司法書士試験を受けたくて、初学者であるため予備校(LECかWセミナー)の通信講座を受講しようと考えていますが、経済的にもう少し時間必要なため、それまでの間に何か独学で勉強できることがあればしたいと考えています。
合格者の方や受験生の方で初学者でもできそうな独学の方法があれば教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

司法書士法の勉強がいいと思います。


試験範囲の法律は11ありますが、最も簡単で、例えば講座でも一番最後に1時間当てられればいい方で、読めば分かるということで、15ヶ月で述べ何百時間になるのかよく分からないくらい長い講座でも、司法書士法には15分くらいしか当てられない場合も多いです。
簡単というのは、他の法律では判例先例通達学説など、条文以外のものをたくさん理解しなくてはいけませんが、司法書士法にはそんなものが一切ありません。まさに読めば分かる。
合格者は最後の1日をこれにあてる人も居まして、合格する人は1日で百点(といっても1問しか出ませんが)取れるレベルに達します。
条文も小型六法で9頁、82条です。ネットにあるかもしれません。
それと、過去5年の過去問の本を買いましょう。
平成15年度から出題があります。大体午後の8問目あたりです。
条文を読んで理解したと自信がついたら、平成15年度の問題を解いて見ましょう。間違ってしまったら、もう一度条文を読み直して平成16年度の問題を解いて見ましょう。
初心者でしたら、日曜日1日ではきついでしょうから、4,5日かけて理解してもいいでしょう。
できるようになりましたか?
この作業が大変だとか、全然正解にならないようでは、才能ないです。別の道を目指しましょう。
講座を受けている人も95%は合格できませんから、一緒に司法書士試験を目指す人と仲良くやりたいというのであれば、もちろん自由ですし、そういう人が9割以上ですから、お仲間はたくさん居ます。
司法書士法やったら次は供託法でしょうか。これは最後から2番目にやりますが、覚えればいいし、過去問をやるだけでかなり点が取れますから、自力でやってみるにはいい科目です。
これもやる場合は、科目別の過去問集がいいでしょう。
3問出ますから司法書士法よりは分量多いですが、こちらは、まず過去問を全部暗記するまで繰り返しやりましょう。先に答え見ていいです。答えを暗記してから解説を理解するようにしたほうがいいと思います。
分量は司法書士法より多いですが、これが大変だと不動産登記法、商業登記法の分量にはとても耐え切れません。
お仲間と楽しくやることじゃなく、合格しなければ意味が無いとお思いなら、この二つを独学でやってみて、かなりやれる自信がついてから、講座を申し込んだほうがいいんじゃないかと思います。
これ以外は講座で効率よく体系的に学習する必要がありますので、独学では効率非常に悪いです。というか、不動産登記法、商業登記法に不可欠な先例や通達は、講座を受けない場合はどうやってお知りになるつもりなんでしょうってことですけど、それはご理解されているようなのでいいんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
自分で勉強をやっていけるかどうか判断するために参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/03/26 19:28

↓「一般人」の方が、なんで司法書士が「親の代からの引き継ぎが多い」と仰せられるのかよくわかりませんが、世の中に数ある資格の中でも、大儲けしようとさえ考えなければ、誰でも比較的確実に食えるのが司法書士だと思います。


開業後のことは、試験に受かってから考えましょう。「取らぬ狸の皮算用」って言いますしね。

さて、「独学の方法」ですが、LECでもWでも、将来受講される予定の予備校から出版されている市販テキスト(↓の方もおっしゃっているように、科目としてはまずは民法)を買って自習されるのがいいと思います。
なぜなら、同じ司法書士試験の勉強でも、予備校(や講師)によって方法論に特徴があるので、例えばWの市販テキストを読んでからLECの講座を受講されると、初学者は(内容以前に形式面で)戸惑うことがあるかもしれないからです。

逆に言えば、LECとWの市販テキストを購入して読み比べてみて、ご自分の肌に合うほうの予備校の通信講座に申し込まれるのが、賢明な選択かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
通信講座もLECとWで迷っている部分もあるので、
市販のテキストを見て自分に合うかどうかを判断する方法は
参考になります。

お礼日時:2007/03/26 19:21

先ずは民法です。

これをマスターしましょう。

ま、それはともかくとして、ここにお聞きになるまでもなく、参考書の1冊ぐらい買って、どんな科目の配分で勉強していけばいいのか、予め自分で計画ぐらい立ててみましょう。

それにもう一つ、司法書士の資格を取って将来どうしょうというのか、目標をしっかり定めましょう。
資格を取っても、事務所を開いたからといって、そう簡単に顧客は集まりませんよ。

顧客は、親の代からの引き継ぎが多いのではないでしょうか。
資格を取ったからといって、明日から飯が食えるというものではないのです。
その辺りをよく知って、勉学に励んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
予備校の資料の請求をしたり、合格体験記やどんな試験科目がでるのかと本を購入していろいろ調べているのですが、それ以前に司法書士の資格を取ってからの目標も立てることが重要なんですね。
目標を立ててしっかり勉強していきます。

お礼日時:2007/03/25 19:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資格試験のための各種予備校(LEC、Wセミナー、大原 等)で20万円や

資格試験のための各種予備校(LEC、Wセミナー、大原 等)で20万円や30万円の講座を
申し込む場合は一般的に値切ったりできるのでしょうか?
ちなみに、教育訓練給付金は最後に使って3年経ってないのでまだ無理です。

自動車や高額なソフトウェアの値切りはよく聞きますが、この手の資格の講座は値切ったり、また、担当者に値引き権限はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に、値切ることは出来ないかと思います。毎年、新しい教材を制作し
ているので「賞味期間」が元々、短い「商品」ですし、2、30万の講座は
その学校の総力を結集した予備校を象徴する&難関資格のモノだからです。
それをやたらに値引きしたのでは「講座に自信やプライドがないのか?」と
思われてしまいますしね。ただ、新年度や夏休み期等に色んなキャンペーン
を実施したり、書籍や模試を買ったりすることによる累積ポイントや組み合
わせ条件などで、受講料が定価より割安になる事は結構、あります。また、
大抵は「分割支払い」や「ローン」を取扱いしていますので、ある程度の所
得や預金があれば、支払いは出来そうですが・・・ですが、中々面白い発想
をなさいますね・・・

QLECの再受講割引は本当に安い?

昨年LECで行政書士を受講して、4点足りなくて落ちました(笑)。

今から中上級のクイックコースを受けようかと思うのですが、
「再受講割引」と、ネットでやってる週末の25%引きその他モロモロのキャンペーン、
どっちが安いのでしょうか?

「再受講割引」は現在の早割ではなく本当の金額を元に40%引きになるようなのですが、
どうにもどっちが安いのか、分からなくて。
おわかりの方、アドバイス願います。

Aベストアンサー

直接の回答ではなく申し訳ないですが、

> 昨年LECで行政書士を受講して、4点足りなくて落ちました(笑)。

4点だけ足りなくても落ちたなら、試験当日の集中力とか運とかの問題ではないでしょうか。

わさわざ資格予備校を活用する必要はないと思いますが、独学+模擬試験だけで大丈夫ではないかと思います。

もし、一般知識で点数がぎりぎりなら、思い切って高校生向けの社会科(現代社会)の問題集を解いてみた方が宜しいかと思います。

Q全くの初学者が行政書士を学習するためのテキストについて

全くの初学者が行政書士を学習するためのテキストについて
今まで行政書士に関する勉強を全くしたことがなく、テキストのチョイスを迷っています。
・得点7割目標
・最初は地盤を固めて受験を経験する
・いろいろな書籍に手を出さず1冊をやりこんでみる
ということを念頭に大手の書店3店舗ほどに行き、いろいろ確認してみました。
その結果、個人的に印象に残った甲乙つけがたいテキストが2点ほどありました。
・らくらく行政書士講義そのまんま
・ipod行政書士
です。

皆様がこの2冊でお勧めするとすればどちらでしょうか?
また他に、全くの初学者におすすめのテキストがあればご教授願えませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

テキストは、基本的に法科スクールが発行しているものをお奨めします。

理由は、
・行政書士試験に関する最新情報を入手するための独自ルートを持っていること。
・受験生がどこでつまずいているのかを把握していること。
これらを参考にして、編集されているからです。

ただし、テキストには自分との相性があります。

あなたが、
・らくらく行政書士講義そのまんま
・ipod行政書士
で、合格の可能性を感じるのであれば、その感覚を信じても良いのではないでしょうか!

上記、2冊で言えば、音声講義のほうはお勧めしません。

なぜかというと、時間がかかりすぎるからです。
音声を聞くより読むほうが断然早いですから。

また、あなた自身も「いろいろな書籍に手を出さず1冊をやりこんでみる」というのであれば、なおさらだと思います。

それと、気になったので一言。

それは、テキストだけでは合格できないということ。
テキストは、あくまで知識を吸収する手段に過ぎません。

そして、行政書士試験には知識だけでは合格できません。
法律的なものの考え方が必要なのです。

それを身に着けるには、問題集をたくさん解くことです。
勉強の比率で言えば、テキスト2割、問題集8割と言われています。

では、「どのような問題集(過去問ではない)をやればよいのか?」
ですが、こちらを参考にしてみてください。
http://gyoseishiken.com/go/gyoseigoo

現役の行政書士が、限定で情報公開しています。

テキストは、基本的に法科スクールが発行しているものをお奨めします。

理由は、
・行政書士試験に関する最新情報を入手するための独自ルートを持っていること。
・受験生がどこでつまずいているのかを把握していること。
これらを参考にして、編集されているからです。

ただし、テキストには自分との相性があります。

あなたが、
・らくらく行政書士講義そのまんま
・ipod行政書士
で、合格の可能性を感じるのであれば、その感覚を信じても良いのではないでしょうか!

上記、2冊で言えば、音声...続きを読む

QLECと早稲田セミナー

現在、行政書士を目指して勉強をはじめようと考えています。
大学も辞めて、専門学校と親がやってる店の手伝いに専念しようと思い、通う学校を2つまで絞りました。
けれど、どうしてもどちらがいいのか決めかねています。

一つはLEC高田馬場校です。
説明会にも行ってきました。
雰囲気もよく、勉強しやすい空間ができている印象をうけました。
ただ、問題なのは、高田馬場校は全てビデオによる授業だということです。
今まで、大人数でビデオの授業を受けるなんて経験したことないので、不安を抱いています。
また、講師が校舎にいないということは、勉強の悩みや不安に対するカウンセリング等は相談できないのかなと不安です。

もう一つは早稲田セミナーです。
ここは、コースによって説明会の日程もバラバラだったため、まだ説明会には行ってません。
そのため、どんなところかまったくわからない状態です。

他の方の質問を閲覧しても、やはりこの2校をオススメしている方が多いようです。
どちらも近所なので、かなり悩んでいます。
印象で言えば、パンフレットの読みやすさからLECなのですが…。
どうか、アドバイスよろしくお願いします!

現在、行政書士を目指して勉強をはじめようと考えています。
大学も辞めて、専門学校と親がやってる店の手伝いに専念しようと思い、通う学校を2つまで絞りました。
けれど、どうしてもどちらがいいのか決めかねています。

一つはLEC高田馬場校です。
説明会にも行ってきました。
雰囲気もよく、勉強しやすい空間ができている印象をうけました。
ただ、問題なのは、高田馬場校は全てビデオによる授業だということです。
今まで、大人数でビデオの授業を受けるなんて経験したことないので、不安を抱い...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士に関しては、私の場合、クレアールアカデミーを通信で利用しました。
十分対応可能な講義内容でした。
他に問題集を購入して勉強したせいもありますが・・・。
司法書士など、隅から隅までというような資格を除いて、基本的には私はクレアールアカデミーに好意を抱いています。
LECも早稲田セミナーも隅から隅までという学習社なので、行政書士のように基礎を押さえれば合格できるような資格の場合は、他の学習社でもよいのではないかと思います。
ただ、二つに絞ったのであれば、どちらかと言うと、LECをお勧めします。
司法書士の勉強をしていたとき、質問に関してもとても丁寧に答えていただくことができましたよ。
参考にしていただければ幸いです。
ご健闘をお祈りしております。
頑張ってください。

Q司法書士 早稲田セミナーとLECは?予備校?

司法書士の予備校に通おうと思っています。

早稲田セミナーとLECはどっちが評判いいですか??

他にも教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちわ。
早稲田セミナーとLEC、どちらの予備校にも通ったことがある
司法書士受験生です。
(両者とも大阪です。)

両者の違いですが、以下の4つに分けてお答えします。
(1)雰囲気
(2)値段
(3)事務の対応
(4)先生

ます(1)雰囲気ですが、
Wセミナーは、受講生の割合が社会人が多く、年配の方の姿も見られるため、落ち着いた感じがあります。
一方、LECは大学生が多い印象ですね、和気藹々とした雰囲気で、Wセミナーよりにぎやかな感じです。

(2)値段ですが、
WセミナーのほうがLECより、自分が見た所、5000円~1万円程度
安いですね。もちろんコースにもよりますが。

(3)事務の対応、
Wセミナーの方が対応が丁寧な気がします。
例えば、書店などで、模試やコースを申し込んだ場合、
Wセミナーは受講票を送付してくれるのですが、LECは窓口まで
取りに行かなくてはなりません。
また、LECは受講票を配布する場所と、模試の会場が異なっていたり、結構ややこしいんですよ。

(4)先生、
これは、質問者様の相性による所が大きいので、無料ガイダンスを聞きに行くことをオススメします。
事前に聞いておかずに、適当に先生を選ぶと後悔するやもしれません。
(あと、その際にテキストについてもチェック)
私としては、Wセミナーの竹下先生が非常に分かりやすいのでお勧めです。

以上です。
どちらも、大阪校の話で、私の印象ですから、実際に足を運ばれるのがよいのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

こんにちわ。
早稲田セミナーとLEC、どちらの予備校にも通ったことがある
司法書士受験生です。
(両者とも大阪です。)

両者の違いですが、以下の4つに分けてお答えします。
(1)雰囲気
(2)値段
(3)事務の対応
(4)先生

ます(1)雰囲気ですが、
Wセミナーは、受講生の割合が社会人が多く、年配の方の姿も見られるため、落ち着いた感じがあります。
一方、LECは大学生が多い印象ですね、和気藹々とした雰囲気で、Wセミナーよりにぎやかな感じです。

(2)値段ですが、
WセミナーのほうがLEC...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報