どうしてアフリカのサハラ砂漠は、北緯10度から30度のあたりに集中してあるのでしょうか?

赤道直下にないのはなぜ?

A 回答 (4件)

再度の回答です。


おっしゃるとおり、
> 上空の気圧の低下において凝固点に達し雲になり雨を熱帯雨林に降らす。
で良いと思います。
なぜ、サハラ砂漠ぐらいで空気が降下するのかと言うことですが、
基本的に赤道で暖められた空気は、温度の低い極の方向に向かおうとします
これが「大気の大循環」です。
しかし、地球は自転していますので、極に向かって吹く風は北半球では左に、南半球では右に曲げられてしまいます。
そして、緯度が30度ぐらいでは空気の流れが緯線と平行になってしまうのです。
ですので、この付近に空気のたまり場ができて高気圧帯を形成するというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました!

お礼日時:2002/06/06 18:25

砂漠と赤道を関係付けるのはどうかと思います。

砂漠化の原因はいろいろ考えられますが、主な原因は次の三つではないでしょうか。

1.地球規模の気候変化
2.地勢の影響(水分を含んだ雲が高い山脈に遮られる)
3.森林の破壊(森林の破壊により水が保持されず流れてしまう。土砂も流れ荒れ果てた土地となる)

砂漠はヨーロッパを除く各大陸にあります。アメリカの南西部、ラスベガスやフェニックス(アリゾナ州)近辺の広大な砂漠は上記の2)が原因だと思います。
他にも中国、モンゴル、オーストラリア、南米のチリ、アルゼンチン、ペルーなどに砂漠が広がります。No.3の人為的な砂漠はアジア、南米、アフリカなどで広がっています。ご存知かと思いますが、砂漠とは耕作に不適な土地のことで、砂の荒地と理解しているのは身近に砂漠を知らない日本人だけ(極論すれば)です。砂漠は多様です。

サハラ砂漠がどのように出来たか調べる暇がありませんが、緯度に拘るのはどうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

>サハラ砂漠がどのように出来たか調べる暇がありませんが、緯度に拘るのはどうかと思います。

でも、10度から30度の地域に帯状に広がっているのはなぜでしょう?緯度のことに関心が行ってしまいます。

「砂漠=耕作に不適な土地」
という、定義は知りませんでした。

僕自信サハラ砂漠に行ったことがあるのですが、あまりにも広大な砂漠であるため、自分の目で見た情報量から全体像を想像するのは不可能に思えました。
やはり、砂の砂漠と岩石、ごつごつとした荒野が広がっていましたね。

お礼日時:2002/06/03 20:33

砂漠は北(南)回帰線上に多かったと思います。



確か、夏至の太陽が真上にくるとか何とかで一番暑くなると
聞いたことがあります。
もちろん気温は海流、地形、その他いろんな要因で決まるので
一概にはいえませんが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/03 20:48

雨が降るのは雲があるからで、雲は上昇気流のあるところにできます


赤道付近では、空気が温められて上昇するので雲ができ雨が降りやすくなります。
一方この上昇した空気は、緯度の高い方(サハラ砂漠など)にながれていって、下降してきます。(この上昇から下降までの流れを大気の循環といいます)
つまり、このような下降してくるところでは、雲ができないので雨が降らないわけです。
基本的な高気圧と低気圧の性質に大気の循環を考えると、このような現象をいうことができるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。

という事は、赤道直下のザイール付近で暖められて上昇した大気は、上空の気圧の低下において凝固点に達し雲になり雨を熱帯雨林に降らす。そして、水分の減少した大気が緯度の高いサハラ砂漠に下降していくということですね。

なぜ、サハラ砂漠に下降するのか。
また、サウジアラビアの砂漠や内陸のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠についてはどのようになるのでしょう?

お礼日時:2002/06/03 18:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNASAが火星探査機の画像 「まるで砂漠」

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は11日、無人探査車「キュリオシティー」が撮影した火星のゲイルクレーターの新たな画像を公開した。岩石が散らばる荒野がクレーターの縁まで続く様子に、NASAは「米国の南西部にある砂漠と非常によく似ている」としている。

 キュリオシティー上部のマストの先端にあるカメラで9日に撮影したカラー画像のうちの1枚。

 ゲイルクレーターの内壁の一部には、過去に存在した水による浸食活動で数々の谷がつくられたとNASAの研究者は考えている。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/318242

 これって、
火星も大昔は、地球と同じような星だった可能性があるってことでしょうか?
地球の未来もこのような砂漠の星になる可能性があるそうです。1000年後の地球。
当然、人類絶滅しているでしょうか。1000年後。生物すら、動植物すら、存在しない世界。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>火星も大昔は、地球と同じような星だった可能性があるってことでしょうか?

例の人面岩はどうなった?
谷だか河だかそんなのはどうでもいい。あれこそ火星に人がいた証左であろう?
地球が存在していたかどうかわからないころ、確かに火星に人はいたが、残念ながら滅んでしまったわけである。

>地球の未来もこのような砂漠の星になる可能性があるそうです。1000年後の地球。

そうならないような地球を皆で守っていくことが肝要である。われわれは、「人間の活動による環境への負荷によって損なわれるおそれが生じてきていることにかんがみ、現在及び将来の世代の人間が健全で恵み豊かな環境の恵沢を享受するとともに人類の存続の基盤である環境が将来にわたって維持されるように適切に行われなければならない。 」(環境基本法3条)
人類にはそれだけの理性はあろう。まちがっても、砂漠の荒野をモヒカンがヒャッハーするような世界になってはならぬ。

>当然、人類絶滅しているでしょうか。1000年後。生物すら、動植物すら、存在しない世界。

1000年後程度だとまだ、よほどアホなことしてない限り、人類は大丈夫じゃろうな。1億年とか、10億年とかそういうのになると滅んでるかもわからん。昔、地球の歴史というドキュメントみたけど、全休凍結とか隕石衝突とか、スーパープルームとかそういう大異変が起きるととても生き延びられないような気がする。

>火星も大昔は、地球と同じような星だった可能性があるってことでしょうか?

例の人面岩はどうなった?
谷だか河だかそんなのはどうでもいい。あれこそ火星に人がいた証左であろう?
地球が存在していたかどうかわからないころ、確かに火星に人はいたが、残念ながら滅んでしまったわけである。

>地球の未来もこのような砂漠の星になる可能性があるそうです。1000年後の地球。

そうならないような地球を皆で守っていくことが肝要である。われわれは、「人間の活動による環境への負荷によって損なわれるお...続きを読む

Qサハラ砂漠の太陽熱発電計画について

サハラ砂漠に大規模な太陽熱発電設パークを建設するプロジェクト
がありますが、なぜ太陽光発電ではなく太陽熱発電なのでしょうか?

太陽熱発電は蓄電できるのが特徴と記事には書いてありますが、
最近は太陽光発電も蓄電できる装置があると聞きました。
まだこのような大規模なものには対応できていないのでしょうか。

それとも太陽光発電が砂漠や大規模な施設には向かないデメリットがあるのでしょうか。

どなたか、教えていただけるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マイナーなために#1様がご存じ無いだけかも知れませんが、
蓄電可能な太陽光発電システムは現在開発中です。
実運用レベルに達していないのでプロジェクトに載せるわけにもいきません。
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/pioneers/013/index.html

また、太陽光発電システムは各ユニットで発電を行うため、「設置面積に比例してかかる設置・メンテナンスコストが大きい」という難点があります。
ちなみに日本国内での家庭用太陽光発電システムは大体200~300万程度です。

これに対して太陽熱発電システムは各ユニットでは発電を行わず、各ユニットは単なる鏡、もしくは太陽熱による蒸気発生装置です。
このため、「面積を広くしても設置・メンテナンスコストの増大が抑えられる」という効果があります。
また、蒸気発生装置を太陽熱型から燃料型に切り換えることで、夜間の火力発電と併用することも可能です。

さらには太陽熱発電システムの一つの形式で「ソーラーチムニー」というものがあります。
これは太陽熱で温室内の空気を暖め、その上昇気流を中央の煙突(チムニー)に集中させて風力発電を行うもので、
煙突さえ立ててしまえばそれ以外の箇所は「ただの温室」です。
太陽光発電パネルとの価格差は歴然でしょうね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%86%B1%E7%99%BA%E9%9B%BB

マイナーなために#1様がご存じ無いだけかも知れませんが、
蓄電可能な太陽光発電システムは現在開発中です。
実運用レベルに達していないのでプロジェクトに載せるわけにもいきません。
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/pioneers/013/index.html

また、太陽光発電システムは各ユニットで発電を行うため、「設置面積に比例してかかる設置・メンテナンスコストが大きい」という難点があります。
ちなみに日本国内での家庭用太陽光発電システムは大体200~300万程度です。

これに対して太陽...続きを読む

Q風景(砂漠・川)の画像を探しています

(カテゴリ違いだったらすみません)
次のような風景の画像を探しています

(1)砂漠ような土地(または、グランドキャニオンのような風景)で、人物や人工建造物はなし。
(2)太陽の下
(3)川が輝き、遠くまで(まっすぐに)流れている

上記(1)(2)(3)を満たす画像をご存じでしたら教えてください。
((1)(3)だけを満たすものでもかまいません。)

(商用やブログに使用するのではなく、鑑賞したいだけです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A0%82%E6%BC%A0%E3%81%AE%E5%B7%9D&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=yjiiUKyONtHvmAWf1IHYAQ&biw=1007&bih=618&sei=zjiiUJ7lDszTmAW31IGwBA

Qサハラ砂漠を森に変える?

もしも、サハラ砂漠を森に変えるとしたら一体どれ位のお金が掛かるのでしょうか。
また森に変える方法としてはどのような方法があるでしょうか?
何でも考えられる(空想でもかまわない)事を教えてください
サハラ砂漠は一日でもものすごい面積が砂漠化していると聞いたことがあります。

Aベストアンサー

おそらくサハラを緑地化することができたら
ほかの地域が乾燥か湿地化してくるでしょう
(サハラに水を満たす機材を導入しても、自然の雨が降らないと長続きしない、、自然の雨を降らすように
大気の流れを変える事を行うと、今度は違う地域の気候が変わってしまう)

現実的には土壌の性質を変える程度だと思います。

で金額は途方もないと思います、サハラ全体が広いので、、、

Q砂漠

今年か来年に砂漠へ行きたいと思ってるのですが、私の理想とする砂漠がどこなのか教えて下さい☆
・映画に出てくるような砂漠
・広大で山みたいなってる(平面じゃない)
・黄色の砂漠
私が調べたところでは、中国の鳴砂山が近いかなと思いました(広さがよく分かりませんが)。ラスベガス近郊のデスバレーはちょっとイメージと違うような・・・。
モロッコ、チュニジアの砂漠はどんな感じでしょうか?ドバイの砂漠もちょっと違うかなと。
写真やネットだといまいち分かりません。
特に砂漠で何がしたいという訳ではなく雰囲気を味わいたいです。らくだに乗れる等あればしてみたいですが♪砂漠に詳しい方や実際行かれた方いらっしゃいましたらお勧めの砂漠教えて下さい!

Aベストアンサー

エジプトとモロッコで砂漠に行ったことがあります。場所によって見え方などは違うかと思いますが、どちらの国から質問者さんの挙げていらっしゃるとおりの風景が見られました。
砂漠はひとりで行くと危険(わかっているつもりで方向を間違ったり、はぐれたら死ぬ可能性大)なので、ツアーで行かれることをおすすめします。慣れている現地人が案内してくれ、現地の物価にしてはかなり割高ですが、やっぱり行ってよかったと思いました。私は1泊2日だったので砂漠で寝ましたが、あんなに美しい星を見たのははじめてです。

Q赤道の距離の測り方を教えて下さい

小学校の宿題です。色々調べているんですが、分かりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

赤道の一周の距離で良いのですか?
もしもそれで良いのなら、
地球の外周で良いわけです。と言う事で説明すると長くなるので、
ちょうど良いサイトがあるので、参考にして下さい。

参考URL:http://www.intacc.ne.jp/YAC/l5/nov98/houkoku/index.html

Qサハラ砂漠はいつから砂漠だったの?

サハラ砂漠などの砂漠は人が木を切ったから砂漠になったのか、もともと砂漠だったのかどちらなのでしょう?いつから砂漠だったのでしょうか?

Aベストアンサー

最近の学説です。
12000年前、地球は大変動に襲われ地軸が半回転したそうです。
ニューヨークやワシントンが北極だったそうです。
アメリカの5大湖は氷河湖です。
またシベリアはこの当時熱帯地方で、今永久凍土を掘ると椰子の木やソテツが出土するそうです。
マンモスも胃袋の中に今食べたばかりの草が入っています。
この状態にするにはマイナス20℃が12時間続かなくてはならないそうです。

サハラ砂漠も緑滴る大地で、砂漠化の今渓谷の跡が多数存在するそうです。
ナイル川クラスの大河もあり今は涸れて砂漠の下に埋もれています。
この川はNASAの宇宙からの赤外線写真で確認されています。

地球儀があったら試して下さい。
ニューヨークを北極に持ってくると日本はどこか、サハラ砂漠はどこか
よく分ります。

もしタイムマシンが実在したら12000前の大変動を見てみたいです。

Q節電で30度を超えるオフィスが耐えられません。

職場は東京のビルです。職種は製造業の電子製品の設計です。このたびの震災の影響で、経営が悪化しています。その上節電で、機械類、コンピューター、人からの放熱で職場が30度を超える気温になります。会社に訴えても、聞いてもらえませんでした。暑くて気分が悪くなります。地震で製造できなかったものを挽回しろと言われていますが、とても、もう耐えられません。職場では、Tシャツにズボンをひざまで捲し上げて、耐えています。本当にもう無理です。どうしたらいいですか。労働環境問題に詳しい方からのご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが、

昔、田中角栄が総理大臣の頃、オイルショックがあり、日本国中節電でした。
昼間2~5時まではTV放送は無かったと記憶しています。
その後、日本中に原発がどんどん建設されるようになり、TVは放送自粛は無くなり、深夜も放送されるようになりました。

今、節電を騒ぎながら、なぜ、放送局は視聴率の低い昼間の放送の自粛をしないのでしょうか。 
それをしないのは、原発推進派マスコミの嫌がらせにしか思えません。

Qもし砂漠がなくなったら

環境破壊の行き着く先は砂漠化…とばかりに、砂漠化は絶対悪で、砂漠を緑化することは無条件に良いことのように言われていますが、もし世界中から砂漠が全部なくなり緑になったら何か害はないのでしょうか?
サハラ砂漠など、人間の活動によらない、太古の昔からある砂漠はそれなりに意味があって存在しているような気もするのですが、なくなってしまっても特に困ることはないのでしょうか?

Aベストアンサー

砂漠が無くなって困ること

世界の気象が変わる。

今言われているのは、かつて(と、言ってもついこの100年くらいのスパン)緑地だったところが砂漠になったので、元に戻しましょう。
というのが、砂漠の緑地化で言っている範囲。

気象のメカニズムは大雑把にしか分かっていないので、サハラ砂漠がなくなったらどんな天変地異が起こるかなんてわからない。

ざっくり想像すると
ヨーロッパ全土の氷河化
となります。
→ サハラが緑地の時には、欧州が氷河の下であったことからの推測

Qアフリカが資源豊富な理由

アフリカは戦前から資源豊富な地域として有名ですが、
なぜアフリカには資源が豊富なのですか?
資源が豊富であるための条件というのはそもそも存在しているのでしょうか?
できれば科学的に教えてください。
化学は高校レベルまで理解可能です。
物理は良く分かりません。

Aベストアンサー

エー最近の研究成果を基に、簡単にお答えします。

様々な元素を素にした鉱物の生成は、多くの場合宇宙で作られたそうです。
それは、太陽などの恒星の中でベースになる物質が生成され、それらの恒星が爆発して最後を迎えます。
その際に、さらに様々な元素に変化し宇宙空間に散らばります。
それらの宇宙の語煮が集まり、地球のような星が出来ます。
さて此処からが大事なところです。
それだけでは、ある意味地球上に均等に分布しているはずです。
地球が生まれ、現在までに、とてつもない位の隕石が地球に降ってきています。
その隕石が降ってきて出来たクレーターに沿って、油田であるとか、鉱脈であるとかが存在するそうです。
さて、ほかの方がお答えになっていますが、アフリカなどの地域は、古い土地です。
つまり、過去に、それだけ沢山の隕石の衝突が在ったところなのです。

此処で大事なのは、鉱物の中には、宇宙からの贈り物と、衝突によって出来た地殻の歪みに沿って、出来た空間に周りから集まってきた資源がたまるという事なのです。
これは、オイルであったり、墳気ガスの中に含まれた鉱物が集合して出来たものであったりします。
ですので、隕石の衝突地点を中心に、同心円状に採掘場所が出来上がります。

エー最近の研究成果を基に、簡単にお答えします。

様々な元素を素にした鉱物の生成は、多くの場合宇宙で作られたそうです。
それは、太陽などの恒星の中でベースになる物質が生成され、それらの恒星が爆発して最後を迎えます。
その際に、さらに様々な元素に変化し宇宙空間に散らばります。
それらの宇宙の語煮が集まり、地球のような星が出来ます。
さて此処からが大事なところです。
それだけでは、ある意味地球上に均等に分布しているはずです。
地球が生まれ、現在までに、とてつもない位の隕石が地...続きを読む


人気Q&Aランキング