日本のSFで面白い物があったら教えてください。

今まで、読んだものの中で、これぞ、傑作!と感じたものは

小松左京/果てしなき流れの果てに/虚無回廊
半村良/岬一郎の抵抗
広瀬正/マイナス・ゼロ
新井素子/グリーン・レクイエム

などです。小松作品は長編はほとんど、全て、読んでいますが、どれも水準以上だと思います。逆に評判が良いので読んでみたが、つらかった、面白くなかったのは、夢枕獏「上限の月を食べる獅子」。読むのを途中でやめてしまったのは、筒井康隆「脱走と追跡のサンバ」。「家族八景」などは面白かったですが。
海外作品ですが、ウィリアム・ギブソン「ニューロマンサー」、フィリップ・k・ディック、レイ・ブラッドベリなどは、どれも、きつくて途中でよむのをやめてしまい「俺は、SFは肌に合わないのかな」と感じました。

私に合いそうな日本のSFがあったら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

結構SFの本流系がお好きとみました。



おすすめとしては神林長平と、最近の作家としては飛浩隆です。

神林長平は、コメディタッチながら意識の問題を追及した『敵は海賊』シリーズや、『天国に一番近い星』、シリアスでかつイメージの壮大な『プリズム』『完璧な涙』、機械がお好きでしたら『戦闘妖精・雪風』や『魂の駆動体』など。

飛浩隆は、描写が圧倒的です。
最近『ラギッド・ガール』を読んだばかりです。すごかった~。

ついでに海外の作家でしたら、ぜひグレッグ・イーガンの短編集をどれか一冊読んでみてください。面白い!と思われたら長編もぜひ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>結構SFの本流系がお好きとみました。

私はSFの本流、支流の区別がつかないんですが、なるほど、そうですか。ウィリアム・ギブソンなんかはサイバーパンクって言うんでしたっけ?ニューウェイブというか、いかにも異端!て感じがしました。

神林長平は名前は知ってます。でも、どうやら、本流好きらしい私へのオススメと言うことでチャレンジしたいと思います。

飛浩隆は・・・気になります!
全く、未知の作家さんで、アマゾンのレビューをざっと読んだだけなんですが、妙~に私の読書魂を刺激するものがあります。まずは「グラン・ヴァカンス」から、と思っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/15 16:09

No.6です。

コメントありがとうございました。

そうですか・・・うーん、これは好き好きで好みの問題なので、SFを無理して読む必要はないと思いますよ(^^;
私は逆にミステリが読めないんです。

でも架空の世界過ぎるとうざったいのは私もありまして、世間では評価の高いアーシュラ・K・ル=グウィンの『闇の左手』を挫折したままです。

現実に続いている感じだと、『渚にて』なんかがあります。海外ものです。
当カテゴリで紹介されていたので読んだのですが、面白かったです。
オーストラリアが舞台です。

本は本当に個人の好みなので、どんな世界の名作傑作でも、ベストセラーでも、読んだ人が全部「好き」とは言わないと思います。
どんなに良作でも読めないものは読めない、申し訳ないけれども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>SFを無理して読む必要はないと思いますよ(^^;

その通りです。その通りなんです。質問の項に「俺は、SFは肌に合わないのかな」と書いたように。でも、ここが私のせこい、というか、根性のいやらしいところだと思うんですが、傑作、名作を読み逃していると思うと、何やら、損をしているような気がしてしまうんです。なまじ、中途半端に「感動作」に出会ってしまった分、余計、始末が悪い。

これは何もSFというジャンルに限った話ではなく、純文学、普通小説でもそうです。
しかし、死ぬまでに、世の傑作、名作(有名、無名を問わず)を読みきれるとも思えませんが。

>どんなに良作でも読めないものは読めない、申し訳ないけれども。

日本ミステリに「三大アンチミステリ」というものがあります。小栗虫太郎「黒死館殺人事件」夢野久作「ドグラ・マグラ」中井英夫「虚無への供物」。
これらは、本格ミステリマニア、というかミステリオタクに絶大なる支持を受けていて、歴史と伝統もあり、その後継者もいます。
この作品群が私には読めない。読んだ物もあるにはあるが苦痛でしかなかった。さすがに「アンチ」と冠せられるだけのことはあります。
すみません。脱線しました。

after_8さんはミステリが読めないんですか・・・それはミステリ好きとしては、少し残念です。

再度、ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/17 10:52

星新一、豊田有恒、筒井康隆など色々読んでましたが、あまり記憶に残ってなくて……。

中学生が読むには、ややエロイ感じがしたのもあったという記憶があります。
それでも思い入れがあるのは、筒井康隆の「時をかける少女」です。
中学生という世代にぴったりあった作品だったからでしょうね。
豊田有恒の「時間砲計画」は、一風変わったタイムマシンで面白かったです。
新井素子は、デビュー作の「あたしの中の・・・」から「おしまいの日」まで好んで良く読んでました。SFでとなると、「二分割幽霊綺譚」は気楽に笑える分、良いかなと思っています。シリアスでは「グリーン・レクイエム」と続編の「緑幻想」ですかね。結末が悲しくて泣きました。
他の方も書かれていますが、田中芳樹の「銀河英雄伝説」もいいです。
神林長平の「敵は海賊」シリーズも面白いのですが、主人公が時々「モーナ、モーナ」と惚れてたけど仕事柄殺してしまった女海賊のことを想って回るので、いい加減にしろー!と暴れたくなる時があります。

漫画では、道原かつみが「銀河英雄伝説」を漫画化していますし、「特捜司法官ジョーカー」のシリーズも面白いです。ジョーカーの漫画原作を書いていた麻城ゆうが「特捜司法官S-A」として、ジョーカーシリーズの番外編的な小説のシリーズも書いていて、あわせて読むと良いかも知れません。
萩尾望都の「百億の昼と千億の夜」は、光瀬龍が原作ですし、同じく萩尾望都の作品で「11人いる!」はアニメ映画化もされました。
樹なつみの「OZ」もオススメです。
女性が書かれているSF漫画ですが、少女っぽさがなく、男性が読まれても遜色ない作品だと思います。

最近は、新しい作品はSFから離れており、SF作品は懐古的に昔の作品を読み返すことが多いため、最近の作品がなくてスミマセン。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>中学生が読むには、ややエロイ感じがしたのもあったという記憶があります。

私は中学生の時に、暴力とエロスの巨匠、大藪春彦を読んでましたよ。親がいやな顔してましたが。新潮文庫の星新一のショートショートも同時期に読んでます。エヌ氏とかエム氏とか・・・懐かしいです。

豊田有恒は何か読んだような気がするんですけど、憶えてないですね。「時間砲計画」は未読です。他の回答を見ると、いわゆる「大御所」作家の紹介が意外と少ないな、と感じました。豊田有恒は多分、大御所、ですよね。

それ以外の作品については、他の回答者の方の紹介と重なる物が多いので、コメント無しでいきます。ただ、多くの方が推しているということで要チェックです。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/17 10:10

谷甲州の、「星は、昴」。

短編集です。傑作だと思います。
個人的には、一押しの短編集です。
野田昌宏の、「銀河乞食軍団」。
本来、翻訳家の(本業は別にして)野田昌宏が、
低迷?する日本SFに喝を入れるべく書き上げた全15巻の
スペースオペラの怪作(傑作ですよ、もちろん)です。+外伝3巻。
ほどよく流れるご都合主義と江戸っ子調が、なんともいえません。
堀晃の「バビロニア・ウェーブ」は、ハードSFの傑作だと思います。

海外なら、アン・マキャフリーの「歌う船」のシリーズはどうでしょう。3巻位までですが、お薦めは。

「虚無回廊」は、雑誌連載時に読んでいました。
漫画は、女性陣に傑作が多いですね。
樹なつみ、「獣王星」「OZ」。
川原泉、「ブレーメンII」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

谷甲州は山岳冒険小説を読んで知っています。でも、本業のSFは読んだこと無かったですね。あ、「日本沈没 第二部」がありました。
他の回答者の方も谷甲州を推されてますんで読んでみます。図書館に在庫があればいいんですが。

野田昌弘は知りませんでした。SFに精通している人なら知っている翻訳家の方なのかな。紹介文からは、何やら、そそられる物を感じます。
「江戸っ子調」で思い出したのが、マンガ「ど根性ガエル」。登場人物、皆の持つ江戸っ子気質と人情世界が堪らなく、好きでした。SFと関係ないですが。

堀晃は「太陽風向点」の人ですよね。「バビロニア・ウェーブ」共々、未読です。

>「虚無回廊」は、雑誌連載時に読んでいました。

おお!慌てて、「虚無回廊I」をパラパラとめくってみたら「初出 SFアドベンチャー誌 1986年二月号~六月号・八月号」とあります。凄いですね!当時、リアルタイムで読んでたんですか。う~ん、本当にお好きなんですね、SFが。私は、当時何も知らないクソガキで存在すら知りませんでした。

あとは、マンガに傑作が多いということですね。樹なつみ、「獣王星」「OZ」、川原泉、「ブレーメンII」。共に未知の方です。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/17 09:42

#2です。


>地元の図書館で蔵書検索したんですが、在庫なし、の作品が多いです。
それでは、もう少し新しいので(SFとライトノベルの中間くらいの作品です)
笹本祐一「星のパイロット」朝日ソノラマ文庫
岩本隆雄「星虫」朝日ソノラマ文庫
谷甲州「ヴァレリア・ファイル」角川スニーカー→中央公論社
    • good
    • 0
この回答へのお礼

す、すみません!初っ端から謝ります。

せっかく、二度も回答いただいたのに、今回、紹介して頂いた本も在庫なし、でした。
笹本祐一、谷甲州は他の本はあったのですが、肝心の「星のパイロット」「ヴァレリア・ファイル」がありませんでした。
私の住んでいるところはそれ程の田舎ではないと思うのですが、図書館は蔵書数は余り多くありません。以前、東京に住んでいた時は、もっと充実した読書生活を送れたんですけど。

>地元の図書館で蔵書検索したんですが、在庫なし、の作品が多いです。

この一文をmshr1962さんが私からの苦情のように感じられたのなら、すみませんでした。経済的余裕があれば購入したいと思います。

谷甲州は山岳冒険小説でお世話になっているんで馴染みがあります。他の作家は知りませんでした。

再度、ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/16 00:40

私は逆にあまり日本ものを読んでおらず、海外ものが好きなんですが、ウイリアム・ギブソンは読めないんですが、ディックとブラッドベリは好きです。


イーガンはどっちかというと苦手かなあ。
しかしどっちにしろ、あまりいろいろは読んでおりませんが。
日本もので挙げてみますと、

小松左京『日本沈没』(これは既読かなと思いますが)
新井素子『チグリスとユーフラテス』
菅浩江『永遠の森 博物館惑星』

などは良かったと思いました。
『チグリスとユーフラテス』は文体が甘い感じで、正直言って「これでいいんかい」と突っ込みたくなる気もするのですが(苦笑)、しかし中身は決して軽くないと思う。

すが・ひろえさんはバリバリのSF的でなく、ファンタジーやミステリ風味もある人なんだそうです。

そういえば、広い意味でのSFで田中芳樹さんの『銀河英雄伝説』なんかはどうですか?
あれは面白かったです。長いですけど。

フィリップ・K・ディックは好き嫌いがあるのでついていけない人はついていけないと思います。私は『パーキーパットの日々』なんか大好きですが。
ブラッドベリもダメでしたか。何をお読みになりました? 
有名なのは『火星年代記』『華氏451度』などですが、短編集『太陽の黄金の林檎』の中の「霧笛」なんかは短くて普通小説っぽくもあり、読みやすいと思います。
アシモフの『夜来る』(短編のほう)なんかも読みやすい。

海外SFも作家によって傾向がいろいろあります。
ハードSFの人から、内省的なわけわかんない人から、ファンタジックな人から・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブラッドベリは「火星年代記」「華氏451度」「死ぬ時はひとりぼっち」。ディックは「流れよ我が涙、と警官は言った」「高い城の男」など。
イーガンという作家は知りませんでしたが、他の海外SFの作品も何冊か所有していて、いつか、全部、読んでやる!と思って、一応、保存はしているんですけどね。

「日本沈没」はもちろん読んでます。そして、感動してます。「第二部」も読みましたが、こちらは、それ程でもない。やはり、小松左京自身が執筆しないと駄目なんじゃないかと思いました。
「虚無回廊」はどうなってしまうんだ~!梅原克文が続編書くらしいが大丈夫なのか~!と今から心配してます。
私の中では、小松左京は別格中の別格なんですね。どの作品にも圧倒されっ放し。SFと言う枠を越えてベスト・オブ・ベストと言っても過言ではない。
だから、なおのこと、小松のような作品が読みたい!と思ってしまうんです。

新井素子の「グリーン・レクイエム」は読んだのが小学生くらいの時で、今となっては内容を全く憶えていないんですが、やたら、感動したのは憶えています。仰るとおり、あのなよなよとした少女文体に辟易しながらも。
他の回答者の方も新井素子を推されてますんで、久々に読んでみましょうか。

「銀河英雄伝説」は第一巻だけ持ってます。荒俣宏の「帝都大戦」も第一巻だけ。ついでに言えば栗本薫の「グイン・サーガ」(これはファンタジーですが)も第一巻だけ持ってます。全部、途中で挫折。こんなのばっかりですよ。
私のSFに対する扱いは本当にひどい、と我ながら思います。

自己分析的なことを書けば、現実と地続きの作品を好むように思います。現実とかけ離れたとっぴな架空世界の描写などは、かなり、うざったい。ミステリ作家の書くSF的作品はその点で割りと親しみやすいんではないでしょうか。そういう点では映像化作品(映画、アニメ)も全然、抵抗無く、すんなりとその世界に入って行けます。架空世界の設定、世界観などの描写を「見る」ことで済ませてしまえますから。

海外SFも、その内にじっくりと挑戦してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/15 17:17

漫画ですが…


『生物都市』諸星大二郎(著)

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%BD%F4%C0% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「妖怪ハンター」の方ですね。
独特の画風と作品世界の印象が強いです。
「生物都市」は未読です。でも、この作家さんの本はマンガ喫茶にも、ブックオフにも置いてないような気がするんですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/15 16:18

きつくない作品でしたら・・・


 高千穂遙のダーティ・ペアのシリーズなんかどうでしょうか?
 短編なら日本のフレドリック・ブラウンと呼ばれる草上仁さんの全著作。

傑作と言うべきかどうかは意見が分かれますが、岬兄悟と大原まり子の監修?で出しているSFバカ本のシリーズ。

西尾維新の戯言師シリーズ。(第二作くらいまではともかくとして、それ以降はSFとしか言い様がない。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ダーティ・ペア」懐かしいですね。「クラッシャー・ジョウ」も高千穂遙ですよね。両者共にアニメで見ました。幼い私を熱くさせてくれた作品です。
「カムイの剣」とか「幻魔大戦」とか・・・これらもアニメでは十二分に私は楽しんだのですが、どれも、原作を読もうとすると挫折してしまう、と言う大変、失礼なことを繰り返しているわけです。

>短編なら日本のフレドリック・ブラウンと呼ばれる草上仁さんの全著作。

これは聞き捨てなら無いですね。読みます。

西尾維新という人は・・・アマゾンでレビュー見ましたが、これはライトノベルですか?昨今のライトノベルは侮れないと聞きます。要チェックですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/15 15:48

新井素子「あなたにここにいてほしい」


宮部みゆき「龍は眠る」
梶尾真治「恐竜ラウレンティスの幻視」
岬兄悟「感情伝染」
麻城ゆう「百万年分の一瞬 インナー・タイムトラベラー」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮部みゆきは時代物を除けば、ほぼ全作品、既読です。
私はミステリにはかなり明るいほうだと思いますんで、ミステリ作家が「SF的設定を借りて書いた作品」は、ほとんど読んでます。

名前は聞いたことはあるが未読、と言う作家さんが多いですね。

梶尾真治は「サラマンダー殲滅」を、やはり、途中で挫折、と言う経験があります。

地元の図書館で蔵書検索したんですが、在庫なし、の作品が多いです。SF冬の時代、を感じさせます。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/15 15:29

コミックで良ければねえ。

いくらでもあるんですが。
つか、一時文学的才能がマンガに集まった時期があって、
ちょうどその時期がSF勃興期と重なっていたもんで。

とりあえず「星野之宣」さんの一連の作品はすべて凄いです。
http://homepage3.nifty.com/nishimura_ya/earth/ho …

「水樹和佳」さんも凄いですね。
http://www.fbook.com/waka_mizuki/kikan.html

他にも萩尾望都、竹宮惠子などの大作家さんも、かなり骨太のSFを
書かれています。ここら辺なら図書館にあったりするかも。
http://ja.wikipedia.org/wiki/11%E4%BA%BA%E3%81%8 …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%84%84% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83% …

まあ、竹宮恵子さんはこっちのほうがいいかも。ちゃんと古典SFを
知った上でパロディをやってますからね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9% …

同じように、1980年ごろのマンガを見ると、あれっと言った様な傑作
SFに出会うことが出来ます。ゆっくり探して見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マンガですか。私の印象ではマンガの発展というのはSFとは切っても切り離せない関係にあるんじゃ無いかと思います。手塚治虫、石ノ森章太郎、藤子不二夫、松本零士、横山光輝・・・マンガ創世記の漫画家はみんなSF(そうじゃない人も、もちろんいますが)。

>一時文学的才能がマンガに集まった時期があって、
ちょうどその時期がSF勃興期と重なっていたもんで。

そうですか。私が小学生くらいの頃の話かな、20年以上前ですけど、SF的アニメがやけに賑やかな時期があったような記憶があります。

星野之宣って「妖怪ハンター」の人だっけ?と思ったら、あれは諸星大二郎でした。全く未知の人です。マンガもそこそこ知ってるつもりだったんですけど不勉強でした。水樹和佳も同様です。

「11人いる!」は読みました。これは面白かったです。かなり昔ですが。
「百億の昼と千億の夜」は光瀬龍の原作、所有してるんですよ。これも、チラッと読んだまま未読。SFはこんな扱いしている本多いんです。

「地球へ・・・」はアニメの記憶がありますね。見たような、見てないような・・・多分、未見。

>同じように、1980年ごろのマンガを見ると、あれっと言った様な傑作
SFに出会うことが出来ます。ゆっくり探して見て下さい。

そうですね。大友克洋の初期作品もこの頃のような気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/15 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q星新一と筒井康隆の関係

最近、星新一・筒井康隆の両氏の書籍を読むようになったのですが、
気になることが一つあります。
筒井氏の作品に星と呼ばれる人物と、筒井なる人物らが麻雀をしながら話している作品がありました。
コレはパロディであるのでしょうが、
筒井氏が星氏を自分の話にパロディとして出すというのは、二人は一体どういった関係だったのでしょうか?
同期の作家なのでしょうか?もしくはどちらかが先輩なのでしょうか?
その他、逸話なんかがあったら教えていただきたい所存であります。

※検索をかけましたが、説明があまり詳しくなく分かりませんでした。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、ツツイストです。

筒井康隆氏と星新一氏、それに小松左京氏は同期の作家で、SF御三家として有名ですよ。お互いに交流もありました。私はお恥ずかしい事に未読なのですが、自分の小説に「性描写と暴力描写、そして風刺を決して取り入れない」と言う主義の星氏の小説を、筒井氏がパロディ化して最終的にスラップスティックに仕上げた作品などもありますし、小松氏とは彼の代表作「日本沈没」をパロディ化して「日本以外全部沈没」と言う小説を書いて賞を取っています。また、小松氏の有名なショート作品「牛の首」も、筒井氏が仕掛けたことによって都市伝説と格上げされ認知されたものです。パロディも信頼があればこその崩壊ですので、ちょうど良い感じでお互いが交流しあっていたのでしょうね。

ご参考になれば幸いです。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

QおもしろいSFが読みたい

最近SFにはまってしまい何か読みたいのですが
おすすめの小説はありますか?出来れば
日本人作家のものを読みたいです。どうも翻訳ものは文体が苦手ですので。
小説は「銀英伝」とアシモフのを流し読みした程度。「星界の紋章」はどうも気に入りませんでいた。漫画では「プラネテス」とかです。
バリバリのハードSFを教えてください

Aベストアンサー

私もハードSFはまってます。
No1の人も答えておられますが、ばりばりSFではやはりホーガンの「星を継ぐもの」シリーズや「量子干渉機」ホーガン以外ではPアンダースン「タウ・ゼロ」やCシェフィールド「マッカンドルー航宙記」が面白かったです。
あとは、古典では「夏への扉」が有名ですかね。あとSFかどうかわかりませんが「渚にて」がよかったです。
参考になれば。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q拡張現実(AR)がテーマのSFを読みたい

拡張現実を扱っているSFを読みたいのですが、おすすめの作品があればぜひ教えてください。

一応、Wikipediaはチェックしましたが、日本のアニメ数点以外ほとんど作例が上げられていないようです(電脳コイルとアクセル・ワールドは観ました)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

VRものは多いけどARものは少ないですねぇ。
#アクセルワールドはVRだと思う

単発だと「この空のまもり」
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%82%82%E3%82%8A-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%ABJA-%E8%8A%9D%E6%9D%91-%E8%A3%95%E5%90%8F/dp/415031084X
はARがテーマでした

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q良質 リアル派の宇宙ものSF小説/漫画って?

宇宙もののSF小説や漫画は数あると思いますが、

近い将来を舞台にした比較的リアルな宇宙/未来像をモチーフにした作品のお薦めを教えて下さい。

例えばどの程度までのものかと言うと

(小説)
●2001年 宇宙の旅
(もうちょっとリアルがいいかな..)
×スターウォーズ

(漫画)
●ムーンライトマイル、プラネテス
×銀河英雄伝説

たくさん知りたいので思い思いに書いてもらえると嬉しいです。

ちなみにタイトルだけでなく一言内容解説があると最高です。

よろしくです。

Aベストアンサー

SF好きです(^^)v
最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があることを知っているのは彼だけ。さて、月は地球から独立することができるでしょうか。
  ハインラインというと「夏への扉」と「未来史シリーズ」が有名ですがちょっとハード目の設定というとこれが一押しです。

◆無常の月(ハヤカワ文庫/ラニーニーブン)
 ニーブンのSFというとどちらかというと異形の宇宙人が出てきてとか、ハードSFといってもファンタジーの色合いが強いですよね。
 これは短編集です。
 ある日突然、月が明るく輝いた。常ならざる月の光。
 天体コラムを書いている主人公と恋人はその夜をどう過ごすのか。という表題作の他、「スーパーマンの子孫存続に関する考察」「タイムトラベルの理論と実際」など。

◆星を継ぐもの(創元SF文庫・J.P.ホーガン)
 月で発見された宇宙服姿の人骨は、5万年前のものだった。チャールズと名づけられた彼の正体は?で始まる ホーガンの代表作。「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」「内なる宇宙」と4部構成です。


わたしも ムーンライトマイル、プラネテス 大好きです。
星野宣之氏も「未来の二つの顔」「未来からのホットライン」など ホーガンのSFをコミック化していますね。
こちらもお奨めです。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=67143

SF好きです(^^)v
最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があること...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Qニューロマンサー好きの私におすすめの小説を。

 ウィリアム・ギブソンの”ニューロマンサー”が大好きなのですが、このような嗜好の私にお勧めのSF小説ってありますか?

 ウィリアム・ギブソン以外の小説を教えてください。お願いします。
(ウィリアム・ギブソンの日本語訳されている小説(ただし手に入るものだけ)はほとんど読みました。)

Aベストアンサー

「ハードワイヤード」(ウォルター・ジョン・ウイリアムス)はどうでしょ。よりSFアクションっぽい味付けのサイバーパンクです。
http://www.na.rim.or.jp/~majio/bookshelf/book/Williams_HARDWIRED.html


「ドクター・アダー」(K.W.ジーター)もカッコイイですねぇ。
http://www.math.s.chiba-u.ac.jp/~mtakizaw/cyber-punk/crit1/Adder.html

「重力が衰えるとき」(エフィンジャー)も面白いです。サーバーパンクなイスラム世界で展開されるハードボイルドです。ストイックな主人公が泣かせますね。

ラッカーも忘れてはならないでしょう。
「ホワイトライト」マッドな数学SFです。最高。
「ソフトウェア」こっちも面白いです。どちらも「ニューロマンサー」と同じ、故・黒丸 尚氏による名訳が堪能できます。

「テラプレーン」(ジャック・ウォマック)じっくり読むタイプの、哀愁が漂う作品です。同じく黒丸 尚氏による翻訳。

「ハードワイヤード」(ウォルター・ジョン・ウイリアムス)はどうでしょ。よりSFアクションっぽい味付けのサイバーパンクです。
http://www.na.rim.or.jp/~majio/bookshelf/book/Williams_HARDWIRED.html


「ドクター・アダー」(K.W.ジーター)もカッコイイですねぇ。
http://www.math.s.chiba-u.ac.jp/~mtakizaw/cyber-punk/crit1/Adder.html

「重力が衰えるとき」(エフィンジャー)も面白いです。サーバーパンクなイスラム世界で展開されるハードボイルドです。ストイックな主人公が泣かせますね。

ラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報