出産前後の痔にはご注意!

Addressing Schemes(アドレッシング スキーム?)
URI? と URL? と URN?
と、とのかくその・・・
おもしろそうなんですが
なんだか一部しか良く分からない・・・
いや全くよく分かっていないので・・・

とりあえずその・・
ブラウザ の アドレス 欄 に入れて使える
http:やftp: ....(このくらいは以前から知っている)
あるいは view-source とか mailto: など

これらの コマンド(スキーム?) の一覧と
その使用方法が 日本語で ←これ重要!!
そう、日本語で説明してあるところなんかは
無いでしょうか?
英語でのページ http://www.w3.org/Addressing/schemes 
なんかは一応、見させていただいたのですが
もう一つ、よくわかりませんでしたので
ぜひ、ご存知の方 おいででしたらよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

↓ここはどうでしょう?



参考URL:http://www.alib.jp/html/uri.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ア~!!
書いておけば良かった・・・・
実は 参考URLの

http://www.alib.jp/html/uri.html

から アノ 英語のページへ行ったのでした・・・・

やはりないのかなぁ・・・・

お礼日時:2002/06/03 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qip default-gatewayとip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドの違い

ネットワークの勉強中のものです。

CISCOルータ、スイッチの設定で、
ip default-gatewayと、ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドって、両方ともラスト リゾート ゲートウェイの働きをするコマンドですよね?

設定する際、どちらを使用しても問題ないのでしょうか?
なにか気を付けなくてはいけないこと等、両者に違いがあれば、ご教授ください。

 

Aベストアンサー

> ip routingを有効にした場合、指定された経路情報に基づいて、ルーティングされるわけですよね?

正確に言うと、指定された経路情報に基づいて、あるinterfaceから受け取ったパケットを別のinterfaceへパケットを転送(中継)する、ということです
ip routingを無効にしても、ルータから出るパケットに関しては経路情報に基づいて投げてくれます
(じゃないとip default-gatewayのコマンド自体が意味ないですよね)

QOSPFでプロセスを分ける意義について

OSPFのプロセス分けについてご教授ください。
ルータでOSPFの設定をするときにプロセス番号を指定して
設定すると思うのですが、どのようなときにプロセスを
分ける必要があるのかイメージできません。
OSPFのエリア分けとはどのような違いがあるのか具体例
を示して頂けると大変助かります。

いろいろ調べてなんとなくイメージしてるのはプロセスを
分けることによって、別のルーティングプロトコルと同じ
扱い?になり、アクセスリストを組み合わせた再配布設置等
によってルーティング情報の制御がし易くなる
のかなぁなんてかなり漠然と思ってます・・><

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

CISCOのテクニカルサポートには、こんなことが書かれていますね。
> 2 つの OSPF プロセス間で再配布を行う理由
> 複数のプロセス間で再配布が必要になるのには、いくつかの理由があります。
> たとえば、次のような理由からです。
> * ドメインの各部からの OSPF ルートをフィルタリングするため。
> * 異なる OSPF ドメインを分離するため。
> * 異なるドメイン間の移行。
>

分けることによって、
・別のルーティングプロトコルと同じ扱い?・・・・そのとおりです。
・アクセスリストを組み合わせた再配布設置等・・・経路の取捨選択は普通行います。
・ルーティング情報の制御がし易くなる・・・・・・経路制御が可能になります。


単一のポリシ(ルーティングポリシとかセイキュリティポリシ等の決め事)なら、
学習や研修以外では管理が複雑になるだけなのでやらないと思います。

本来、設定の増加はやりたくない事ですが、致し方ない状況で使う場合があります。
特に異なるポリシ間の境界ルータでは、必要になる場合があると思います。

解りやすい例としては、
管理ポリシーや管理者が異なる組織(会社間等)間を繋ぐ場合を想定します。
当然IPアドレスの付与体形が異なるし、相手会社のNW器機の設定には関与しません。
この時、一方の付与ミスにより他方のNWアドレスを付与(誤設定)した場合、そのネットワーク宛はアドレス重複によりの通信は不通になりますが、
・境界になるルータでOSPFプロセスを分けていない場合
両方の組織が無条件に影響を受けます。そしてその追跡は非常に困難です。
・境界になるルータでOSPFプロセスを分けて、適切な経路フィルタをしている場合
影響範囲は、設定を間違えた組織内に留まります。

こんな感じで捉えておけばよいと思います。

具体的な設定例等は、ここら↓を見て下さい。
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/tac/104/ospfprocesses-j.shtml

CISCOのテクニカルサポートには、こんなことが書かれていますね。
> 2 つの OSPF プロセス間で再配布を行う理由
> 複数のプロセス間で再配布が必要になるのには、いくつかの理由があります。
> たとえば、次のような理由からです。
> * ドメインの各部からの OSPF ルートをフィルタリングするため。
> * 異なる OSPF ドメインを分離するため。
> * 異なるドメイン間の移行。
>

分けることによって、
・別のルーティングプロトコルと同じ扱い?・・・・そのとおりです。
・アクセスリスト...続きを読む

Q【CCNA】という資格は、就職に役立ちますか?

再就職の為に、Office系は(Excel,Powerpint,Access)を使いこなせるようにと思い、パソコン教室に行きました。
求人はIT関連企業が多いので、できれば最終的にはネットワークも理解できるようになりたいと希望を伝えたところ、【CCNA】の取得コースを進められました。
ブラインドタッチの受講やらなんやらで、全コース合計料金が、約60万近くになりました。果たして【CCNA】の資格は再就職に役立つのでしょうか?

Aベストアンサー

CCNAはネットワーク機器最大手のシスコ社が主催するネットワーク系資格では一番メジャーな資格です。

但し、事務系のオフィス系とは全く異なった資格です。
謂わば、ルーターやスイッチの設定を行ったりLANケーブル引いたり、サーバーの管理したり。

ネットワークエンジニアとして働くのであれば、最低必須資格として認識され、これが無いとはじまりません。無くても働ける会社もあるでしょうけど。

ネットワークエンジニアとしては登竜門的な資格な訳で、他に上位資格も存在します。一昔前までは非常に簡単な資格だったのですが、年々難易度が上がり、代わりにCCNAの下位の資格もできました。

個人的に、あまりお勧めできる資格ではありません。

理由としては以下

・3年で資格が失効し新たに更新取得しなければならない(新製品、新技術の発展がITは速いので致し方ないにしても費用対効果が非常に悪いですね)。

・シェアの大きな資格であるが故にシスコ社は受験料を大幅値上げしたり(今は3万円程です。国家試験じゃあるまいし・・・決して安いとは言えませんね。しかも3年で失効するし)。
謂わば殿様商売やりたい放題。と言った印象を受けます。

・他にもこの資格検定試験は委託されたスクール内PCで行うのですが、資格検定プログラムのバグが毎度毎度、どの試験にも非常に多くプログラムが物凄く粗末です。大袈裟ではなく大多数の受験者がバグを体験する始末(プログラムの操作性も視認性も非常に悪い)。
3万払って、こんなクオリティの試験なのかよと激怒する事間違い無しです。

・アメリカの資格が故に、試験内容の日本語訳が稀に変な箇所があり論外。



以上、私としてはネットワークエンジニアの資格は業界にとって必要だと思う半面、以上で述べた問題点によりCCNAの資格の存在儀意に疑問を感じます。国産の代替資格の普及が望まれます。

また、スクール受講料ですが、60万円は取り過ぎです。
CCNAは確かにシュミレーション問題といった実機の設定を擬似的に行う試験があり、その配点が非常に高い事もあり、独学での受験は難しいかと思いますが、60万円はあまりにも高過ぎです。

ネットの取得体験者や評判としては、シスコ社の下位資格で登竜門的な資格に間違いはありませんし、簡単な方だと言った意見が多数を占めますが、Office系、ブラインドタッチのような資格と比較した場合、断然に難しい資格(特に昔のCCNAとは違い)だと理解して下さい。

そのスクールは考え直した方が良いかと思います。

CCNAはネットワーク機器最大手のシスコ社が主催するネットワーク系資格では一番メジャーな資格です。

但し、事務系のオフィス系とは全く異なった資格です。
謂わば、ルーターやスイッチの設定を行ったりLANケーブル引いたり、サーバーの管理したり。

ネットワークエンジニアとして働くのであれば、最低必須資格として認識され、これが無いとはじまりません。無くても働ける会社もあるでしょうけど。

ネットワークエンジニアとしては登竜門的な資格な訳で、他に上位資格も存在します。一昔前までは非常に...続きを読む

QネイティブVLANについて

よろしくお願いします。
ネイティブVLANについて教えてください。
フレームは、ISL トランク上でも、dot1q 上でも
タグ付けされないのでしょうか。
また、非トランキングホストもフレームを解釈できるのでしょうか。

Aベストアンサー

_| ̄|○

まさか、ISL はカプセリングなので、”タグ付けされない”と表現が間違い、と言うオチですか??

勉強し直してきます。。。

QルータでLAN側WAN側を同じネットワークアドレスにするとエラー

はじめまして。初心者です。ルータの機能について教えてください。
機種はcisco 1721です。

ルータの設定で以下のように間違えて設定したところ、エラーになりました。

 LAN側:IP 172.17.1.1 サブネットマスク 255.255.0.0
 WAN側:IP 172.17.2.1 サブネットマスク 255.255.0.0

 エラー: % 172.17.0.0 overlaps with Ethernet0

 *エラーの原因はネットワークアドレスが重複したためです。

「ルータとは、異なるネットワークアドレスを結ぶもので、
 WAN側とLAN側は同じネットワークアドレスではいけない」
という基本的な理屈は理解しています。

ここから質問なんですが、
 1.ルータ側で設定を禁止しないといけないものなのでしょうか。
   実際に運用するかは別として、上記のように使用してもルータに問題は
   無いように思うのですが

 2.上記のように同じネットワークアドレスに設定する方法はあるのでしょうか。
   それとも絶対に許されない設定なのでしょうか。

ルータの設計思想のような質問です。
勉強不足で申し訳ございませんが、ご教授をお願いいたします。

はじめまして。初心者です。ルータの機能について教えてください。
機種はcisco 1721です。

ルータの設定で以下のように間違えて設定したところ、エラーになりました。

 LAN側:IP 172.17.1.1 サブネットマスク 255.255.0.0
 WAN側:IP 172.17.2.1 サブネットマスク 255.255.0.0

 エラー: % 172.17.0.0 overlaps with Ethernet0

 *エラーの原因はネットワークアドレスが重複したためです。

「ルータとは、異なるネットワークアドレスを結ぶもので、
 WAN側とLAN側は同じネットワ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
>1
大多数のルータは、ネットワークのオーバーラップを避けるため、
警告メッセージを出します。


>2
基本的にはできても通信異常が起こりえるため、
設定できないのと同じ状況です。

--------------------
以下余談ですが、、、
仮にI/F1 で172.17.1.1/16 を設定した場合、
I/F1 が所属するNW アドレスは、172.17.0.0/16 になります。
この状態で、I/F2 に172.17.2.1/16 を付与できたとすると、
I/F2 の所属するNW アドレスも、172.17.0.0/16 になります。

そして以下のような構成を組んだ場合の通信を説明します。

[PC1:172.17.1.100/16]---[I/F1|ルータ|I/F2]---[PC2:172.17.2.100/16]

このとき、PC1 からPC2 宛ての通信を行うと、
以下のような通信フローが取られます。

1)PC1 からPC2 のMAC アドレスを取得するための
 ARP リクエストが送信されます。
2)I/F1 側にはPC2 がいないため、誰もARP の返答を返しません。

このときルータはI/F1 側のNW 内での通信のため、
I/F2 にルーティングしません。
そもそも、ARP はブロードキャストなので、
異なるNW に通信しません。


もし、以下のように適正に設定している場合は、
次のような通信フローがとられます。

[PC1:172.16.1.100/16]---[I/F1|ルータ|I/F2]---[PC2:172.17.2.100/16]

I/F1:172.16.1.1/16
I/F2:172.17.2.1/16

1)PC1 からPC2 宛ての通信は、ネットワークが異なるため、
 ルータのMAC アドレスを取得すべく、ARP リクエストが送信されます。
2)I/F1 でARP リクエストを受信したルータは、
 PC1 にARP リプライを送信し、MAC アドレスを知らせます。
3)PC1 は送信先のIP アドレスにはPC2 のIP ドレスを、
 送信先のMAC アドレスにはルータのMAC アドレスを入れ、
 ルータにデータを送信します。
4)ここで、ルータのARP テーブルにPC2 のIP と
 MAC アドレスが登録されていれば、
 そのままPC2 に送されます。
 登録されていない場合は、ルータがPC2 にARP リクエストを送信します。

こんにちは
>1
大多数のルータは、ネットワークのオーバーラップを避けるため、
警告メッセージを出します。


>2
基本的にはできても通信異常が起こりえるため、
設定できないのと同じ状況です。

--------------------
以下余談ですが、、、
仮にI/F1 で172.17.1.1/16 を設定した場合、
I/F1 が所属するNW アドレスは、172.17.0.0/16 になります。
この状態で、I/F2 に172.17.2.1/16 を付与できたとすると、
I/F2 の所属するNW アドレスも、172.17.0.0/16 になります。

そして以下のような...続きを読む


人気Q&Aランキング