古事記と日本書紀を読みたいのですが、多くの種類が出ているようでどれを選べば良いかわかりません。
それぞれ何か特徴みたいなのはあるのでしょうか?
お勧めはどれですか?
条件は
現代語訳(口語訳)、完訳でお願いします。
原文や・書き下し文の有無は問いません。
また、古事記や日本書紀と併せて・読後に読むと良い解説書などもあれば教えてください。
お願いします。

A 回答 (3件)

 


 記紀探訪 ~ わたしの本箱から ~
 
 太安万侶の格調高い序文に始まる《古事記》は、本居宣長の絶賛した
本文が、あんがい希薄な印象です。
── 次田 真幸・全訳注《古事記(上中下)197712‥ 講談社学術文庫》
 
── 宇治谷 孟・全現代語訳《日本書紀(上下)198806‥ 講談社学術文庫》
 《日本書紀》は「神代・天武以前・天武以後」に区分すべきです。
 スキャニング(OCR)には、岩波版が概して鮮明です。
 
── 生而有岐●(山+疑)之姿(生れついての、いこよかなる姿)。
及壮雄抜神武(おとこざかりになって、ををしく、たけだけしかった)。
── 坂本 太郎・他《日本書紀(五)19950316 岩波文庫》P66,391
 
── 森 博通《日本書紀の謎を解く 19991025 中公新書》
 上は面白そうで案外つまらないが、下は研究者にとって必携です。
── 内田 正男・編《日本書紀暦日原典 19780110 雄山閣出版》
 
    • good
    • 0

『古事記』現代語訳、もしくは現代語訳が載っているもので、比較的入手しやすいものとしては、



●石川淳著『新釈古事記』ちくま文庫(古事記の代表的注釈書の一つである『古事記注釈』を表した西郷信綱氏お勧めの一品。読みやすいばかりでなく、他の現代語訳と比べてもなかなか詩的で調子がよい)
●武田祐吉校注・中村啓信補訂『古事記』角川文庫(書き下し文と現代語訳、簡単な注。最も手軽で、入手も簡単。)
●福永武彦『古事記』河出文庫(全口語訳。平明)
●三浦祐之『口語訳古事記』文春文庫(上下巻・独特の昔話口調での口語訳、及び語句等の注釈。三浦氏の解釈や思い入れが強く入っており、読み物としては面白いがこれだけではどうかと個人的には思います)
●次田真幸訳注『古事記』講談社学術文庫(上中下巻・書き下し文、用語説明、現代語訳、注釈者の解説と、四つの手順を踏んで少しずつ読んで行くていねいな注釈。きちんと読みたい初学者に)
●西宮一民校注『新潮日本古典集成 古事記』新潮社(書き下し文の横に赤い小字で現代語訳が書き添えてあるので、読んでゆく内に書き下し文の文体に慣れて行くことが出来る。注釈も詳しく、神名事典の付録付きで便利。個人的には愛用してます)
●神野志隆光・山口佳紀校注『新編日本古典文学全集 古事記』小学館(書き下し文、原文、注釈と現代語訳。現在の最新の注釈書の一つで、読み下し方や内容の解釈にも各所に工夫がある)

『日本書紀』では、完訳に限るのであれば

●日本の名著『日本書紀』中央公論社(中公クラシックスからも再刊。全現代語訳)
●宇治谷孟『日本書紀』講談社学術文庫(上下巻、全現代語訳)
●小島憲之他校注『新編日本古典文学全集 日本書紀』(全五巻、原文・書き下し文・現代語訳・注釈)

 こんなところでしょうか。記憶だけを頼りに書いたので、細かい所は違うかも知れません。『古事記』は、現代語訳だけをとるならば、三浦氏の本を除いてはさほど大きな違いは無いと思います。とにかく面白く読みたいなら三浦氏の『口語訳古事記』や石川氏の『新釈古事記』ですかね。知識等を補いながら読みたいのでしたら、講談社学術文庫版、新潮日本古典集成、新編日本古典文学全集をお薦めします。

『日本書紀』については、手軽さを求めるのならば文庫版を、情報量を求めるのでしたら、値が張りますが、全集版を、という感じです。

 参考になればよいのですが、煩雑ですみません。
    • good
    • 0

口語訳古事記 完全版


三浦佑之/訳・注釈
出版社名 文芸春秋
税込価格 3,500円
ISBNコード 978-4-16-321010-0

新編日本古典文学全集 (2) ~(4)日本書紀 (1) ~(3)
小学館 (1994/03)

解説書は著者によって解釈が違うのでこれといった本は提示できませんが、歴史読本の特集などは面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
古事記はこんなのもあったんですね。同じ著者の「古事記講義」は併せて読むと良いのでしょうか?
歴史読本とは雑誌のことですよね?

お礼日時:2007/03/25 17:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本居宣長の古事記伝の現代語訳の本はありますか?

本居宣長の古事記伝の現代語訳の本はありますか?深く内容を読みたいと思っているのですが、江戸時代の古典で書かれているのでとても難しく理解しきれない箇所が出てきます。(泣)どなたか現代語訳されている本を知っていましたら教えてくださいヽ(´Д`;)ノ

Aベストアンサー

図書館に行って筑摩書房刊の「本居宣長全集」を見れば、ある程度は現代語訳の部分(解説)もあると思いますが、現物を見てないのではっきりしたことはわかりません。本居宣長の「古事記伝」を現代語訳した手軽な書物は残念ながら見当たりません。一般受けしないのと、非常に長い(膨大)からでしょうね。

Q古事記、日本書紀を物語として読みたい

古事記、日本書紀を物語として読みたいのですがお勧めの本はありますでしょうか?
それとも有るかは解りませんが神代や神武天皇や神功皇后など単独で読んだ方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

「赤い鳥」など童謡童話作家の鈴木三重吉の『古事記物語』が角川文庫から出版されています。
原典の現代語訳と違い物語的で分かりやすいですよ。
児童向けに書かれたものですが、大正時代に書かれたものなので、最近の読解力のない高校生では読めないかも・・・・なんてね。児童向けと侮ってはいけません。

Q古事記が読みたい

日本の神話が気になり始めました。
やはりまずは「古事記」じゃないかと思います。

古事記の神々を描いた絵画の写真あるいはそれに近いスケッチが豊富な本と、できるだけ古事記の内容を忠実に現代語訳した本の2パターンで探しています。

マンガ化された絵は好みません。詳細な解説などは歓迎ですが、専門家になろうというのではないので、堅苦しいものは挫折してしまいそうです。

おすすめの本がありましあら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も、古事記の忠実な現代語訳を探していたんです。去年買ったのですが、この本が読みやすくてよかったですよ。

『古事記ものがたり』
http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

現代語訳された本です。まあ、古語の文法どおり堅苦しく逐語訳というわけではありませんけれど、内容的には子供向けのダイジェストでもなく、出てくる一通りの内容が網羅されています(私は岩波文庫の古事記も持ってますので)。大人はもちろん、小学生も高学年くらいから読めると思います。いい本だったので2冊頼んで息子の小学校の学級文庫にも置いてきました。やっぱり日本の神話を知ることって大切ですよね!

参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

Q天孫降臨という言葉は、古事記や日本書紀に記されているのですか? あるいは、後世に作られたのですか?

天孫降臨という言葉は、古事記や日本書紀に記されているのですか?
あるいは、後世に作られたのですか?

Aベストアンサー

こちらが、
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/772088/56
写本ですが、古事記の原本で6行目位からが天孫降臨になるようです。
古事記・日本書紀共に
http://www.seisaku.bz/shoki_index.html
に分かりやすく転記されています。
更に
http://www.ookuninushiden.com/newpage2.html
に現代語訳がありました。
分かりやすくするために、14.天孫降臨 などと表題をつけてありますが、
実際は、だらだらと全て連続して記述してあります。
14.天孫降臨も含めて、国生み、神生みなどは原文にはありません。
神話を分かりやすくするために、内容ごとに区切り、項目を付けたのではないでしょうか。
天孫降臨の代わりに天降と云う文字はいくつか見つかります。
天皇の孫で天孫や降臨 と云う言葉は当時はなかったのではないでしょうか。

Q古事記を読みたい

古事記を読みたいのですが解説や現代語訳などが
わかりやすいの本を教えてください。

Aベストアンサー

角川文庫に、ビギナーズ・クラシックスと言われる古典のシリーズが
あるのですが、このシリーズの「古事記」は、原文、訳文、解説文が載っていて
分かりやすかった気がします。
ご参考まで。

「古事記」角川書店編 ビギナーズクラシックス

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%96%87%E5%BA%AB%E2%80%95%E3%83%93%E3%82%AE%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%9B%B8%E5%BA%97/dp/404357410X/ref=sr_1_5?s=books&ie=UTF8&qid=1289712471&sr=1-5

Q日本書紀は、古事記について言及していません。なぜ?

古事記の序を信じれば、その成立の経緯は、天武天皇の命で編纂したもの、とされています。稗田阿礼が誦習していた天皇の系譜と古い伝承とを、太安万侶が書き記し編纂したもの、とされていますね。
天皇の命ですから、公のもの(大げさに言えば、国家事業)ですよね。
しかし、日本書紀は、古事記について言及していません。なぜでしょうか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、『古事記』と『日本書紀』では書物の性質が異なるからです。『古事記』は天皇氏なる一族の系譜を創世の物語として伝承された(殆どは当時の作り話である)口誦を文字に記した書物であり、一方の『日本書紀』はその編纂者も異なります。この編纂を主導したのは当時の政権中枢部にいた人物であり、それは藤原一族による政権維持を正当化する目的が背後にあったことも確実であり、また「国家の正統な歴史」を記すとの意味での編纂事業です。
 ですから、律令国家と天皇氏の歴史は必ずしも等号で結ぶことができない、との話になります。『書紀』が『古事記』と異なる部分は「記述の仕方」にも顕著に示されています。
 一代の天皇の治世下で「どの様な事象があったか」を時系列的に記述している。こうした意味で史書と呼ぶことも可能になります。
 けれども『古事記』の殆どは物語や古代歌謡による記述です。そうした部分からは史書とは評価しがたいとの見解もあります。
 僕自身は『古事記』はデタラメの巣窟であり、『日本書紀』にもあやしい部分がかなりあるとの立場です。他の史料との整合性が確認できなければ、それは史料としての価値はないに等しいとなります。

 簡単に言えば、『古事記』と『日本書紀』では書物の性質が異なるからです。『古事記』は天皇氏なる一族の系譜を創世の物語として伝承された(殆どは当時の作り話である)口誦を文字に記した書物であり、一方の『日本書紀』はその編纂者も異なります。この編纂を主導したのは当時の政権中枢部にいた人物であり、それは藤原一族による政権維持を正当化する目的が背後にあったことも確実であり、また「国家の正統な歴史」を記すとの意味での編纂事業です。
 ですから、律令国家と天皇氏の歴史は必ずしも等号で結ぶこ...続きを読む

Q古事記における成立論について質問があります

古事記の成立について質問があります。
現在、古事記について調べているのですが、古事記の成立論がどうなっているのか、いまいちよくわかりません。
ひえたのあれいや天皇が関わっている事、天皇家が正統な支配者であることを証明したいという事はわかったのですが・・・。
古事記の成立についてご存知の方いましたら、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 下記のサイトの要約になりますが……

 古事記は、日本書紀のような勅撰の正史ではなく、古事記の序によれば、稗田阿礼が誦んだ帝紀(天皇の系譜)・旧辞(古い伝承)を、太安万侶が書き記し、編纂したもので、原本が残っておらず、最古の写本も室町時代のもの(後述)であるそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98

Q日本書紀と古事記と兄妹愛

●日本書紀と古事記の神代篇について…内容に差はあるのでしょうか?どちらも同じに思えるのですが…。
●また、兄妹始祖神話の例は多くあると聞きます。他にどのようなものがあるのですか?アダムとイヴもその例に入るのでしょうか?
●何故、最初の男女が兄妹の場合が多いのでしょうか?

 質問が多いですが、どうか宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

 『日本神話』は、まとまった形としては『古事記』(712年成立)、『日本書記』(720年成立)に見られる、いわゆる『記紀神話』を主とし、『風土記』その他諸書に散見するものを含めて言います。記紀に見られる神話は同一ではありませんし、その性格も同じではありません。
 『古事記』に見られる神話は、歴史叙述の一環として、その上巻に記載されたものです。その本来の神話としての姿は幾分か認められるところがあるにしても、基本的には、それぞれまとまりをもっていたと思われる個々の(小さな)神話物語が、多分に潤色されながら、時の経過を示すように連接されて、序文に言う『邦家の経緯、王化の鴻基』として、天皇家の由来を語る歴史物語に体系化されたのでした。

 『日本書紀』の神話は30巻中の第一・二巻(別称神代巻上下)に見られますが、『記』に対してその特色は、およそ二点挙げられます。その一は、『一書曰』として多くの異伝を注記していることです。これは神話が早い時期に記載化されたことを窺わせています。第二は、『記』に見られる出雲を舞台にした『作る』の神話が見えないことです。これに加えて『書紀』では、本書伝と『一書曰』伝とが錯綜していることもあって、体系化の点では『記』に劣っていますが、『書紀』は、古伝承を漢文化しながらも忠実に記録したことでもあり、伝承の古態を探る上では有益です。

 国生み神話の論点の1つに、イザナギ・イザナミ二神の結婚が中国・朝鮮・東南アジア一帯に分布する『洪水型兄妹相姦神話』(洪水によって兄妹が生き残り、やむなく結婚して、はじめ不具児を出産しつつも人類の祖先となる)に当たるか否かという問題があります。国生み神話をこの型の神話あるいはその断片と見る研究者は多いですが、これを否定する服部旦説もあります。
 二神の結婚を兄妹相姦と見るか否かについては、アジア一帯の近親婚に対する充分な検討が必要でしょう。中国・朝鮮では、同姓不婚の制に見られるように近親婚への忌避がありました。一方、古代日本では、同母兄妹間は忌避されましたが、異母兄妹間の結婚は行われたらしく近親婚に対する禁忌の度は相対的に低いようです。各地域の近親婚に関する文化的差異を念頭に置かないと、それらに徴してイザナギ・イザナミが兄妹か否か、兄妹とすれば同母か異母か、その結婚が相姦と言えるか否かは簡単には論じられません。

 『日本神話』は、まとまった形としては『古事記』(712年成立)、『日本書記』(720年成立)に見られる、いわゆる『記紀神話』を主とし、『風土記』その他諸書に散見するものを含めて言います。記紀に見られる神話は同一ではありませんし、その性格も同じではありません。
 『古事記』に見られる神話は、歴史叙述の一環として、その上巻に記載されたものです。その本来の神話としての姿は幾分か認められるところがあるにしても、基本的には、それぞれまとまりをもっていたと思われる個々の(小さな)神話物語...続きを読む

Q古事記のお勧め版

古事記を現代語でよんでみたいのですが、
どなたの翻訳がお勧めでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三浦佑之著『口語訳 古事記』全二巻、文春文庫。同『古事記講義』文春文庫。

2003年でしたか単行本がベストセラーになりました。1979年1月に太安麻呂の墓誌名が発見されたことにより上代日本語の研究がより進みましたので、少なくとも80年代以前のまだ研究成果を反映しきれないものを読むよりはいいと思います。(そういえば『論語』も70年代、90年代の発掘で見つかった史料により再検討が今世紀初頭迫られていると浅野裕一が書いてましたね。古い書物でも新史料発見で新解釈が迫られるとは油断なりませんね)。

作家でなく学者による訳です。

Q日本書紀か古事記?

最近,神道に興味を持っています。
それで,日本書紀か古事記のどちらかを読んでみようと思うのですが,どちらを読んだらいいか教えてください!また,両方と言うのならどちらを先に読めばいいのですか?

Aベストアンサー

これは絶対に古事記です。間違いありません。古事記を読んで面白いところがあったら、日本書紀と照らし合わせてみるのがよろしいかと。

古事記と日本書紀と、どんなふうに違っているか、というともう本当に対照的でいちいち違いを今ここで挙げても煩瑣なばかりでしょうから控えます。とにかく古事記のほうが読みやすいのです。まず、古事記が日本語で、日本書紀が漢文(つまり中国語です)で書かれた本だという厳たる事実があります。それだけでもどっちが読みやすく、しかも上代の雰囲気をよく伝えるか、知れきっているでしょう。それともう一つ。

氷室冴子の随筆に「〈妹の力〉と〈女の大義〉」というのがあります。古事記と日本書紀の違いに閨秀小説家ならではの照明を当てたもので、実に愉快かつ怜悧な考察が示されます。『いっぱしの女』という本に収録されています。単行本も文庫本も筑摩書房。古事記のどういうところが面白いか、日本書紀のどういうところが詰まらんか、についても教えてくれるはずです。ぜひ当たってみてください。ほんの数頁です。

まあただ、他の方もおっしゃるように、古事記や日本書紀をお読みになっても、そのぶん神道の理解が深まるということはないかもしれません。知らないよりは知っていたほうがいいことが書いてあるくらいのところかしらん。

これは絶対に古事記です。間違いありません。古事記を読んで面白いところがあったら、日本書紀と照らし合わせてみるのがよろしいかと。

古事記と日本書紀と、どんなふうに違っているか、というともう本当に対照的でいちいち違いを今ここで挙げても煩瑣なばかりでしょうから控えます。とにかく古事記のほうが読みやすいのです。まず、古事記が日本語で、日本書紀が漢文(つまり中国語です)で書かれた本だという厳たる事実があります。それだけでもどっちが読みやすく、しかも上代の雰囲気をよく伝えるか、知れ...続きを読む


人気Q&Aランキング