就職・開業に有利な資格は何でしょう?

いくつがあるうち、自分にできる(人生観にも合う)ものがあると嬉しいのですが。

医師・歯科医師ならば、定年退職後でも入学し直して開業・就職しているようですが、・・・・・・(お金と時間がかかりすぎます。難しさは私立ならばなんとか・・・)

とりあえず、自分一人、生活可能な収入をほぼ確実に得られる資格は何でしょう?
2、3年くらいまでならば学生に戻っても、浪人しても、あるいはアルバイトしながらでも頑張ってみたいのですが。

追伸  農業、というのは無理。足が悪いので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

資格=即就職、というのは、ナンセンスな考えのように思います。



が、こんな例もありますので、ご参考までに。

家の母は、栄養士の資格をを学生のときにとり、
40歳過ぎから、障碍者用の施設で、
栄養士の資格が認められて、給食作ってました。
で、何年か働くと、「調理師免許」の、
受験資格が得られるので、調理師免許をとりました。
その前にも、いろいろ働いていましたけど、
調理師免許とったのは、40歳過ぎてからです。

最初に、「経験ありき」の資格の例ですね。

これだと、お料理好きな方なら、
男性でも、女性でも、
あとは、衛生面や、経営の仕方さえ学べば、
ご自分で、開業できるとおもいますし、
(資金は別として(-_-;))

給食センターや、企業の食堂なんかでも働けると思いますけれど。
50歳代くらいの方、結構働いてらっしゃいますよ。

あまり年齢にこだわられない方がよろしいように思います。
たしかに、求人は少ないみたいですけど、
ご自分で年齢にこだわっている時点で、
ご自分でご自分をしばってらっしゃるみたいに思います。

まずは、行動を起こされてみてはいかがでしょうか?
もうすぐ、50歳代ということであれば、
ご自分の興味のあることは大体わかってらっしゃるんじゃないかと思いますが。
    • good
    • 0

過去のログを拝見いたしました。


50歳、女性ということで、就職するにもかなりのご苦労がおありかと思います。
そこで就職に有利で開業も視野に入れた資格取得を目指しておられるものと思われますが、そういうことでしょうか。私のような若輩者がおこがましいのですが、隣の部署がヒューマンリソースの部署なので、門前の小僧のつぶやき程度に。

資格にこだわるのであれば、まず、near50さんの、今までのキャリアから考えてみてはいかがでしょうか。今までのキャリアを通して様々な技術(スキル)や気づき(ナレッジ)、あるいは人脈などの蓄積がありませんか。それらを生かして、延長線上に資格があれば、若い資格ホルダーでは持ち得ないnear50さんの強みになるのではないでしょうか。資格ホルダーもかなりの数いますので、資格ホルダーの中での競争になって、結局、自分のアピールポイントを持った強いものが就職できるし、独立できる傾向にあります。(例えば若い、金融システムに強い、新聞にかけるくらい文章力がある、人の話を聞いてアドバイスするのが得意、とか)まして50歳という年齢を考えると資格をもっているだけでなく、プラスアルファでキャリアを活かした強みがないとどの資格も厳しいんじゃないでしょうか。
ご自分のキャリアの棚卸をなさってみて、何が強みか、この強みを生かすとしたらこういうことのできる資格じゃないか、というところまでもっと突き詰めてみてはいかがでしょうか。

これは個人的意見ですが、資格にこだわらず、例えば自分は料理が好きで、今の包丁一本つかえない若い女性対象に料理教室を開こう、とかではだめなんでしょうか。自分のポリシーと経営的センスが必要ということでは、資格取得して就職、独立でも、料理教室に就職、独立も同じくらい大変だと思います。

門前の小僧としては、自分のキャリア、スキル(技術)、ナレッジ(気づき)から自分が社会に対してどういう働きかけができるかを考えて、自分のできること、自分なりの強みを生かして就職あるいは独立することをアドバイスいたします。
    • good
    • 0

資格というのはその分野での基本的な知識及び技術を持っているって認識です。



実際、資格を持っている人と持ってない人では、持っている人の方が有利ですが、
大した差ではないですし、例えば入社試験とかで全く同レベルと判断された二人
が居たとしたら、資格持ってる方を採ろうかなくらいのもんです。

無論、レベルの高い資格を持っていればそれなりの評価はもらえますが、
やはり一線で活躍し収入を得るには経験が必要不可欠ですね。
資格は持ってるに超したことはない程度に考えている人がほとんどです。
企業によっては資格手当てによって給与が増える事もありますが、
下手に知識だけを身につけていた場合は、諸刃の剣となるので注意が必要です。

まずは自分の進むべき道を定め、その道の経験を積むと良いでしょう。
資格を取るのは、今自分がどのレベルまで達したか確認する為に採れば良いかと。
俺の知る限り、最初から資格にこだわる人は頭が固く、柔軟な思考が出来ない人が
とても多いです。そうなるとは限りませんが、気を付けてくださいね。
    • good
    • 0

以前されていた質問のパート2ですね。



結論から言って、「資格さえあれば黙ってても収入がある」ものは
ありません。

おっしゃる「医師」や「弁護士」でも、資格を取ったとたんに生活可能な
収入をほぼ確実に得られる保証はありません。それ以外の資格なら
なおさらです。

おっしゃっていることが実現可能なら、全ての人がそうしているでしょう。
また2~3年勉強して資格を取得しても、同じ資格を持っていて、かつ経験が
豊富な人や、若くて賃金も安く済む人などが競合しますよ。

「資格取得」イコール「ばら色の人生」というふうに考えないほうが結局
得策だと思いますけれども・・・。

資格のいらない仕事の方が求人が豊富だと思うし、仕事を選びすぎなければ
いいのではないでしょうか?

ハローワークとかに相談されることをお勧めします。

osapi124でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆さんは、望んだ仕事につけて楽しく過ごせてますか? 転職活動中ですが、希望の職を探すよりとりあえずな

皆さんは、望んだ仕事につけて楽しく過ごせてますか?
転職活動中ですが、希望の職を探すよりとりあえずなんでも始めるのがいいのか悩んでます。35歳です。声がかかってるとこもあるのでどうしようかと…

Aベストアンサー

文面からすると現在失業中で 希望の職を探しているが 関係ないところより声が掛かっているということですよね
ココのQ&Aをみていても 希望の職に勤めたが勤務条件が悪く退職したいが どうすべきかとの質問もあります。
ということで 臨んだ仕事についても 楽しく過ごせるとは限りません。
私は 特に希望したわけでもなく なんとなくの流れで仕事に就きましたが そのうちその仕事が好きになり 結果として それなりの出世をして 楽しく過ごしたことになります

Q57歳定年で再就職に役立つ資格を教えて下さい。

 現在、54歳で金融機関の支店長をしております。定年は60歳ですが57歳で役職定年で退職しようかと考えております。現在持っている資格は、危険物(乙第四類)、LPガス販売主任者、LPガス設備士、宅建です。実務経験は、宅建7年、LPガス関係6年です。両方とも実務は経験しております。加えて仕事柄金融関係の知識はあります。57、60歳を見据えて再就職が出来るよう資格を取得したいと思っています。有利な資格、これから有望な資格(国家・民間資格を問わず)を教えて下さい。希望としては不動産関係(賃貸業も含め)、税・法務関係です。是非実際に役に立った例とが求人の重要などを参考に入れてご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

知り合いの方が
脱サラ後、貿易会社をやってて、今は行政書士を取得し、主に外国籍の方相手にやってます。
たぶん60歳前後の方です。
よく行政書士は儲からないと言いますがその方のメインは元々貿易なので十分食べていけますし、
もともと法律や外国相手のことが好きな方なので喜んで働いてます。
そして好きで頑張ってやってる以上、お客さんに喜ばれることも多く、
徐々に行政書士の仕事も増えてきているようです。

社労士は市役所の臨時雇いなどが増えてますね。

たぶん
「65歳までは働く」
「若い時のようにハードにやるほどではない」
「交通整理などの肉体労働は避けたい」
ってのがこの世代共通の考え方だと思います。
上記は高額収入ではないですが、それなりの収入を見込めるのでアリじゃないかと思います。

あとコンサルの先生とかいましたね。
地方の役所の技官のOBです。一種の天下りですねw
見た感じとてもその人に能力があるわけじゃないと思うんですがw、
ゼネコンとか信金の顧問とかやってます。
役所は大型案件が多いですし、役所OBなので、役所との顔つなぎが出来ますから、月何万か払ってでも役員とか顧問にするメリットが結構あるんでしょう。

知り合いの方が
脱サラ後、貿易会社をやってて、今は行政書士を取得し、主に外国籍の方相手にやってます。
たぶん60歳前後の方です。
よく行政書士は儲からないと言いますがその方のメインは元々貿易なので十分食べていけますし、
もともと法律や外国相手のことが好きな方なので喜んで働いてます。
そして好きで頑張ってやってる以上、お客さんに喜ばれることも多く、
徐々に行政書士の仕事も増えてきているようです。

社労士は市役所の臨時雇いなどが増えてますね。

たぶん
「65歳までは働く」
「若い時の...続きを読む

Q定年退職後が心配です。定年後はどんな仕事があるのでしょうか?

定年退職後が心配です。定年後はどんな仕事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・公務員の役職付きなら、定年前に天下り先を確保
・特殊技能があるならシルバー人材センターに登録
・送迎の運転手
・清掃作業員
・定年後職安の相談員に相談する
・自分で起業する
・議員に立候補
・NPOを立ち上げて、役員報酬をもらい、ボランティア募集と称して合法的に従業員にはただ働きさせる。
 ボランティアは失業者を増やす理由でもあります。
・料理店用の葉っぱひろって、年収1000万円の地区がありましたよね
 あそこに相談して、移住するのもありですね。

番外編として
・生活保護でらくらく生活

Qアルバイトならば首切りやすいが、正社員、公務員の正職員で芽がでなくて我慢してもどれくらいならばがまん

アルバイトならば首切りやすいが、正社員、公務員の正職員で芽がでなくて我慢してもどれくらいならばがまんできる?壮絶、歴史があって大手企業でも。

Aベストアンサー

就業規則というのをご存じではないのでしょうか。そこに解雇の要件が書かれていますが。

Q夫婦で開業、コンビニ開業のリスクは

国立大学移転のため人口急増地であり、開発が続く地域で
大手コンビニのオーナー募集に応募するつもりですが(最初に400万ぐらい
かかるタイプ)            
小学3年と4年の子供がおります。夫婦で経営は困難でしょうか。
また今の時代リスクが大き過ぎますでしょうか。

Aベストアンサー

まず 近くにライバル店があるか どうかです
それをクリアできてれば 最初はいいかもですね
でも 学校近くにあれば 万引きなどの被害もあります これが結構キツイらしいですよ
繁盛すれば そのうちライバル店も 出来るでしょうし
今は 中々厳しい時代のようですよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報