ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ベタ基礎は何年くらい前から普及しはじめた工法ですか?
また、布基礎とベタ基礎の施工割合はどれくらいになっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

平成元年頃は一部上場HMにいましたが(木造軸組が主)地耐力に合わせて布基礎の幅やベタにする地盤改良もすると段階に分けていましたが標準仕様は布基礎でした。

その頃はHM社員がコンペネという簡易試験をやったりSSを依頼したりとまちまちでしたね。

布基礎の床下を土ではなく防湿コンクリートにした頃と地盤調査を地盤調査会社でまともにやるようになってきたその数年後からは地耐力も思うように出ないところが多かったせいもありだんだんベタが増えてきました。ベタが増えればお客さんに追加請求するのは毎回のことになってしまいます。あちらが標準仕様になればこちらも標準仕様にとなり、平成10年ごろはベタを標準とするメーカーもずいぶん増えてきていたように思います。

工法は昔からあったけど、地盤調査をきちっと行うようになって標準仕様はベタ基礎にしようという考えが広まったと考えるのが妥当ではないでしょうか。十年ほどでベタ基礎標準仕様が増えたなあと思いますが、地場工務店や大工さん請けの仕事からHMの仕事まで基礎の形状のデータをとったという統計は見たことがありません。
割合としてはいまだに布基礎を採用してるんだあという印象ですが、地耐力が十分あるところであれば問題はないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ベタ基礎が普及してきた過程がとてもよく理解できました。
大変参考になりました!

お礼日時:2007/03/24 21:16

私が思うに、1995年の阪神大震災から2~3年後から大手HMメーカーがベタ基礎を標準仕様にしたという印象が強くあります。




建築知識1995年5月緊急増刊号 阪神大震災に学ぶ地震に強い建築の設計ポイントには、まだベタ基礎というものは詳しく登場していません。

地耐力3t/m2に満たない軟弱地盤ではベタ基礎が必要である。と一文書いてあるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ここ10年位で一般に普及しはじめたようですね。
阪神大震災がポイントだったというのは興味深い意見で参考になりました!

お礼日時:2007/03/24 21:18

はじめまして!


ベタ基礎は、明治の時代から存在する工法です。
主に鉄筋コンクリート造、補強コンクリートブロック造、積石造などに用いられていました。
木造に関しては、2×4枠組壁工法が入って来た昭和40年代後半から用いられています。
最近は、2×4の住宅が普及し、多いので目立っているのではないでしょうか。
在来工法の木造住宅には、布基礎が普通ですが、地盤耐力の小さい地盤にベタ基礎を用いる場合があります。
特に地盤が弱い場合は、杭打ち基礎にしなければなりません。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
かなり古くから存在する工法のようですね。
大変参考になりました!

お礼日時:2007/03/24 21:15

>>ベタ基礎は何年くらい前から普及しはじめた工法ですか?


改めて聞かれると困りますね。

私が学生の時(今から30年前)の古い教科書にも載っていましたからね。いわいる直接基礎の一種ですからかなり古くからありました。

布基礎との割合ですが、統計を見た事が無いので判りません。コストがかなり違うので布基礎の方が多いのではないでしょうか。

参考URL:http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p …

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。
一般に普及しはじめたのは、ここ最近のことなのでしょうか?
度々の質問でスミマセン!

補足日時:2007/03/24 16:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物基礎の歴史?

こんにちは。
突拍子も無いことなんですが、
住宅の基礎にコンクリートが使われ始めたのはいつ頃からか分かる方いらっしゃいますか?
また、それ以前はどんな素材が使用されていたんでしょうか。
大谷石とかが一般的だったのでしょうか?

宜しくどうぞ御願いします。

Aベストアンサー

コンクリートはひび割れに弱く、本格的に構造材に用いられたのは、中に鉄筋を入れる方法が考案されてからです(確かフランスで特許になっていた)。
だから鉄筋コンクリートとして基礎にコンクリートが使用されるようになったのはそんなに古いものではありません。

日本では明治維新後、西洋技術の導入を盛んに行いました。その中で鉄筋コンクリート構造も導入されました。時期的には明治時代の後半です。だから、住宅の基礎に使用されたのもその後です。

それ以前は柱の下に石を置く方法が使用されていましたが、大谷石のように柔らかい凝灰岩ではなく、もっと硬い石が使用されていたようです。
奈良時代の寺院跡などからこのような石は見つかっていますし、もっと以前の遺跡からも見つかっているようです。
但し庶民(下層階級)の住宅の場合そこまでの処理はしておらず、柱を直接地面に埋め込んだ形式もかなり最近まで使用されていたようです。

なお、大正時代にあった関東大震災では、日本古来の木造や同じ西洋式の石や煉瓦造りの建物が倒壊したのに対して(木造の場合は火災による倒壊も含む)、鉄筋コンクリート造は耐えたものが多かったので、鉄筋コンクリートの耐震性が注目されました。その後鉄筋コンクリート使用の建物が増加しています。
特に早稲田大学の内藤多仲先生が自らの理論で耐震設計した鉄筋コンクリート建物は被害がなかったということで、このあたりからコンクリートの耐震設計の考え方が始まっています。
つまり関東大震災の経験が鉄筋コンクリート構造が耐震性に優れたものであることを証明し、普及させました。
但し、鉄筋コンクリートが耐震性に優れるからといって、住宅の基礎に使用されるようになったかまではよく知りません。

現在のように生コン(レディミクストコンクリート)が使用されるようになったのは昭和24年頃です。つまりこの時期になると工場で練り混ぜして運搬するという大量生産が必要な程の需要があったものと思われますので、このころは鉄筋コンクリートがかなり普及していたものと思います。

ちなみに昭和25年に建築基準法ができ耐震基準も造られました。

2つの時期はほぼ同じですので、この時期には本格的に基礎にも鉄筋コンクリートが使用されるようになったのではないかと思います(なお、昔は無筋コンクリートの基礎もokでしたけど)。

そして、日本耐震基準の歴史は、
早稲田大学内藤多仲先生の耐震理論
関東大震災の経験
東京大学佐野利器先生の家屋構造論
を経て、
日本初(多分世界でも初)の耐震規定が東京市条例に盛り込まれる。
昭和25年に東京市条例の耐震基準を参考に建築基準法が制定され、耐震基準が全国展開

法律の影響は大きく、耐震基準が制定されると最低限必要な建物の構造性能は全国一律になります。

そう考えると最初に耐震基準が盛り込まれた東京市条例の制定あたりから、本格的にコンクリート基礎が採用されるようになったのではないかと思います。

コンクリートはひび割れに弱く、本格的に構造材に用いられたのは、中に鉄筋を入れる方法が考案されてからです(確かフランスで特許になっていた)。
だから鉄筋コンクリートとして基礎にコンクリートが使用されるようになったのはそんなに古いものではありません。

日本では明治維新後、西洋技術の導入を盛んに行いました。その中で鉄筋コンクリート構造も導入されました。時期的には明治時代の後半です。だから、住宅の基礎に使用されたのもその後です。

それ以前は柱の下に石を置く方法が使用されていま...続きを読む

Q各部屋の吸気口について

この度、木造の新築を購入したのですが、今まではマンションだったもので、各部屋に吸気口が無かったのですが、木造の新築にはあり、内覧会時には、カバーを開けたままにするようにと説明を受けました。またトイレも24時間換気を指示されました。
そこで質問ですが、マンション時は密閉度が高い為、結露などが多いので換気などは解りますが、木造の戸建てでは、住み始めて間もないですが、マンションの時に比べ非常に寒く感じております。各部屋の吸気口を開けたままにせず、寝る時などは閉めたり、トイレも24時間換気扇を付けた状態では寒くてなかなか行き辛いです。使う時だけ付けるなどは何故ダメなのでしょうか?木造の戸建てなので、密閉度がさほどないように思うのですが…。
教えて下さい。

Aベストアンサー

電源をオフにしても違法にはなりませんよ。あくまで24時間換気の機能を持った家を作ることが法律の主旨ですから。(何故24時間換気かと言われれば、NO.1の回答者の言うとおりシックハウス対策です。)
家族にアレルギーの方がいなければ、365日24時間換気扇をつける必要はありません。
現状の使い方で問題無いです。
(余談ですが現在の木造住宅は結構気密性は高いですので、調理をする場合等は必ず換気扇は回してくださいね)


人気Q&Aランキング