代表取締役とか代表取締役社長とかありますけど、そもそも代表権って何なんですか?
あと、何人まで持てるのでしょうか?

暇な時に回答を頂けたら幸いです。

A 回答 (2件)

代表する権利=A社なら、A社として対外的な契約を結ぶ事の出来る権利です。


と書きましたが、具体的な例を挙げるとすれば..

A社の代表取締役B氏が「A社はC社に対し来年これこれをする(例えば製品を納めるとか、お金を払うとか)」という契約を、A社代表取締役として結んだとします。
そして来年になるとB氏は解任されてしまい、D氏が新たな取締役となっていました。んでD氏は、C社に対し「その契約はBが結んだ物だからわたしゃ知らん!」と言えるかというと、これは言えません。
それはB氏がA社の”代表”として契約を結んだからで、A社が存在する限りその契約は有効です。と言う事なのですが,,

上手く書けませんでしたが、説明になったでしょうか?
    • good
    • 0

代表権とは、会社を代表する権利です。

A社なら、A社として対外的な契約を結ぶ事の出来る権利です。

必ず1人は必要ですが、上限(何人までという事)は無いはずです。
複数の代表取締役をおいた場合,各自単独で会社を代表出来ます。

個々の代表取締役による代表権の濫用を防止するために、複数の代表取締役による共同代表という形を取ることもあります。
共同代表では、指定された複数の代表取締役が共同して会社を代表することが必要で、単独では会社の代表としての契約等は結べません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス遅れてすいません。

大変分かりやすかったです。ありがとうございます。

あと
<会社を代表出来ます。
「代表」とは具体的にはどのような事をいうのでしょうか?
また暇な時回答頂けたら幸いです。

お礼日時:2001/01/18 07:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング