厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。

3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。
「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」

TACや大原簿記などの模範解答では

 完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500
 仮払消費税3,500 /

となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

営業外支払手形というのは、有価証券の購入などのいわゆる営業とは直接関わりのないものを購入した際に振り出した手形のことを言うのだと思います。

引渡し物件が前期のものであるか否かで判断するのではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。手形とは直接関係ないですが、完成工事補償引当金関係で、次のような問題があります。

A建設は、前期に引き渡した建物に欠陥があったため、補修工事を行った。同補修工事に係る支出は¥2,210で、その内訳は、手持ちの材料の出庫¥1,250と外注工事代¥960(代金は未払い)であった。なお、完成工事補償引当金勘定の残高は¥1,800である。

この仕訳の答えは、
完成工事補償引当金1800/材料1250
前期工事補償費410/未払金960
です。

貸方は、もし工事(本業)であれば、工事関係の買掛金である「工事未払金」ですが、補修にかかわる未払額なので、普通の「未払金」が正解です。なので、「補修は営業外だ」と思っていたのですが、手形では違うのでしょうか?

お礼日時:2007/03/15 14:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q完成工事高と完成工事原価の関係(経審)

知識ゼロです。おしえてください。
今経審のための建設業財務諸表を作成中です。
税務申告の決算書だと売上が7億くらいなんですが、実際注文書を見せてもらうと、工事が完成してたのが2.7億くらいでした。
この場合、完工高を2.7億にしてあとの4.3億を未収工事受入金とすればいいのでしょうか??

そうすると、工事原価も変わってくると思うんですが、どうやって計算すればいいのでしょうか??
今必死で調べてますが、簿記、建設業簿記の知識が無いのでわかりません。
なにかいい方法あったら教えてください

Aベストアンサー

>実際注文書を見せてもらうと、工事が完成してたのが2.7億くらいでした。

注文書はあくまでも契約上のことであって、 経理上(決算)と混同するものではありません。
財務諸表は決算書の内容と一致しなければなりません。

>この場合、完工高を2.7億にしてあとの4.3億を未収工事受入金とすればいいのでしょうか??

未成工事受入金を完成工事高(収益)に挙げた場合はこの時点で未成工事受入金(負債)は消えますので
これはありえません。

売上高=完成工事高+兼業事業売上高 です。
つまり、兼業がなければ 売上高=完成工事高 です。


作業手順としてはまず、
 今期手掛けた其々の工事が完成工事か未成工事、どちらなのかを分別する。

 完成工事においては
  完成工事原価=期首未成工事支出金+当期発生原価  となり、
  費目別に上記の計算式を基に算出します。
  (場合によっては期首期末の材料棚卸高も関ってきます)

 未成工事においては
  当期発生原価=期末未成工事支出金  となり、当然完成工事原価には含まれません。

言葉通り完成工事原価とは完成工事にかかった原価でありまだ完成していない現場の原価は含まれません。


あとは余談です。
>知識ゼロです。
前置きされているにもかかわらず、どうしても専門用語の羅列になってしまいました。申し訳ありません。
またご質問の部分は建設業経理士2級レベルです。
建設業では決算を終えたら【変更届→経営分析→経審】という流れなのですが、
最初の変更届の段階でご質問の財務諸表(完成工事原価報告書を含む)を提出します。
この段階で届出先機関においてしっかりチェックをしてくれます。というか、 されます。
あとの分析、経審へはただその写しを添付するだけです。
 
  ・・・既に財務諸表は作成済み。ということはありませんか?(失礼な邪推ですが^^;)

>実際注文書を見せてもらうと、工事が完成してたのが2.7億くらいでした。

注文書はあくまでも契約上のことであって、 経理上(決算)と混同するものではありません。
財務諸表は決算書の内容と一致しなければなりません。

>この場合、完工高を2.7億にしてあとの4.3億を未収工事受入金とすればいいのでしょうか??

未成工事受入金を完成工事高(収益)に挙げた場合はこの時点で未成工事受入金(負債)は消えますので
これはありえません。

売上高=完成工事高+兼業事業売上高...続きを読む

Q為替手形を割引く時の手形支払人は??

事務初心者です。

経理についてよく分からないまま
引き継ぐことになってしまいました。
・・・なので、分かりやすい回答をお願いしたいのですが。

約束手形にと為替手形の違いを簡単に言うと何ですか?

為替手形を割り引くことになったのですが
約束手形なら表書きの発行した振出人の会社名を書けばいいのですが
為替手形の場合、発行した会社には”引取”と書いてあり
はじめに押す欄に”振出人”と書いてあります。
割引依頼書の手形支払人の欄には、発行した会社の名前を書けばいいのでしょうか?
振出人の自社の名前???
どちらでしょうか?

また、この手形には印紙が貼ってないのですが
割り引くとき自社が貼らなくてはいけないのでしょうか?
貼らなくてもいいものなのでしょうか?

簡単なことかもしれませんが・・・
聞ける人が今そばにいないので困っています。
どうぞ、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答が遅くなりまして申し訳ありません.

印紙の件ですが,10万円以上の約束手形には印紙を貼る必要があります.印紙は原則振出人が貼ることになります(印紙代を負担する).
信頼関係があれば貼らなくてもいいと言うことはありません(信頼関係があれば税金を納めなくともいいと言うことはありません).
ですから,印紙が貼ってなかったり不足している場合にはその手形を受取らない,相手に貼ってもらう,印紙代を別にもらうと言った対処をすることがあります.取引上の力関係でやむなく負担するケースも多いようですが.

銀行に割引を出す場合,貼ってなければ貼ってくださいと言われると思いますよ,ふつう.

友人に3万円以上の買い物をすると「領収書は要らないから100円まけてくれ」と言うやつがいました.断られるとほんとに領収書をもらい200円の印紙を貼らせてました.

Q未成工事支出金と完成工事未収金

当社は2月決算で先日ようやく決算の書類が出来上がってきました。
内容をすべて把握してる上司が先日入院してしまいました。出来上がってきた書類を見ると一つの工事に対して未成工事支出金と完成工事未収金をあげていたのですが、これは間違いではないんですよね?
例えば、請負金額が100万の工事に対して未成工事支出金として40万、完成工事未収金として60万というふうにはあげられるのでしょうか?
経理さえまだ初心者なうえに決算ともなるとパニック状態です・・・。
もうすでに決算書は提出済みなのでこれが間違ってるともなるともっとパニックになるのですが・・・。

Aベストアンサー

詳細がわからないので一般的なお答えとなりますが・・・

決して条件によっては出来ないことではございません。
請負契約であっても、一括請負で無く、出来高契約だとして、
一部完成引渡しでの収益認識をされていたとすれば、十分ありえることです。

それともうひとつは、会社として利益調整する必要があった場合です、
こちらの場合には、かなり危険が伴うこととなりますが・・・

Q具体的な額を書かせていただきます。 ¥14240(売上)+¥交通費(1068)=¥15308(請求書

具体的な額を書かせていただきます。
¥14240(売上)+¥交通費(1068)=¥15308(請求書)
口座に振り込まれた額¥13746です
預金口座は事業用の口座です。
以上で仕訳ができるでしょうか?
何度もすみません。

Aベストアンサー

おはようございます。

朝起きて返事を書こうと思ってPCを立ちあげたら、
締め切られていました。(^^;



¥14240(売上)+¥交通費(1068)=¥15308(請求書)
口座振り込み額¥13746

¥15,308-¥13,746=¥1,562

源泉所得税は10.21%ですから、

¥15,308×10.21%=¥1,562

で計算は合っています。つまり、得意先は、交通費込みで外注費だと認識しているわけです。

それなら当方も、交通費込みで売上を計上することになります。

仕訳:
〔借方〕普通預金13,746/〔貸方〕売上高15,308
〔借方〕事業主貸1,562/

この仕訳を総勘定元帳に転記して下さい。(売上報告書ではありませんよ)

※以上、税込経理方式

Q前期設定した貸倒引当金の処理について

前期設定した貸倒引当金の処理について
前期に売掛金3,000,000円のうち、貸倒引当金を1,200,000円計上し、今期になり相手の倒産によって全額回収不能となった場合は、今期の決算書上では、

特別利益に貸倒引当金戻入益 1,200,000
一般管理費に貸倒損失 3,000,000

と記載されてくるのでしょうか

それとも、一般管理費 貸倒損失 1,800,000

という記載になるのでしょうか

簿記知識が乏しいのでよく伝わらないかもしれませんがどなたか教えてください

Aベストアンサー

税法基準では
貸倒損失3,000,000/売掛金3,000,000(貸倒れ時)
貸倒引当金1,200,000/貸倒引当金戻入益1,200,000(期末処理)

会計基準では
貸倒損失 1,800,000/売掛金3,000,000(貸倒れ時)
貸倒引当金1,200,000

となります。税法では引当金は毎期洗い替えすることになっていますので、貸倒れに直接は充当しませんが、会計基準では貸倒れは引当金で充当することとされています。

結局、税法準拠で決算を組むか、会計基準にのっとって決算を組むかでやり方が違うということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報