イオン交換(バッチ式)の具体的な工程について詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の成書は如何でしょうか(少し古いようですが・・・?)


-------------------------------
1.イオン交換/妹尾学∥〔ほか〕編/講談社/1991.4 
2.排水処理施設維持管理マニュアル/イオン交換…/横浜市公害研究所/横浜市公害研究所/1985.3 
3.実用イオン交換/宮原昭三/化学工業社/1984.8 
4.イオン交換樹脂・膜の最新応用技術/シーエムシー/1982.12
5.イオン交換/R.W.Grimsh…[他]/丸善/1981.6 
6.イオン交換樹脂/本田雅健,垣花秀武,…/広川書店/1955 
7.イオン交換体をめぐる最先端の科学/〔四国工業技術試験所…/〔1991〕 
8.実用イオン交換/宮原昭三/化学工業社/1984.8 
-------------------------------
実用的なものをお探しでしたら、
http://www.jpo-miti.go.jp/ryutu/map/ippan08/4/4- …
(パテントマップ;廃水処理技術)
============================
主にAl、Na、Caの含水ケイ酸塩でイオン交換能、吸着能を有する。
============================
このパテントマップを参考にしながら特許検索されては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
早速、特許検索してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/18 17:41

回答になるかどうか!?


ゼオライトや高分子や活性炭素などでもイオン交換過程が似ていると思いますが、
要するに、物質に在るイオンと交換したいイオンをあらかじめゼオライトなどに吸着したり、イオン反応させたりして、高濃度の塩などとして中に入れます。
そのゼオライトを使用するときに、その濃度の差や安定性によってイオン交換反応が起こります。
かな~。
    • good
    • 0

イオン交換樹脂による精製に関するものでしょうか?


もう少し具体的にどのような物質を想定されているのか補足お願いします。

この回答への補足

返事遅くなってスイマセン。
イオン交換は、イオン交換樹脂を使用したものではなく、ゼオライト(粒子状)を使用した場合です。
宜しくお願いします。

補足日時:2001/01/17 17:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッチファイルからバッチファイルを呼びだす

例えば「テスト.bat」というバッチファイルを開こうとして、startやcallコマンドを使っても
「'テスト.bat' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」
と表示されます・・・
書式はいろいろ試しました。
テスト.bat
call テスト.bat
start テスト.bat
call :テスト.bat
call :テスト
などです・・・
どなたか教えてください・・・
あと、画像を呼び出す書式もおまけで教えてくれたらうれしいです!

Aベストアンサー

現在作業中のフォルダ(カレントディレクトリ)を確認してみてください。

エラーが出る一文の前に、以下の一文を追加すると、カレントディレクトリが表示されます。

CD
pause

カレントディレクトリが分かったら、そこに呼び出すバッチファイルがあるか確認してください。

又、メインのバッチファイルと同じ場所に「テスト.bat」があるのなら、「call "%~dp0テスト.bat"」と記述しても良いです。

「%~dp0」の意味は、
「%0」が「実行中のバッチファイルのフルパス」を表し、
「~dp」は、「その内のドライブレターとパス」という意味です。
最後は「\」で終わります。

つまり、「実行中のバッチファイルがあるフォルダのパス」という意味になります。

カレントディレクトリは、特にそのバッチファイルに対し何かのファイルをドラッグ&ドロップした場合に注意が必要です。

カレントディレクトリが、バッチファイルのあるフォルダではなくなる可能性があるからです。

その場合は、「pushd "%~dp0"」等の一文を、バッチファイルの最初の方に書いておくと良いかと思います。

これは、「そのバッチファイルがあるフォルダをカレントディレクトリにする」という一文です。

又、フルパスの中に「%」や「^」等が入っていてもエラーになると思いますので、そこもチェックしてみてください。

現在作業中のフォルダ(カレントディレクトリ)を確認してみてください。

エラーが出る一文の前に、以下の一文を追加すると、カレントディレクトリが表示されます。

CD
pause

カレントディレクトリが分かったら、そこに呼び出すバッチファイルがあるか確認してください。

又、メインのバッチファイルと同じ場所に「テスト.bat」があるのなら、「call "%~dp0テスト.bat"」と記述しても良いです。

「%~dp0」の意味は、
「%0」が「実行中のバッチファイルのフルパス」を表し、
「~dp」は、「その内のドライブレ...続きを読む

Q高一 ・陽イオンと陰イオンのイオン式について

今、テスト勉強をしているんですが・・・
()=小さい右上にある文字
H(-)、Be(2-)とかじゃないですか。
では、C はどうなるんですか?(4-)または(4+)ですか?

後、原子量についてで・・・
H=1、He=4、Cl=35,5とかじゃないですか。
じゃぁ・・・Li{6,941}=7ですか?B{10,81}=11ですか?
Na{22.99}=23ですか?Mg{24,31}=24ですか?

教えてください

Aベストアンサー

ええと、なぜそうなるかを押さえましょう。
H^-はあるにはありますが、高校ではまず出てきません。
Be^2-なんてまず間違いなく、普段の環境では存在できません。

「価電子が少ないもの(金属)はその価電子を放出する」
のだから、価電子が1個のHはH^+に、価電子が2個のものは2+になる。
「価電子が多いもの(非金属)は希ガスの電子配置になれるよう、電子を取り込む」
のです。
炭素はどっちでもないからイオンにはなりにくい存在です。
(もし"仮に"なったとすれば4-か4+なのは確かですがね。)

原子量は、原子量を求めよという問題以外は必ず問題文中に与えられるものなので覚える必要はありません。(覚えておいたほうが計算が速くなるけど、それは問題を"たくさん"こなすうちに自然と覚える。)

原子量はLi=6.941なんですが、計算しにくいのでLi=7とすることもありますし、厳密なことをやりたければ6.9や6.94を用いることもあります。そのときそのとき必要に応じてです。

Qjavaプログラミングにおけるバッチファイル起動

JavaのプログラムからNetbeansを用いてバッチファイルを起動させることを考えています。
以下のようにプログラムを作成したところ、コマンドプロンプトの画面は表示されるのですが、バッチファイルの中身が起動されません。
どのようにしたらよろしいかお知恵を拝借願います。
public class Open_JTalk {

private Process p;

private void start() {
try {
//String command = "cmd.exe /c start";
String command = "cmd.exe /c start lib/open_jtalk/m001_106.bat";
p = Runtime.getRuntime().exec(command);


} catch (Exception e) {
}
}

public static void main(String args[]) {
Open_JTalk jtalk = new Open_JTalk();
jtalk.start();
}
}

バッチファイルを動かすのみの処理で、
String command = "lib/open_jtalk/m001_106.bat";
とした場合は何も処理されずにプログラムが終了してしまいます。

また、バッチファイルはlib/open_jtalk/に配置済みです。
ディレクトリのbatファイルをクリックで動かした場合には正常に起動しています。

どうかよろしくお願いします。

JavaのプログラムからNetbeansを用いてバッチファイルを起動させることを考えています。
以下のようにプログラムを作成したところ、コマンドプロンプトの画面は表示されるのですが、バッチファイルの中身が起動されません。
どのようにしたらよろしいかお知恵を拝借願います。
public class Open_JTalk {

private Process p;

private void start() {
try {
//String command = "cmd.exe /c start";
String command = "cmd.exe /c start lib/open_jtalk/m001_106.bat";...続きを読む

Aベストアンサー

確認してませんが、

String command = "cmd.exe /c start lib\\open_jtalk\\m001_106.bat";
では?

Windowsの標準コマンド(この場合cmd.exe)のコマンドラインでのパス区切りは \ だけです。
APIレベルでは、/ も使えますが。

Qイオン式と組成式と分子式の違いについて質問です。 化学式とは〜式の総称だというのはわかるのですが、

イオン式と組成式と分子式の違いについて質問です。
化学式とは〜式の総称だというのはわかるのですが、
組成式と分子式、イオン式の違いがよくわかりませんでした。
これは表すものが違うことで生じた名称なのでしょうか?
それとも同じものでもそれぞれの式で表せるのでしょうか?
後者が当てはまる場合はそれぞれの式で表した場合の違いを具体的なもので教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

イオン式 イオンを表すときに用いる式 H+ (SO4)2- 等。

組成式 物質の元素構成について重点を置いて表す式、FeC3(セメンタイト、鉄と炭素の合金、分子として存在はしていない)、P2O5(五酸化二リン、実際の化合物の分子はP4O10)。

分子式 分子の元素構成を表す式、P2O5(五酸化二リン)の実際の化合物の本当の分子式はP4O10で十酸化四リン。

化学式の中でも、イオン式はイオンの電荷の状態を表す必要があるため組成式や分子式とは異なるが、
複雑な構造の分子のイオン状態を表そうとした場合、イオン式か分子式か組成式かの呼び方が曖昧になってきます。

組成式と分子式の違いも不明瞭ことがありますね、
セメンタイト等の金属材料の析出物は、ある結晶構造を持つが”分子”という形態を取らないため組成式でしか表せないことが多いです。

また、上記で例に出した五酸化二リンは、分子的には十酸化四リンが正しいが、慣用的に五酸化二リンと用いられることが多いです。
他に、分子の構造を表すことに重きを置いた構造式(数種有り)や、
実験式(構造や組成を確かめる途中の元素構成をアバウトに表した式)等がありこれは組成式に近い表し方をします。

何を表すかによって、式を使い分けている部分がある。
明確な区分が存在していない部分もある。
慣用的に昔からだから…という部分もある。
化学の分野によって、特に、構造式、分子式、組成式と断らなくても通じてしまう部分がある。

中高の教科書で教わるような基本的なことなのですが、曖昧に使い分けていることが時々ありますね。

イオン式 イオンを表すときに用いる式 H+ (SO4)2- 等。

組成式 物質の元素構成について重点を置いて表す式、FeC3(セメンタイト、鉄と炭素の合金、分子として存在はしていない)、P2O5(五酸化二リン、実際の化合物の分子はP4O10)。

分子式 分子の元素構成を表す式、P2O5(五酸化二リン)の実際の化合物の本当の分子式はP4O10で十酸化四リン。

化学式の中でも、イオン式はイオンの電荷の状態を表す必要があるため組成式や分子式とは異なるが、
複雑な構造の分子のイオン状態を表そうとした場合、イオン式か分...続きを読む

QDOS バッチファイルコマンド記述について

DOSのバッチファイルを利用してコマンドを記述したバッチファイルを作り、
ドロップしたファイルのバイト数を見て1000バイト以上あったら指定のフォルダに
移動させたいと考えています。素人ながらに以下のファイルを作ってみたのですが
うまく動いてくれません。添削して頂けると助かります。よろしくお願いします。

:start
if %1""=="" goto end
if "%~z1" gtr 1000 move "%1" C:\bk
shift
goto start
:end

Aベストアンサー

これでいかがでしょうか。
ファイルをD&Dする場合にディレクトリ名に空白があると""でくくられて渡されるので、%~1を使っています。ただしディレクトリ名に全角空白があるとうまくいかない場合があります。

:start
if "%~1"=="" goto end
if %~z1 gtr 1000 move "%~1" C:\bk
shift
goto start
:end

Q陰イオン交換樹脂の化学反応式

陰イオン交換樹脂にHClを添加し、その後Ni Feを含むHClを添加しました。その後、HCl添加し、水を添加しました。

この操作における化学反応式はどう表したらよいのでしょうか?この陰イオン交換樹脂の化学式はR-N+(CH3)Cl-というのはわかったのですが…

Aベストアンサー

こんにちは~!!使っているものは強陰イオン交換樹脂ですね!!

FeイオンはHCl濃度がだいたい8M以上だとオクタヘドラルな[FeCl6]3-の陰イオン錯体を作ります。なので反応式にすると
3[R-N+(CH3)Cl]+H3[FeCl6]→[R-N+(CH3)]3・FeCl6+3HCl
となって濃塩酸を流してやるとFeは樹脂によくくっつきます。
その後水を流すとFeのクロロ錯体は加水分解してしまって、
[R-N+(CH3)]3・FeCl6→3[R-N+(CH3)Cl]+FeCl3
になってFeは樹脂からはずれます。

NiはClイオンとは相性が悪く如何なるHCl濃度でも陰イオン錯体を作らないので、何にもなりません。

QDOSバッチ処理でファイル名の取得

選択した複数のファイルの名称を取得する目的で、以下の内容のバッチファイルを作成し、(右クリック>送る) で使えるようにしています。
選択するファイル名が少なければ問題なく.txtが作成されるのですが、ファイル数が100を超えると(選択したファイルによって上限が変わる).txtが作成されなくなります。
バッチファイルの内容に問題があるのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

:start
if "%~1"=="" goto end

dir /b %1 >> %TEMP%\List.txt

shift
goto start

:end

Aベストアンサー

バッチファイルというのは、実際には、cmd.exe というプログラムが処理の主体です。
そして、右クリックで「送る」とした場合、最終的には、 cmd.exe file1 file2 .... という文が生成されて、これが実行されます。

で、cmd.exe が受け取れる文字数には、上限があります。(おそらく、8196文字)

http://support.microsoft.com/kb/830473/ja

で、この文字列を超えると、それ以降のファイル名が切り捨てられてしまうのだろうと思います。

Qイオン交換反応式について。

イオン交換反応式について。

問題:銅を硝化銀の中に入れたときの反応のイオン交換式を書け。

という問題で、答えは書いてあったのですが、それにいたる考え方がわかりません。
そもそもイオン交換反応式とは、なんなのでしょうか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の化学の問題ですか。

答えはどのように書いてありましたか。
「硝化銀」という名前の物質は辞典にも出てきません。
「硝化」という言葉のつく物質は唯一「硝化綿」だけでした。これはニトロセルロースのことです。
「硝酸銀」の間違いだろうと思います。

「銅を硝酸銀の溶液の中に入れると銅の表面に銀が析出し、溶液の色が少し青くなる」という反応は教科書に出てきます。実験もよくやるものです。「硫酸銅の水溶液の中に亜鉛を入れる亜鉛の粒の表面に銅が析出する」というよく似た反応をやっているかもしれません。イオン化傾向、酸化・還元の単元だろうと思います。

銅が溶けて銀が析出するので
Cu→Cu^2+
Ag^+→Ag
の変化が起こっています。反応式として書くと電荷を合わして
Cu+2Ag^+→Cu^2++2Ag
です。イオンの状態が入れ替わっていますのでイオン交換反応といっているようです。
考え方は教科書を見てください。

Qバッチファイルについて

バッチファイルを作成して、スカイプとMSNメッセンジャーの同時起動はできるのですが、そのあとに「C:\Windows\system32\cmd.exe」というコマンドプロンプトの画面が3つ出てしまうのですが、これはアプリ起動の後に自動的に消せないものなのでしょうか?教えてください。

(作成したバッチファイル)
start
CD C:\PROGRA~1\Skype\Phone
skype.exe
start
CD C:\PROGRA~1\"Windows Live"\Messenger
msnmsgr.exe
exit;

skype.exeの前にexit;と書いた場合、MSNが起動しませんでした。

Aベストアンサー

以下をbat内に記述して実行して下さい。
Vistaはx64版しか持っていないのでx86版の場合のフォルダ構造は把握していません。
適宜訂正して下さい。
空白はTabではなくスペースキーです。

@echo off
start "" "C:\Program Files (x86)\Skype\Phone\Skype.exe"
start "" "C:\Program Files (x86)\Windows Live\Messenger\msnmsgr.exe"
exit

Qイオン交換水中の炭酸イオンの中和方法について

イオン交換水を用いてpH7の水をつくりたいと思っています。水は空気中の炭酸ガスが溶けていて、pHが約5.60程度になっています。
これをなにか塩基性の試薬(アンモニアや水酸化ナトリウムなど)で中和してpH7にしたいと思っています。
例えばイオン交換水1Lに対してアンモニアを何モル溶かせばpH7の水溶液が作れますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

完全に追い出せるかどうかはやってみないと分かりません。


とりあえず、大気中のCO2で飽和した「弱酸性の水」をpH=7にする事を考えてみます:Kw=10^(-14)。

大気が25℃,1atmの時、CO2が飽和するとその濃度は [CO2]=1.02*10^(-5)M となり、
その結果pH≒5.7程度になります。

ここへNaOHを加えて溶液を「最終的にpH=7」にする場合を考えます。


※一時的にpH=7にしても再び大気中のCO2が溶けて下がってしまいます。


時間が経つと最終的には必ず[CO2]=1.02*10^(-5)M (定数)となります。


電荷収支から、[Na^+]=[HCO3^-]+2[CO3^2-]
[Na^+]=(K1[CO2]/[H^+])+2(K1K2[CO2]/[H^+]^2)

pH=7だから[H^+]=10^(-7)を代入すると、[Na^+]=4.56*10^(-5)M

計算上は、NaOHを1L当たり1.8mg加えると一時的にpH≒9.5迄上がりますが、
時間の経過と共に次第に下がり最後はpH=7に落ち着く筈です。

#1です。

完全に追い出せるかどうかはやってみないと分かりません。


とりあえず、大気中のCO2で飽和した「弱酸性の水」をpH=7にする事を考えてみます:Kw=10^(-14)。

大気が25℃,1atmの時、CO2が飽和するとその濃度は [CO2]=1.02*10^(-5)M となり、
その結果pH≒5.7程度になります。

ここへNaOHを加えて溶液を「最終的にpH=7」にする場合を考えます。


※一時的にpH=7にしても再び大気中のCO2が溶けて下がってしまいます。


時間が経つと最終的には必ず[CO2]=1.02*10^(-5)M (定数)となります...続きを読む


人気Q&Aランキング