもしろそうですね!
読んでみたいです!
ありがとうございます。

お礼日時:2007/03/13 17:02

 鄭問の「東周英雄伝」(講談社)は、画風もストーリーも素晴しい作品です。


 伍子胥(ごししょ)に関係する話が、多元的に出てくるのですが、中々面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

伍子胥ですか!?
その辺りも結構好きなんです。
これも読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/13 15:11

蒼天航路なんていかがでしょうか。



http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%92%BC …

僕はかなり楽しめる作品でした。
三国志曹操伝といった感じで全34巻です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%BC%E5%A4%A9% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三国志は好きなので読んでみたいと思います。
曹操中心というのがいいですね
ありがとうございます

お礼日時:2007/03/13 12:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q横山光輝さんの三国志について

横山光輝さんの三国志を読みたいなーと思っているのですが
漫画ですが目をそむけてしまうシーンはあるのでしょうか?
チラッと斬首されるシーンは見たことありますがそれは大丈夫でした。
私は吉川英治版の三国志を今読んでいるのですがなかなか進まず、まずは漫画でと思っている次第です。
小説の中では車裂のシーンがありましたがそれも漫画で描かれているのでしょうか?
書かれているとしたら私みたいな怖がりでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

横山光輝三国志特に前半は
小さな子供むけの読み物として書かれていますから、
残虐なシーンは一切ありません。

途中からは大人も楽しめる読み物という性格にかわっていますが、
それでも特に子供にも見せられないというような
シーンはなかったように思います。

Q横山光輝・吉川英治「三国志」のセリフで・・・

横山光輝版コミックス、そして吉川英治版の小説、両方ともあったと思うのですが、
「それがしのような者、車に積んで、升で量る程おります」というセリフがどこで出てきたかおわかりになりますでしょうか?
なんとなく思い出そうとして気になって眠れなくなっています。
どちらか片方だけでもおわかりでしたら教えていただきたいのですが・・・

Aベストアンサー

赤壁の戦いの前に、「諸葛亮」が呉との同盟を結ぶために、
孫権の前で呉の重臣たちと論戦を繰り広げたときに、
呉の重臣から「魏にそなたのような人物はいると思うか」と問われたときに
諸葛亮が答えたときの台詞では無かったですか。

吉川・横山 両方で同じところで出てきていたはずです。

なにしろ、横山三国志は吉川三国志が原作のはずですので。

Q横山光輝三国志の文庫本と通常版との違い

タイトルにあるとおり、どのように違うのですか?

文庫を購入したいのですが、
内容が減っていたらいやだなぁと思い、お聞きします。

加筆はあるのか?修正は?減ってはいないか?を知っている方教えてください。

Aベストアンサー

文庫本にするときに内容が減っているなどは基本的には無いと思います。
ただ、通常版に載っている表紙も見ていると素晴らしいものがあり
こだわるのであれば、集めるのは大変ですが通常版を
買ったほうがいいと思いますよ。

Q三国志 横山光輝 脾肉の嘆

劉備の「脾肉の嘆」は有名ですが、
横山光輝の漫画「三国志」ではこの場面ってありましたっけ?
探しているのですが、何巻目にあったのか見つけることが出来ません。
別の本で見たのと混同しているのでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。『三国志』全60巻、所有しています。

【脾肉の嘆】・・劉備玄徳が荊州の劉表の元に
身を寄せていた時、脾肉(太股)に贅肉が
付いているのを見て嘆くシーンですよね。
「絶対この漫画の中で見た筈だ」と思って
探してみたのですが、見つかりませんでした。

ただ、『横山光輝 三国志事典』の第7章(P169)
「故事・諺」の項目で、この故事が紹介されています。
もしかしたら、この記憶が、「本ストーリーでも
出ていた筈」と思い込むようになった原因かも。

あ、上記の本は潮出版社より、S58.4.28付けで
発行されたもので、単行本と同じ大きさです。

Q横山光輝の三国志以外の面白い作品

横山光輝の三国志を最近読んではまりました。
そこで他の横山作品も読んでみたいと思うのですが、「水滸伝」「項羽と劉邦」という作品は面白いのでしょうか?

 余りに三国志が面白かったので、それと比べると何を読んでもつまらなく感じてしまうのではと危惧しています。また、他に横山作品の長期歴史漫画のお勧めはありますでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、横山光輝は僕も大好きです。殷周伝説・項羽と劉邦・三国志・史記・平家物語をもっていますが・・・、残念ながら三国志が最高におもしろいです。もうあれ以上の最高傑作はないです。でも自分の持っている中では、平家物語>項羽と劉邦>殷周伝説=史記でしょうか!
?一言ずつ感想を言うと、平家物語はやはり読んでいて得しますよ。だって日本人なら知っている物語なんですから、そういう話になれば「俺
、○○のシーンが好き」とか話に入っていけますよね。あと3巻しかないのですが・・うまくまとめられています。項羽と劉邦に関しては、結構おもしろいのですが・・三国志よりも迫力はありません。「あれ!?これぐらいの武将しか活躍しないの?」という感じです。殷周伝説は本当に作り話としか言いようがないです。変な妖術合戦ばかりです。水を操ったり、変な幻を相手に見せているうちに剣で殺す!とか・・・そんな対決ばかりです。史記はいろんな話が合体している感じだったと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報