生物の図表に、目の構造が載っていたのですが、その図の隅っこに”右目”とかいてありました。
人の右目と左目ってどこか違うんですか?
また、図から見分ける方法など、あったら教えてください。
ちなみに、私は受験生で、あまり生物は得意じゃありません(^^;)
大学の過去問にこれ↑がでていて、困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

なるほど、受験生の方でしたか。

受験生物は、やたら細かいところが出るし、
なかなか手ごわかった事を覚えています。
右目と左目の図を見ただけの決め手はひとつ、stomachmanさんのおっしゃる
とおり、盲斑の位置です。
覚え方としては、逆に考えればいいのです。
たとえば盲点が中心から左よりだったら右目、右よりだったら左目です。

受験まであとわずか、がんばってください。
老婆心ですが、目に関する出題において、よく突かれる点を上げときます。

網膜の構造です。
かん体細胞、錐体細胞だけ覚えておくのではなくて、視神経繊維や視神経細胞、
シナプスがどのようにつながっているかなど、あれが以外と紛らわしいから
よく出るんです。その構造をしっかり理解しておいてください。
しかも、どちらが目の内側なのか外側なのか、これは見ておかないと
大抵の人が逆に考えてはめられてしまいます(爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。すいません。
受験対策まで回答くださって、ありがとうございます。

なるほど、かん体細胞や錐体細胞だけじゃ不十分なんですね。目は、発生の分野でも、どこが誘導してなにができるかなどが出やすいと聞いてるので、もう一度重点的に見直す必要がありそうですね。
がんばります(^∇^)

お礼日時:2001/01/17 01:28

受験生てのは、なんでも憶えるんですねえ。

すごいや。
 stomachmanがさっきの回答を書くときには、もちろん、盲点がどこにあるか自分の目で実験して確認したんです。やりかたはご存じでしょう?

 憶えんでもいい事まで暗記する必要はありませんてば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。3回にもわたる丁寧な回答、ありがとうございます。
ポイントは、本来ならstomachmanさんに差し上げるところですが、私が受験生と言う事もあり、受験対策まで書き込んでくださったもうお一人の方に差し上げたいと思います。何度も気にかけてお答えくださったのに、20Pointでなくてすいません。ご了承ください。

効き目の実験は授業中にもしました。盲点があることを実感できる実験(黒い点をどうかして見るとその点が消える位置がある・・・実験だったと思います)なども、教科書に載っていて、試したりしました。
生物の苦手な私にもわかるように回答くださり、感謝しています。

お礼日時:2001/01/17 01:20

効き目と言うのがあります。

両目で50cm位先の物を指さして見て下さい。その後
左右の目をふさいで,指している所が違って見えるでしょう。両目で見たときと同じ所を指しているのが効き目です。個人差があるそうですが、どうなんでしょう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

効き目があるというのは、学校で習いました。
実験したところ、わたしは右目が効き目のようでした。
利き手と同じように、大抵は右目が効き目のようです。左目が効き目って云う子は、少なかったように記憶しています。

お礼日時:2001/01/17 01:32

念のため補足します。


1個の目玉そのものの形が左右対称でも上下対称でもないことはお分かりですよね?筋肉の付き方も違うし、レンズの主軸に対して、盲点は鼻寄りにありますし。それは図をよく見ればわかるはず。だから、右目と左目とを交換するわけにはいかない。右目と左目は、概ね鏡に映したような鏡像対称である。
さて、このほかにまだ細かい違いがあるのか、というと、先ほどの論理で、たぶん気にするほどの違いはない、という結論。
    • good
    • 2

いや、知りませんけどね。


 普通は「左右対称」。だからその図を鏡に映したのが左目の図、ってことだと思うんですよね。
 解剖学的に、左右鏡像になっていないのかも知れない。それは知りませんが、もしそうだったら、片目の図だけ載せてもだめなはずですよね。違うんだったらちゃんと左右それぞれの図を載せなきゃいけない。
 だから、その本がまともな解剖学の本で、それでも片目しか載せてないのだとすると、少なくともその本のレベルでは「左右対称」と考えて良い、という結論になります。
 いかが?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間の右目と左目の構造の違い

今年浪速高校を受験するんですが
赤本の理科の問題で

この図は右目か左目か、
という問題があったんです

答えは右目になっていて
解説には視神経の伸びている方向が
関係しているような事が書かれていたんですが・・・

生物は本当にさっぱりなんで
どなたか分かる方回答おねがいします

Aベストアンサー

> 眼球と視神経が繋がっている所の付け根辺りでしょうか・・?

そうですよね...
1個の眼球は左右対称でなくて視神経の束≒盲点の位置がどっちかに
寄ってるのでしょ。
盲点がどっちに寄ってるか知ってれば即、知らなければ簡単に確かめられますから、それで
答えに結びつくのでは?

机に白い紙を置いて、中央に直径3mmくらいの黒丸を書いて、
30cmくらい距離を置いて片目で見ます。
視線を左右に移動させると、左右どっちかに10cmくらい離れると見えなくなる範囲があります。
そこに盲点があります。
道具など使わず目だけで「視線を左右に移動させる」のは難しいでしょうから、指を紙の上に置いて移動させ、視線で指を追えばいいです。

Q人間の目は盲班があるのに、両目でみると盲班を感じないのは…

人間の目は盲班があるのに、両目で見ると盲班を感じないのはなぜですか?教えてください。

Aベストアンサー

右目で見たとき、盲斑にはその右側の物体が像を結び、左目で見たとき、盲斑にはその左側の物体画像を結びます。
右目の盲斑の部分は左目には見えるし、左目の盲斑の部分は右目で見えています。

片目をつぶっているときも普通は盲斑を感じませんが、それは脳が処理している為です。
#1さん、#2さん、ともに正解ということです。

参考URL:http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/71/index-71.html

Q盲班に気付かない理由

普段周囲も見るとき、視野の中に盲班に気付かないのはなぜか?
正しくないものを一つ選べ。
(1)眼球運動により、盲班の位置は視野の同じところにとどまらないため。
(2)視野の中で盲班に入る領域は小さすぎて、ふだん周りをみるときには感知できないため。
(3)両眼視によってお互いの眼球が盲班部分の視覚情報を補充し合っているため。
(4)周辺部の視覚情報をもとに大脳が盲班部分の像を推測しているため。

答えは(3)なのですが、以前に「盲班は両眼により補われて見えなくなる」と聞いたことありますし、調べたら以下のようなことも書かれてありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2446477.html

(3)のどこが×なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、眼をカメラと混同してませんか?
眼から脳にいたる神経回路は膨大だとはいっても、世界の風景とは程遠い本数ですね。
では、私達はこの世界を眼からの少ない情報を元にいかにして構築しているか?
・・・この話を後回しにしよう・・・
 片目で見たら盲班がわかりますか?---この一つの反証でよかったですね。---(^^)

 眼球の網膜には、錐体と桿体というセンサー以外に水平細胞、双極細胞、アマクリン細胞等が協調して、脳には物体の輪郭や色分解の結果のみを送ります。眼球を動かすことで輪郭を掴み、スペクトルの周囲との違いで色情報を伝えると考えたら良いでしょう。
【例】 http://www.naomian.com/coler03.html

(1)眼球運動により、盲班の位置は視野の同じところにとどまらないため。
(2)視野の中で盲班に入る領域は小さすぎて、ふだん周りをみるときには感知できないため。
 この二つでひとつのことを言っている・・・

(3)両眼視によってお互いの眼球が盲班部分の視覚情報を補充し合っているため。
 ・・・前述、片目で見ても分からないので・・ウソ
  とはいっても、自覚する方法はあります。しかし、脳では意識できない。

(4)周辺部の視覚情報をもとに大脳が盲班部分の像を推測しているため。
  情報が無ければ、作れないのですが、限定するとOK

【盲班】を自覚する方法。
 紙に10cm位離して、直径10mm程度の丸印と×印を書き、20cm位離して左目を覆って右目だけで、左側の図を見ながら距離を調整すると右の印が見えなくなります。ところが、脳はその部分が白紙であるように認識しています。=「大脳が盲班部分の像を推測しているため」ですね。

 玄関の下駄箱の上に、普段置いてないものがあっても、気がつかない・・まあ、色々ありますが、私達が見ている世界は、脳の中で再構築している世界だということ。そして、眼は脳の一部(出張機関)だということですかね。

 

そもそも、眼をカメラと混同してませんか?
眼から脳にいたる神経回路は膨大だとはいっても、世界の風景とは程遠い本数ですね。
では、私達はこの世界を眼からの少ない情報を元にいかにして構築しているか?
・・・この話を後回しにしよう・・・
 片目で見たら盲班がわかりますか?---この一つの反証でよかったですね。---(^^)

 眼球の網膜には、錐体と桿体というセンサー以外に水平細胞、双極細胞、アマクリン細胞等が協調して、脳には物体の輪郭や色分解の結果のみを送ります。眼球を動かすことで輪郭...続きを読む

Q盲班の直径を求めるって?

盲班がどこにあらわれるかの位置を確認してから、三角形の相似を使って盲班の直径を出す問題があるのですが、盲班に直径なんてあるのですか?図を見てもどこに直径があらわれるのかわかりません。直径ってことは円か球だと言うことですよね?ますますわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この問題は,たいした道具が無くとも,近似的な値を求められますよと言う類のものと思います。ですから確かに網膜は弧ですが,網膜を引き延ばして直線として考えれば解りやすいのではないでしょうか。弧の網膜に直線が投影されているわけですので,その直線の長さと弧の長さは比例します。

勘違いなさっているのではと思いますが,網膜での視軸から盲点までの視野角15度の長さは,マリオットの盲点の×から●の長さがそれに対応します。視軸に×があって,盲点に●が写っているから●が見えなくなったわけです。

盲点の直径は,前回の回答のm2-m1がそれにあたります。これを直接求めるには,マリオットの盲点の●が移動できるようにしておけば,消えた点から見え始めた点までの長さを測定することによって直接求めることができます。

正確に距離を求めるには,視軸から盲点までの弧の距離やあるいは眼球の大きさと最大視野角等が与えられていれば,その比率でm2-m1を縮小するば,ある程度の正確さで弧の長さといえども求められるはずです。

Q圧点(触覚点)の分布数

ロボット用の皮膚型触覚センサーを開発しているものです。

素子の分布をどのくらいの密度にするかを人間の皮膚に習って設定したいと考えています。

人間の皮膚に分布する感覚器である圧点は指の腹のような繊細な部分と、背中などのようなにぶい部分では分布する密度が違うそうです。

平均的な数はwebで調べて分かったのですが、指ではどのくらい、背中ではどのくらいと比較できるようなデータがある文献またはウェブサイトをご存知の方はおられませんか?

Aベストアンサー

2点間弁別能のことでしょうか?

触覚を通じてみた世界(改訂版)
http://www5c.biglobe.ne.jp/~obara/shokkaku/shokkaku2.html
ここの「3.触覚の特徴」によると、舌で 1 mm、指の腹で 2 mm、背中で 60 mm 以上などとあります。

Somatic Sensory System - Touch, Pain, Temperature
http://www.isr.syr.edu/course/neu211/lecture/lec14.html
によると、指の腹と背中では、20倍違う、とされています。

しっかりした根拠のある数値を知りたければ、

方法1) 大学の生理学の教科書の感覚受容器の説明を読み、その教科書で参考文献として挙げられているような専門書やreviewなどをあたって見る必要があるかと思います。

方法2)日本語または英語の最近の感覚受容器に関する原著論文をあたり、そこから、引用をさかのぼっていく形で、過去にそういうのを調べてある論文、reviewなどにたどり着く方法です。日本語文献なら、医中誌Web、英語文献ならPubMedで調べるのがいいかと思います。

2点間弁別能のことでしょうか?

触覚を通じてみた世界(改訂版)
http://www5c.biglobe.ne.jp/~obara/shokkaku/shokkaku2.html
ここの「3.触覚の特徴」によると、舌で 1 mm、指の腹で 2 mm、背中で 60 mm 以上などとあります。

Somatic Sensory System - Touch, Pain, Temperature
http://www.isr.syr.edu/course/neu211/lecture/lec14.html
によると、指の腹と背中では、20倍違う、とされています。

しっかりした根拠のある数値を知りたければ、

方法1) 大学の生理学の教科書の感覚受容器の説明...続きを読む

Q水分活性と含水率の違い

を、小学生にもわかるようにご説明いただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

小学生に教える… 難しいですね;;

おそらく食品について言っていると思うので、そのつもりで説明します。

含水率とはその名の通り、その物質に含まれている水分の量です。しかし、この水分の中にも色々種類があります。
結合水:食品中のタンパク質や糖に結合している水分
自由水:食品中の物質の隙間に入り込んでいる水分
そして、水分活性とはその物質が自由水をどれぐらい含んでいるかの目安であり、これが大きいとカビが生えやすくなります。


なるべく小学生にもわかるように説明したつもりなんですが orz

Q心電図について教えて下さい。

心電図について教えて下さい。

私は、検査技師で、心電図の勉強をしています。
わからないところがあります。

心室性期外収縮は完全代償期性で、心房性期外収縮は不完全非代償性期外収縮とありますが、心電図の本を読んでもよくわからず、悩んでます。

何故心室性期外収縮は代償性になり、心房性期外収縮は不完全の非代償性期外収縮になるのでしょうか?

わかりやすく教えて頂けませんか?
また、オススメの心電図の本もあれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にWPWなどがない限り、心室→心房伝導はありません。ですから、WPWのablationの後にkentが切れたかどうかを判断するために心室ペーシングをします。そして、心室・心房解離があれば切れたと判断します。したがって心室性期外収縮がでても心房→洞結節には伝導しないので洞結節は影響されません。

心室性期外収縮による不応期に”次のパルス”

を、くどく書きますと、
心室性期外収縮による心室の絶対不応期に、洞結節が興奮しそれが心房ー房室結節と伝導して心室内に侵入した次のパルスが来ると、心室は興奮せず..
という事です。

>洞結節からの刺激は不応期にぶつかった為に伝わらない

よって、洞結節からの刺激=洞結節ー房室結節ときて心室内に侵入した刺激 という意味ならば正しい理解です。

Q粗タンパクってなんですか?

“栄養学”に入ると思うのですが粗タンパクって何でしょか?調べても解らないので教えてください。

Aベストアンサー

補足いたします。

一般での用語の使い方については存じませんが、公衆衛生の中の食品栄養の分野で言うところの粗蛋白の定義は;

ケルダール法(食品では通常、セミミクロケルダール法)によって総窒素量を測定したものから求めるものです。

方法としては(概略を述べますと);
試料を分解フラスコに入れて硫酸、分解促進剤(硫酸銅と硫酸カリウム)、そして、過酸化水素水を加えて加熱分解し、蒸留装置につけて水酸化ナトリウム溶液を加えて発生するアンモニアガスを硫酸に吸収させ、それを水酸化ナトリウムで滴定することで総窒素含有量が求められます。
その結果に窒素係数を乗じたものを粗蛋白量とする
というものです。

ごく一部の脂質(グリセロリン脂質等)や、蛋白の消化分解産物である尿素などにも窒素は含まれていますが、通常は食材に含まれる量としては、さほど多くはないものです。

検索はしておりませんので、URL等は存じませんが、
ケルダール法  総窒素  窒素係数
といったようなキーワードを使われれば見つかるかもしれませんネ(確かめていませんので、適当なキーワードを探してみてください)。

なお、食品栄養の分野では、蛋白・炭水化物・脂質のいずれも食品可食部に対する割合でしめすものですから、乾燥物中の割合では示しません。同じイモでも生と干しイモではまったく含量が異なってくるものです。その状態での含有量を示しますからネ。
以上kawakawaでした

補足いたします。

一般での用語の使い方については存じませんが、公衆衛生の中の食品栄養の分野で言うところの粗蛋白の定義は;

ケルダール法(食品では通常、セミミクロケルダール法)によって総窒素量を測定したものから求めるものです。

方法としては(概略を述べますと);
試料を分解フラスコに入れて硫酸、分解促進剤(硫酸銅と硫酸カリウム)、そして、過酸化水素水を加えて加熱分解し、蒸留装置につけて水酸化ナトリウム溶液を加えて発生するアンモニアガスを硫酸に吸収させ、それを水酸化ナト...続きを読む

Q薄層クロマトグラフィーについて。。。

化学実験でTLCによる色素分離分析をしました。
この展開実験の目的と、結局何が行えるのか教えて下さい。また、なぜこの実験で鉛筆を用いて線を引かなければいけないのかも教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

 この実験の目的は先にも回答した通りですが,もう少し細かく言うと,『ある状態で純粋に見えていても混合物のこともある』,『その様な混合物でも手段を選べば分離して純粋にする事ができる』,『混合物を分離する方法の一つにTLCがある』等を実際に目で見て生きた知識にする事です。

 これだけでは何ですから,お書きの実験内容に添って少し説明しましょう。

> 食用着色料の食用赤色105,106号、
> それと混合溶液を使用した実験です。

 混合液を見ただけでは,食用赤色105号と106号が混ざっている事は判らないでしょう。でも,TLCで分離して2つのスポットが出れば,混ざっていると判りますね。この時,どちらのスポットがドッチの色素かは,各スポットのf 値をそれぞれ単品の Rf 値と比べる事で判ります。

> 薄層板の下1・5センチに鉛筆で線をひきました。

 上記の様に,どちらのスポットがどっちの色素かを知るには Rf 値を使います。Rf 値を求めるには,溶媒が展開した距離とスポットが展開した距離が必要ですね。ここで,距離は色素をスポットした位置を基準としますので,それが分かる様に印をつけます。何故鉛筆を使うかはお解りですね。

> 滑らかな方を下(切断面ではないほう)にしました
> …(なぜ??)

 何故滑らかな方を下にするかというと,逆にした場合,薄層板の切断が真直ぐでなかった場合(よくあります)に薄層板が傾くことになり,板の右側と左側で溶媒の展開距離に差が生じるため,同じ色素でも右側にスポットするか左側にスポットするかだけで Rf 値が変わってしまいます。これでは Rf 値で色素の同定ができませんね。そのため,滑らかな方を下にしたのでしょう。

> それから、3センチ間隔でスポットして、
> ドライヤーで乾燥させました。

 色素を溶かした溶媒が残っていると,展開の仕方が変わってしまいます。これでは Rf 値による色素の同定ができなくなりますので,溶媒を飛ばして展開溶媒だけでの展開が起こるようにします。

> スポットした色素液の周囲を鉛筆でマークしました。

 色素をスポットした場所が分からないと,色素の Rf 値が求められませんね。その為です。

> 展開層に板を入れ、上部1センチになったところで
> 取り出しました。

 端まで展開してしまうと正確な Rf 値が求められませんので,上部1センチ程残します。

> 展開した一番上の線を鉛筆でマークして、

 乾燥すると溶媒の最前線が分からなくなるのでマークします。マジック等を使うと残っている溶媒に溶けて滲んでしまうので,鉛筆を使ったのでしょう。

> 乾燥してRf値を出しました。

 有機溶媒は体に良くないですから,乾燥させて後の処理を行ないます。濡れていると扱い難いというのもあります。

 いかがでしょうか。なお,トップページで「薄層クロマトグラフィ」等を検索すると,関連する過去質問が見付かります。興味があれば,それらも御覧になって見て下さい。ご参考まで。

rei00 です。補足拝見しました。

 この実験の目的は先にも回答した通りですが,もう少し細かく言うと,『ある状態で純粋に見えていても混合物のこともある』,『その様な混合物でも手段を選べば分離して純粋にする事ができる』,『混合物を分離する方法の一つにTLCがある』等を実際に目で見て生きた知識にする事です。

 これだけでは何ですから,お書きの実験内容に添って少し説明しましょう。

> 食用着色料の食用赤色105,106号、
> それと混合溶液を使用した実験です。

 混合液を見た...続きを読む

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報