歴史的かなづかひで書かれた現代小節にどのやうなものがあるか敎へて欲しうございます。戰前の小節は當然歴史的かなづかひで書かれてをりますから、茲では戰後の小節について敎へて頂きたく思ひます。丸谷才一などは有名ですが、ウィキペディアで調べると、阿川弘之や大岡信、井上ひさし、山崎正和などに歴史的かなづかひで書かれた著作があるといひます。アマゾンなどで買ひたいのですが、具體的な名前が知りたいのです。できれば、廉價な文庫版などであれば嬉しうございます。

A 回答 (3件)

井上ひさしは、『東京セブンローズ』などがさうだったと思ひます。

假名遣ひに誤りがあった記憶がありますが (^^;
    • good
    • 0

 確か戦後、「当用漢字」・「現代仮名づかい」制定後も、旧仮名遣いや旧漢字を用いた作品を発表続けた、当時有名な文芸雑誌があったのを、見るか聞くかした覚えはあるのですが、それが「群像」だったか、「文学界」だったか、それとも別の誌名だったか、思い出せません。

何か調べる方法はあるかもしれませんね。またご存じの方、教えてください。
 多分、そこに載せられた作品が最後に近いものでしょう。
はっきりしない話で済みません。
    • good
    • 0

分けてしまってすみません。


WikiPedia には書いてありませんでしたが、若い小説家で若合春侑といふ人が居ます。現代假名遣で育った世代です。この人の『腦病院へまゐります』なども歴史的假名遣だった気がします。内容はどぎついです (^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的にお教へ下さり、ありがたうございます。

お礼日時:2007/03/23 12:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文語体と歴史的仮名遣い

口語体と文語体の具体的違いが分かるようでいて分かりません。
現代仮名遣いと歴史的仮名遣いも同じです。
それと文語体と歴史的仮名遣いは、何がどうのように違うのですか。
また、古語とは古文のことなのですか。
ご存じの方にはおかしな質問でしょうが簡素なご説明くださいませんか。

できることならば文語体と歴史的仮名遣いを学習するための入門的な学習書を何冊か勧めてはいただけません。

学生時代に挫折した森鴎外や夏目漱石を原書のまま読書しようかと思っているので。
感覚で何となく読める日本語力からそろそろ卒業したいです。

Aベストアンサー

 まず、文語体のお話をしましょう。文語体とは戦前まで日本の書物に使われた言葉です。文語体の反対は口語体です。つまり、現在の私たちは口語体を使っていますね。そもとも、文語体って何かといえば、漢文でしょう。

 まず、入門書を案内します。
山本夏彦 完本・文語本 文藝文庫 2003年
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%8C%E6%9C%AC%E3%83%BB%E6%96%87%E8%AA%9E%E6%96%87-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E5%A4%8F%E5%BD%A6/dp/4167352168/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1248322623&sr=1-1

愛甲次郎 世にも美しい文語入門 海竜社 2008年
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E3%81%AB%E3%82%82%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E6%96%87%E8%AA%9E%E5%85%A5%E9%96%80-%E6%84%9B%E7%94%B2-%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4759310002/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1248322623&sr=1-4

 まず、文語体のお話をしましょう。文語体とは戦前まで日本の書物に使われた言葉です。文語体の反対は口語体です。つまり、現在の私たちは口語体を使っていますね。そもとも、文語体って何かといえば、漢文でしょう。

 まず、入門書を案内します。
山本夏彦 完本・文語本 文藝文庫 2003年
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%8C%E6%9C%AC%E3%83%BB%E6%96%87%E8%AA%9E%E6%96%87-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E5%A4%8F%E5%BD%A6/dp/4167352168/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=...続きを読む

Qありがとう・・・ございます?ございました?

このカテにははじめて質問させて頂きます。
このOKwebを使っているとよく感謝の言葉を使いますよね。
で、僕はお礼をするときに時々迷います。
「ありがとうございます」「ありがとうございました」
どちらでお礼をしたらよいのでしょうか?
僕が思うに「ございます」の場合は、こちらが先に物を頼みこれから相手からしてもらう時に使い、
「ございました」の場合は、相手から「感謝すること」をされた後にこちらがお礼する時に使うんじゃないかと思っています。
ですからOKwebでは「ございました」を使うようにしています。
皆さんはどのように使い分けていますか?
または正しい使い分けなんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて感動詞(挨拶もこれに含まれる)は時制を持たない、というのが文法の基本ですので、「ありがとうございます」を過去時制「ありがとうございました」に活用させるのは文法的におかしい、ということもいえるかもしれまえん。「いただきます」の未来時制「いただきましょう」が挨拶(感動詞)ではなく、「食べましょう」という意思をあらわす表現になってしまうのと同様、という考えかたです。
 すでに日常生活のなかで「ありがとうございました」も定着している表現ですのでそこまできびしく考える必要もないとは思いますが、「ありがとうございます」から「ございました」のかたちが発生したであろうことはおそらく疑うことのない事実でしょうから、このような意見にも一理あるとはいえます。

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて...続きを読む

Q中学2で出やすい、国語の歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直す問題を教えて下さい

中学2で出やすい、国語の歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直す問題を教えて下さい

Aベストアンサー

ゐ→い、ゑ→え、あう→おう かう→こう など という感じですかね。高校生になったら古典の授業でもっとバリエーションが増えてきますから。
余談ですが高校では「くらうど」という役職を表すものがあるのですがこれを「くろうど」と現代仮名遣いに使うことはありませんが、大学入試ではたまにこれを漢字に表されて読み方を問われることがあるので(「蔵人頭」)

Q★外人に日本語の説明。(有難うございますVS有難うございました)

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。

Q歴史的仮名遣いでの小文字表記について

歴史的仮名遣いで促音の「つ」を表記する場合、「ゆったり」でなく「ゆつたり」というように「つ」を小文字表記にしませんが、同じ文中でもかたかなの言葉の場合(外来語?)は「シルエット」などと小文字になっています。拗音の場合はどうなのでしょうか。歴史的仮名遣いでの小文字表記について、その根拠や決まり等を教えてください。

Aベストアンサー

現代仮名遣いは国が定めたものですから,きちんとした(明文化された)ルールがあります。
たとえば,こちら。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/
(「内閣告示・内閣訓令」をクリックすると,現代仮名遣いを初めとする各種の国語表記に関する基準が見られます。)
一方,歴史的仮名遣いは,「仮名遣の基準を、現代の発音によらず、古文献におくもの。契沖の整理に従って、ふつう規準を平安初期におく。」(広辞苑)というだけであり,「公式の歴史的仮名遣い」というものはありません。
(しいていえば,戦前の国定教科書の書き方が一つの基準にはなっていたといえましょう。)

小文字表記についても同様で,歴史的仮名遣いにおける扱いに関する「根拠や決まり」といえるオフィシャルなルールはないと思います。

ですから,昭和21年より前は拗音・促音は全部大文字(他と同じ大きさの文字)で書かれていたというわけではなく,戦前に出版された図書でも,特にこども向けの,漢字がほとんど出て来ないような絵本では,拗音・促音が小文字表記されている例も見られます。一種の教育的措置でしょう。
また,一般向けの図書でも,特に外国の人名・地名などは,拗音・促音がしばしば小文字表記されています。
ただ,慣習として大文字表記が一般的だったのは事実です。

たとえば,手元に昭和8年の新聞に載った雑誌の広告がありますが,「ストツプ」「ヒユーズ」「コムミユニズム」「キヤバレ」などの大文字表記がある一方,同じ雑誌の広告の中に「スケッチ」「マニュファクチュア」などの小文字表記も混じっています。「ブロック」「ブロツク」は両方見られます。

これは,和語・漢語であれば,小さい子は別としてある程度日本語の読み書きができる人なら「や・ゆ・よ・つ」が直音なのか,拗音・促音なのかは,単語の意味からおのずと判明するのに対して,外国の地名・人名,外来語などは必ずしも明確でないため,拗音・促音を小書きにして区別する場合もあったものと考えられます。
アルコールの「ウオツカ」は,ロシア語のводка(vodka)から来ていますから,本当なら「ウォツカ」とでも書くべきものでしょうが(実際,「広辞苑」はその書き方を採用しています),
全部大文字書きされてしまったため,かえって「ウォッカ」と読む人が多いですね。

現在も歴史的仮名遣いで文章を書かれる作家の一人に,丸谷才一さんがおられますが,彼は「わたしの表記法」のなかで,
「促音・拗音は小さくしない。例。あつさり。キヤツキヤツ。
 ただしカタカナの外来語の場合は促音・拗音を小さくする。例。ヨーロッパ。カチューシャ。」
と述べておられます。
決して「直し忘れた」わけではありません。

なお,1946年の現代仮名づかいでは,拗音・促音は「なるべく小さく右下に書く」となっており,1981年に改訂された現代仮名遣いでも,拗音・促音は「なるべく小書きにする」となっています。
言い換えれば,現代仮名遣いでも,拗音・促音を大きく書いてもかまわないのです。
このため,法令の条文は,口語体・現代仮名遣いになった戦後も,拗音・促音を大きく書いていました。
たとえば,公職選挙法(昭和25年)第1条。
「この法律は(中略)、その選挙が選挙人の自由に表明せる意思によつて公明且つ適正に行われることを確保し、もつて民主政治の健全な発達を期することを目的とする。」
ただし,その場合でも,外来語などは拗音・促音を小さく書いていました。

拗音・促音が小書きされるようになったのは,昭和64年(平成元年)1月からです。ただし,それ以前の法律を部分的に改正する場合は,書き方が混在すると見苦しいので,それ以降も大きく書いています。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/

現代仮名遣いは国が定めたものですから,きちんとした(明文化された)ルールがあります。
たとえば,こちら。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/
(「内閣告示・内閣訓令」をクリックすると,現代仮名遣いを初めとする各種の国語表記に関する基準が見られます。)
一方,歴史的仮名遣いは,「仮名遣の基準を、現代の発音によらず、古文献におくもの。契沖の整理に従って、ふつう規準を平安初期におく。」(広辞苑)というだけであり,「公式の歴史的仮名遣い」というものはありません。
(しいていえば,戦前...続きを読む

Q心得ちがいの廉

「喪神」には以下のような文があります。
四郎利之は『武門に恥辱を加えた心得ちがいの廉(かど)」を以て知行を召上げられ……。
この「心得ちがいの廉」はどんな意味ですか?
なぜ武門に恥辱を加えること及び加行を召上げられることはどんな関係がありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

「武門に恥辱を加えた心得ちがいの廉」を、できるだけ詳しく、言い換えてみましょう。

→規範となるべき事から逸脱した行為を行ない、その結果、武門としてあるべき姿からはずれる事態となった。そのような行動を是とした考え方は間違っている。その罰として、これまで与えていた知行を取り上げる。

という感じでしょうか。とすると、「心得ちがいの廉」とは、「考え方が間違っていること」、或いは、「規範から逸脱した行為をしたこと」ということになるのではないでしょうか。

Q歴史的仮名遣いの教え方

歴史的仮名遣いの教え方

塾の講師が、歴史的仮名遣いを教えるのに、

アう 
イう → のばす音
エう

と書いて、その後に例として、「ぱうぱう→ぽうぽう」「きう→きゅう」と書いていました。
この指導法について、どう思いますか。

ほかの仮名遣いの例として、
タホル → タオル
つきのはぐま → つきのわぐま
などと例を挙げていましたが、これは適切なのでしょうか。

Aベストアンサー

前半の「ぱうぱう」「きう」に関しては、「なんで、よりにもよってそれ?!」と思いました。
(特に「ぱうぱう」。何それ? どこから出てきたの?)
ただ指導法そのものについては、原則を教えてから、その例語を出すという、普通の指導方法です。
なので、「どう思われますか?」に対しては、「アリなのではないでしょうか」とお答えします。
(それでも、「あふさか(逢坂)」とか「あふぎ(扇)」とか、もう少し古文でそのまま
出てくるような例を使ったらいいのに、とは思います。
でも、インパクトで忘れにくさを狙ったのかもしれない、と好意的に解釈しましょう)

後半の「タオル」「つきのわぐま」ですが、これは適切ではないと思います。
やはりインパクトからくる忘れにくさを狙ったにしても、もとのつづりがtowelですから、
何故「タヲル」ではないの? とも思いました。
(語中の「を」→「お」も歴史的仮名遣いですからね。
それとも、明治時代の小説に、そういう例があるのかしら? あるいは『日葡辞書』?)

「つきのわぐま」については、No.1さまも仰っていますが、間違いですね。
他の例は、まだ「受け狙いかしら?」でギリギリセーフかもしれませんが、
これは例としてあげてはいけないと思います。

ご存知のように歴史的仮名遣いでは、語中・語尾のハ行は、ワ行で読みます。
が、同時に意味的にハ行である語は、ワ行では読まないというルールもあります。
たとえば、「いなほ(稲穂)」は、「穂(ほ)」ですから、「いなお」とは読みません。
「やまのは(山の端)」は、「端(は)」なので、「やまのわ」とは読んではいけません。
このように語中・語尾であっても、元々の語のつくりを考えて(と言っても、漢字も混じりますから、
通常は瞬時に判断できるはずですが)、読みを選択しなければなりません。
「つきのは」とされてしまうと、その元の語の意味から、ハ行・ワ行の読みを選択するという
ルールが台無しになってしまい、何でもかんでもハ行=ワ行、と覚えさせかねません。
例外もあるんだよ、というのを無視して、誤解を生みそうな例ですので、これは不適切ですね。

前半の「ぱうぱう」「きう」に関しては、「なんで、よりにもよってそれ?!」と思いました。
(特に「ぱうぱう」。何それ? どこから出てきたの?)
ただ指導法そのものについては、原則を教えてから、その例語を出すという、普通の指導方法です。
なので、「どう思われますか?」に対しては、「アリなのではないでしょうか」とお答えします。
(それでも、「あふさか(逢坂)」とか「あふぎ(扇)」とか、もう少し古文でそのまま
出てくるような例を使ったらいいのに、とは思います。
でも、インパクトで忘れに...続きを読む

Q体と體は全く形が違うのですが・・・

当用漢字の体という字は旧字体とぜんぜん形が違いますが、この二つはどのような関係があるのでしょうか。

Aベストアンサー

以下、手元の「漢字源」から抜粋;

> 本字の體タイは「豊レイ(きちんと並べるの意)+骨」。体は「人+音符本ホン」で、
> もと笨ホン(太い)と同じくホンと読むが、中国でも古くから體の俗字として
> 用いられた。

つまり、『体』は『體』の「略字」ではなく、同義の別文字ということのようです。
それが、同義であることから文字が通用され、さらには音まで同じように
使われるようになった、ということなのではないかと思います。

Q国語のテストでこの文の、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いになおす問題が出るそうなのですが、どこが出やすい

国語のテストでこの文の、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いになおす問題が出るそうなのですが、どこが出やすいのかわかりません。わかる方教えてください。

Aベストアンサー

歴史的仮名遣いの部分には青字で現代仮名遣いが示してあるようですね。その部分を勉強すれば大丈夫でしょう。

Q【旧字体】舊字體について質問【漢字】

旧字体で弁護士の「弁」はどう書きますか?
「辯」ですか?それとも「辨」ですか?
また、「関西弁」を旧字で表記すると「關西辯」になるのか「關西辨」になるのかどっちなのか教えてクレメンス

Aベストアンサー

「辨」物事の区別を見分ける、わけまえる→自己辨護
「辯」話のしかた、言葉遣い→關西辯
「瓣」花びら、バルブ→心臟瓣

のようですね、ただ弁護士は「わきまえたくない」職業なので「弁じて護る」という
辯護士を好んで使うようです


人気Q&Aランキング