遺産相続に関し、遺産放棄の意思表示をするのを忘れ、相続を知ったときより3ヶ月以上たった後、他の兄弟との間で遺産分割協議書を交わすことにより、遺産を放棄することができるでしょうか。

≪兄弟≫長男、次男、次女、    質問者は、長女
父は、15年前に死亡。その後母が全て相続する。
母は、6年前に死亡。その後、何ら手続きをせず現在に至る。

できれば協議書の雛型及び手続き方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

相続を知ったときから既に3ヶ月が経過しているので、


遺産放棄は出来ませんが、
あなたの相続分を他の相続人に「譲渡」することは出来ます。
遺産分割協議書に例えば、
「長女○○の相続分は、長男××に譲渡する」という意味の項目を付け加えれば良いでしょう。

http://www2.ecall.co.jp/cgi-db/db.html?body&1996 …

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/kebunka.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ご指導いただき有難うございました。
今回のご指導をもとに、手続きを行いたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2001/01/15 13:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三字熟語とか4字熟語を調べるには、 国語辞典で合ってますか?

三字熟語とか4字熟語を調べるには、
国語辞典で合ってますか?

Aベストアンサー

国語辞典では足りません、四字熟語辞典がいいでしょう。歳をとると知ってて当たり前、となるから必要ですね。
恋文を書くにも便利だけど、今やなんでもスマホですからね、でもスマホって信用出来ますか?我々昭和の漢字世代が見ると、時々怪しいのもあります。
大切な恋文はちゃんとした辞書を使いましょう。引くのが大変?でもストライクゾーンは何処にあるか、は知らなくてもいいから大切に考えた文、というのは心に訴えます。

Q遺産分割協議中に相続人が死亡のときの相続財産の帰属

被相続人Xについての遺産分割協議を相続人A,B,Cでしている最中に相続人Aがなくなりました。この場合、まずはXについて遺産分割をしてからAについての遺産分割をするべきなのでしょうか?

Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

相続人Aの相続税にかかる相続財産の範囲について、被相続人Xとの関係においてどのようになるのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Xの遺産は Aにも相続されています(この時点ではAの相続人(配偶者や子)は関与しません)
遺産分割の協議中にAが亡くなれば、Aの相続人がその地位を受け継ぎます

X--A --Aの配偶者・子  全員でBおよびCと対等
   B
   C

>Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

その通りです

相続は X→A→Aの相続人 になります、相続税は 相続毎に計算します(X→Aと  A→Aの相続人 の2回)
 
不動産の登記は X→Aの相続人 で可能です

Q潜在意識という4字熟語は、おかしい?!

駿台文庫の「現代文頻出課題文集」について質問です。

この本のP126の評論に潜在意識というのがあって、国語辞典で調べてみると「自分では、少しも意識していないが、その人の行動や考えに影響を及ぼしてる心の

働き」と書いてあったのですが、この意味なら潜在心理とかになりませんか?潜在(潜んでいる)のは、心の働きなわけですし(1)

また、この4字熟語が具体的にどういう現象をさすのかが?です。そんなことってあるのか?という感じです。

だれか、詳しい人は、教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生していないということになります。ならば、意識の在る無しに関わらず我々の脳内に何らかの心理現象が発生するのであるならば、それは顕在・潜在ではなく、「意識・無意識」によって区別されなければなりません。

我々の脳内に無意識が存在するというのは、それは意識に上らない心理現象を扱う機能が構造的に存在するということです。無意識行動といいますのはその結果であり、これは「無意識領域」の働きによるものです。これに対しまして、意識行動が執られるならば更に意識領域の働きが加わることになり、そこに自覚という現象が伴います。
では、同様にこれを「潜在意識領域」と捉えたらどうなるでしょうか。ところが、我々の脳内には記憶情報など、意識に上る前の「前意識」というものが格納されており、これでは決して意識に上ることのない無意識領域の定義と区別することができなくなってしまいます。
このように、最初に述べました通り潜在意識とは即ち心理現象であり、その働きとは、厳密には無意識領域の機能として脳内に存在するものです。ですが、潜在意識といいますのは意識を中心とした考え方であり、意識と対比するならば分りやすいのですが、これでは脳内にその存在や構造を示すのには不十分です。このため、ここでは意識ではなく、常に無意識を中心とした考えが優先され、従来の心理学で潜在意識という用語が用いられることはほとんどありませんでした。

恐らく、これが潜在意識という言葉の位置付けであり、厳密には学術用語ではないです。因みに「顕在意識」という言葉は国語辞典にも載っていません。
ご質問を拝見したときから気になっていたのですが、質問者さんがお調べになった「考えや行動に影響を及ぼす」という部分は、これはどう見ても潜在意識の定義には不必要な拡大解釈に当たり、わざわざこのような説明を載せている辞典はちょっと珍しいです。今では頻出文例でも扱われるほど巷に飛び交っており、専ら経営学や能力開発などの分野に派生していますが、ただ単に都合の良い解釈として用いられているものも少なくありません。経営学や能力開発といいますのは人間の営みを扱う学問です。ですが、それが必ずしも人間にとって都合の良い結果になるとは限りません。このため、ここで都合の悪い部分を改変してしまいますと、科学としての客観性が著しく損なわれる結果となります。

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生してい...続きを読む

Q兄の死亡後、家族が相続放棄しましたが、私も相続放棄しなくてはなりませんか?

兄は債務が多く、亡くなって家族はすぐ相続放棄したとの連絡を受けました。
兄との交流は無く、先日家族から亡くなった事知らされました。
債務が多く、生前から相続放棄するようにと言われたそうです。
私は実弟ですが、私も相続放棄の書類を家庭裁判所に送る必要はあるのですか?

Aベストアンサー

家族が2度でてきますが、兄の家族なのか、あなたの家族なのか判然としないのですが、

兄から見て、

0:配偶者
1:子
2:直系尊属
3:兄弟姉妹

までが相続人となる範囲です。ただし先順位の相続人がいれば、次順位以下は相続人になることはありません。ですので、兄から見て先順位の相続人がいる、いても全員相続放棄したのでない限り、あなたは相続人になることはありません。(配偶者0と記載しましたが、どの順位とであれ常に相続人となります。)

生きている先順位人全員、相続放棄したということであれば、相続というお鉢があなたに回ってきたわけで、どうするかはあなたが決めることになります。

Q4字熟語

鏡自不照とはどういう意味でしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「鏡は自らを照らさず」とか、「鏡は自らを照らせず」とかの意味ではないかと思いますが・・・。
「周囲を照らしている鏡は、周辺のことは隅から隅まで見て理解できるが、自分のことを照らすことは出来ない。したがって、周囲のことがわかっている割に、自らのことは見えていない」と解釈しました。

*「世間のことは判っている人でも、自分のことは判らないものだ」という解釈なのでしょうか?

全く知らない熟語ですが、そのように字面からは受け取れます。

自信なし!参考にはならないかも。

Q本人死亡 債務義務 相続放棄 親兄弟 嫁子供

初めまして。さきりんと申します。この度、私の実兄が他界したのですが、かなりの負債及び返済の告訴等などが発覚し、どうしたら良いのか困っています。みなさん御回答の程宜しくお願い申し上げます。詳細は解かっている範囲で書いてみます。実兄が2年程前から他界する半年位前まで勤務していた会社1社より2800万の支払い請求。それより前に勤務していた会社2社より計4000万程の支払い請求(現在はどうなっているのか解からないし、本人も逃げてしまって全く支払っていません)それと他界するまでの約4ヶ月間勤務した会社より今解かっているだけで400万(現在調査中)他、個人的に会社を利用して等(会社は知らない)の人権費等が?00万。銀行などからの借り入れ額1500万程、クレジットカード等(金額は解からない)解かっている範囲でこれだけ出てきていますし、これからもまだまだ出てきそうです。他界した実兄は39歳で同棲していた女の人とその女の人の連れ子2人の4人で4,5年前から生活をしていました。籍は入れていません。昔、2人の女性と結婚しその後離婚したのですが、その間には4人の子供がいます。男18歳、女15歳、男11歳、女8歳です。生命保険も入っておらず預貯金もゼロです。父親は10年程前に他界し、母親は30年程前に離婚していますが現在私の家の近所に住んでいます。母親も別の男性と再婚し、24歳と20歳の女の子がいます。兄弟は私39歳(双子)と妹36歳がいます。双方共結婚し子供もいます。実兄が抱えている負債は誰に支払い義務があるのでしょうか?それとも誰が何を言ってこようともほっとけばよいのでしょうか?とても長くなり申し訳ありませんがご回答の程よろしくお願い致します。

初めまして。さきりんと申します。この度、私の実兄が他界したのですが、かなりの負債及び返済の告訴等などが発覚し、どうしたら良いのか困っています。みなさん御回答の程宜しくお願い申し上げます。詳細は解かっている範囲で書いてみます。実兄が2年程前から他界する半年位前まで勤務していた会社1社より2800万の支払い請求。それより前に勤務していた会社2社より計4000万程の支払い請求(現在はどうなっているのか解からないし、本人も逃げてしまって全く支払っていません)それと他界するまでの約4ヶ月間勤務...続きを読む

Aベストアンサー

法定相続人は次の順番です。
1 配偶者と子
2 配偶者と親
3 配偶者と兄弟姉妹
全て死亡した人から見たものです。

子がいれば、親が法定相続人になることはありません。兄弟もなりません。1,2,3はそういう順位だと考えてください。
ただし、子が相続放棄すると次順位の親に相続権が移り、親がいないと兄弟に相続権が移ります。
子が相続放棄した事を知ってから3ヶ月以内に兄弟姉妹が相続放棄をする必要があります。

一編にすればいいです。

法定相続人で無くても遺言で相続人になる事がありますが、お兄さんの場合には遺言がなさそうですから、その心配は要らないでしょう。

法定相続人が相続放棄してしまえば、何も支払わなくて終わりです。

お兄さんの子4人が相続放棄をしてから、兄弟姉妹が相続放棄をすればいいのですが(子が相続放棄してから3ヶ月以内でいいです)、お子様4人が全員未成年ですので、意思表示ができません。
 妹さん二人が相続放棄手続きを取るのと一緒にお子さん達の放棄ができるように裁判所書記官に手続きを聞いてみましょう。
実際の手続きはネットでなく、リアルな担当者に聞くのがミス無く無駄なく早いです。
 

 

法定相続人は次の順番です。
1 配偶者と子
2 配偶者と親
3 配偶者と兄弟姉妹
全て死亡した人から見たものです。

子がいれば、親が法定相続人になることはありません。兄弟もなりません。1,2,3はそういう順位だと考えてください。
ただし、子が相続放棄すると次順位の親に相続権が移り、親がいないと兄弟に相続権が移ります。
子が相続放棄した事を知ってから3ヶ月以内に兄弟姉妹が相続放棄をする必要があります。

一編にすればいいです。

法定相続人で無くても遺言で相続人になる事が...続きを読む

Q4字熟語

一龍一蛇の読み方と意味は

Aベストアンサー

イチリョウイチダ

時の流れのままに自在に変化し、一つの立場に執着しない

Q遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください

遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください。
被相続人Xには二人の息子(長男Aと次男B)がいます。法定相続人はこの二人だけです。
遺産分割協議がまとまる前に、長男Aが死亡した時の以下の例について
お教えください。

1、長男Aには妻がいるのですが、この妻は結果的に被相続人Xの遺産の半分
  を相続することになりますか?
 (遺産分割協議がまとまる前に長男Aが死亡したとしても、自動的に長男A
  は被相続人Xの遺産の半分を相続したことになり、更にその後死亡した長
  男Aの遺産をその妻が相続することで、この妻は結果的にXの遺産の半分
  を手にすることになりますか?)

2、上記1が成立する場合の質問です。もし被相続人Xが長男Aに財産の全て
  を与えるという遺言書を残していた場合、長男Aの妻は結果的にXの遺産
  の何割くらいを手にすることになりますか?
  (通常は次男Bには遺留分が保障されると思いますので、結果的に長男A
   の妻にはXの遺産の何割くらいを手にすることになるのでしょうか?)

3、上記2が成立する場合の質問です。もし被相続人Xの『長男Aに財産の全
  てを与えるという遺言書』が長男Aの妻が偽造した遺言書だった場合はど
  うなりますか?
  (法定相続人遺言書を偽造、変造すると相続欠格事由により相続権を失い
   ますが、長男Aの妻はXの法定相続人ではありません。この場合、相続
   欠格事由に該当せず、単純にXは遺言書を残さなかったとして長男Aと
   長男Bは通常の法定相続分としてXの遺産の半分づつを相続し、長男A
   が死亡したことで結果的にやはり長男Aの妻がXの財産の半分を手にする
   ことになるのでしょうか?)

※上記は実際に直面している問題ではなく、創作物を制作中に疑問に思ったこ
 とであり恐縮なのですが、お教えくださる方がおられましたら幸いです。
 どうぞ、宜しくお願いいたします。

遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください。
被相続人Xには二人の息子(長男Aと次男B)がいます。法定相続人はこの二人だけです。
遺産分割協議がまとまる前に、長男Aが死亡した時の以下の例について
お教えください。

1、長男Aには妻がいるのですが、この妻は結果的に被相続人Xの遺産の半分
  を相続することになりますか?
 (遺産分割協議がまとまる前に長男Aが死亡したとしても、自動的に長男A
  は被相続人Xの遺産の半分を相続したことになり、更にその後死...続きを読む

Aベストアンサー

1について
 長男AはXの遺産の2分の1を相続しており、さらにAの相続人がそれを相続することになります。本件では子供がいない場合で、親も死亡しているようなので、結局妻はXの遺産の8分の3(1/2×3/4)を相続することになります。

2について
 本件の遺留分権利者はABの2人であるので、Bが遺留分権を行使した場合、BはXの遺産のうち4分の1を得ることができます。
 すなわち、Aは4分の3を相続し、さらにAを法定相続分で相続したとすると、結局妻はXの遺産の16分の9(3/4×3/4)を相続することになります。

3について
 (1)妻はXの相続人ではないこと、(2)また本件で結果的にXの遺産を相続する形にはなるが、妻はあくまでAを相続したのであり、Aの相続に関しては欠格事由がないこと、(3)欠格の効果は相対的であり、特定の被相続人との関係だけで相続人資格を奪うものである(例えば、親を殺した者も子を相続できる)ことから、本件が代襲相続ではない以上、恐らく妻はXの遺産の8分の3を相続することができると考えます。

Q書道で書くかっこいい言葉

習字で書いてあったら『こいつはすげぇぇ!!』と思うような字があったら教えて下さい!!!
2文字~4文字のでお願いします!!!!

Aベストアンサー

ベタなところでは「風林火山」とか?

他、4字熟語から探してみればいいのでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/jack91g

ちなみに大人で書道している人は6文字以上がほとんどだと思いますよ。

風林火山も文章ごと書きます。
「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」

Q母が死亡して遺産分割協議書を作成中に父が死亡しそうです。

母が死亡して遺産分割協議書を作成中に父が死亡しそうです。

9月に母が急に大動脈瘤破裂で死亡して、相続人が父と姉・私(48歳男)妹 の4人で遺産分割協議書を作る準備をしている状況なのですが、肝臓がんを患っている父の余命がそう長くないという状況になってしまいました。
話し合いがつかない状態ではないのですが、姉と妹との話はもう少し時間がかかりそうです。
母の遺産は4千万円ほどなのですが、父のは、土地がほとんどなのですが路線価が安くないとこを持っているので、遺産は1億2千万ぐらいになりそうです。

母の遺産について父には相続を放棄してもらうつもりでいたのですが、父が分割協議書を作る前に死亡した場合、父は法定相続分を相続することになるのでしょうか?
そうなると相続税が増えるな と思っています。

このあたりのことについて教えてください。

Aベストアンサー

返信いただきました。

お母様に相続税が課税されるか否かで話しは全く異なります。
課税されるのであれば、申告期限までに遺産分割が成立してませんと、法定相続取り扱いとなりますが、課税が発生しませんと、申告書を提出する義務がありません。
従って、遺産分割の成立と未了は税務署の関与する問題ではなくなります。

税法上のこしがありますが、実際は申告義務があるのと無いので大違いとなります。

お母様の相続税が発生せずに、申告義務が無ければ、遺産分割は遅れて成立しても問題ありません。

その遺産分割でお父様が相続しなければ、お父様の相続はお父様の財産のみになりますので、これまた相続税の申告義務があるか無いかで異なってきます。

このように、申告義務があるか否かで根本的に違いますので、税理士に相談してくださいとお答えいたしました。

登記の歳に提出する遺産分割協議書の書き方は、先に書きましたように、殆どテクニックですので、弁護士も分からず質問してきてます。
先に書きましたように、司法書士に依頼すれば簡単に解決いたします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報