伊坂幸太郎ファンの方々に質問します。
 彼の作品で、ベスト3をあげると何がそれに入りますか。短編集、長編を混ぜて3つをあげて頂ければ幸いです。私は短編小説が好きです。彼の短編集はどの程度あるのかも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「死神の精度」(連作集)


「チルドレン」(連作集)
「重力ピエロ」(長編)

ラッシュライフ・グラスホッパー・アヒルと鴨のコインロッカー・・・とかなり悩みましたが、上記3作ということで。

(連作集)という言葉が正しいのかわかりませんが、ここでは独断でそう表現させていただきました。

伊坂さんの作品は連作形式のストーリーの絡み具合も面白いですし、作品間でのリンクが多くて「あれ、この人は!」と気になる仕掛けが多くて楽しいですよね。

自分では結構リンク場所を発見してたつもりでいたのですが、「ダ・ヴィンチ4月号 伊坂幸太郎大特集・作品リンク最新版」で確認したところ、見落としばかりでして「私は浅かった・・」と再確認しました。

短編集となると最新作の「フィッシュストーリー」でしょうか。
いままでのスタイルと違って各ストーリーが独立おり新鮮な印象を受けました。

夏に公開される映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が楽しみです。
以上、長々と失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いいアドバイスありがとうございます。他の方の意見も聞いて最初に読むものを決めようと思います。

お礼日時:2007/03/27 20:28

1.重力ピエロ


2.オーデュボンの祈り
3.魔王

短編・・・単行本化されていないものもありますからね。。。
斉藤和義さんのCDの初回版特典の「アイネクライネ」なんておすすめの短編です。
    • good
    • 0

こんにちわ。


私も伊坂さんの本は全て読みました。どれもよい本ですよね。
僭越ながら自分なりに順番をつけるなら、こんな感じです。

1)「重力ピエロ」
2)「死神の精度」
3)「陽気なギャングが地球を回す」

本来の短編集と呼べるものは「フィッシュストーリー」のみだと思います。
他の作品は、1回ごとに終わるものの、話が次回に続いていたりしますし、
主人公や登場人物が同じだったりします。
確か、「ダ・ヴィンチ」か何かのインタビューに、
「僕の本当の意味での初めての短編集」見たいな事を、
伊坂さんご本人がお答えになっていたと思います。

まぁ、話が区切れている、と言う点で短編集と言うのだとしたら、
#3さんのおっしゃる通りだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。皆さんのアドバイス参考になりました。

お礼日時:2007/05/07 15:20

こんにちは。



伊坂さんの作品はすべて読んでおり、
ほとんどすべて好きですが、
断然好きなのは『チルドレン』です。
転職しようかと思ったほど衝撃を受けました。
もしあなたも『チルドレン』が好きであれば、
重松清さんの『きみの友だち』や『疾走』も読んでみてください。
灰谷健次郎さんの小説も好きです。

別作品の久遠君も好きで、
彼みたいな男の子と付き合ってみたいなあと思います。

2位、3位はありません。
ランキングって苦手なんです。
ごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 お礼が遅くなり恐縮です。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/07 15:19

厳しい質問ですね(笑)。

ベスト3に絞るのは心苦しいですが、あえて選ぶと

「アヒルと鴨のコインロッカー」
「ラッシュライフ」
「チルドレン」

です。「終末のフール」は現在読んでいる途中なので未評価ということで。

短編集は

「チルドレン」
「死神の精度」
「魔王」(中篇?)
「砂漠」
「終末のフ-ル」
「陽気なギャングの日常と襲撃」
「フィッシュストーリー」

です。「フィッシュストーリー」を除き、どれも連作短編集という形式ですので読んだ感じでは長編のような気がします。

#1さんが伊坂作品の作品間リンクについて触れてますが、こちらのファンサイトでも丁寧に解説されてます。

http://www.mtnk.net/

しかし、未読の場合、要注意です。うっかり見てしまってネタバレ!なんてことになりかねません。読後にゆっくり楽しむのがいいと思います。

これは余計なお世話ですが最初に読むんでしたら処女作の「オーデュボンの祈り」から順番に読んだほうがいいんじゃないでしょうか。私の場合、かなりでたらめな順番で読んでしまって後悔しましたから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 お礼が遅くなりごめんさい。お勧めのように初期作品から読んでいきたいと思います。

お礼日時:2007/05/07 15:17

私の中での伊坂幸太郎ベスト3は・・・


1、『重力ピエロ』2、『アヒルと鴨のコインロッカー』3、『チルドレン』ですね。チルドレンは短編ですが他の収録されている話と繋がっている感じです。でも1つずつの短編としても十分通用して読めますよ!他の短編集では『死神の精度』『週末のフール』ですね。
私も伊坂幸太郎の作品は大好きで、彼の文体や、読み終わった後の爽快感など、とても素晴らしいものがあると思います。ぜひベスト3、チェックしてみてください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイスありがとうございます。伊坂氏の作品といい出会いが出来ればと思っています。

お礼日時:2007/03/27 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊坂幸太郎さん好きがハマる作家さんは?

伊坂幸太郎さんが大好きでハマってます。

他に伊坂幸太郎さん好きが、ハマっている作家さんを教えてください!

Aベストアンサー

ベタですが、東野圭吾、あと奥田英朗は面白いし、伊坂幸太郎さん好きだったらなおさら合うんじゃないかと思いますよ~♪

◆東野圭吾

白夜行
http://www.dokusho-log.com/b/4087474399/

容疑者Xの献身
http://www.dokusho-log.com/b/4167110121/

◆奥田英朗オススメ

インザプール
http://www.dokusho-log.com/b/416771101X/

サウスバウンド
http://www.dokusho-log.com/b/4048736116/

Q岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のな

岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のなかの「幸福の意志」という短編があるのですが、その冒頭に、

彼地で家柄のよい土着の娘と結婚してから…

というくだりがあるのですが、この「彼地」はどう読むのでしょう?また、どういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「かのち」と読みます。
「彼地」を「あの地(国、地方、都市、町など)」と読み変えてもほぼ同じ意味です。この場合は南アメリカのことを差していますね。
 遠いところや、名前は知っているけど行ったことはない場所などを指しているニュアンスがあります。

Q伊坂幸太郎「苦痛を感じるのは自分じゃない」作品は?

伊坂幸太郎で「苦痛を感じるのは自分じゃないからいいのだ」という作品はありませんか?

もしかしたら勘違いかもしれないのですが、
誰かを脅かしたり痛めつけたりする男がいて、そいつが
「苦痛を感じているのは相手であって自分ではない。だから痛めつけるのだ」
的な発言をする作品を読んだような気がして、気になっています。

もし伊坂幸太郎の作品であればまた読みたいのですが、タイトルをご存じの方がいれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「重力ピエロ」

ではないでしょうか?

強姦魔の男がそんなようなことを言ってましたよ!

Q伊坂 幸太郎さんのホームページ知りませんか?

 最近、伊坂さんの本を知り、かなりいいと思いました。あの感じ良いです。心がつんのめって、早く早くって感じで読んでしまう本も、またいい!
 実は、先日まで「フーコーの振り子」を、丁寧にそして苦労しながら読んでいました。そのせいもあるかもしれません。でも、どちらも好きです。
 ホームページのアドレスご存知の方、またあるか無いかでもいいですから、教えて下さい。

Aベストアンサー

伊坂幸太郎さんのホームページはありませんが、
「伊坂幸太郎私設ファンサイト」があります。
かなり熱心なファンのかたが作っておられるようです。

http://www.h6.dion.ne.jp/~isakafan/

参考URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~isakafan/,http://www.tokyo-np.co.jp/doyou/text/d99.html

Q伊坂幸太郎のアニメのお面

伊坂幸太郎のチルドレンて小説でアニメのお面が出てきますよね。
確かこのお面の銀行強盗のニュースをちょこっと他の小説で出しませんでしたっけ?
因みに俺が読んだ伊坂幸太郎は、陽気なギャング、オーデュボン、ラッシュライフ、死神の精度です。

どこで使われてたか気なって本に集中できません。
教えてください。

Aベストアンサー

「ラッシュライフ」で豊田が銀行強盗に入り、銀行員全員(実はそこの銀行に入っていた泥棒達)が
いきなり逃げ出し、怖くなって豊田も逃げてしまうシーンがありますよね?
その後乗ったタクシーのラジオで銀行強盗のニュースが流れますが、
それがそのアニメのお面の銀行強盗事件です。

Q長編小説、短編小説…(ーー;)

課題として長編小説を読むことになったのですがどのくらいの量のものが長編小説なのか全然分かりません(≧。≦)「○ページ以上あるのが長編!!」とか決まっているのでしょうか?教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

 
「長編小説」とか「短編小説」とは、どういう風に定義されるかというと、一般に合意された定義はありません。以下に述べますが、アメリカの大衆小説のマーケットでは、SFがそうなのですが、独特な「語数」による分類基準があります。しかし、ロシアの小説では、日本では「長編」と呼ぶものが、「中編」になり、日本で、「大河小説」とも云えるような、2000枚ぐらいを越える小説が、「長編」だという話もあります。

レフ・トルストイの「戦争と平和」は、翻訳で何枚あるのか知りませんが、2000枚は軽く越えています。(おそらく3千枚ぐらいだと思います。……もしかすると、4千枚越えているかも)。

アメリカのSFは、独特な定義があります(参考URL)。次のように、「語数」に応じて、小説の類を決めます。短いものから長い順に:

1)ショート・ストーリ(短編):7500語未満
2)ノヴェレット(中編):7500語―1万7500語
3)ノヴェラ(中長編):1万7500語―4万語
4)ノヴェル(長編):4万語以上

註)「語数」というのは、「単語の数」です。He looked at that cat. は、「5語」で構成されます。短いのは、a, in, at, on, I, me, ……なども一語で、extraordinally など長い単語も、一語と数えます。

アメリカでは、小説は、「何語」かで、大きさが決まります。ある意味、非常に合理的だとも云えます。日本の400字詰め原稿用紙だと、改行を多くするか、あまりしないかで、同じ原稿用紙100枚と云っても、含まれる字数に違いが出てきます。改行ばかりの小説……例えば、一つの文章で、読点で改行していると、原稿用紙400枚と云っても、ぎっしりと書かれている小説に比べ、実質文字数は4分の1というような場合があります(これは極端な場合です)。

しかし、4万語の小説(ノヴェラ)とは、一体どれぐらいの長さの作品かという疑問が起こるでしょう。

アメリカのペーパーバックで考えると、ページの組み方にもよりますが、普通、一行に、10語ぐらい入っています。1ページは30行もあると多い方です。1ページが300語の組版の場合、これは翻訳すると、大体、原稿用紙3枚前後になります。ただし、これは、ぎっしりと文字が詰まっている場合で、普通は、会話の部分で改行したり、読みやすくするため、多数改行するので、1ページ、300語というような詰まり方ではありません。

現代の大衆向け小説だと、会話や改行によって、大体、ページが1.5倍から2倍になります。ぎっしり詰まっている場合は、300語1ページで、100ページで3万語、翻訳して、大体、原稿用紙300枚ですが、改行による増加があり、これはページの組み方によっても違いが出てきますが、3万語の小説は、日本語だと、原稿用紙450枚から600枚に相当します。450枚ぐらいが妥当な数字です。

4万語のノヴェラは、原稿用紙400枚で、改行による増加で、600枚を越えます。ノヴェラ(中長編)の長い場合は、日本語では、400枚から600枚ぐらいになります。これが、ノヴェラが、「中長編」と訳される理由です。

つまり、日本の大衆小説の基準では、原稿用紙400から600枚が、「長編」になるのです。日本の文学賞の「長編部門」の応募規定は、大体、500枚ぐらいが上限の目安になり、400枚ぐらいを標準に考えています。応募規定で、200枚-400枚とあっても、400枚に近い作品が、大体選ばれます。

日本でいう「長編小説」は、アメリカでいうノヴェラ(中長編)の長いものだということになります。アメリカのノヴェル(長編)の4万語以上という基準は、日本だと、600枚以上ということになりますが、西欧語の小説だと、大体、この基準で合います。欧米の長編小説というと、大体、千枚ぐらいのものが想定されるのです。

この千枚ぐらいの欧米の長編を、日本で翻訳して文庫本にすると、普通、二巻本になります。欧米の長編は、日本の長編よりページ数が1.5倍ぐらい多い、一巻本か、または二巻本になるのが普通です。文庫本で、250から300ページぐらいのものは、欧米では、長編ではなく、中編の長いもので、アメリカでいうノヴェラの標準の長さです。

文庫本で、250ページから300ページぐらいのものが、日本では、標準的な長編小説です。ハードカバーの場合、組み方によって違いがあり、一段しかなく、文字が大きいと、ページ数が400ページあっても、案外、中身は少ないことがあります。

ある本が、原稿用紙にぎっしり詰めた場合、何枚かは、ページを見てみて、大体、1ページに何文字ぐらいか、原稿用紙換算で何枚ぐらいか勘定して、全体のページ数をかけると出てきます。

とはいえ、よほど文字が大きく、組版がゆとりのある児童向け図書等でない限り、250ページから300ページあれば、「日本の長編小説」です。(この長さは、欧米の「長い中編小説」になります)。

なお、長さが2千枚を越えていても、一人の主人公を中心にした話は、「(非常に)長い長編小説」ですが、主人公が特定人物とは限らず、複数の焦点があって、並行して話が展開し、何十年というような時間の経過が描かれるものは、「大河小説」と云います。

トルストイの「戦争と平和」がその典型で、この小説は、ロストフ伯爵家、ボルコンスキー公爵家、ベズーホフ伯爵家という三つのロシアの貴族の家庭内の話や人間関係を一つの軸に、もう一つの軸に、ナポレオンのロシア侵攻という大政治・軍事ドラマがあり、両者が絡み合って、膨大な数の登場人物と、エピソードで構成される「大河小説」の典型です(三つの家から、ナターシャ・ロストワ、アンドレイ・ボルコンスキー、ピエール・ベズーホフという三人の主要人物が描かれ、戦争の軸では、ロシア軍総司令官クトゥーゾフ公爵対フランス皇帝ナポレオンという対比になります)。

>参考URL>WSFS規約
>http://www.nippon2007.org/jpn/nani/j_kiyaku.html
 

参考URL:http://www.nippon2007.org/jpn/nani/j_kiyaku.html

 
「長編小説」とか「短編小説」とは、どういう風に定義されるかというと、一般に合意された定義はありません。以下に述べますが、アメリカの大衆小説のマーケットでは、SFがそうなのですが、独特な「語数」による分類基準があります。しかし、ロシアの小説では、日本では「長編」と呼ぶものが、「中編」になり、日本で、「大河小説」とも云えるような、2000枚ぐらいを越える小説が、「長編」だという話もあります。

レフ・トルストイの「戦争と平和」は、翻訳で何枚あるのか知りませんが、2000枚...続きを読む

Q伊坂幸太郎さんについて

私は伊坂幸太郎さん作品が好きなのですが、伊坂さん情報(新刊情報やサイン会など)を知ることのできるおすすめのサイトや本屋さんetcを知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

現在の私が知ってる伊坂氏関連ニュースとしては・・・

○第3回本屋大賞の候補に2作「魔王」「死神の精度」が
 ノミネート。大賞発表は4月。
○「陽気なギャングが地球を回す」映画化。5月公開。
○「チルドレン」がWOWOWでドラマ化決定。
 主演は坂口健二。5月放送予定。
○3/24に新刊「終末のフール」が集英社から刊行予定。
 値段とかはまだ不明。
○5月頃に上記の「陽気なギャング~」の続編が祥元社から刊行予定。
 値段とかはまだ不明。

こんなもんですか。大体ご存知かと思いますが・・・。
これらの情報は、どこからという特定の情報源ではなく
新刊情報サイトとか、いろいろ回った結果得られた情報です。
映画化とかは、スポーツ新聞の芸能面とか・・・。
一応ファンサイトと、新刊情報ページを紹介します。

http://www.enpitu.ne.jp/usr2/21711/(新刊情報など)
http://d.hatena.ne.jp/showboc/(ファンサイト)

ここらへんをチェックしていれば、新刊情報、サイン会情報などは
抑えることが出来ると思います。
あとは、各出版社のメーリングリストに入っておくといいかも。
伊坂氏は特定の出版社から本を出すわけじゃないので、かなりの数に
なりそうですが・・・。

現在の私が知ってる伊坂氏関連ニュースとしては・・・

○第3回本屋大賞の候補に2作「魔王」「死神の精度」が
 ノミネート。大賞発表は4月。
○「陽気なギャングが地球を回す」映画化。5月公開。
○「チルドレン」がWOWOWでドラマ化決定。
 主演は坂口健二。5月放送予定。
○3/24に新刊「終末のフール」が集英社から刊行予定。
 値段とかはまだ不明。
○5月頃に上記の「陽気なギャング~」の続編が祥元社から刊行予定。
 値段とかはまだ不明。

こんなもんですか。大体ご存知かと思いますが...続きを読む

Q短編集「鼻」

平成19年に出版された万城目 学さんの小説「ホルモー六景」
第三景p121~でてくる主人公(安部)が気にかけている小説がなんなのかを知りたいです。

この小説にでてくる情報によると
・短編集
・「鼻」という題名の作品がある
・作者は「三十にもならない若い作家」
・「三・四年前に出た本」
・「坊主の話」

だそうです。芥川の鼻ではないように思われるのですが、、どうなのでしょうか。
「鼻」という題名の作品の入っている短編集をご存知の方いらっしゃいましたら、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・「三・四年前に出た本」以外の条件は全て芥川龍之介の「鼻」を刺していると思いますが……。
みっともない鼻のお坊さんの短編「鼻」を発表したとき芥川はまだ三十にもならない若い作家でした。
岩波文庫の『羅生門・鼻・芋粥・偸盗』の改版が2002年に出てるので、3~4年前に出たと無理やりあてはめられないこともないような……。

「鼻」という題名の作品は他にも、ゴーゴリ、水上勉、曽根圭介なんかが書いてます。
しかし、ゴーゴリのは役人の顔からとれた鼻がしゃべる話で、水上勉のは社会派長編小説、曽根圭介のは去年の11月に出たばかりのホラーです。

Q伊坂幸太郎さんの小説が好きな方に質問!!

伊坂幸太郎さんの小説が好きな方に質問!!


伊坂さんの小説の中で好きな小説は何ですか??

また、好きなセリフは何ですか??

Aベストアンサー

こんにちわ。
一番好きな小説は「オーデュボンの祈り」です。
現実的なものとファンタジー要素が一緒になることで生まれる雰囲気、伊坂ワールドの色(灰色)が好きです。そして、優午のことが大好きです。
「どうせ死ぬなら、田中さんにやってもらいたい‥」という言葉が心に残っています。

好きなセリフは「砂漠」に出てくる西嶋の「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」です!

読めば読むほど西嶋の個性に魅了されていきます。
遠慮なくこの物語の中をズタズタ歩く西嶋、大好きです。

Q題名がわからない短編小説についてお助けください。

題名がわからない短編小説についてお助けください。
あらすじしか分からないのですが、


先生と呼ばれる主人公が、魚を釣っている子供達に「何匹か売ってくれ」と言う。すると子供達は先生をカモにして値段をつり上げたりしつつ、毎日先生から金を巻き上げるようになる。弱気な先生は厄介な子供達だと困りながらも、諾々と魚を買い続ける。ついに置き場所も金も尽き、「もう買えない」と子供達に告げると、子供達は魚の扱いに困惑し、その後閃いたように「じゃあ先生にあげる」と笑顔で魚を渡して帰って行った。遂に先生は、ただ「魚をくれ」と言えば良かったものを、「売れ」などと言って子供達の利己心を刺激し、貶めたのは自分であったのだ、と大いに恥じ入った。


と言うような話なのです。中高いずれかの教科書に載っていたと思います。妙に得心の行く所があって印象に残っているのですが、作者も何も思い出せません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山本周五郎「青べか物語」の中の、「経済原理」ではないでしょうか。

参考URL:http://ikisaki.mo-blog.jp/362/2009/11/post_9d80.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報