このアパート全体でひとつの配管となっているため大家が水道代(アパート全体の分)を立て替えて支払い、
毎月メーターを確認して水道代金を計算しポストにその金額を書いたメモを入れておくので
毎月の家賃と一緒に振り込むようにという取り決めになっていました。
最初の2回ほどは大家より請求金額がポストに投函されその額と家賃を合計して振り込んでおりました。
しかしその後大家からの請求は途絶え、以降何の連絡もなくこれまでに至りました。
最近過去6年分の水道代を支払えと大家から請求がきたのですが、
6年分も支払う必要はあるのですか?(債権放棄にあたるから支払わなくて良いと友人から言われた)
納得すれば支払うつもりですが、いかがでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず一つ、債権放棄には当たりません。


これは入居時に契約書の有無に関わらず、水道料金についての取り決めがなされている以上、債権は存在します。
そこでこの場合ですが…。
水道料金についての取り決めが、口約束の場合、契約書を別に交わしているが公正証書としてではない場合は時効は5年です。したがって過去5年分については支払う義務があります。
また、家屋の賃貸借契約の特約としている場合(賃貸借契約書に記載されている場合)は時効は10年、さらに全く別に契約書を交わし公正証書としている場合は時効は20年となり、ともに全額の支払い義務が生じます。
ただし、当然大家の過失により今まで請求されなかったわけですから、今回の請求額から減額の要求は出来ます。また、民法上どうしてもあなた(借主=債務者)の故意という部分も追求されてしまいますので、それを差し引きして計算される事になります。
とりあえずは大家さんと話し合って金額を決めてください。
解決策としては、とりあえずこれからの請求額に1000円くらいプラスして払うのが良いと思います。(大体2から3年くらいの期間)
    • good
    • 0

債権は、種類によって時効が違っています。

(これは確実)
家賃は5年、個人の借貸だと10年だったと思います。(今一つ自信無し)
水道代が、家賃の一部と見なされるか、大家と個人的な借貸と見なされる分かりませんが、最低でも5年分は払わなけれならないと思います。

私なら、5年も6年もそう変わんないと自分に言い聞かせ6年分支払います。(大家とごたごたすると後々面倒だし、自分が使った水道代だしネ)
その時、大家には今後必ず毎月請求するよう確約してもらいます。

6年分となるとかなりまとまった額になると思うので、分割にしてもらう等の交渉の余地はあると思います。
しかし、6年分もまとめて請求するとは、非常識な大家だと思いますが...
    • good
    • 0

月々という事ですから債権自体は72件になると思うのですが、


このうちの時効にかかってしまった物はまったく払わなくて良
いように思います。ただ、金額にも依りますが大家さんは実際
に水道料金を払っていたのですから、話し合いで例えば額面の
8割の一定期間の分割払いにするとかして双方折れておいた方
が、大家とたなこの関係は今後も続くのですからそのように手
を打っておくのが平和なんじゃないかなと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道管老朽化で破損!修理代水道代大家に請求できる?

先日の台風が原因かわからないですが、ベランダの給湯器につながる水道管が老朽化して、水がたくさん出ていました。
日曜日だったので管理会社ともつながらず、仕方なく一般の修理屋にきてもらい修理。
住んでから5年 現在築18年の賃貸です。
契約書には、住んで1年後は、ほとんど借主負担になってるんですが
乗っていても設備だから大家負担というサイトもあるのでわからず
この修理代と気づくまでに出ていた水道代は大家に請求できるのでしょうか?

Aベストアンサー

某政令指定都市で不動産賃貸業をやっている者です。

 何度かこのサイトでも書いているのですが、まさに昨年、2階の部屋の水道管が深夜に破裂して、1階の事務所がプール状態になりました。

 結局どうしたかと申しますと、事務所はたまたま空いていた隣(広くて高価)な部屋へ移ってもらい(同じ家賃で (;_;) )、出た損害の弁償はすべてうちでやりました。

 2階は床の水を拭き取って、お見舞いのお菓子で我慢してもらいました(ありがとうございました>お2階さん)。

 その後、二度とこういうことがあってはいけないので、順番に室内配管を張り替えております。当然ですが、費用はこちら負担。

 というわけで、給水管などは本来建物の一部ですので、質問者さんが酔った勢いで管を蹴飛ばしたというようなことがないかぎり、大家に修理代を請求してかまいません。

 また、出た水道代も同様です。

 ただ、民法上、建造物の管理責任は第1に占有者(居住者)にあることになっています。占有者が無過失の時、所有者が責任を負うこととされています。

 また、たいていの契約では、占有者は「善良なる管理者の注意」を持って管理・占有することになっています。これは、自己の物に対する注意よりも慎重な注意です。

 それを怠っていた結果、水道管破裂の危険を見逃したのなら、質問者さんが受けた損害については質問者さんの負担となる可能性が大きいと思われますし、階下の人が受けた損害も同様ですので、自分の支配圏内のことには十分お気を付けください。(保険に入りましょう)


 それにしても、日曜祝日に災害が起きないなんて保証はどこにもないのに、なぜ日曜祝日の連絡先を聞いておかないのでしょう? 大家の一人として実に不思議です。

 今回の新潟県中越沖地震は海の日に起きたのですよ。すぐに大家の連絡先を聞きなさいませ。管理会社でもかまいませんが、最終責任を負うのは所有者ですから聞いておくべきでしょう。

某政令指定都市で不動産賃貸業をやっている者です。

 何度かこのサイトでも書いているのですが、まさに昨年、2階の部屋の水道管が深夜に破裂して、1階の事務所がプール状態になりました。

 結局どうしたかと申しますと、事務所はたまたま空いていた隣(広くて高価)な部屋へ移ってもらい(同じ家賃で (;_;) )、出た損害の弁償はすべてうちでやりました。

 2階は床の水を拭き取って、お見舞いのお菓子で我慢してもらいました(ありがとうございました>お2階さん)。

 その後、二度とこういう...続きを読む

Q破産した大家から家賃の請求訴訟を起こされた

よろしくお願いします。
3年半住んだ賃貸住宅が昨年5月に大家がローンを払っていなかったので差し押さえになりました。差し押さえられたので、とりあえず何処に家賃を払ってよいものか判らず、また大家から何も連絡が無いので仕方が無く通帳に毎月家賃を別途積み立て始めました。
競売になるまでに何とか知り合いの不動産屋に動いてもらって民売で処理して引越し費用の一部にでもと思ったのですけど、大家が「自分が長年懇意にしている不動産屋が居るのでそっちに動いてもらう」ということだったので任せました。
ところが、やってきた不動産屋は知り合いでもなんでもなく、「単にチラシで引っかかった人で、一度しか会った事が無い」と言う事でした。で、色々問い詰めたところ「大家に350万戻す約束をしているので貴方には50万しか出せない」と言い出す始末。
そうこうしている内に大家がいよいよ自己破産の手続きを始めたので(20年9月)積み立てていた家賃を一旦おろし、支払先の連絡を待っていました。
ところが、指名された管財人が私の個人情報を不動産業者に漏らすという不祥事を起こし、それが元で家賃の振込み請求を断りました。
こちらからすれば「家賃は払うけど、僕が被った被害をどう補償してくれるのか?」と言う気持ちです。管財人にもその旨伝えました。
その後、管財人から何も連絡が無く、家賃は毎月タンス預金でとっておきました。
これからどうなるかも判らないし、引越し費用だって必要なんだから何とか貯めた家賃を引越し費用に当てられないかという気持ちも有りました。
また、今からでも債権者が民売に応じてくれないかと知り合いの不動産屋にも動いてもらいました。
そんな中、やっと大家と連絡が付き、民売の交渉をするので協力して欲しいとお願いしたところ「貴方には本当に迷惑を掛けた。出来ることは何でもするから言ってください。家賃は引越し費用に使ってください。今の自分にはそれ位しかできません」と言いました。
しかし、民売は成立せず結局競売になり、私自身は立ち退きを余儀なくされました。引越し費用に充ててくれという事だったので貯めていた家賃を崩して、新しい賃貸物件の契約をし近々引っ越す段取りをしていたところ、大家から「20年7月から21年3月までの家賃支払い訴訟」を突然起こされたのです。
もともと、ローンを払わなかったのは大家の都合であり、しかも19年の7月より大家が「自分の口座に振り込まれるとローンの引き落としに合うので娘の口座に振り込んで欲しい」と言われ、それに従って1年間娘さんの口座に家賃を振り込んでいました。今思えばこの事も差し押さえの原因になったのではないかと大変後悔しております。
さて、私は訴状どおりに支払う義務があるのでしょうか?また、支払うとしても、そうなれば被った被害・・・引越し費用や精神的な苦痛に対する慰謝料・・を請求できるのでしょうか?
因みに大家は既に免責を受けております。
よろしくお願いします。(駄文をだらだらと書き連ねました。申し訳ございません)

よろしくお願いします。
3年半住んだ賃貸住宅が昨年5月に大家がローンを払っていなかったので差し押さえになりました。差し押さえられたので、とりあえず何処に家賃を払ってよいものか判らず、また大家から何も連絡が無いので仕方が無く通帳に毎月家賃を別途積み立て始めました。
競売になるまでに何とか知り合いの不動産屋に動いてもらって民売で処理して引越し費用の一部にでもと思ったのですけど、大家が「自分が長年懇意にしている不動産屋が居るのでそっちに動いてもらう」ということだったので任せました...続きを読む

Aベストアンサー

なにか、貴方が、とてつもなく法律を熟知されてるのか、全くのど素人(失礼)なのか、ご質問文と補足説明を読むと判らなくなりました。法律を熟知されてるなら家賃は供託されると思いますし。
しかし差押え通知を受け取れるような立場に、ただの賃借人がなれるわけもなく、どのようなマジックを使ってるのか、、とか。
 法律を熟知されてるなら、ここにて質問されるような事ではないのにな、と思いますし、ご質問の質は失礼ながら、素人です。

1 「何の落ち度も無い賃借人はどうしたら良いでしょう。」
売買は賃貸借を破ります。つまり不動産持ち主は全く賃借人のことを考えずに物件の売買をできます。
 賃借人は借地借家法で住んでるという自体が居住権主張ができますので、新しい家屋の持ち主にそれを対抗するだけです。
 所有権移転の原因として「売買」「競売」があるだけですので、競売の申立てができる抵当権が設定されてるか否かは、賃借人の権利には一切関係ありません。

2 「何の落ち度も無いのに居住しているところを立ち退かなければ成らないために発生する経費+精神的な負担に対する慰謝料です。」
 そうですね。いきなり「所有権者が変わったので退出してくれ」と言われたら「それって本気ですか」と言いたくなります。
 引越ししなければならないので引越し費用と、あと引越し先の賃貸料数ヶ月分という暗黙の了解があるようです。
 精神的な負担に対する慰謝料というのも正当な気がしますけど、法的には賃借人の権利つまり「居住権」を主張できますから、それを主張すればいいので、慰謝料が発生するという見方はしません。
 慰謝料とは民法における損害賠償請求権のなかで、精神的な苦しみに対しての賠償なのですが、その精神的な苦しみが「合法なもの」だと認めないのが通常です。
 例として、税金の滞納をしてる人が徴収職員から納税を請求されたからとても苦しかった。慰謝料を払えと言い出しても、納まってない税金を請求するのは合法行為なので慰謝料請求できないという考えです。
 
3「差し押さえが有った場合、私の場合は東京地裁よりその事実を知らせてきます。」
なにか不思議な気がしますが、通知が実際に来てるなら、それなりに権利者として貴方が登記されてるかしてるのでしょう。
一般に家屋の差押さえをした場合、その家を借りてる人は登記簿上出てきませんから、差し押さえ通知を出しようがないのです。この点は、私が不勉強なのかもしれません。

4>「不動産は競売で処分されてから免責の決定の順番です。」
すみません意味不明です。

>「免責通知は来ています。」
という事は、不動産の売却は済んでるという事ですね。

回答(というか私の意見)
>「20年7月から21年3月までの家賃支払い訴訟」には、大家から引越し費用との相殺の申し出を受けてると対抗すべきだと思います。
 証明する文書はないですが、大家がそう言ったから支払う必要がないと主張するべきです。

>「被った被害・・・引越し費用や精神的な苦痛に対する慰謝料・・を請求できるの」
 引越し費用を請求するというなら、大家の言い出してる家賃の支払をしないといけなくなる、という理屈がわかっていただけますでしょうか。
 大家は「引越し費用にしてくれ」と家賃を免除(正確には相殺)してるのです。貴方がそれを盾にして「だから家賃は支払わない」というのは、上述のように正当です。
 そこでは家賃と引越し費用が相殺される事を貴方が認めることになります。
 相殺でなくなってるものを「これだけ残ってる支払え」というのは、おかしなことです。
 ですから訴えられてる家賃は支払わない。引越し費用も請求しない、これが結論になります。

さて、精神的苦痛への慰謝料請求について今一度考えてみます。

大家は家のローンが支払えなくなって、家を売られただけですから、特に貴方に精神的な苦痛を与えてるわけではありません。
 住んでる借家が売られたら、追い出されてしまうという不安感にさいなまれたのはわかりますが、借家借家法で新しい家の所有者に対抗できますので、その主張をすればいいだけです。
大家に「法律的な借家人への慰謝料支払の行為は、競売にかけられただけでは発生しない」と考えます。
教科書的な法律論で、現実的ではないです。

住んでる家を出てってくれ、俺が悪かった、と謝罪されても、生活圏の問題や、新しい所有者に居住権を主張しなくてはならないと思う負担感があります。

「新しい所有者に対して居住権を主張できるのは知ってるが、本来大家が家を売られないように努力をすれば自分はこんな「権利の主張」をするという精神活動をしなくてもすむ。
その原因となる「競売事件」になったことで、私にとてつもない不安感を与えた。
自分が法学部を出てるとか法律に詳しければなんともないかもしれないが、家賃の供託ということも知らない素人だ。住んでる家を追い出される、もしかしたら怖いお兄さんが来るかもしれないと考えると夜寝られないときもあった。
この精神的な負担感に対しての慰謝料を請求します。」
なお、自分が支払うべき家賃と、大家が私にくれるという引越し費用は、相殺することで同意。

こんな感じで、家賃の支払訴訟とは別に訴えれば、裁判所が認めたら慰謝料請求がされるでしょう。

慰謝料請求とは「理由が」もっともだ、となっていればいいのです。
但し、前述のとおり合法な権利実現行為は対象外です。

家賃請求は「取り下げ」
慰謝料請求は、いくらかの金額を支払うという形になるといいですね。

でも大家は「金がない」のでしょう。
そのへんが楽しくないですね。
家賃の振込を娘の口座に指定されて、そこに振り込んだ。
だから娘の名義とはいえ、入金されてる金は実質的には大家のものだから、そこから支払え、支払がないなら、所有権の帰属は娘でなく親(大家)だと主張して、預金差押さえを申し出るぞ。

実際には預金差し押さえまで手続きはすぐ行きませんが、貴方が家賃を振り込んだという決定的な証拠がありますので、これは娘の口座だと言う大家の主張は認められないでしょう。

もしかしたら、今での「娘名義の口座にある金」で暮らしてるのでしょう。
 

なにか、貴方が、とてつもなく法律を熟知されてるのか、全くのど素人(失礼)なのか、ご質問文と補足説明を読むと判らなくなりました。法律を熟知されてるなら家賃は供託されると思いますし。
しかし差押え通知を受け取れるような立場に、ただの賃借人がなれるわけもなく、どのようなマジックを使ってるのか、、とか。
 法律を熟知されてるなら、ここにて質問されるような事ではないのにな、と思いますし、ご質問の質は失礼ながら、素人です。

1 「何の落ち度も無い賃借人はどうしたら良いでしょう。」
...続きを読む

Q管理人による家賃三回振り込み忘れで退去義務は合法?

管理人から家賃を三回遅れたら退去しなければならないという約束が書かれた用紙(書式は管理人の作った独自のもの)を渡されたのですが、これは借家法によると合法なのでしょうか?

市民相談の弁護士さんに以前聞きわすれたので懐疑したのですが、退去を願う場合は契約更新の日の6ヶ月から1年の期間が必要であること、住んでる側に十分な過失がない場合は正当な理由がないということで追い出せないということなどを聞いたのですが、今回私が上記に記載した懐疑は合法なのでしょうか? それとも正当な理由にはなりえないでしょうか?

よろしくお願いします。

裁判になると費用やお金はどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

> 合法なのでしょうか?
公序良俗に反した内容ではないから、「三回遅れたら退去しなければならない」という内容の契約は合法。
契約ではなく、ただ紙を渡されただけなら、法的には何の意味もない。

契約書に書かれていて、その契約に合意したなら、合意の結果として三回遅れたら退去しなければならないとなるのは合法で問題ない。
内容が公序良俗に反していないので、契約内容が優先される。
ただ、その場合でも大家又は管理人が実力行使して追い出すのは問題とされる場合がある。


ただ言われたとか、書いた紙を渡されたとかなら、強制力は無いに等しい。
その場合、三回遅れた後で裁判所に大家又は管理人が退去命令を出すよう申し立て、裁判所が家賃の払い込みを無いことを十分な過失と認めれば、退去命令が出される。
3ヶ月ではなかなか退去命令までは行かないでしょうが、倍の6ヶ月くらいになると退去命令が出される確率が上がってくる。

Q賃貸の大家が保証会社に月の延滞金を請求しても支払わなれない場合・・

大家が保証会社に家賃の月の延滞分を請求しても会社が立替えをしない場合、
賃借人に督促をしないと賃借人の遅延が解消されないままになりますが、
賃借人は立替えられていると思っているままだと、知らぬ間に不利益が発生します。
そこには大家と保証会社に何かの瑕疵があるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

>その為の保障会社の連帯保証となっていますよ。

 大家と保証会社の契約が(連帯)保証契約、賃借人と保証会社との契約は、保証「委託」契約です。保証契約と保証委託契約は別物です。保証委託契約というのは、保証会社が(連帯)保証人になることを委託する契約、言い換えれば、大家と(連帯)保証契約を締結するように保証会社に依頼する契約です。保証料というのは、保証人になることの対価であって、賃料の不払いにならないように保証会社に支払わせることに対する対価ではありません。
 御相談者が私の依頼を受けて大家の保証人になったとして考えてみてください。「大家に賃料を払うきはないから、払ってね」と私に言われて納得しますか。私があなただったら「大家に言われるのであれば、保証人になった以上、もちろん仕方がないが、おまえがそんなこと言える立場か。賃料を払う義務はお前にあるんだよ。何で俺に払わせようとするんだ。」と言いますよ。

>保証会社が立替支払すれば、一時的な債務不履行の履歴は残るでしょうが、滞納は解消するはずです。

「・・・本件保証委託契約のような賃貸借保証委託契約は,保証会社が賃借人の賃貸人に対する賃料支払債務を保証し,賃借人が賃料の支払を怠った場合に,保証会社が保証限度額内で賃貸人にこれを支払うこととするものであり,これにより,賃貸人にとっては安定確実な賃料収受を可能とし,賃借人にとっても容易に賃借が可能になるという利益をもたらすものであると考えられる。しかし,賃貸借保証委託契約に基づく保証会社の支払は代位弁済であって,賃借人による賃料の支払ではないから,賃貸借契約の債務不履行の有無を判断するに当たり,保証会社による代位弁済の事実を考慮することは相当でない。なぜなら,保証会社の保証はあくまでも保証委託契約に基づく保証の履行であって,これにより,賃借人の賃料の不払という事実に消長を来すものではなく,ひいてはこれによる賃貸借契約の解除原因事実の発生という事態を妨げるものではないことは明らかである。よって,控訴人の上記主張は理由がない。」(大阪高裁判決H25.11.22 判例時報2234号20頁)

>その為の保障会社の連帯保証となっていますよ。

 大家と保証会社の契約が(連帯)保証契約、賃借人と保証会社との契約は、保証「委託」契約です。保証契約と保証委託契約は別物です。保証委託契約というのは、保証会社が(連帯)保証人になることを委託する契約、言い換えれば、大家と(連帯)保証契約を締結するように保証会社に依頼する契約です。保証料というのは、保証人になることの対価であって、賃料の不払いにならないように保証会社に支払わせることに対する対価ではありません。
 御相談者が私の依...続きを読む

Q水道漏れの分まで支払わなければならないか?

理髪店を営んでいる友人宅の水道料金が、今月は跳ね上がりました。
調べてもらったところ、水道漏れが起こっていたらしく、
今月の分だけ「平均値の額で良いです」と軽減されたのですが、
ここ数ヶ月のグラフを作成してみたところ、
緩やかに上昇していた事実はあります。

 別の友人が一人暮らしのアパートで同棲を始めた頃、
メータの記録をしに来る人が「今月は水道料が上がっていますが、
大丈夫ですか?心当たりがなければ水道管などを調べますよ。」と
気遣ってくれたそうです。

 メーター記録の人に注意義務があるのかないのか知りませんが、
事実として「水道管に損傷」があった事を行政庁は認めて、料金を軽減しています。

メンテナンス・管理ミス、ということで、もっとさかのぼってまで
支払い済み料金の返金は出来ませんでしょうか?
 こちらに非があるとすれば、「水道使用量の緩やかな増加に不審を抱かなかったこと」がありますが、
 その専門である水道関係者、行政には全く非がないのでしょうか?

Aベストアンサー

電話とかもそうですが、「相互接続」しているものは必ず責任分界点が存在します。
電話も電気もガスもみんなそうです。
その分界点が事業者側で起きた問題であるのなら事業者の責任ですが、その分界点から所有者、今回の場合理髪店の側で起きた問題であるのならそれは理髪店の責任です。
水道料金が跳ね上がるという事は、メーターより宅内側の問題である事は明らかであり、その部分はまさに所有者の所有物で、所有者の責任において管理すべき物です。

腹クソ悪いお気持ちは分かりますが、そういう風に責任分解点が定められている以上、仕方ありません。
ただ、現実問題としてはケースバイケースで水道局(地域によって呼び方は違うでしょうが)が対応しますが、平均以上全額払わなくて良いですということはまずないでしょう。
本来であれば、全額支払うべき問題ですから、減額してくれただけラッキーと考えなくてはなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報