人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大学へ進学するにあたり、日本学生支援機構の奨学金を貸与してもらおうかと考えています。
事情により高校を卒業した後に進学するので、大学(私立)入学後に第二種(きぼう21プラン)の在学採用で月額10万円の奨学金を受けたいです。
自分は入学後は一人暮らしとなります。父は年金受給者で母もパートで働いていて生活状況は苦しい為、経済的には親に頼る事は出来ません。
大学に入学後に第二種奨学金の在学採用の申し込みをして、もしも奨学金が受けられないとしたら、どうしたらいいのでしょうか?そういう事もあり得ますか?
せっかく合格しても奨学金が受けられず、学費が払えず学校を退学という可能性もあるかもしれないと思うと不安になります。アドバイスを宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

10年くらい前の話で参考になるかわかりませんが、


わたしも同じ不安を持っていました。
ところが、高校の時の成績が体育の除いてオール3くらいだったので、
問題なく受給できましたよ。つまり、当時は高校の成績書を中心として評価されていました。
ちなみに弟が二人いますが、ふたりともオール4くらいだったので、
第1種で受給していたようです。
しかし、月額10万で4年間となると卒業後の返済が恐ろしいですね。
まともな会社に就職できないとなると、怖いとは思いませんか。
また、ダブったりすると、たいへんなことになるのでそっちのほうを心配された方がよいかもしれません。
大学というところは入ってしまえばこっちのものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様は大丈夫だったんですね。参考になりました。回答して頂きありがとうございます。

お礼日時:2007/03/16 19:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング