教えてください。たとえば不動産会社A経由で不動産会社A取り扱いの戸建を購入する場合、仲介手数料は、戸建の価格が1千万円の場合、3%+6万(上限)ですので36万円です。

ここで、別の不動産会社Bで扱っている物件(たとえばインターネットで不動産会社Bの取り扱い物件と出ている場合で価格が1千万円)を不動産会社A経由で契約した場合でも、購入者は不動産会社Aに支払う仲介手数料は36万円であり、不動産会社Bには仲介手数料は払わなくていいのでしょうか?(つまり、購入者が支払う仲介手数料は、物件価格の3%+6万が上限ということが法律で保障されている?)

またそうであった場合、36万円の仲介手数料は不動産会社Aと不動産会社Bで折半(?)するのでしょうか?

今度、ひとつの不動産会社経由で、他の不動産会社の取り扱い物件も紹介してもらう予定であり、疑問に思いましたので質問させていただきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>購入者は不動産会社Aに支払う仲介手数料は36万円であり、不動産会社Bには仲介手数料は払わなくていいのでしょうか?



はい、正しいです。実際には消費税が上乗せされますが。
ちょっと説明しますと
買主と売主がいて不動産会社Aだけが双方を媒介する場合は買主と売主にそれぞれ一方に36万円までを上限に請求できます。合わせて72万円が不動産会社Aに報酬額として入るわけです。

それでhidekeikoさんの知りたい複数の業者が関与する場合はどうなるかと言いますと。
買主を不動産会社Aが媒介して売主を不動産会社Bが媒介して契約が成立した場合は、不動産屋会社Aは36万円を上限に買主に請求でき、不動産会社Bは36万円を上限に売主に請求できます。ですので買主の払った36万円を不動産会社Aと不動産会社Bで折半するのではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう仕組みですか。よくわかりました。つまり、単独の不動産屋が買主・売主と契約した場合、今回の例ですとこの不動産屋の報酬の上限は72万円ですが、売り主としか契約しない場合は報酬の上限は36万円となり、半分(?)になってしまうわけですね。
前者の場合は売買契約をし、後者の場合は売る契約しかしないので、単純にいえば報酬は半分になるということはわかりますが、やはり不動産屋としては同じ対象物件に対し、売りと買いの両方の契約を同時にしたほうがコストメリットはある(つまり不動産屋として乗り気)のですよね?

お礼日時:2007/03/23 06:58

お察しのとおりで間違いございません。


法律では保障されてるどうかる知りませんが、契約書にこの一文がなければ、確認だけはしておきましょう。彼らの、しのぎの原点ですから、間違いがあったときは、あなたがしっかりしていないと、収集がつかなくなるかもしれませんよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。了解いたしました。

補足日時:2007/03/23 06:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産売却

不動産売却時の税金を教えて下さい。

沖縄県で、1300万での不動産売却時の
住んでる家の売却時の税金
住んでいない家の売却時の税金(住民票が別の家)

Aベストアンサー

>約10年前に父から(死去)の為、相続致しました。
>30年前の建物で、土地の値段、建築費は不明です、

了解いたしました。具体的な購入時の土地の値段、家の建築費が不明な場合、5%が取得費となります。
残りの95%が課税対象額です。

課税対象額の 15%の所得税、5%の住民税となります。

国税  1300万*0.95*0.15 = 約185万円(さらに4万円程度、復興特別所得税あり。)
住民税 1300万*0.95*0.05 = 約 62万円

なお1300万円から、売却に伴う土地測量費や不動産屋への手数料等を払うなら、それらは売却に伴う必要経費として、最初から引くことができる。

国税庁のHPです。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/jouto.htm



蛇足です。

  前の回答で、『建物売却時は固定資産評価額うんぬん』と書きましたが、訂正させてください。
『建物取得費 - 売却時までの減価償却合計』が取得価格です。

Q自社物件に仲介手数料を取る不動産屋って?

土地を購入しようとしていて、希望の土地が見つかったので、不動産屋に連絡し、資料をもらいました。
資料一式の中には登記簿のコピーがあり、土地の権利者は売主の名義になっていました。
また、資金計画表の購入経費に仲介手数料が3%+6万円含まれていました。

ここまでなら普通なのですが、
念のため自分で登記簿を取ってみたら、権利者が不動産屋に移動していました。それも、私が不動産屋から資料をもらう以前に移動していました。

不動産屋は自社物件であることを伏せて販売しようとしているのですが、このような事はよくあることなのでしょうか?
違法性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

土地の真の所有者を隠して偽の所有者を重要事項説明に記載するのは、違法です。また、自社物件で手数料を取るのもそうです。

>資料一式の中には登記簿のコピー
>私が不動産屋から資料をもらう以前に移動していました。
自社物件にして登記したのならば、その新しい登記簿をつけるべきなのに、わざわざ古いのをつけている。明らかに悪意の行為ですね。
たいていの人は不動産屋を信頼して、自分で登記簿を取ることをしませんから、このような事が平然と行なわれるのです。もっとも、売買が履行され登記をする時にどうせバレるのですがね。

しかし、この場合は単に資金計画の段階ですから、一般的な資料として記載しているだけで「所有者」も資料を訂正する前だ、勿論正規の書類は事実どおりにするとして、逃げるでしょう。要するにバレてもともとという考えでしょう。

Q不動産を売却する場合の広告宣伝費について

数年前購入した不動産を売却予定です。

新しい不動産との買い替えを検討中ですが
現在お話を聞きに行っている不動産会社が
「持ち家の売却だけなら広告宣伝費として20万円
かかりますが、新しい不動産との買い替えなら
20万円はサービスします」と言っていました。

不動産を売却するのに「手数料」以外に「広告宣伝費」が
かかる場合があるのでしょうか?
ちなみに最近知人も不動産を売却したのですが、
「手数料」しかかからなかったということです。

Aベストアンサー

何か特殊な宣伝広告を行うつもりなら、かかるでしょうが、一般的な不動産屋さんの業務範疇での告示ならかからないはずです。
不動産を取り扱って、それを売買するのが、不動産屋の仕事です。広告宣伝料も含むのが一般的です。
そんな特別な広告をしなければ、売買が出来ないのであれば、そことの取引を止めましょう。

一般的な不動産の宣伝とは、店内の物件表示。地域配布のチラシ。現場(売り出し地)での看板。不動産情報誌への掲載等ありますが、これらの類のことは無料でしてくれます。(現場の看板については、専任売買契約を求められるかもしれません。)
また、遠方・リゾート地の別荘等の売却は、上記例外かもしれません。この場合、良く確認する必要があります。

Q契約直前に仲介手数料半額の不動産仲介業者に乗換

何件か不動産仲介業者を回って、ある物件に申し込みを入れ、審査が通ったので、
その物件を探してくれた不動産仲介業者と契約しようとしているですが、そこは、仲介手数料100%です。

別の不動産仲介業者の方が「うちで契約して頂けるなら、その物件の仲介手数料、半額にします」と言ってくれてます。
契約前だったら、仲介手数料半額の不動産仲介業者に乗り換えてもいいのでしょうか?
人道的にいかがなものかと思うのですが、
家賃が10万円なので、5万円浮くのはかなりありがたいんですけど。

Aベストアンサー

>人道的にいかがなものかと思うのですが


その通りです。

それだけでなく、当初の仲介業者から請求されれば
正規の手数料を支払う事になります。

法的にも負けます。


最近、こういうのを「消費者の自由だ」とか
「それが競争というものだ」とか
勘違いしてるバカな人の書込みが多いようですが

不動産は情報産業で手数料商売です。

手数料半額にしたければ、その半額の業者から
改めて違う物件を紹介してもらうしかありません。
ただ、審査まで通った状態でこういう理由のキャンセルは
まさに人道的にいかがなものかって話です。


業者を乗り換えて申込んだ場合、物件の所有者には
「この借主は一度申込んだのをキャンセルして
別の業者から申込んできた」ことがバレます。
半額業者がどうとりつくろっても、モラルのない行為で
あることは隠せません。
きびしい大家さんなら「こういうことする借主はロクな人間ではない、
なので契約はお断りする、絶対に入居させない」となるでしょう。

もし、当初の業者がその物件の元付けだったならば
その大家さんの前にその業者のところで上記と同じ理由で
お断りされることになります。
出入り禁止みたいなものです。

誰だって5万円浮くのはありがたい話ですけど

たかが5万円で人間性を疑われるような行為を
するべきか良く考えましょう。
そもそも5万でよくなったはずが15万になる可能性も大ですし・・・
当初の業者に訴えられて負けたとしても、半額の業者から
その分が自動的に返金されるわけじゃありませんし。


>「うちで契約して頂けるなら、その物件の仲介手数料、半額にします」


こういうバカなことを言う業者・営業がいるのは残念な話です。

すでに申込を入れているのに
「でも、他にもっといいのないかな」と業者を回っていて
「こういう物件を申込んでるけどもっといいのないですか」と
やらかしてたなら、質問者にもかなり問題ありですし
例え、たまたま追客で連絡してきたところにそういう話を
したとしても「よそで決めました」以上のことを
話すのもどうかと思います。


質問者さんはご自分でも疑問を感じているようですが
上記の通りかなり問題になる可能性が高いですから
よくお考えになってどうぞ。

>人道的にいかがなものかと思うのですが


その通りです。

それだけでなく、当初の仲介業者から請求されれば
正規の手数料を支払う事になります。

法的にも負けます。


最近、こういうのを「消費者の自由だ」とか
「それが競争というものだ」とか
勘違いしてるバカな人の書込みが多いようですが

不動産は情報産業で手数料商売です。

手数料半額にしたければ、その半額の業者から
改めて違う物件を紹介してもらうしかありません。
ただ、審査まで通った状態でこういう理由のキャンセルは
まさに人道的にいか...続きを読む

Q不動産(土地)売却/貸与の進め方

不動産(土地)売却/貸与の進め方

不動産(土地)の売却もしくは貸与を考えております。

有識者の方にお伺いしたいことが何点かございます。
よろしくご教授のほどお願いいたします。

売却(貸与)者探しは、こちらでインターネットや口コミ等で募集し、
最終的な売却(貸与)手続きは、不動産に関する資格を持つ方に依頼する形を想定していますが…

(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

また、上記の方法で、有力なお相手が現れなかった場合、
不動産屋さんに売却(貸与)の代行依頼を考えていますが…

(2)おおよそ、手数料としては、どの程度支払うことになるのでしょうか?

(3)また不動産屋さん以外にこういった代行をしていただける業種の方はいらっしゃるでしょうか?

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

元業者営業です

>(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

可能か不可能かの方法論なら「可能」です。
しかし、現実に「できるかどうか」と言われれば「殆ど可能性はゼロ」でしょう。

私達不動産業者にとって「契約」はそんなに難しい事ではありません。
契約は単なる「事務作業」ですからね。

一番大変なのは「契約してくれるお客様の探索」が一番大変なのです。
故に、どの業者も月に数十万~の広告費を使ってお客様の探索に労力を投入しています。
それでもなかなか契約には結びつきません。
そもそも、そんな「簡単に」お客様が見つかったら誰もが不動産業者になってます。

>(2)おおよそ、手数料としては、どの程度支払うことになるのでしょうか?

不動産業者が得られる報酬は上限が決まっております。
売買なら一取引に対し取引価格の3%+6万円+消費税(1000万以上の場合)
賃貸なら一取引に対し賃料の1カ月分+消費税(課税業者の場合)

この金額は「宅建業法」で定められておりますので、原則この金額以上のお金を業者は受け取る事ができません。
勿論この金額は「上限」ですから、交渉によって値引きする事も可能ですが、大手業者は絶対に手数料の値引きには応じませんから、交渉するなら小さい業者です。

>(3)また不動産屋さん以外にこういった代行をしていただける業種の方はいらっしゃるでしょうか?

そもそもお客様も自分で見つけて賃貸契約するだけなら「口約束」でも有効です。
特別な資格も必要ありません。
自分の財産を誰にどのような条件で売るのも貸すのも自由です。(契約自由の原則)

また、売却も「特定の人を対象に(家族とか)」「一回だけの取引」なら同様です。

ただし「不特定多数のお客様を対象に反復、継続して売買・交換の取引をする場合」は「宅地建物取引業」の免許が必要になります。
それに違反した場合は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金を課せられます。

以上の事から、素人があれやこれやの法的制約、手続きを理解し細心の注意を払いながら取引に神経を使うなら、業者に初めっから任せた方が「安全・安心・手間いらず」です。

「生兵法は怪我の基」ですよ。

元業者営業です

>(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

可能か不可能かの方法論なら「可能」です。
しかし、現実に「できるかどうか」と言われれば「殆ど可能性はゼロ」でしょう。

私達不動産業者にとって「契約」はそんなに難しい事ではありません。
契約は単なる「事務作業」ですからね。

一番大変なのは「契約してくれるお客様の探索」が一番大変なのです。
故に、どの業者も月に数十万~の広告費を使ってお客様の探索に労力を投入しています。
それでもなかなか契約には結びつきま...続きを読む

Q不動産自社物件仲介手数料日割りについて

12月15日引越しで退去する事になりました。
不動産の契約書には、家賃についてのところで
30日未満の家賃は、日割りとする。
退去1ヶ月前の退去予告により契約解除できる。
と記載されていました。
10月8日に電話にて退去すると不動産に伝えました。
その電話の証拠は、ありません。
その際、12月分の家賃は、全額いただきます。と不動産に言われ
知識が無かったので「日割りにならないんですか?分かりました。」
と言ってしまいましたが、契約書を見ると言っている事と
書いてある事が違うのでおかしいと思い投稿致しました。

それと、入居時に自社物件とあるのに、仲介手数料を取られました。
契約書を見返してみると仲介手数料についての記載が一切ありません。
この場合、どうなりますか?
また、どこに相談したらいいと思いますか?
すみませんがご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

想像ですが12月分賃料の件は、単なる認識の違いではありませんかね。

12月15日退去予定の場合、11月末の時点で12月分はまず全額支払う必要があります。15日の退室はあくまで予定だからです。そして退去後に、一緒に前払いした12月分は日割りで精算する、というのが一般的な支払い方法です。

本当に日割りにしないかどうかはよく確認してください。

また仲介手数料についてですが、仲介手数料が不要なのはその不動産業者が「貸主」である場合です。

他の方の回答にある通り、「自社物件」というのが何を指すかによって変わりますよ。もし「自社管理物件」の意味なら仲介になるでしょうから、仲介手数料が生じることになります。まずは契約上の貸主が誰なのかを契約書でよくご確認ください。

Q不動産業者の見分け方-売却時

不動産業者の見分け方-売却時

戸建不動産を売却しようと思っています。
現在は住んでおらず、また古いので、解体後売却しようと思っています。

そこで不動産業者に頼むことになりますが、不動産業者の見分け方を教えていただきたいと思います。

例えば、大きい会社が良い、地元がよいなどなど。
見分けるために、どのようなポイントがあるか?

その他売却時の注意事項などありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

大手に頼んだら安心という神話はすでに崩れていますね。

「うちで売れなければ地元の小さい業者では売れませんよ」
私も大手の営業を長年やってきましたのでよくわかります。
売主には殺し文句のようなものですね。これで委任を取るのです。

結果、信頼して委任しても、一生懸命売るための努力をすると
いうよりは、「値こなし」といって「うちみたいな大手が売りに
出しているのに売れないのは、価格が高い、物件に問題がある」
と手の平を返してくる。上司も、すぐに「この物件の売主は売る気が
ないのか?こんな程度でしか売れねぇぞ!ガツンと言って500万位
値下げして来い!」と年中営業の尻を叩く。挙句一般のお客様では
なく業者に安く買い取らせるというのが常道となっている。

レインズ(不動産流通機構)に掲載しておきながら、他の業者が
「この物件紹介してくれませんか?」と申し入れても全然紹介して
くれない。売主への報告は「レインズで他業者さんから問い合わせ
をいただいてますので、ご紹介しておきました」と嘘報告三昧。

これが実態です。質問者がこういう質問をしたくなる気持ち、よーく
分かります。

私なりの結論

◎大手は信頼すると買取業者に大切な我が家を安く売られる。
◎小さい業者の場合は売買取引に精通している業者を選ぶ。
◎業者の人柄で選ぶ。(良い業者さんというのは、お客さんの売却理由を
   自分のことのように聞いて、考えてくれます。)
◎会社の大小、新旧は関係なし。(地域にどれだけ精通しているかが重要、
   買主は以外と近いところにいるんです。)
◎自社サイトを充実させている業者を選ぶ。(コンテンツの内容で選ぶべき。
   会社の説明や、代表者の挨拶、不動産に関係ないブログを一生懸命書い
   ているような業者は外したほうが懸命、いかにも胡散臭い)
◎周りの取引事例を出したがる業者は一番要注意。(物件はひとつひとつの
   表情が違うということを理解しようとしないので、売主の話など聞く
   耳を持っていない。)
◎社歴が古いところも外す。(考え方が古いところが多い、昔ながらの営業
   スタイルが通用していない世の中であることを無視したがる)

大手に頼んだら安心という神話はすでに崩れていますね。

「うちで売れなければ地元の小さい業者では売れませんよ」
私も大手の営業を長年やってきましたのでよくわかります。
売主には殺し文句のようなものですね。これで委任を取るのです。

結果、信頼して委任しても、一生懸命売るための努力をすると
いうよりは、「値こなし」といって「うちみたいな大手が売りに
出しているのに売れないのは、価格が高い、物件に問題がある」
と手の平を返してくる。上司も、すぐに「この物件の売主は売る気が
ないのか?こ...続きを読む

Q不動産屋が売主の物件は仲介手数料はゼロ?

本に書いてあったのですが
不動産屋が売主の物件は仲介手数料はゼロなのでしょうか?

Aベストアンサー

仲介会社がいなければ(直接取り引き)でしたら仲介手数料は発生しないですよ。

興味持った物件があれば、売り主が不動産会社かどうかネット等で調べてみると良いと思います。

Q不動産を売却した場合に、その売却額に対する税金を教えて下さい。

 不動産会社に不動産の売却を相談しましたとろ、売却後に納税があるといわれました。
 約2000万円での売却の場合、その額に対してどれほどの税金を納めなければならないでしょうか?
 税率などなにか決まりがありますか?
 ぜひお教えください。

Aベストアンサー

不動産の売却をした場合は、次の計算式で計算した利益が譲渡所得となり、課税対象となります。

収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額=譲渡所得

なお、居住用の不動産を売却した場合は、一定の条件を満たすと特別控除額が3000万円ありますから、利益が3000万円以下であれば課税されません。

下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1440.htm

参考URL:http://www.ofuco-c.co.jp/uruzei.htm

Q契約時に仲介手数料全額を要求する不動産会社について

この度、気に入った土地を見つけ、購入することになりました。
契約に際して、仲介の不動産会社から、土地の手付金と仲介手数料全額を契約時に支払うように言われました。
が、本、net、知り合いの不動産屋から話を聞いて調べてみると、
通常契約時には土地の手付金+仲介手数料の半額を渡すのが普通となっています。「全額渡すのは危険」と書かれていました。
不動産会社の担当者に直接説明を求めたところ、「お客都合で契約キャンセルされる場合に、法律上は仲介料の全額を支払う様決まっているのに、契約時に半額しか払っていないと、取立てが難しいので・・・」と言う事でした。
不動産会社のリスクは判りますが、客側のリスクはどうなるのでしょうか。
・全額を渡すと危険なのはなぜなのでしょうか?
・また、通常は半額であることを説明せずに、全額を求めてくる不動産会社は大丈夫なのでしょうか?

素人で不動産関係、法律関係に疎く、何を信用するべきか判らず困っております。
悪戯に不動産会社との関係を悪くするのも嫌です。教えて頂けると大変有難いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

元業者営業です。

まず、前提として仲介手数料の受領についてはお互いの申し合わせ事項ですから、法的な決まりはありません。お互いが納得すればどの時期にどれだけ払うかは自由です。ことさら大騒ぎ(失礼)するほどの事でもありません。

>全額を渡すと危険なのはなぜなのでしょうか?

最大のリスクは「持ち逃げ」です。

>また、通常は半額であることを説明せずに、全額を求めてくる不動産会社は大丈夫なのでしょうか?

「通常は」とありますが、前述のように決まりはありませんから、仲介業者次第です。ちなみに私は殆ど引き渡し時に全額いただいてました。(領収証の発行、入金等が面倒だったので(笑))ただし、会社としては契約時に全額いただけるものならそうするのは不思議な事ではありません。実際、癖のあるお客様(資金計画に不安がある等)の場合は私も早期回収しました。(ご質問者がそうだとは言ってませんよ;)

要は“その業者を信用できるか否か”です。一度、半金入金+半金入金を申し入れてみては如何でしょうか。ご質問文にもありますが悪戯にクレームをつけても気持ちのいい取引ができなくなってしまいますので、その業者が信用できればある程度のところで納めるのも如何でしょうか。

ご参考まで。

元業者営業です。

まず、前提として仲介手数料の受領についてはお互いの申し合わせ事項ですから、法的な決まりはありません。お互いが納得すればどの時期にどれだけ払うかは自由です。ことさら大騒ぎ(失礼)するほどの事でもありません。

>全額を渡すと危険なのはなぜなのでしょうか?

最大のリスクは「持ち逃げ」です。

>また、通常は半額であることを説明せずに、全額を求めてくる不動産会社は大丈夫なのでしょうか?

「通常は」とありますが、前述のように決まりはありませんから、仲介業者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報