ふと疑問に思ったのですが、
紙幣のデザインは誰がやっているのでしょうか?日銀の人でしょうか?(外国ではどうなんでしょう?)
そして、そのデザインには何か意味が込められているのでしょうか?(例えば、学校の校章であれば、「ペン(pen)=学問」などといった意味あいがある、と教えられますよね。)
非常に興味があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

とりあえず現行の紙幣は文化人を中心に選出されたようです。

以前は聖徳太子、伊藤博文、岩倉具視、板垣退助・・・等政治色が強い人物が載っていましたが、今回は福沢、新渡戸、夏目と政治色が薄い人を選んだようです。それは同じ歴史上の偉人であるのに、日本に貢献しているのに、政界出身者だけでは偏りがあるということらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。知識が増えてきて楽しいです。

お礼日時:2001/01/22 11:17

何をもしくは誰をモチーフにするかは、政府の上の人が決めるみたいですね。

(例えば、二千円札の守礼門は小渕前首相の意向だった)
デザインは、財務省印刷局に専門のデザイナーみたいな職人さんがいて、ラフを作り、さらに細部を何人かで分けて作っているのをテレビの番組で見ました。
デザイン自体は当時の社会状況を反映しているといえます。

詳しくは本丸の財務省印刷局のHPで。下にURL書いておきます。

参考URL:http://www.pb-mof.go.jp/

この回答への補足

お2人にご紹介していただいたWebを見てとても勉強になりました。現在発行されている紙幣は、千円札、二千円札、五千円札、一万円札の4種類ありますが、どのお札にも描かれているマークがあります。あれは何のマークなのでしょうか?意味もあるのでしょうかね?(マークは、千円札では、「千円」という字の下と裏面の鶴の左隣に入っています。)

補足日時:2001/01/16 14:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/01/16 14:16

 日本では、日本銀行法47条で、財務大臣が様式を定めることになっています。


実際には、財務省印刷局の工芸官が原案を作り、大蔵大臣が決定することになっています。

参考URL:http://www3.boj.or.jp/akita/hatu3.html#16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/01/16 14:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報