7年目のランサーMXを乗っていますが、最近エンジンを止めるときキーを回してもボロボロと動いたままエンジンが止まりません。どうしたらよいのでしょうか(点火プラグは交換したばかりです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ランオン(ディーゼリング)ですね、これは燃焼室内に堆積したカーボンが赤熱したり、プラグの熱価が合わないためにプラグの電極が異常に高温になったりして、プラグに火花が飛ばなくても、吸い込んだ燃料に点火してしまうためエンジンが回りつづけるもので、激しいノッキングを伴いながら回りつづけるのが特徴です。

プラグを交換したとのことですが、熱価は適正でしょうか?エンジンからプラグを取り外し電極の色を確認してみてください。こげ茶色に焼けていればOKですが、真っ白や真っ黒であれば熱価があっていない場合もあります。プラグが正常でも起こる場合は燃焼室内のカーボンということになりますが、分解整備となると大事なので、エンジンコンディショナーなどのケミカル品を使用してみてはいかがでしょうか?使用法は少々面倒ですが結構効果があります。また、該当車種にはフューエルカットソレノイドがついているはずですが、そちらの動作もおかしいようです。正常な場合キーオフと同時にスロー系統の燃料がカットされる構造になっているので、カーボンの堆積があってもランオンはしないはずですのでそちらの手入れも必要です。これにはキャブクリーナーが使用できます。どちらもカー用品店や、ホームセンターなどで入手できますし価格も安価なので試してみる価値はあるでしょう。使用にあたっては製品の説明をよく読み十分に手順を理解してから作業にあたることが肝心です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすい回答を頂き有難うございました。
あまり車の構造には詳しくないのですが、これなら試して見ることが出来そうです。
これからも私のような素人のためにアドバイスお願いします。

お礼日時:2001/01/17 08:47

知ったかぶりをして、大変失礼致しました。


ディーゼリング、というものは全く知りませんでした。お恥ずかしい限りです。
どうか先程の私の回答は無視して頂きますよう、お願い申し上げます。
    • good
    • 1

キーを切ってもボロボロとエンジンが回っているのは一般的には「デイーゼリング」と呼ばれる現象だと思います。

燃焼室内に付着しているカーボンなどが火種となって爆発する現象です。昔の漁船などに使われていたいわゆる「焼玉エンジン」と同じ原理です。(ラジコン模型のグローエンジンも同じような着火方式です。高回転まで回してガンガン飛ばす人は比較的この症状は少ないのでは? 対策としてはシリンダー(燃焼室)清浄剤などのケミカル製品を使用すれば良いかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

解りやすい回答を頂き有難うございました。
あまり車の構造には詳しくないのですが、これなら試して見ることが出来そうです。
これからも私のような素人のためにアドバイスお願いします。

お礼日時:2001/01/17 08:48

エンジンキーをオフにしても、ずっと止まらないのですか?


だったら電気がカットされてないということですから、キーシリンダーの不良かなにかでしょう。修理に出すべきですね。
しばらくブルブルと不安定に動いたあと停止するのであれば、点火時期が狂っているせいだろうと思います。ディストリビューターがついていれば素人でも調整できますが、正確を期すべきですから、やはり修理に出した方が良いと思います。
なにもいじってないのに調子が悪くなる、ということはどこかに不良の原因があるわけですから、目についた症状だけ直しても、それが主原因でない場合がありますので、やはりプロに点検してもらうべきです。
ランサーMXについては知識がありませんが、自分で対処しようとすべき種類の症状ではないと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキーを挿して点火まで回しす場合、ケーブルに流れる電流は何A?

キーを挿すところからスタータモータ間にSWを付けようとしている。
SWの結点はキー挿し側寄りです。
そのラインに流れる電流を耐えられるケーブルとSWを選定するところです。
SWの取り付け場所は未だ検討中ですが、場所がキー挿しから遠ければ、ケーブルも長くなる、長い分大丈夫でしょうか?
又、キー挿しのコネクター配線図をインターネットで入手できるH/Pがあれば、教えてください。
車種は日産レグラス1999年式。

Aベストアンサー

追加です。スターターのS端子の電流を計るには通常のサーキットテスターは使用できません。ほんの一瞬ではありますが数十Aの電流が流れますのでテスターを壊し(シャントレジスターの焼損など)かねませんし、瞬間的な大電流は通常のテスターでは応答速度が遅すぎるため計測できません。

Qガソリンエンジン点火順序について

吸入圧縮燃焼排気の順番ではないんでしょうか?
シリンダ数によって点火順番が変わるとかがよくわかりません

Aベストアンサー

ごく一般的な4気筒の例です。

>上から1番ピストンで「※」が点火爆発のタイミングです。
>「△」はピストンが上方向へ動きます、「▼」はピストンが下方向へ動きます、

1-2-4-3の順で爆発する場合は下記の要な感じです
1:圧縮△※燃焼▼-排気△-吸入▼-圧縮△・・・
2:吸入▼-圧縮△※燃焼▼-排気△-吸入▼・・・
3:燃焼▼-排気△-吸入▼-圧縮△※燃焼▼・・・
4:排気△-吸入▼-圧縮△※燃焼▼-排気△・・・

1-3-4-2の順の場合は下記の要な感じです
1:圧縮△※燃焼▼-排気△-吸入▼-圧縮△・・・
2:燃焼▼-排気△-吸入▼-圧縮△※燃焼▼・・・
3:吸入▼-圧縮△※燃焼▼-排気△-吸入▼・・・
4:排気△-吸入▼-圧縮△※燃焼▼-排気△・・・

いずれの場合も爆発である「※」が連続して発生し、「△」と「▼」が打ち消し合っているのが分かると思います。

Qランサーのリアガーニッシュ

私はランサーCK2Aに乗っています。じつはリアガーニッシュをぶつけて割ってしまったのですがもうすぐ車検なのでこのままで通せるのでしょうか?
破片を集めて、接着剤でうまく直しているのですが、友人のディーラーマン(新入社員)は車検は通らないと言います。
ちなみにランサーのリアガーニッシュとは、ランエボでいえば後ろのナンバープレートの左右についている菱形で、赤もしくは赤とクリアの部分です。

Aベストアンサー

ガーニッシュの部分に灯火類が無く、単なる意匠であるならば、車検とは無関係です。灯火類(テールランプやストップランプなど)が存在する場合は灯火の部分に破損があると車検で不合格になる場合があります。

Qランサー部品の流用

質問させて下さい。
当方ランサーエボ5(CP9A)に乗っています。

グレードの低いランサー(CM5Aかな?)にある
助手席側の上部にある小物入れ(正式な名前ですとアッパー グローブボックスと言うそうです)
の部品番号をどなたかご存知で無いでしょうか?

こんな訳の分からない質問で申し訳ないですが
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ディーラーに聞くのが 宜しいかと・・・・・

部品番号は パーツリストが無いとわかりませんから

Qエンジンの始動不良、プラグのかぶり

もうじき7年になるBMW320iに乗っています。
今まで、特に大きなトラブルはありませんが、今日の昼頃、突然エンジンがかからなくなってしまいました。その直前までは、普通にかかっていました。セルはちゃんと回っていたのでバッテリーではなく、ガソリン切れでもありません。

何度、始動しようとしてもかからないため、エマージェンシーセンターというところに電話をしたところ、アクセルを目いっぱい踏み込んで20秒くらいセルを回すように指示を受け、その通り実行したところかかりました。
担当の方の話では、たぶんプラグのかぶりだと思われるので、エンジンをしばらく高回転で回せばだいじょうぶでしょう、とのことでした。

そこで質問ですが、
1、プラグのかぶりという状態は、何の前触れもなく突然おきるものでしょうか。
2、また一度このような状態になると、何度も繰り返すということはないでしょうか。
3、このような状態を前もって防ぐ手段はないでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方が一通り述べられているようなので、別の面から原因になる可能性を考えてみましたので、参考になさってください。電子式の燃料噴射装置を備えたエンジンではプラグがかぶると言う事はあまり起こらないものですが、絶対にないとはいえません。当該車種ではコールドスタートインジェクターを使用した冷間時始動補助が取り付けられていたと思いますが、このインジェクターは通常の各シリンダーごとに取り付けられているインジェクターと異なり、コールドスタートタイマーと言うエンジン温度で通電時間が変わるタイムスイッチがオンの間にスターターを回すと、無条件に燃料を噴射します。このタイムスイッチが不良であったりスターターを回す時間が短く始動に至らないと言うことを繰り返すと、過剰に燃料が供給されかぶると言う状態になる場合があります。コールドスタートタイマーが不良である場合、エンジン冷間時には問題なくても、エンジン温間時に再始動する時など、エンジンが温まっているのでスターターを回しても本来コールドスタート系からは燃料の供給はないはずの所へ、この系統からの燃料が供給されてしまい。空燃比が濃くなりすぎ、プラグがかぶってしまうことがあります。このような場合、スロットルをいっぱいに開けて大量の空気を吸い込ませることでコールドスタート系統からの燃料の影響を小さく(この系統の噴射量はスロットルやエンジン回転数とは無関係に一定なので)することで始動が容易になります。

上記のようなことが原因の場合、何の前触れもなく突然起こることがほとんどです。また、コールドスタート系統が動作するのはスターターを回しているときだけなので、通常の走行中には全く何の症状(もっともコールドスタートインジェクターが完全に壊れて燃料漏れでも起こせば別ですが)もあらわれません。

コールドスタートタイマーなどが壊れている場合は症状が起こる頻度が徐々に増加してくると思われます。

ディーラーか電気系統の専門店で点検を受けることをお勧めします。まぁ、この系統のトラブルで完全に始動不能に陥ることは少ないので様子を見てみるのも手ですが、頻繁に症状の再現がある場合は、簡単な点検でこの部位に以上があるかどうかは判断できるはずです。

他の方が一通り述べられているようなので、別の面から原因になる可能性を考えてみましたので、参考になさってください。電子式の燃料噴射装置を備えたエンジンではプラグがかぶると言う事はあまり起こらないものですが、絶対にないとはいえません。当該車種ではコールドスタートインジェクターを使用した冷間時始動補助が取り付けられていたと思いますが、このインジェクターは通常の各シリンダーごとに取り付けられているインジェクターと異なり、コールドスタートタイマーと言うエンジン温度で通電時間が変わる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報