歯医者のアシスタントをしています。
この仕事についてから、ずっと気になっているのですが、患者さんの口に入れるバキューム、吸引チップなどがすごく汚いのです。古くてひびが入っているのものも使っています。ひびの部分が黒っぽく汚れています。
消毒や滅菌の方法は、先生の指示で行っています。私には専門的な知識はありませんので、言われたとおりにするだけです。

バキュームは、もちろんひとりひとり交換して消毒しているのですが、その消毒のしかたが疑問です。

朝一番に2つの容器に電解水を入れます。1つは「洗浄中」、もうひとつは「洗浄済み」と書いてあります。使用したバキュームは「洗浄中」に入れます。しばらくたったら「洗浄済み」に移します。次の患者さんが来たら「洗浄済み」から出したものを使います。…その繰り返しです。電解水は1日中交換しません。時間がたつと消毒効果がなくなると聞いた事がありますが…。これで本当にきれいになっているのでしょうか?
吸引チップはアルコール綿で拭くだけで、めったに新しいものと交換しません。
歯の根っこに入れるファイルも汚いです。使用頻度の少ない、番号の大きなものは白っぽい結晶みたいなものがこびりついています。気がつくとアルコール綿で拭き取るのですが、アシスタントの手が足りず、つい見逃してしまいます。

コップやミラー、ピンセットなどの基本セットなどはきちんと滅菌器にかけますが、タービンやエンジン、スケーラーなどはアルコール綿で拭く程度です。
あと、院内にゴキブリをよく見かけます。
私が患者なら、絶対にこの歯科医院では治療してもらいたくありません。
古い歯科医院なので、先生は70歳を過ぎたおじいさんです。それでも古くからこの地でやっているので、毎日たくさんの患者さんが来ます。

他の歯医者さんでは、どのようにされているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1の補足です。


あなたたちスタッフは感染症高リスクの医院にいると自覚し、自己防衛すべきです。

患者に対しての安全・衛生管理があなたの言うとおりならば、その先生は歯科助手のことも考えていないはずです。つまり「あなたたちスタッフの血液・体液による感染症のリスクが患者さんたちよりも各段に高い」というのを認識して、自己防衛されたほうが賢明です。特にB型肝炎に感染する確率が高くなります。

タービン使用時に出血すると血液・体液が霧状になりあたりに噴霧されます。B肝の患者さんの中には自分がキャリアだと知らない人や自己申告すると治療を断られるために申告しない場合もあるそうです。以上のように対策をしている歯科医院でもリスクがあります。

また、医者の場合、常に最新の医療情報を入手して自己研鑚される方が多いのですが、お年寄りの場合学生時代に勉強しただけで、その後あまり勉強しない人もいます。勉強熱心な医者は必ず1~2年に1回は学会などに出席して最新の医学情報を入手する努力をしているはずです。あなたの先生はどうですか?

自己防衛のためにはまず知ることです。大きな書店の専門書コーナーや歯学部・歯科衛生士学校内やその近くの専門書書店に行けば、わかりやすいマニュアル本があるはずです。また、出入りの歯科材料会社の営業にわかりやすい本がどこで手に入るのか聞いてみるのもいいかも知れません。
    • good
    • 1

歯科助手経験者です。


ちょっとそこの医院は正直言ってこわいですね~。(笑)

私の働いていた医院では、一人一人の患者さんに使ったセット(ミラーやピンセットなどの)やバキューム口は下げたらすぐに流しで普通の台所用洗剤(家庭用と一緒)とスポンジで洗った上、あらかじめ作っておいた消毒液漕(うちの液は電解水ではありません)に次々とつけこんでいきました。
当然どんどん器具は溜まっていきますが、朝に一回、正午に一回、午後四時に一回、帰り際に一回それらをもう一度真水で洗い滅菌器にかけていました。滅菌器にかけない器具は絶対に使いません。(つけ込んである中から取り出して使うことはしません)でも消毒液は一日替えなかったですね。

ファイルもまとめて滅菌バッグに入れてパウチして必ず滅菌器にかけます。
(これこそ感染の面からいえば一番怖いもののような気がします)
ちょっとでも先が傷むと必ず私達は交換していました。

タービン、エンジン、スケーラーはすぐに次の患者さんに使用しなくてはならないことも多いですし、数を用意できるものではないので、アルコール綿で拭くだけになるのはやむを得ないのではないでしょうか?
ただ、うちの医院では一人の患者さんが終わる毎に必ず「水ぶかし」を5秒程度して、念のため残っているかもしれない汚い水を排出し、その上でアルコール拭きをしていました。

ゴキブリは水分のあるところにならどこへでも出没しますので、これもやむを得ないのではないでしょうか?癒しのために観葉植物などを置いていると余計よってきてしまいます。(私も開院時間の前、三回くらいスリッパでひっぱたいたことがありました)ただ、患者さんが大勢いらしている前を横切ったりしたらイメージは悪いので、夜閉めた後「ゴキブリ○イ○イ」などを仕掛けておくことは必要でしょう。

助手さんとのことですが、同じ職場に衛生士さんはいらっしゃらないのでしょうか?
もしいらっしゃるのでしたらうまく働きかけて、消毒の回数とやり方について提言し改善していただいたらいかがでしょうか。

ウチの医院の場合、B型肝炎の患者さんの治療の後の器具の消毒はもっと厳重で、可能な限りのパーツはすべて使い捨てにし、残りのものは通常より3回消毒の回数を増やし、つけこみの時間も長く取っていましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただいて、ありがとうございます。
やっぱりうちの医院はとんでもない歯医者さんのようです…。
ファイルも滅菌器にかけるのですか?うちでは、これも1日中取替えない電解水につけてあるだけです。
院長は良く言えば、物を大切にする人、言い方を変えればケチなので、私たちがつかう手袋も、破れるまでは新しいのに替えるな、と言います。
衛生士は一人もいません。専門知識のない助手が3人いるだけです。

お礼日時:2002/06/07 20:43

こわ~いですね。


電解水(電解次亜水もしくは電解強酸性水)は血液、唾液、汚物など有機物の混入により、酸化電位や次亜塩素酸などが簡単に損なわれ、薬剤に較べると容易に殺菌効力が落ちます。したがって、電解水にて殺菌効果を期待するならば、流水にて充分に洗浄したあと、できればサイデザイムなどのタンパク除去剤で処理をして使うべきです。

そして、一度使った電解水は交換すべきです。
また、ちゃんとステリハイドなんか使ってます?
知らないということは恐ろしい、多分知らないうちにB肝感染もすでにあっているんじゃないですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱりマズイみたいですね。
サイデザイム、ステリハイド…聞いたこともありません。
とりあえずは、電解水をきちんと交換するようにすることからはじめてみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/06/07 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯医者に行ったのに歯が痛い!

今日むし歯の治療のため歯医者に行ってきたのですが,
治療した歯がまだ痛みます。治療する前はそれほど
痛くなかったので,むしろ治療後の今の方が痛いぐらいです。
冷たいものが歯にしみたり,ものを噛むときに痛くなります。

これはもう少し様子を見た方がいいでしょうか?
早急にまた歯医者に行った方がいいのでしょうか?
つぎに歯医者に行くのは年内は予約がいっぱいだったため,
1月になってしまいます。どうすればよいのでしょうか?
お答えお願いします!!

Aベストアンサー

痛みを我慢してほうっておいては絶対にダメです!!!
削ったことで痛みが増すことはよくあります。神経が残ってるんですから・・
先生が悪いとは言い切れないと思います。それでいちいち転院してたら
自分が大変ですよね(^^;
予約まで我慢するという考えは捨て、急患で見てもらってください。
歯医者に電話して「痛いんですぐに見てください」って言ってください。
予約をねじ込んでくれますよ。実際、私の通う歯医者でも「先生、急患の患者さんお願いします」とかいう声が聞こえますが先生も普通に対応してます。
それを断る歯医者なら最悪です。
あと、放っておいて激痛が走るようになり年末年始に苦痛を味わうことになると大変だと思います。年を越さぬよう早く歯医者さんに行ってください。

Q個室患者と大部屋患者の差

病院の個室と大部屋、
どこの病院でも最低でも一泊2万円以上、高いところでは20万円以上の差がありますよね

そうゆう場合、やはり高いお金を払っている個室患者のほうを
優先して訪室したり、看護の質に差が生じているのでしょうか?
もちろん個室に入る患者さんはそれだけ重症度が高いということも
あるでしょうが、、、
病院実習にいって回復期や疾患も軽い患者さんが
個室を使っているのも見てきたので
現場の看護師、医師、その他医療従事者の意識に個室・大部屋患者の差など、
現状はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

いや、現場サイドとしては部屋の別なんて全然意識しませんね。

だいたい個室=富裕層かというと全然そういうことはない。個室しか空きベッドがないから個室に入るケース、感染症を持っているから大部屋に入れられずに個室に入るケースも多々あります。実際問題、生活保護受けているような人でも個室に入る場合がある。逆に個室希望している人でも大部屋しか空いてなければ大部屋に入ってもらって個室の空きが出るのを待ってもらうことになります。

訪室に関してもまあ、個室の方が周りの患者に会話などを聞かれずに我々医療者側としても世間話などにも応じてあげやすいケースはありますが、別に大部屋の患者に対してそっけなく対応するかといえばそんなことはありません。
私は医師ですが、大部屋の患者にも個室の患者にも一日の訪室の回数は同じです。もちろん、患者の重症度により頻回の訪室が必要な場合などは必ずしも全患者の部屋への訪室回数が同一とはなりませんが、基本的には朝一回、夕一回です。
看護師にしても定期的な検温、血圧測定などのバイタルチェック時と食事の配膳など決められた時以外は患者にナースコールで呼ばれた時に適宜訪室という形です。

そりゃあ部屋によって設備の差はありますよ。大部屋にはベッド以外にはテレビぐらいしかなくてしかもテレビ見るにも有料のテレビカード必要、対して個室はテレビは見放題でトイレも場合によってはバスも部屋の中にある。しかしながらそれはあくまで設備の差であって医療者側の意識とは関係ないですね。まあ、病院の経営者側からすれば個室に入って差額ベッド代出す患者と大部屋の患者の違いは関係あることかもしれませんが、現場の人間には正直どうでもいいことです。

いや、現場サイドとしては部屋の別なんて全然意識しませんね。

だいたい個室=富裕層かというと全然そういうことはない。個室しか空きベッドがないから個室に入るケース、感染症を持っているから大部屋に入れられずに個室に入るケースも多々あります。実際問題、生活保護受けているような人でも個室に入る場合がある。逆に個室希望している人でも大部屋しか空いてなければ大部屋に入ってもらって個室の空きが出るのを待ってもらうことになります。

訪室に関してもまあ、個室の方が周りの患者に会話などを聞...続きを読む

Q歯医者で痛い箇所を診てもらえませんでした。

はじめまして。
2ヶ月以上前まで歯医者に通っていたのですが、そこの歯医者が倒産?か何かで途中から休業状態となってしまっています。
なので2ヶ月以上治療をしてない状態なのですが、最近右奥の銀歯の部分がとても痛んで…
冷たい物を食べた時や、あと何もしていなくても時々ズキズキと痛みます。
前の歯医者に通っていた時に、

『とりあえず神経をなくすのはもったいないからこのまま銀歯を被せて様子を見てみます。もし痛むようならまた考えましょう。』

と言われていたので、それが原因だと思い2日前に、以前とは違う歯医者に初診で行ってきました。

状況を説明しズキズキ痛むコトを伝えてレントゲンを撮ってもらったのですが、先生は

『レントゲンを撮っても問題はありませんでした。
 下にも虫歯があるのでそちらと勘違いしているんでしょう。』

と言いました。
でも本当に下ではなく上が痛いので伝えたのですが、
そんな事はないと思いますと言って

『それよりもこっちの下の歯が気になりますね。』

と言って、上ではなく下の治療を始めました。
その日は下の治療のみで終わったのですが、やはり次の日も今日も相変わらず上の銀歯の部分がとても痛みます。

そこでお聞きしたいのですが、この歯医者さんは正しいのでしょうか?
正直なところ、今後通うのを躊躇してしまっています。
他の歯医者に変えようかとも考えていますが、また同じ事になったらどうしようかとも考えてしまいます。

何かアドバイスなどあれば宜しくお願いいたします。

はじめまして。
2ヶ月以上前まで歯医者に通っていたのですが、そこの歯医者が倒産?か何かで途中から休業状態となってしまっています。
なので2ヶ月以上治療をしてない状態なのですが、最近右奥の銀歯の部分がとても痛んで…
冷たい物を食べた時や、あと何もしていなくても時々ズキズキと痛みます。
前の歯医者に通っていた時に、

『とりあえず神経をなくすのはもったいないからこのまま銀歯を被せて様子を見てみます。もし痛むようならまた考えましょう。』

と言われていたので、それが原因だと思い2...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に神経をとっちゃいましょう!っていう歯医者はダメです。
まずレントゲンをとり、書いてある痛みとレントゲンの結果でですけど
たぶん神経まで到達してるっぽいから何してても痛いってことだと思う
ので麻酔を打ち神経を取り除くか除かないかは歯を削ってからの判断が必要だと思います。
麻酔なしで痛くなければしないとは思います。

本人の痛みの勘違い、場所違いは確かにあるみたいですけど・・・
何してても痛いっていうのですから勘違いはないでしょうね。

また同じ歯医者に行って「やっぱり銀歯のところが痛い」
って言っても、また同じ事言われそうだし先生が素直に受け入れてくれるでしょうか・・・・

私なら歯医者は変えます。
個人でやっている歯医者は医療技術が遅れていると聞きます。
それなりに大きな歯医者で丁寧なところ、自分にあった歯医者を
見つけ出すことをオススメします。
いろんな歯医者に行くことになると思いますが納得できる場所で
治療したほうがいいですよ。

Q入院患者から預かった持ち込み処方薬を他の患者に処方している病棟は不正行為か

先日母が骨折で入院していたときの事です。
母は内科の常用薬があり、看護師さんからは持ってきてくださいと言われたので全て預けました。
入院中にその常用薬を服用させてくださるのだと思っていましたが
一部の薬がジェネリックや違う薬に差し替えられて服用させられたそうです。
その時点では入院中に処方される薬との飲み合わせで変更されているのかなと思っていましたが
母が預けている薬は他の入院患者に対して処方していたようでして
服用させていない薬は持ち帰ると申し出たら、他の人に処方したのでもう無いと言われました。

持ち込みで預けた薬は他の医療機関で処方され薬局で薬代を支払って渡さされたものです。
それを入院中に他の患者に処方してしまうって、やってはいけないことではないでしょうか?
その他の患者には薬を処方したことになる医療点数をつけているようなのです。
こういう病院はしかるべきところに告発すべきでしょうか

Aベストアンサー

あってはならない事です


まず、現場だけでやってる場合がありますので、その上位、経営者や院長に相談をしてください

電話したら、係の物から連絡させていただきますので、と言われるでしょうから
こちらは、法的な訴えをする用意がありますが、それでも院長に電話を繋いでもらえないのですか?
と強く言いましょう。

それで、ダメなら
厚生労働省に相談させていただきます、と

Q左あごが痛い。歯医者のせい???

こんにちは。宜しくお願いいたします。
ここ数日、左あごの付根が痛いんですが、、、
半年くらい前に歯の治療をしたとき、
左上奥歯(親知らずの上の歯)が虫歯になっていたので抜きました。
自分ではそれが関係しているのかなと思います。
歯を抜いたとき時、歯の力の均衡というか圧力が、抜けた方の左によって来ないか心配になったのですが、
その場の医者の雰囲気で結局聞けませんでした。その歯医者はそんな事も分からなかったのか?物凄く不信です。
で、半年後の現在、不安的中なのかあごが痛いんです。
鏡で見ると上の歯が全体的に左に寄っているように見えます。

こういうトラブル(まだ決まってませんが)の場合、
他の歯医者または、整形外科で見てもらってしまっていいのでしょうか?
もし、他の歯医者に見てもらったら、前の歯医者は責任放棄のような感じになるのでしょうか?
その前の医者のところに行って、他の医者に見てもらうためにカルテ貰うなんて芸当は自分にはできそうに無いです。
そういうことしたら、他の医者にも嫌な風にされそうです。
とにかく、その歯医者には、不信感があります。
説明が義務的なような感じだったのと、聞かれなければ答えないと言う感じで、
専門的な知識が無い何をどう聞いたら良いか分からない自分にはとても心配に感じました。
それと、下手なこと聞いて、医者の機嫌を損ねたら不味い、と思ってしまうような雰囲気があって、聞きづらい感じでした。というのも、
その歯医者は患者に失敗とか思われたりするのを恐れているような感じで、疑問を持たれたり、何か聞かれたりするのが嫌な風に見えました。
ただ、不安げに見えてしまう性格であるだけで、歯医者としての問題ではないのかもしれませんが。

こんにちは。宜しくお願いいたします。
ここ数日、左あごの付根が痛いんですが、、、
半年くらい前に歯の治療をしたとき、
左上奥歯(親知らずの上の歯)が虫歯になっていたので抜きました。
自分ではそれが関係しているのかなと思います。
歯を抜いたとき時、歯の力の均衡というか圧力が、抜けた方の左によって来ないか心配になったのですが、
その場の医者の雰囲気で結局聞けませんでした。その歯医者はそんな事も分からなかったのか?物凄く不信です。
で、半年後の現在、不安的中なのかあごが痛いんで...続きを読む

Aベストアンサー

まず痛みがあるのなら早めに歯医者に行きましょう。
前の歯医者の方が事情を知っているし良いと思うのですが、
嫌なら別なところでも構わないかと。
(ちなみに私は以前顎が痛くなったときに歯医者に行きました。
 整形のほうがいいのかどうかはわかりません)


> 左あごが痛い。歯医者のせい???

歯医者のせいにしたがっている風に見えます。
抜いた歯が原因「かもしれない」というレベルですよね。

> その歯医者はそんな事も分からなかったのか?

顎が痛くなるかどうかなんて人それぞれだと思います。
まあ痛くなる可能性があると一般的に認識されているのなら説明してほしいですけどね。
虫歯が原因で抜いたとのことですけど、抜かないで放っておいてほしかったんですか?
抜かなきゃ抜かないで、虫歯が進行したときに「歯医者のせい」だと言いそうな雰囲気があるのですが…

とにかく第一に治すことだけを考えて行動した方がいいと思います。
お大事に。

Q治験と脂肪吸引

今度姉と一緒に治験(塗り薬)に参加する予定なのですが姉はその後三ヶ月後くらいに腹部の脂肪吸引を予定していてその状況で治験は可能でしょうか? すでに姉は健康診断では現時点では異常がないようです

Aベストアンサー

内科医です。
治験に要する期間や、終了後の経過観察期間によりますので、治験後だから大丈夫とは言えません。
担当医、もしくは、治験のコーディネーターに問い合わせて頂いた方がよろしいかと存じます。
一つ確実に言える事は、治験の担当医や脂肪吸引の担当医、双方に治験の事や、脂肪吸引の事を黙って、両方受けるという事は止めて下さい。

Q歯医者に通っているのに痛いんです。

奥歯の虫歯の治療で歯医者に通っています。神経を抜いてそこの部分をきれいに掃除(?)している段階なのですが、治療していて痛いところにあたれば、薬をいれてふたをする、ということを数回くりかえしています。そして必ず治療の後、ズキズキいたむのです。今までは一晩寝れば治まっていたのが、昨日の治療のあとは痛くて痛くて、眠れないほどで朝になっても治まっていませんでした。用事など何もできないのでたまらず近くの内科の病院で無理いって痛み止めをもらい、やっとズキズキは治まりました。そこの歯医者でもらった痛み止めはすごくかるいもので全く効きませんでした。もっと強いのをください、というと「ない」といわれました。
友人に話すと、そこの歯医者はだめだ。転院したほうがいい、いまどき、痛い歯医者はへたなのだとといいます。そうなのでしょうか?転院したほうがいいのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

痛みに対してあまり関心のない歯医者さんはやはり「いまひとつ」なのかもしれませんね。誰でも痛いのはいやだと思うのです。他の痛み止めを希望して、「ない」といわれると、こちらとしてはどうればいいんだろう?ということになりますからね。
だれしも歯医者さんは、痛いから嫌!とか音が嫌!といいますから、それに対する対策をいかに上手にしてくれる歯医者さんをいかに選ぶかが大切ですね。
もういちどその歯医者さんとよくお話してから、それでも痛み止めを変えてくれなければ、他の歯医者さんに代わるというのはいかがでしょうか?歯科治療は意外と長くかかるので、自分にあったいい歯医者さんを選ぶとよいと思います。

Q痰(たん)吸引

高齢者の入院時や寝たきりで、重度な方に良く行われている痰吸引。


コレらの知識に詳しい方や経験された方々へのご質問になります。


私の母ですが、やむを得ず痰吸引を免れない状態が続いておりまして……

その吸引に関して心配な事が一点あります。


痰吸引を始めて3日目に病室を覗くと吸引タンク内がピンク色で所々、血液が混ざっており。
口の周りも乾いた血が付着してました

喉と鼻からの両方から管を入れ吸引してます。


私なりに思ったのは管の先端が粘膜や壁にあたり傷つき、出血。


やはり、これは看護師さん個々の技術が問われるんでしょうか?


約5名のスタッフが交代で看護にあたられてます。


今後、出血させずに痰吸引するのは可能でしょうか?


何か良い方法が有れば、ご回答の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現役病棟ナースです。
自分で痰を上手に出せない患者さんに喀痰吸引を行う場合、喀痰吸引の際に、口腔内出血・鼻腔内出血が起きてしまうのは、ナースの技術の有無に関係なく、残念ですが、できてしまう事象であります。

原因としては、まず、唾液分泌の低下・免疫力低下・もしくは薬剤性(血栓予防の薬を使用している患者さんは、出血しやすい状態です)などに伴う、出血を起こしやすい状態であることがあります。寝たきりの患者さんは、食べ物を口から食べたり、といった自然な行為が行われていない場合が多く、唾液の分泌能力が低下しており、口の中もカラカラで細菌が繁殖しやすい状態です。
定期的な口腔ケアを行っているはずですが、それだけではなかなか乾燥が追い付かないもので、歯科医による口腔ケアも追加して行ったり、口腔内の乾燥を防ぐ保湿剤なども売られているので、そういったものを口の中に塗るだけでも、出血を防ぐことにもつながります。口腔内の乾燥は、口腔内・鼻腔内の少しの刺激でも出血しやすくなってしまうのです。また、頻回にうがいなどを介助してあげることも乾燥を防いでよいです。

当院では、喀痰吸引の刺激で、出血する患者さんには、細いタイプのチューブに変更したりもしています。通常は12Fr(フレンチ:チューブ内径を示す値です)のチューブを使用していますが、出血傾向が強かったり、鼻腔が小さいと思われる患者さんは体格におうじて、10~8Frなど小さめのチューブを選択しています。(しかし、病院の規模によっては、十分なチューブの在庫がない場合も多く難しいかもしれません)

喀痰吸引の一番の目的は、痰貯留による誤嚥性肺炎(痰が気管に落ち込むことによる肺炎)の予防と、無気肺(痰づまりによる肺の閉塞・呼吸困難)の予防にあります。
もちろん、喀痰吸引による出血の弊害は、防ぎたい事象ですが、喀痰吸引をやめることはできず、さまざまな原因で、ゼロにはできないというのが現状と思います。

現役病棟ナースです。
自分で痰を上手に出せない患者さんに喀痰吸引を行う場合、喀痰吸引の際に、口腔内出血・鼻腔内出血が起きてしまうのは、ナースの技術の有無に関係なく、残念ですが、できてしまう事象であります。

原因としては、まず、唾液分泌の低下・免疫力低下・もしくは薬剤性(血栓予防の薬を使用している患者さんは、出血しやすい状態です)などに伴う、出血を起こしやすい状態であることがあります。寝たきりの患者さんは、食べ物を口から食べたり、といった自然な行為が行われていない場合が多く、...続きを読む

Q歯医者で検診、痛いのが普通ですか?

歯医者さんで検診のために歯周ポケットにニードルを差し込んで、どの位入るか検査をして頂きました。

しかし、一本一本歯茎に差し込まれる針がとても痛くて、冷や汗が出て、その後の歯の掃除をこの若い女性にしてもらいたくないので、理由をつけて断って帰ってきました。

3年前に別の歯医者で検診とクリーニングをしてもらいましたが、痛いという印象はありませんでした。

最近の歯医者さんは痛いのが普通でしょうか?

Aベストアンサー

歯科医師です。

質問者様の診察しておりませんので一般的なお話させて頂きます。

歯周ポケットに入れる器具はポケットプローブと称します。先端は丸く加工されており針(ニードル)ではありません。
もし検査中に痛みを感じていらっしゃったならその部分の歯肉に炎症があったという事です。これも検査の結果の1つです。

更に過去の検査では痛く無かったとの事ですが推測に過ぎませんが形だけ検査する歯科医院や衛生士さんも中にはいるかもしれません。痛いと言われるのが面倒で奥まで挿入しない事考えられます。当然痛くありませんが結果は信憑性が無くなります。

どうしても歯科では痛み訴えられる事に敏感になって治療が消極的になりがちです。検査のとき痛く感じられたらその原因を聞いて下さい。きちんとした説明してもらえれば信用してそのまま塗料を受けるべきです。

痛く無く適当な診療するのは簡単です。患者さんの顔色ばかり伺う医療機関が増えて来ていると感じます。ちなみに歯石除去も上手い人は痛く無いと思われがちですが沢山たまっていたり付着してる場所によっては誰がやっても痛い事はあります。

どうか良い歯科の診療が受けられます様にお祈りいたします。

お大事になさって下さい。

歯科医師です。

質問者様の診察しておりませんので一般的なお話させて頂きます。

歯周ポケットに入れる器具はポケットプローブと称します。先端は丸く加工されており針(ニードル)ではありません。
もし検査中に痛みを感じていらっしゃったならその部分の歯肉に炎症があったという事です。これも検査の結果の1つです。

更に過去の検査では痛く無かったとの事ですが推測に過ぎませんが形だけ検査する歯科医院や衛生士さんも中にはいるかもしれません。痛いと言われるのが面倒で奥まで挿入しない事考えられます...続きを読む

Qイソジン消毒液

施設勤務のナースです。ウチの施設では、うがいにイソジン消毒液を適当に薄めて使っています。色がかなり薄くつく位ですが、今まで勤めた他の施設・病院では、消毒は消毒液、うがいはイソジンガーグルだったので、どうも抵抗があります。問題もなく効果もあるのでしょうか?また、どの位の倍率で薄めるのが適しているのか分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

#2です。こんばんわ。今日一応、確認を取ってみました。

成分的に言うと、「僅かな濃度差」の他には「矯味されているかいないか」の違い との事です。
但、法的には「含嗽剤としての承認を受けていない」ので、やはり「使わないように!」だそうです。

因みに私個人が使うのでしたら、貴施設と同じように含嗽にイソジンを薄めて使った経験もあります。
また、「完全なる自己責任で」例えば風邪をひいた際PLが一錠しか自宅に残っていないなんていう時わざとアルコール飲料で服用して代謝経路で競合させ有効血中濃度を得たりもします。
でも患者様にアルコールとの併用禁忌の薬をお酒と一緒に飲ませアナフィラキシーショック・肝障害を起こしてしまったら と考えるとゾッとします。
それと同じ事だと思います(違うかな?)。

ところで、#2のはじめの部分ですが、何やらおかしな事を書いていました。修正したとき読み直さなかったので…スミマセン。
>低刺激のものとして開発されたのがヨウ素のハロゲン化合物製剤=ポピドンヨード(イソジン)です。
上記を以下のように訂正します。
低刺激のハロゲン化合物製剤として開発されたのがポピドンヨード液(イソジン)です。

ポピドンヨードであれば、殆どの口腔内細菌は1分もあればやっつけられますので、たとえ承認を受けているイソジンガーグルであっても、2・3分後に口を漱ぐ行為は、健康な細胞への被害を最小限に抑えるのに有効です。

施設入居者様が、うがい薬としては未承認である旨ご存じであって、「それでも自分はこれを使うんだ」との明確な意思を示しており、その方のご家族も認めている と言う状況下であれば、業務としてではなくあくまで一個人として、その行為(イソジンうがい)を補助なさることは可能でしょう。但し、何か起きた際は、補助者の助言や判断ではなく「すべての責任は利用した入居者様にある」事を証明出来るようにリスクマネジメントしておかなくてはなりません。

それは非常に大変な事ですから、イソジンガーグルを購入してしまったほうが何倍も楽なはずです。

#2です。こんばんわ。今日一応、確認を取ってみました。

成分的に言うと、「僅かな濃度差」の他には「矯味されているかいないか」の違い との事です。
但、法的には「含嗽剤としての承認を受けていない」ので、やはり「使わないように!」だそうです。

因みに私個人が使うのでしたら、貴施設と同じように含嗽にイソジンを薄めて使った経験もあります。
また、「完全なる自己責任で」例えば風邪をひいた際PLが一錠しか自宅に残っていないなんていう時わざとアルコール飲料で服用して代謝経路で競合させ有...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報