少し前までは、売血というのがあったと聞くんですが
なぜ、なくなったのですか?いつなくなったのですか?
やはり、献血とちがって、売血をするひとは、貧しい
人に限られてしまうからなんですか?教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

えーと……未確認ですが、これはたしか暴力団の収入源の温床になったからだったと思います。


リンク先URLhttp://blog.goo.ne.jp/knockon1981/e/53f0cc0e5390 …

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/knockon1981/e/53f0cc0e5390 …
    • good
    • 0

昔はありましたネ。


問題となったのは、すでに書かれていますが、まずは『黄色い血』問題。立て続けの売血によって生計を立てている人まで現れ、黄色い血が社会問題となりました。
そして、感染症も。
日本では売血はなくなり、献血はボランティアとなり、見返りとなるのはジュースや粗品だけになりましたネ。
海外では今でも売血が行われている地域があります。ボランティアの献血を行える日本の環境(生活レベル等)は感謝すべきものでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

下記のサイトに詳しく述べられています。

ご参照下さい。その第6章の一部を引用しておきます。

「日本赤十字社が「正式に」献血事業を引き受けると宣言したのかどうか私は知らない。売血禁止令なるものが発令されたといううわさもついぞ耳にしなかった。ただ、日赤の資料には、昭和44年民間商業血液銀行は買血(売血)による輸血用血液の供給を中止。同49年、民間商業血液銀行が預血制度を廃止したことにより、献血100%体制が確立した、とある。
 私の知る限りでは、売血が世論に押されて消滅し、なし崩し的に日赤が献血事業をすることになったと理解するのが自然のように思う。」

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9043/baikets …
    • good
    • 0

売血は日本では1920年代に始まりました。


んで時は流れ朝鮮戦争中、需要が増大し結構いいお金になった様です。
が、lamuleさんやdeagleさんが言われている通り、血液自体の品質の悪化や暴力団や悪徳斡旋業者(売血を斡旋する業者:斡旋自他は当時合法)の問題が出てきました。
悪徳斡旋業者を取り締まる法律等も施行されたりしたそうですが、国際的にも日本の売血依存体質が非難されるようになり、(朝鮮戦争もその頃には終結しており)売血中止にいたりました。
また、売血によって集められた血液には、B型肝炎に汚染されている物が多かったのも、中止に至る一因となりました。
    • good
    • 0

父親から聞いた話ですが、確かに昔は血を売りに行ってたそうです。

でもお金になるからといって、一定の期間を置かずに売りにいっていたため、血の必要成分が、なくなって、血が黄色くなるので、そういう血液は困るので、売血は、なくなったと聞きました。なんか、そういう理由で、献血の時も一定期間置くと聞いたことがあります。
    • good
    • 1

 えーと……未確認ですが、これはたしか暴力団の収入源の温床になったからだったと思います。


 戦後間もない頃、毎日々々、血中成分の含有率が変化して病気になってもなお血を取られ続けた人がいて、その人が書いた本を読んだことがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血をしたことがあったら、献血手帳の備考という欄を見てください

献血手帳の献血記録の右に備考という欄がありますよね。

献血をすると、その備考欄に、例えば
96/67
という樣に数字を書かれることがあります。
この数字は献血をするときに測った血圧だと思います。
(多分、献血「後」の血圧ではなくて、献血「前」の血圧だと思います。
ま、いずれにしても「血圧」には変わりないですよね。)

この備考欄に血圧を、書かれるときと書かれないときがあるんですが、
どういうときに書かれて、どういうときに書かれないのかが
何回献血してもわからないのです。
書くか書かないのかは、何か基準があるのでしょうか。

血圧(うえ)が100を切ると書かれるのかなあと思ったんですが、
そういうわけでもなくて、100以上の数字が書かれていることもあります。


あと、この欄(備考)の血圧の数字って誰が書くのでしょうか。
献血する前に医師が血圧を測って検査用紙に記入するんですが、
その検査用紙に記入された数字を献血ルームのスタッフの人が書き写しているのでしょうか。

だとしたら、書かれるのか書かれないのかは、献血ルームのスタッフの気まぐれなのでしょうか。(←失礼な)

別に書いてあっても書いてなくても困るわけではないので、献血ルームの人に訊かないですけど、
今、過去の献血手帳を見返して疑問に思いました。

回答は臆測でもかまいませんが、その場合は臆測だと書いてください。

献血したことがあったら献血手帳を見ていただきたいのですが、
備考欄に血圧って記入されていますか?


私は東京都と自分の住んでいる県で献血をするんですが、
どちらの場合でも、書かれるときと書かれないときがあるんです。

献血の種類(全血・血漿・血小板)によるのだろうか、とも思ったのですが、
そうでもないようなのです。

献血手帳の献血記録の右に備考という欄がありますよね。

献血をすると、その備考欄に、例えば
96/67
という樣に数字を書かれることがあります。
この数字は献血をするときに測った血圧だと思います。
(多分、献血「後」の血圧ではなくて、献血「前」の血圧だと思います。
ま、いずれにしても「血圧」には変わりないですよね。)

この備考欄に血圧を、書かれるときと書かれないときがあるんですが、
どういうときに書かれて、どういうときに書かれないのかが
何回献血してもわからないのです。
...続きを読む

Aベストアンサー

私は献血を50回以上やっていて、要するに献血手帳が6枚目になっているんですが、新しい手帳に切り替わって最初の献血のときに血圧を書き込まれると、それを見て次の献血のときの係りの人が書くようです。手帳の途中でも、一回血圧を書かれるとそのあとはずーっと書いてあったりするんで、それから考えると、

・血圧を書くようにしている係りが少なからず存在する。
・それを見て、「血圧を書くものなのか」と思って書く係りも少なからずいる。

といったところではないでしょうか。
血圧だけでなく、比重とか、血液センター名を書かれることもあります。

Qやはり入院は無理なんでしょうか?

74才の実家の父です。血液のガンがおととし発覚し、入退院を繰り返し、月に2~3回通院しながらの自宅療養中です。血液内科のある病院は限られているのと、公立病院であり、長期に入院が認められません。当然治る見込みのない病気で、徐々に体力も、体の自由もきかなくなるままに、自宅で療養し、よほどのことがあったときだけ、入院するといった具合です。症状は、くの字に曲げてなんとか家の中を歩けるものの、パンツオムツをしないといけません。病気と薬のせいか、坐っていても、しびんでおしっこをとられながらも眠ったりします。薬としてモルヒネを常用しているので、その副作用もあるかと思います。体の節々が常に痛いようです。手もこわばってきています。そんな父を71才の母が介護しています。昨年は嫁ぎ先の義父のお葬式にもこれないありさまでした。母自身も当時ヘルペスを発症していました。このままいくと、共倒れになると心配でなりません。それで老人保健施設(医療措置がある)へのショートステイを利用するべく、先日、一度試験的に食事だけに行きました。すると、そこで食べた食事をもどし、帰宅してからも、もどしてしまいました。おそらく、病気もあるものの、精神的なもので、そういう施設に父が適応できなかったのだと思います。(行く前、本人は、お母さんも大変やからショートステイに行くと申していました。)母は、そんなことがあって途方に暮れています。体調も安定せず、薬の副作用で骨も弱っていて、ころんだり、けがをして出血すると命取りになります。それでも病院に入院できないことが本当は不服です。病院に入院してもらうほうが安心ですが、病気が特殊なので、他の民間の病院には入院できません。こんな状態でも、ショートステイもままならず、母が自宅介護を続けなければならないのでしょうか?それとも無理してでも父に施設に少しずつ慣れてもらうしかないのでしょうか?

74才の実家の父です。血液のガンがおととし発覚し、入退院を繰り返し、月に2~3回通院しながらの自宅療養中です。血液内科のある病院は限られているのと、公立病院であり、長期に入院が認められません。当然治る見込みのない病気で、徐々に体力も、体の自由もきかなくなるままに、自宅で療養し、よほどのことがあったときだけ、入院するといった具合です。症状は、くの字に曲げてなんとか家の中を歩けるものの、パンツオムツをしないといけません。病気と薬のせいか、坐っていても、しびんでおしっこをとられ...続きを読む

Aベストアンサー

お父様の介護・看護は大変なことと思います。
今の状況ではお母様の体も心配ですね・・・。

#1の方もおっしゃられているように、「療養型病床」のある病院でしたら、比較的長期の療養ができるように思います。
介護保険を使って入院する病床と医療保険を使って入院する病床があります。
ただ、あくまでも療養中心の施設ですので、病状によっては受け入れしてもらえないことも多いです。
お話を読んでると、血液内科のある病院でないといけないようなので、そうなると選択肢はかなり狭くなりそうですね。

在宅療養の仕方について、もう少し、病院側が親身になって相談に応じてくれないものでしょうか。
その病院に医療相談に応じているソーシャルワーカーなどがいれば、いちど相談してみるのも1つです。
公立病院なので、難しいかもしれませんが、ショートステイ的な扱いで短期間の入院をしてお母様の介護負担を軽減するなどもできればいいのですが。

病院で働いている私としては、医師・看護師・相談員などで支えていくべき患者様・ご家族に思います。

すでに老健のショートステイを試しに利用されているということなので、おそらく介護保険の要介護認定は受けられていると思われます。
在宅介護のサービスはご利用されてますでしょうか。
お母様の介護負担の軽減に、ホームヘルプや訪問入浴、訪問看護などは利用されれば、と思います。

また、今回のショートステイで体調を崩された原因をもう少し施設の方とも検討され、改善できる点などがあれば施設のスタッフにも協力してもらって、お父様の負担の少ないショート利用がもう一度できればいいのでは、とは思います。

ご家族の中だけで悩まれていると、本当に辛くなるかもしれません。
病院をはじめ、ケアマネージャー・老健施設・市役所・地域の在宅介護支援センターなどにできるだけご相談されてはどうでしょうか。

お父様の介護・看護は大変なことと思います。
今の状況ではお母様の体も心配ですね・・・。

#1の方もおっしゃられているように、「療養型病床」のある病院でしたら、比較的長期の療養ができるように思います。
介護保険を使って入院する病床と医療保険を使って入院する病床があります。
ただ、あくまでも療養中心の施設ですので、病状によっては受け入れしてもらえないことも多いです。
お話を読んでると、血液内科のある病院でないといけないようなので、そうなると選択肢はかなり狭くなりそうですね。
...続きを読む

Qバス酔いについて少しわがままなんですが

僕は普段バスに乗るときは酔いません。何もしていなくてただボーとバスに乗っているときはです。
しかし本を読んだりすると酔ってしまい吐き気がします。そこで教えてほしいのですが。

バスで読書をしても酔わない方法を教えてほしいです。
夜行バスを長時間乗る機会が最近多く、ただ乗っているだけでは暇なのです。読書ができれば、、、と思い質問してみました。ダメもとなのですが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2様の仰る着座位置と揺れの関係は重要です。それに付加するカタチで…
先ず、椅子に浅く腰掛けてください。背中は背もたれから離してください。それだけでかなり揺れを小さく出来ます。次に、肘は体幹から若干離し、上肢にも揺れを吸収させます。

また、空腹状態もダメですし、満腹過ぎても良くありません。
何もしていない場合と較べ、読書中は頚部や胴体が屈曲状態になるので、胃に圧迫をかけ易くなっています。
胃内容物が多ければ、それが揺れるたび腹壁にも反動で当たり、シェイクされてしまいます。
空腹ですと、胃液が濃くなっていますので、幽門閉鎖不全などにより食道に逆流する場合、刺激となり易いです。血糖値が低下していて、本に集中できない などというのも原因になり得ます。

#1様の言われているように、時々目を休めるのも必要です。

#3様の仰っておられるのは、内関(ないかん)というツボです。消化器官の過剰な動きを抑制するときに鍼灸などでよく用います。つまり酔止めというよりは、酔いによる嘔吐・吐き気による不快感防止に効果的です。(効く人には結構効果ありますが、効かない人には効果なし)参考URLにある「指3本」というのは人差し指・中指・薬指のことです。(親指でしたら2本分の幅)

#2様の仰る着座位置と揺れの関係は重要です。それに付加するカタチで…
先ず、椅子に浅く腰掛けてください。背中は背もたれから離してください。それだけでかなり揺れを小さく出来ます。次に、肘は体幹から若干離し、上肢にも揺れを吸収させます。

また、空腹状態もダメですし、満腹過ぎても良くありません。
何もしていない場合と較べ、読書中は頚部や胴体が屈曲状態になるので、胃に圧迫をかけ易くなっています。
胃内容物が多ければ、それが揺れるたび腹壁にも反動で当たり、シェイクされてしまいます。
...続きを読む

Q骨髄提供と献血

骨髄バンクに登録しています。
ドナーの候補者のひとりに選ばれた、という通知が来ました。

『説明書』に、貧血との関係で「コーディネイトが終了するまで、献血をお控えください」と在りました。
私は、1998年以来、75回献血をしてきました。
1月も献血の予約もしています。
予約の取り消しをしたほうがよいのでしょうか?
献血は、成分献血で、今まで貧血で撥ねられたことがありません。
それに骨髄を提供する事になるまで、5~6ヶ月かかるとの事。
大丈夫だと思うのですが?

Aベストアンサー

こんにちは。
私もよく献血(主に成分です)をしており、いずれはドナー登録もしたいと思っている者です。

専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、骨髄移植とは造血幹細胞(骨髄液)をドナーから採取し、患者さんへ移植することですよね?
献血の後は造血幹細胞が活発に働くのでしょうけれど、万が一、うまく働かなかったりして回復が後れては、いざ骨髄移植の際にドナーにとって大きなリスクを背負うことにもなりかねないからではないでしょうか。
また、これまでに貧血がなかったからと言って次も絶対大丈夫とはいえないと思います。
患者さんはやっとHLAの型の合う貴方と巡り会えたのです。
そのドナーに万が一のことがあれば患者さんの生命に関わる事だって予測されます。

それらの事よりコーディネーターからの説明では「控えてください」ということになったのではないかと思います。
「万難を排して」移植に臨むという感じでしょうか。 
私の拙い考えで書いたものですので、納得いかなかったり、もっと詳しく理由をお知りになりたければ、コーディネーターの方に質問されるのが一番だと思います。
どんな質問にでも真剣に答えてくださると思います(相手の患者さんを特定するような質問でない限りは)。

余談ですが、冒頭に書いたように、私もドナー登録したいと考えているのですが、
両親の同意が得られないため、登録できずにいます。
登録だけならとも思うのですが、移植が決まってから反対されては患者さんにも迷惑をかけることになるので、思いとどまっているところです。
それまでは、献血で少しでも役に立ちたいと思っています。

こんにちは。
私もよく献血(主に成分です)をしており、いずれはドナー登録もしたいと思っている者です。

専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、骨髄移植とは造血幹細胞(骨髄液)をドナーから採取し、患者さんへ移植することですよね?
献血の後は造血幹細胞が活発に働くのでしょうけれど、万が一、うまく働かなかったりして回復が後れては、いざ骨髄移植の際にドナーにとって大きなリスクを背負うことにもなりかねないからではないでしょうか。
また、これまでに貧血がなかったからと言って次...続きを読む

Q献血をはじめてする

今年の5月で20歳になりました。
せっかく20歳になったのだから、献血をしてみようと思うのですが、どうやって献血をするのか、全く知識がない状態です。
今日も外出したとき、家電屋の脇に献血カーが停まってて係の人が必死で宣伝(?)してたのを見たんですが、献血がどういうものなのかちゃんと理解してから行くべきやと思って見送りました。

そこで、献血について知ってること・気をつけるべきことを教えてください。具体的に聞きたいのは、

・献血するのに必要なもの(持っていかないといけないもの)
・献血に備え、しなくてはならないもの(よく検尿の前の晩って甘い物食べたらいけないってありましたよね?そういうのがあれば知っておきたいです)
・献血した後、体の状態がどうなるか(しんどくなる、とかなら覚悟しておきたいです。できれば体験談として聞かせてください)
・その他、みなさんの献血エピソード(こんな失敗しちゃった・こういう時はこうしたらいい…など、みなさんが献血やって感じたことを教えてください)

などです。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

必要なものはありません。
ふらりと立ち寄れば良いだけです。
ただ、献血の種類や混雑状況によっては時間がかかる場合があります。
甘いものも大丈夫ですが、
食事を抜いている場合などは貧血を起こす場合がありますので、
しっかりと食事をされてから行かれることをお勧めします。

あと、薬を飲んでいる場合は、種類によって献血が出来ない場合があります。
受付時に聞かれますので、正直に申告しましょう。
受付の方が判断して下さいます。

献血で特になにかが起こった事は無いのですが、
なぜか毎回、献血をした後はお腹が減るのが早いです。
やっぱり、減った分の血液を造るために消費しているのでしょうかねぇ?

あと、献血するなら献血カーよりも献血センターの方が良いですよ。
場所によっては色々と遊べます。

下記に日本赤十字の献血に付いてのHPです。
まずは一読されては如何でしょうか?

参考URL:http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報