出産前後の痔にはご注意!

現在高校生で、高校の論文の資料集めをしようと思っています。東京都在住なので国立国会図書館で文献を貸し出し、もしくは閲覧したいのですが、それは可能なことなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

国立国会図書館は,確かにたくさん揃っていますが,利用に際してはいろいろと制約があります。


これは,数多くの資料(図書や雑誌,新聞,レコード,その他もろもろを全部ひっくるめて,図書館業界用語で「資料」といいます)を一種の文化財として,後世に残すという役目を担っているからです。

既出の通り,18歳未満では利用できませんし,18歳以上であっても,ほとんどの資料は書庫に入っていて(閉架式という),通常の図書館のように本棚の前に行ってあれこれと自分で本を引っ張り出しながら探すという探し方ができるのは,ごく一部の資料に限られています。

ある意味では,国会図書館は最後の手段のようなところがあります。
いきなり国会図書館に行くのではなく,まずは地元の図書館に行くことを考えてください。
東京都在住ということであれば,かならず公立(区立,市立など)の図書館がお住まいの地域にあるはずです。
もし,本館(中央館)と分館(地区館)があれば,当然本館の方が大きいでしょうから,そこに行きましょう。
(本館でも規模が小さくて,あまりそろっていないんだよな,というときは,隣の市や区とか,学校の近所など,ほかのところでも構いません。たいてい,隣接する地域の住民や,通学・通勤でその地域に通っている人なら,貸出やコピーなどのサービスが受けられます)
その上で,「レファレンスカウンター」とか「参考調査係」とか「調べ物相談」などと書かれた掲示を探して下さい。
まさに,資料集めの相談に乗ってくれる司書さんがそこにいるはずです。

市区町村立の図書館ではまだ足りないというときは,港区広尾にある都立中央図書館がいいです。
ここは,3つある都立図書館の中でも,調べ物に使ってもらうことを念頭に置いて営業している(会社じゃないので本当は営業といういいかたはしないけど)図書館です。
貸出はできませんが,16歳から入れます。(と思って,念のため都立中央図書館のホームページから利用案内を見たら,年齢制限が見あたりません。制限を撤廃したのかも知れません)

なお,国会図書館の資料はかなりの数が自宅から検索できますので,ある程度当たりを付けてから行く方が時間の節約になります。

とりあえず国会図書館に行けば何とかなる,という安直な考えの人が大変多いのですが,そのせいで,国会図書館はいつ行っても混雑し,資料を出してもらうのも,コピーしてもらうのも,けっこう待たされます(それでも昔に比べれば短縮されましたが)。
その結果,国会図書館まで行かなくても用が足りる人にとっても,またそこまで行かないと見られない資料を探している人にとっても,お互いに不幸です。
もっと,地元の図書館も有効に利用しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地元の図書館にはほとんど探している文献はなかったため、都立中央図書館に行ってみようとおもいます。

お礼日時:2007/03/15 13:24

他の方も書かれていますが、国立国会図書館は、18歳以上でないと入館できません。


また、閲覧のみで、貸出はしていません。(これは18歳以上でも同じ)

ただ、資料を指定すれば、(可能なものであれば、)近くの図書館を通じて、複写依頼をすることもできますし、資料を取り寄せて、その図書館内のみでの閲覧は可能です。
この複写依頼も、殺到しているらしく、返事が何ヶ月待ちらしいので、あまりおすすめはできませんが。。。(著作権法に関するガイドラインが変更になり、近くの図書館を通じて、複写(コピー)を申請できるようになりました)

そんな訳で、都立の図書館も結構使えると思いますし、その気になれば、大学図書館の資料も取り寄せてもらうことは可能です。
レファレンスコーナーなどで相談するといいと思います。
    • good
    • 0

まず、雑誌記事索引で、あなたの調べたいテーマを


入力しましょう
http://opac.ndl.go.jp/Process

プリントアウトするなりコピーするなりして
ほしい論文の情報を控えましょう。

雑誌のタイトルや巻号・ページなどですね。

またコピーしたい雑誌がお近くの公共図書館にあるかどうかは
公共図書館のHPで見ることができますし
都内ということであれば
http://www.library.metro.tokyo.jp/169/zs.html
都立図書館の目録から、ざっとタイトル順に
探すこともできます。

国会図書館直接利用はできませんが
情報を探すツールは誰でも使える。。ということで、
賢くご利用ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんな方法もあったんですね。非常に参考になりました。

お礼日時:2007/03/15 13:36

利用制限はありません、というのは大嘘なのでご注意を。


おもいっきり制限あります。
18歳以上じゃなきゃ入館拒否されます。
先生の引率があれば館内の見学は可能ですが、図書の閲覧はブ~

誕生日がきたらレッツゴー

あと、一般人は借りれないため、コピーすることになります。量が多いといいお値段になります。
それとご近所の図書館みたいに本棚の前に立って、本を物色することはできません。パソコンで閲覧したい本を検索して受付に申請して数分後に窓口で受け取るという方式です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
18歳になる頃にはもう論文の提出期限が過ぎてしまっているんです・・。

お礼日時:2007/03/15 13:21

#2です。

失礼しました。18才未満は入場できないんですね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。現在18歳未満なので待つしかなさそうです・・。

補足日時:2007/03/15 13:18
    • good
    • 0

ご心配入りません。

利用制限はありませんので大丈夫です。
貸し出しについては確認してくださいね。
    • good
    • 0

国会図書館は貸し出しはしていません。

閲覧だけです。満18歳以上の人だけ利用できます。

直接行けないときはあなたの周囲の図書館によっては借り出してくれます(図書館の制限、貸し出し資料の制限ある)。
これは閲覧だけ可能です(持ち出してはいけない)。複写も「その図書館の蔵書」じゃないのでコピー機は使えません(著作権法違反になる)。手で書き写すのは従来どおり(^^)可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり18歳未満はダメなんですね・・。周辺の図書館の場合も制限がいろいろあって不便そうですね。他の方法を探してみます。

お礼日時:2007/03/15 13:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング