私のふとした疑問なのですが聞いてください。
時々、道端にミミズが大量に死んでいるのを見かけるのですが、
これは、どういうことなのでしょうか?
私の仮説は、
1.その土壌に何かの有害物質が流れ込んだ。
2.地震による地中が振動し、それを嫌って地上に出てきた。

もし、2だったら面白いなあと思うのですが。

A 回答 (4件)

 


以下のURLは、みみずの観察や生態の研究を中心とした個人のサイトのなかの、「みみずの死」特に「大量死」の原因についての「最新の仮説」が記されています。このページ以外には、かなり詳細なみみずの出現観察記録などがあります。

そこでは、「みみずの大量出現→大量死」は、月齢と何かの関係があり、また地震の発生とも何かの関係があるらしいとの仮説で、その検証が、観察を通じて試みられていました。そして、このページの「最新の仮説」になる訳です。

みみずの大量出現や大量死は、わたしは経験的には、雨の降った後、晴れた時に、よく見かけるというのは知っていました。ただ、その雨は、別に洪水などではなく、少し長い雨、例えば、4,5日ぐらいの雨の後、晴れると、みみずがよくたくさん死んでいるというものです。

また、このわたしの観察は、アスファルトやコンクリートなどない、田舎の道などで行ったもので、別に、都市環境であるので、みみずの大量出現や大量死が起こる訳でないという確信はありました。

以下のページの「最新仮説」では、産卵を終えた後のみみずは、土から出て、死亡するのであり、この産卵時期が、みみずの種類によって月齢と関係して(みみずは夜行性動物なので、月の光がその行動に影響を与えるのです)決まっている場合があり、その場合、同じ時期の大量出現と大量死が起こると説明しています。

また、産卵時期が不定な種類のみみずは、大量出現や大量死は起こらないということになります。個々別々に産卵し、死亡するからです。

もう一つ、みみずが土から出てきて地上で乾燥死するのは、産卵後以外には、雨が降った後、晴れになると、土中の二酸化炭素濃度が減るらしいです。

このページの著者の見解では、その結果、土中酸素濃度が多分相対的に上がり、みみずが過酸化状態で、酸素中毒に陥り、行動が乱れたみみずが、土中から出てきて、誤って大量乾燥死するのだということになります。

また、ある種のみみず(シーボルトミミズ)の場合、季節ごとに移動し、春と秋に移動するシーボルトミミズは、この時期に、地上に出て、移動途中、大量死するリスクがあるということです。

少なくとも、観測と、他の人々の研究や説も取り入れての仮説で、これはわたしの経験ともうまく合うのであり、多分、事実にかなり近いと考えられます。

>(7)最新の仮説 2002年2月9日
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1301/mimi …
 
    • good
    • 1

私も前にそのことについて質問しました。


そのときにとてもいい回答がいただけたのでご紹介しますね!

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=107405
    • good
    • 0

ミミズは夜になると地面に出てきます、


そして世があけて明るくなると土中に潜りますが、
現在は地道ではなく舗装路なので戻れずに干からびて死んでしまいます、
ミミズは太古の昔から同じ事をしてきたんですが、
人間による急激な環境変化に対応できないためですね。
    • good
    • 0

みみずは雨が嫌いで、雨がいっぱい降ると土からでてきます。


そして雨がやんで日がばんばん照ってくると干からびてしまうのです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地中の生態系

地中の生態系について質問です。
小学生の子供の化石に関するふとした疑問を解決したいと思います。

「化石は、酸素の通わない地中でできる(基本的には)」
ということが分かって、
「でもセミの幼虫がいるってことは、地面の中にも酸素があるんだよね?」
というところで止まっています。

もっと深いところであろうという気はするのですが、
何メートルぐらいいけば、酸素の通わない状態になるのでしょうか?
せっかくなら、地中の生態系(何メートルぐらいのところにこんな生物が住んでいるといったような)
図で説明できると分かりやすいと思うのですが・・・
もちろん、実際は温度や光などの条件も関与してくるとは思いますが、
小学生のふとした疑問ということを差し引いてご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
わたしの幼い頃を想い出しました.

子供の疑問を与えることは素晴らしいご意見です.
結論から言えば
「地中の酸素含有層は,大地の表土の部分と考えればよろしいのではないでしょうか」
生物でも酸素呼吸をするものばかりではないのですが,
生物としては範囲が広すぎる命題です.
そこで昆虫なら表土の部分にしか生存していません.
例えばセミの幼虫でも硬いと思われる,公園など踏み固められた木の根元の地面から,
穴を広げて自分で出てきます.

表土は,細菌や小さな昆虫などが,落ち葉などを材料に腐葉土を作っています.
その最下部は当然外気に触れることは無いのですが,
生物がすむための酸素はあるのです.

空中の様な移動は確かに少ないのですが,表土にも酸素は運ばれてきます.
例えば雨が降ると,表土の表面から空気を押しのけて,
雨水が隙間を埋め尽くします.
その後隙間をうずめていた水も,雨が止むと水の補給がとまります.
水はそれでも低いところに向かって移動します.
その時それまで水浸しの隙間に,
今度は表土の表面から大気が入れ替わるようにして侵入します.
そうすることで新鮮な酸素を充分に含んだ空気が流入し,
表土の隙間を充填するのです.

この原理を用いて,鉢植えの植物の根に空気を与えています.

【参考意見】:
本からだけで知識を得るのではなくて,
子供にとってはフィールドでの実体験による自然観察の方が,
一番興味をそそられるのではないでしょうか?

近くに雑木林のある所はありませんか?そこに山腹に土を掘り出したような,
例えば土を掘り出したような地層むき出しの部分で,
表土と基盤になる岩石との境界面が現れていれば好いのです.

その境界面を境に,生物の有無を一緒に確認すると面白がるはずです.
土と腐葉土を適量ビニール袋などに採集し,
密封し自宅に持ち帰ってできれば顕微鏡でも使用して観察すると,
倍率を変えることで,少量の腐葉土に数えきらないほどの数の,
小さな様々な昆虫を含む生物が生きているが確認できます.

顕鏡する場合に別な作業が必要ですが,倍率を上げると,
水の中にだけ居る生物と思っている,アメーバなども観察されるでしょう.

その多様な生物はその小さなスペースの中で,
生存競争を繰り広げながら生きているのも観察できます.

もちろん,顕微鏡観察をはじめ,生物を観察するには,
その対象の観察に適した手段がありますし,工夫する事も大事です.
広範囲な知識を体験習得できるはずです.

例えば,『ツルグレン装置』:
ビーカーなどの広口容器の上に金網を置いて,
さらに金網の上に落ち葉や腐葉土を乗せ,
その上から白熱電球で照らすと,乾燥と熱のためその中に居た生物は,
下の方に下がって,しまいにはビーカーに落ちてしまいます.
それを観察することである条件の生物も見つけることができます.

顕微鏡以外はすべて手作りできます.

参考になる最近の本は知りませんので,
私の蔵書である『顕微鏡観察シリーズ』の3冊を紹介します.
表題:『顕微鏡観察の基本』著者:井上 勤 出版社:地人書館 
購入:昭和59年5月19日  価格:1800円
表題:『動物の顕微鏡観察』監修:井上 勤 出版社:地人書館 
購入:昭和60年7月10日  価格:2000円
表題:『植物の顕微鏡観察』監修:井上 勤 出版社:地人書館 
購入:昭和60年7月17日  価格:2000円

お子さんの学年が記載されていませんので,
内容の理解度は,質問者様を対象にしています.
質問者さまが噛み砕いて利用してください.
掲示板の都合上,これ以上詳しくは語れませんが,
カメラを手に自然いっぱいの野外に「一緒に調べよう」と家を出て,
子供さんと遊びながら学んではいかがでしょうか.

質問者さまのお子さんの学習指導に,参考になれば幸いです.

こんにちは
わたしの幼い頃を想い出しました.

子供の疑問を与えることは素晴らしいご意見です.
結論から言えば
「地中の酸素含有層は,大地の表土の部分と考えればよろしいのではないでしょうか」
生物でも酸素呼吸をするものばかりではないのですが,
生物としては範囲が広すぎる命題です.
そこで昆虫なら表土の部分にしか生存していません.
例えばセミの幼虫でも硬いと思われる,公園など踏み固められた木の根元の地面から,
穴を広げて自分で出てきます.

表土は,細菌や小さな昆虫などが,...続きを読む

Qミミズなどを捕獲したい

釣りをする為に庭を掘ってエサを探しているのですが、
全然エサが見当たらなくて困っています。
河川敷で釣りをしますが、河川敷を掘ったらミミズなどは出てきますかね?
ミミズが出現しやすいポイントを教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
#2さんも言われていますが、みみずは腐葉土のあるところにいます。
河川敷の土は、場所にもよりますが、川の氾濫で腐葉土が流されがちになりますから、みみずを探す場所としては、あまりいい場所とは言えません。
長らく氾濫もなく、木が繁り、日陰でじめじめしたところがあればいいのですが…。

ねらい目は、神社の森とかですね。
畑に古い畳など積み上げてあれば、そこを掘らせてもらうと可能性大なのですが。シマミミズはこんなところにいますね。神社の境内だと、太い学名「ミミズ」が多いと思いますよ。

Q蜘蛛で地中に住むクモは何を餌にしていますか?

通称 「ジクモ」は何故土の中に居るのですか?

何を捕食していますか?

Aベストアンサー

何故土の中に・・・は、生存競争の関係でしょうね。
そこなら他の種類のクモと生息域が重ならなかったとか、身を守りやすかったとか。
まあ、進化の過程で陸に上がれなかった種ともいえますけど。
古蛛亜目のハラフシグモは地中性ですし、少し進化した原蛛亜目であるジグモがまだ地中にいても不思議は無いですね。
更に進化すると新蛛亜目になって徘徊したり造網したりしますね。

餌は主にアリやダンゴ虫のようなものみたいですね。
巣の袋に触れた虫を、中から巣の袋ごとがぶりとやるようです。

Q地面に直流電流を流すと地中の動物や植物にどのような影響が出ますか?

タイトル通りの質問ですが,よい影響と悪い影響の両方があると思うのですが,もちろんそれほど大きな電流ではないものを考えているのですが・・・

Aベストアンサー

確かに、自動車のバッテリー程度の電流でも、川の中の魚は気絶して浮いてくるようです。バッテリーを使っている人間自身は、直接端子を握ったりしない限り大丈夫なようですけど。
また、雨の降った直後に電極を土中に差し込むと、ミミズが驚いて飛び出してくるという話を聞いたことがあります。ただし、やったことないので真偽のほどは不明です。
微生物などでは、特定の刺激に対する感受性が非常に強い場合があるので、微弱な電流でも長期間に亘って流し続けると、例えばある種の微生物の増加や減少に何らかの影響が出ることは十分考えられますね。ただ、土壌というものはけっこう抵抗が大きい(電気を通しにくい)ので、12V程度の直流を流したくらいでは、そんなに目に見えた影響は出ないのではないでしょうか。というか、微生物だと影響が出てても気が付かないか(笑)。

Q釣りえさのミミズを放したら

はじめまして!!
こんにちは!

釣り餌として売っているミミズを庭に放したら、そのまま生きてくれるでしょうか?

また、飼っている魚に与える事はとてもよくないとの話も聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか?

養殖のミミズは自然の物と環境が違うのでどうなのかなと思いました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。はじめまして。

釣り餌で売っているミミズですよね。「〇太郎」とか「〇〇タロウ」とか・・・。
庭に放せば、繁殖します。それはもう・・・、条件さえそろえば。私の家では、元が畑でしたので、それはもう・・・大繁殖です。

飼育している魚に与える場合は、注意が必要です。
成長ホルモン剤、殺菌剤が与えられていますから、微量で飼育している魚に影響が出るそうです。またミミズと一緒に入っている保湿剤(綿みたいな物)は、廃棄しましょう。
庭でいったん繁殖したものは、釣り餌に使えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報