祖父が肺がんの疑いがあり、高齢のため(84歳)手術やきつい検査を受けさせたくないのですが、どのような方法、治療など あるか教えてください。
また 最近 話題のアガリクスについても 情報をお願いします。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

肺癌の疑いとのことですが、きちんと病院へは行っているのでしょうか。


本当に肺癌であれば検査は組織型を決めるために生検などを行うことはありますが、肺癌かどうかというレベルであればCTなど苦痛のほとんどないものでほぼ診断がつきます。
治療法については基本は外科的切除になります。もちろん組織型や、進行の具合によっては出来ない場合もありその時は放射線や化学療法が中心となります。そういったことは専門医の先生とご相談下さい。
高齢のため手術を受けさせたくないとのことですが、その思いが患者さんの寿命を縮める事にもなりかねません。また積極的に治療が出来ない状況でも放射線やお薬により苦痛を軽減することも出来ます。早期に治療を開始してください。
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日から検査のため 入院します。 詳しい事はあまり 親から聞いてないのでどのような検査をするのかはわかりませんが、よい方向に向かってくれる事を願ってます。 回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/18 09:27

おじいちゃんのこと心配との気持ちお察し申し上げます。


以下の参考URLサイトは「国立がんセンター」のサイトです。
肺癌では組織型により治療法が異なります。
以下のサイトはリンク集で纏まってます。
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)
関連質問が以下のサイトにあります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=24982
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27572
雑誌等で話題になっているものはしっかりした評価が確立していないのに効果を宣伝している場合がありますので、
やはり癌専門医に相談される事をお勧めします。

ご参考まで。
お大事に。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきましてありがとうございます。
早速参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/17 13:58

下記のページが参考になりませんか。



第一線の医師が答えるがんhttp://www.akiba.gr.jp/tcp/ebm37.htm

http://www.nikkansports.com/news2/health/01/heal …

漢方薬によるがん患者の症例1
http://miyukinokampo.com/case1.html

http://home.catv.ne.jp/dd/kiri/gann/syokuhin/nin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 参考にさせていただきます、

お礼日時:2001/01/18 09:25

アガリスク茸や霊芝よりも免疫力が高く、最近ガン治療にも効果があるとして学術的にも裏付けされた「メシマコブ」というキノコが韓国を始め日本でも100以上の病院で使われています。

詳しくは下記の参考URLをご覧になって下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27572
    • good
    • 0

高齢者(84歳)とのこと、手術とか、放射線治療、抗ガン剤投与等には体力的には、持たないのではないでしょうか。


今とれだけの進行状況か解りませんが、リンパ腺等に転移はないのでしようか!?、転移などが有ればその進行状況に応じた治療がされると思いますが。
 貴方が、求められておられる、アガリスク(レイシ茸)から作られた物ですが、一般に市販されておりますので、購入が出来ます。
高齢であるために、癌の進行は、遅いと思いますが、薬草で対応した方が、本人もくつうを感じなくて済みますので、ここに「ニチニチ草」・ブロッコリ-ス-プ・ジャガイモ汁等での処置が良いと思いますので、この方法を進めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薬草ですか、ありがとうございます。 参考にさせていただきます。
本日から入院です。 いろいろと 私のできることをしていきたいと思っています。
回答してくださった皆様本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/18 09:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。 理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なの

母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。
理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なのに肺がん以外に何か異常があるとなると何が考えられるのだろうと余計に心配してしまいます。
母はこれまで乳がんやポリープが見つかったりしています。
骨に見つかったのかな?などと考えてしまうのですが…肺がん以外とはどういったことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

脊椎の側弯、心肥大、大動脈の石灰化、肺の古い炎症の後、胸膜肥厚。

 いろいろ考えられますよ。

Q肺がんの疑い

50才代の夫ですが、先日CT検査の結果、「肺がんの疑いがあるかもしれない」ような事を、言われました。
このCT検査で疑いを持たれた人の内、どれぐらいの割合で、肺がんと、確定されるのでしょうか?
ぜんぜん、違うという人もいるのですか?

Aベストアンサー

内科医です。
「ドッグの健診」での肺ガン健診でしょうか?
最近は、これまでの「単純レントゲン撮影」に加えて「CT撮影」での
健診が増えてきました。
そのため、大きさが数mmの本当に小さな病変まで拾い上げる事が
できるようになりました。
ほとんどは、「良性の古い炎症の瘢痕」で、実際の肺ガンはそれほど
多いものではありませんので、あまり心配しないで下さい。
(何%とかの数字は、健診の母集団の割合などでも違いがでますので・・)
経過観察で良いか、更に精密検査が必要かの指示がありますので、
それに従って心配せずにいて下さい。
(心配して、再検査を受けない事の無いようにして下さい)

Q80歳祖父の再発肺がんの治療について

80歳の祖父が肺がんを患っています。

経緯としては右肺の原発がんを手術し取り除き、
次に左肺の原発がんを陽子線治療で治し(3月の検査で完治を確認)、
7月の検査で今度は右肺にがんが再発(右肺多発結節)していることが分かりました。
右肺は一度切っているため今回は手術は無理ということと、
小さながん細胞(最大で5mm)がいくつかあるということで
陽子線治療もできないとのことです。

陽子線治療を行ったがんセンターの主治医からは、
抗がん剤での治療(過去に喉頭がんも患っていたため放射線治療ができない)を勧められたようですが、
今は免疫療法などの代替療法も盛んになってきているので、治療方法について悩んでいます。
私の祖父の場合どのような治療が望ましいのでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

右肺手術、左肺陽子線、その後右に多発再発ということですね。
抗癌剤は年齢的にも厳しいでしょう。しかしこれだけ次々に肺癌が
でてくるということは遺伝子レベルでの変異の可能性もあります。

遺伝子治療とピンポイント放射線治療に特異的免疫治療の
併用の可能性があります。これらを併用すると、放射線障害が
生じない線量での治療が期待できます。

Q今年86歳になった祖父の肺がん

私の祖父は、一年に一回の健康診断で肺に白い影が映るということで、紹介状を書いていただき、県立病院へ検査に行きました。
その結果肺がんでした。
1期~2期ぐらいの進行状況だと聞かされました。
しかし、祖父は86歳という高齢のため手術や抗癌剤はもちろん、細胞を採って調べる検査すら体力が持たないと言われました。

「個人差はありますが、半年から一年の間に痛みが出てくるでしょう」
と言われました。
今は、おじいさん本当に病気なの?と言いたくなるくらいご飯はお茶碗に大盛り食べるし、いつも鼻歌を歌っています。
そんな姿を見ていると、このまま何もしないなんて耐えられません。

私の叔父が肺がんで亡くなった時のことを思い出しました。
スポーツマンで筋肉が立派な体が抗癌剤でボロボロになっていくのを見ています。
それを思い出すと、祖父に治療が耐えられるとは思いませんが、少しでも長く、痛みを感じないで長生きして欲しいです。

私が住んでいるところは田舎なので、進んだ医療が身近にある訳でもありません。
皆さんの意見を参考に見てみましたが、とても祖父を連れて行ける状況ではないので実行できませんでした。
皆さん何か良いアドバイスがありましたら是非教えて下さい。

私の祖父は、一年に一回の健康診断で肺に白い影が映るということで、紹介状を書いていただき、県立病院へ検査に行きました。
その結果肺がんでした。
1期~2期ぐらいの進行状況だと聞かされました。
しかし、祖父は86歳という高齢のため手術や抗癌剤はもちろん、細胞を採って調べる検査すら体力が持たないと言われました。

「個人差はありますが、半年から一年の間に痛みが出てくるでしょう」
と言われました。
今は、おじいさん本当に病気なの?と言いたくなるくらいご飯はお茶碗に大盛り食べるし、...続きを読む

Aベストアンサー

平成18年簡易生命表によると、日本人男性の平均寿命は79.00年だそうです。85歳男性の平均余命は6年とされています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life06/01.html
愛する人が病気になることは、悲しいことですが、十分に長く生きることができてきると思います。

さて、細胞をとる検査が体力的に難しいということでは、癌かどうか診断できない状態だと思います。
肺癌の診療ガイドラインでも、組織もしくは細胞診断は治療開始前に行うよう強く勧められるとのことです。
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0007/1/0007_G0000073_0022.html

癌と診断できなければ、もしも癌でなかった場合に、副作用を伴う治療を行うということになり、ある意味傷害です。

質問者さんの長く生きて欲しいという気持ちは分かります。
ところで、当事者の祖父はどのように考えておられるでしょうか?
祖父のお友達とかはご健在でしょうか?
奥さんはご健在でしょうか?
そろそろ自分の番かな??なんてことは、おっしゃられていませんか??
癌と戦わず、癌の根治を目指さないのも、一つの方法です。
癌の根治ができても、その間に他の病気や治療の副作用で悩む場合もあると思います。
癌と共存し、痛みが出れば、痛みの緩和を中心にした医療というのも一つの選択なのかもしれないなって思います。

残念ですが、癌がなくても、85歳の男性の余命は統計的には6年です。
治療の選択で考えたくないことかもしれませんが、頭の片隅においてください。

補足ですが、科学的に余命延長効果が証明されていない代替治療を試す金銭的な余裕があるなら、そのお金を温泉旅行とか余生を楽しむことに使うほうが個人的にはいいかなって思います。

平成18年簡易生命表によると、日本人男性の平均寿命は79.00年だそうです。85歳男性の平均余命は6年とされています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life06/01.html
愛する人が病気になることは、悲しいことですが、十分に長く生きることができてきると思います。

さて、細胞をとる検査が体力的に難しいということでは、癌かどうか診断できない状態だと思います。
肺癌の診療ガイドラインでも、組織もしくは細胞診断は治療開始前に行うよう強く勧められるとのことです。
http://minds.jcqhc....続きを読む

Q高齢の父が肺がんのようです。

85才を過ぎた父が肺がんになってしまいました。
4年前から透析をしていますが、ぼけもなくいたって元気です。
お医者さんは、高齢だし透析患者だし治療はしない方がいいでしょうとのことでした。
副作用によってかえって寿命を短くしてしまうからとのことです。
父にどう伝えようか家族で話合いましたが、何がベストなのか回答はわかりません。
父は病院に行くのが好きなので、問題ないよと家族が嘘をついても自分で他の病院に行って
きっと調べてもらうので、嘘がばれてしまいます。
お医者さんが、高齢の透析もかなりリスクがあるので、寿命を透析で迎えるかがんで迎えるかは
あまり意味がないでしょうと言いました。
聞いたときは、何を言うんだと憤りましたが、冷静に考えると一理あるようにも思えます。
父にどのように伝えればいいのかが最大の悩みですが、今回の件でいろんな疑問がわきました。

・レントゲンには素人の私でもわかる影がありました。でも透析している病院では数ヶ月に一度レントゲンをしています。もっと小さい時に気がつかなかったのは見落としではないでしょうか。
見落としでないなら健康診断で年1回のレントゲンは意味があるのでしょうか。

・気管支内視鏡の生険は大変だと言われたのですが、なぜしっかり麻酔してやらないのでしょうか。
麻酔も危険性はあると聞きますが、手術は全身麻酔でするなら同じだと思うのですが・・・

・ガンセンターなどへの紹介は頼めばしてくれるのでしょうか。お医者さん自ら行って下さいということは無いのでしょうか。ガンセンターには放射線とかの最新の設備があると新聞などに書かれていますが、保険外だとお金もちしか出来ないし、順番はどのように決まられるのでしょうか。

・いろいろネットには情報があふれています。便臭がきついので豆乳ヨ-グルトと春うこんはやってみようと思います。気休めでも何かはしたいです。お勧めがあれば教えて下さい。

・父は透析で入院して退院した当初はお医者さんの注意事項を守っていましたが、いまは自分の好きなものを食べて私より食欲があります。生険はしていなのでがんかどうかわからないけど、がんだとしても副作用で寿命が短くなっても意味がないので、このままがんばろうと言うつもりです。いろいろ悩みましたが他に言い方が見つかりません。みなさんはどう思われますか。

・姉から言われました。父より私の方が心配だと・・・なるようにしかならないのだから、気にし過ぎるなと。実際私よりも随分若いお医者さんと看護婦さんの前で泣いてしまいました。
これは性格だと思うのですが、もっと精神的に強くなるにはどうしたらいいでしょうか。

最後は自分のことになってしまいました。
質問なのか愚痴なのかおかしな文章になってしまいました。
正直気持ちが参っているので、みなさんの良い話を聞けるとうれしいです。

85才を過ぎた父が肺がんになってしまいました。
4年前から透析をしていますが、ぼけもなくいたって元気です。
お医者さんは、高齢だし透析患者だし治療はしない方がいいでしょうとのことでした。
副作用によってかえって寿命を短くしてしまうからとのことです。
父にどう伝えようか家族で話合いましたが、何がベストなのか回答はわかりません。
父は病院に行くのが好きなので、問題ないよと家族が嘘をついても自分で他の病院に行って
きっと調べてもらうので、嘘がばれてしまいます。
お医者さんが、高齢の透析...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)何がベストなのか回答はわかりません。
(A)このような問題に、何がベストなのか、という答えはありません。
ご本人が、ご家族が出した答えが、ベストなのです。
でも、大切なことが一つあります。
それは、何を基準にして考えるか、ということです。
そして、何を基準にすべきか、ということを考えることです。

本来、宗教はこのような時に役に立つのですが、
日本では、多くの人が「無宗教」状態で、心の支えになるような、
判断基準となるような宗教の規範を持っていません。
なので、ご自分で、何を基準にするのか、
考え、決めなければなりません。
そして、その基準は、お父様が亡くなるまで、
いや、ご自身が亡くなるまで、基準となるものです。

(Q)レントゲンには素人の私でもわかる影がありました。でも透析している病院では数ヶ月に一度レントゲンをしています。もっと小さい時に気がつかなかったのは見落としではないでしょうか。
見落としでないなら健康診断で年1回のレントゲンは意味があるのでしょうか。
(A)見落としがあるのか、ないのか、
それは、カルテ(X線写真を含めて)を見ることによってのみ
確かめることができます。

ですが、考えても見てください。
今、それを論点にして、何の意味があるのでしょうか?
すでに起きてしまったことです。
見落としだと証明すれば、お父様の病気が良くなるなら、
ぜひともそうすべきですが、それを「今」、証明しても、
何の意味があるのでしょうか?
医師との関係が悪くなるだけではありませんか?
つまり、この疑問を明らかにするのは、もっと後からでも十分に
間に合います。
カルテの保存期間は、5年です。
今は、別にするべきことがあるのではないでしょうか。

(Q)気管支内視鏡の生険は大変だと言われたのですが、なぜしっかり麻酔してやらないのでしょうか。
麻酔も危険性はあると聞きますが、手術は全身麻酔でするなら同じだと思うのですが・・・
(A)治療をするならば、気管支鏡で細胞を取ってきて、
どのような癌なのか、どのような抗がん剤が効くのか、
確かめる価値があるでしょう。
しかし、治療をしないならば、苦しい思いをさせて、
気管支鏡をする意味がない。
全身麻酔で、その時の苦しみは感じなくても、
気管支を傷つけるので、検査後の苦しみはなくなりません。

(Q)ガンセンターなどへの紹介は頼めばしてくれるのでしょうか。お医者さん自ら行って下さいということは無いのでしょうか。ガンセンターには放射線とかの最新の設備があると新聞などに書かれていますが、保険外だとお金もちしか出来ないし、順番はどのように決まられるのでしょうか。
(A)医師が自分から行ってくださいと言うのは、
自分で治療ができない場合だけです。
治療するかしないか、まずは、それを決めるのが先です。
それを決めるための助言が欲しいならば、
セカンドオピニオンを受けてください。

セカンドオピニオンを誤解している人が多いので、一言。
セカンドオピニオンとは、現在の主治医から、診療データを借りて、
別の医師に見せて、書類上の診察を受けることです。
だから、セカンドオピニオンなのです。
自由診療なので数万円かかります。
書類上の診察なので、その場で結論がでます。
セカンドオピニオンの意見は、患者だけでなく、
主治医にも伝えられます。
患者は、主治医のところに戻って、セカンドオピニオンの意見も
踏まえて、治療について、再度、医師と話し合うことになります。
これが、セカンドオピニオンです。
勝手に別の医師の診察を受ける、
または、紹介状をもらって、転院する
と言うこととは、根本的に違います。

(Q)みなさんはどう思われますか
(A)他人の意見なんて、どうでもよいことです。
基準を見つけて、ご自分の信念を固めてください。

(Q)もっと精神的に強くなるにはどうしたらいいでしょうか
(A)そんな方法があれば、誰も苦労はしません。
でも、一言。
質問者様は、悩んでおられますが、それは弱いこととは違う。
人のために何をすべきか、どうすべきか、迷うことは、
実は、とても強いことです。
自分のためではなく、他の人のためを考えるのですから。

精神的に強いと悩まないのですか?
それは、強いのではなく、鈍感、無慈悲ということでは
ありませんか?

最後に、「サイコオンコロジー」と「医療コーディネーター」
という言葉を検索してください。
何かの時、役に立つかもしれません。

(Q)何がベストなのか回答はわかりません。
(A)このような問題に、何がベストなのか、という答えはありません。
ご本人が、ご家族が出した答えが、ベストなのです。
でも、大切なことが一つあります。
それは、何を基準にして考えるか、ということです。
そして、何を基準にすべきか、ということを考えることです。

本来、宗教はこのような時に役に立つのですが、
日本では、多くの人が「無宗教」状態で、心の支えになるような、
判断基準となるような宗教の規範を持っていません。
なので、ご自分で、何を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報