人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

一般家庭に、電話はいつ頃普及したのでしょうか?

確か四コマ漫画のサザエさんで、近所の商店に電話を借りたり、商店の電話機に磯野家への電話がかかってきて、商店の人が磯野家に電話がかかってきたことを知らせるシーンがあった気がするのですが、電話が一般家庭に普及してんなかった頃に商店宛てに近所の人への電話がかかってくるといったことはあったのでしょうか。

追加質問ですみません。
サザエさんの中で、数の子をかなり珍重していたのですが、昔は数の子がそんなに貴重だったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

古い話から順番に。



私が、5~6歳で終戦直後のころ山陰の県庁所在地に住んでいましたが、我が家は金持ちだったらしく自宅に電話がありました。町内で電話が有ったのは、ほぼ、私の家だけだったようで、町内の人が電話を借りにきたり、呼び出ししたりしてました。勿論、そんな具合ですから、よほど緊急の場合に限られていたと思います。因みに、手回し電話機でした。

その後、我が家は没落し、夜逃げ同然に彼方此方に住むことになりましたが、電話が我が家に有ることは有りませんでした。
中学生の頃ですから、20年代後半、山陽地方の中核都市でも30~40m離れたお宅に電話を借りに行ってました。
一戸建ての借家でしたが、向こう三軒両隣にも電話のある家はありませんでした。

その後、社会人になって独立しても、我が家に電話はなく、やっと電話が我が家へ来たのは、昭和48年に家を新築した時です。
従い、この頃には、ほぼ全ての家庭に普及したんじゃないでしょうか?
子供の頃を思い出して、家を新築したことより、やっと私も電話を持てる身分になったことの方が誇らしかったです。

次に、数の子ですが、中学生の頃は正月ともなれば、丼に山盛りの数の子が出てたので(マツタケも同じ)貴重品ではありませんでした。
社会人になってからですから、昭和30年代後半から40年代に高価になったのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

終戦直後で自宅に電話があるというのはかなりのお金持ちだったのでしょうね。地元の名士のような存在だったのでしょうか。
町内の人も利用していて、呼び出ししたりされていたのですね。
手回し電話・・・映像でしか知らないです。

20年代後半でもまだまだほとんど普及してなかったのですね。

>やっと私も電話を持てる身分になったことの方が誇らしかったです。
今は物があふれ過ぎていて、大概のものは容易に入手できますから入手できた嬉しさやありがたみがあまりない感じがします。
当時、電話や三種の神器を1つ1つ揃えた時の感慨は今の時代ではなかなか経験できないことなのかもしれません。

数の子は昭和30~40年代に高価になってきたのですね。
昔、朝日新聞に掲載されていた4コマ漫画のサザエさんは今、文庫版で出ていますが、大学3年の私にはジェネレーションギャップがありすぎて読んでいても?な部分も多いのですが、当時の空気が伝わっていてとても面白いです。
よく日本に来た外国人が、現在フジテレビで放送しているサザエさんをみて、日本の文化の一端を知ると聞きますが、私もそんな感覚で四コマ漫画のサザエさんを読んでいます。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:48

下記のリンクに普及率のグラフがあります。

(だいぶ下の方)
住宅用が50%を超えたのが昭和40年代の後半ぐらいなので40年後半から50年前半ぐらいで良いのではと思います。

普及のレベル次第ですが・・・

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa19 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり昭和50年前後にほぼ行き渡ったのですね。

データも張っていただき、ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:58

私の家は両親が電電公社の社員だったためか、私が生まれる前の昭和30年代後半には電話があったようです。


当時は電話機は玄関に置いてあった記憶があります。

小学生(昭和40年代半ば)のときにはクラスで電話のない家が何件かありました。
中学校(昭和50年代始め)のときにはそういう家はなかったように思います。

数の子は子供の頃は、正月のお節料理の中でしか見たことがありませんでした。
同じく高価な食べ物だったのは「卵」と「バナナ」でした。
バナナは風邪で寝込んだときにしか食べさせてもらえませんでした。
逆に当時安くて、今高価な食べ物は「鯨(くじら)」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電電公社についてはほとんど知らないのですが、電話事業も今でいう郵政公社のような感じだったのですね。

公社の社員さんだったということもあって、他の家より早く電話が引かれていたのですね。

昭和50年前後にはほど全ての家に普及したのですね。

卵とバナナ、今でこそどちらも安くて栄養価の高い食品の代名詞となっていますが、昔は高かったのですね。

鯨は今は恐ろしく高価な食べ物になっていますね。
種によっては捕鯨禁止によって増えてしまい、逆に生態系に悪影響を及ぼしているとも聞きます。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:57

電話が一般家庭に普及するようになったのは


東京オリンピック前後です

今の様にすぐ相手につながるようになったのは 大阪万博の頃です

ほぼ全家庭に電話が普及したのは 昭和50年頃です

大阪万博の頃までは 名刺の電話に(呼)とあるのがありました
これは、その電話番号は他人ので、質問の漫画のようなことが行われました

数の子は 明治から大正にかけては、豊富に取れ肥料にもされていたそうです

昭和20年代ころから 鰊が取れなくなり 当然鰊の卵である数の子も貴重品扱いされるようになりました 新聞に 黄色いダイヤ の見出しがでたこともありました
昭和50年頃から 鰊の漁獲高も増え それほど騒がれなくなりました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オリンピックが1つの契機になっていたのですね。
今の中国もそんな感じですね。北京五輪を契機にいろいろな面を向上させようとしているみたいですね。

>大阪万博の頃までは 名刺の電話に(呼)とあるのがありました
名刺にも記載されていたのですか。
今だと代表番号を意味する(代)と書かれていることがありますが、あんな感じで(呼)と書かれていたのですね。

数の子も昔は大漁で肥料になっていたのですね。今のように環境汚染や乱獲もなく、海が豊かだったのですね。
一時期は黄色いダイヤと呼ばれるほどに貴重だった時代もあったのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:30

地方の県庁所在地に住んでいます。

場所は市内中心部で、現在では新幹線の駅から徒歩10分くらい。かつては住宅街でしたが、近年はオフィスや駐車場が増えているという地域です。

私が子供だった昭和30年代から40年代にかけて、やはり近所の商店の電話は町内の(と言っても向こう三軒両隣程度ですが)人達にとっての共同電話みたいな使われ方をしていました。電話がかかってくればお店の人が知らせてくれましたし、電話を借りてかけた事もあったように記憶しています。子供だったので、その場合の電話代をどうしていたのか知りませんが、市内通話程度なら「いいよいいよ」で済ませていたのではないかと思われます。なにしろ普段から色々と買い物をしていましたから。

数の子についてはわかりません。ごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

暮らしやすそうな場所にお住まいですね。

近所の商店の電話は共同電話みたいな使われ方をしていたのですね。向こう三軒両隣というと、さほど多くの人が利用していたというのでもなかったのですね。
商店にことわった上で、「緊急の要件がある時は○○商店宛てにかけて、呼んでもらってね」と普段から親しい人には○○商店の電話番号を教えていたのかもしれないですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:23

昭和30年代、東京新宿の話です。

商店の電話に、近所の人宛の電話がかかる、というケースは一般的ではありませんでした。よほど近しい間柄とか、「緊急の際はお願いします」のような了解がある場合は別ですが。電話が普及する前の緊急連絡方法は電報でした。

実は、話は全く逆なのですよ。
例えば、学校の「電話連絡網」作成が一般的になったのは、昭和40年代からでした。でも、東京のど真ん中の学校でも、クラスに一人か二人は電話が無い家がありました。その頃になると、(呼)と書いて「○○さんの家にお願いしてあります」と記載することが普通になってきました。

つまり、「電話が普及する以前」よりも「電話がそろそろ普及した頃」の方が、ご近所に呼び出しをお願いする、というケースが多かったのです。考えてみれば、みんなが持っていなければ、わざわざ呼び出しをお願いするという発想にはならないのです。逆に、隣近所が持っているから、無い家は呼び出しをお願いできる、ということなのです。昔は、都内は10円で時間無制限かけ放題でしたから、それほど気を遣わずに、他人の家の電話を借りられたのでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

30年代の新宿では商店に近所宛の電話がかかるというのは一般的ではなかったのですね。
当時は電報が緊急連絡方法だったのですね。最近は何かの式でもなければ電報を打つ機会はありませんが、電話以前にはよく利用されていたのですね。

むしろ、ある程度電話が普及してから、ない家庭に連絡をしてもらっていたのですか。
当時は都内10円で時間制限無しだったのですね。良い時代ですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:20

私が子供の頃35年近く前ですが、


玄関共同のアパートに住んでいましたが、
電話を持っていたのは1家族だけで、アパートの管理人でした、
呼び出し電話です。
家の近所に商店は無かったのですが、商店の近くの人は呼び出してもらっていたのではと思います(店先の公衆電話で呼び出ししてもらっているのも見た記憶がある)
父の田舎(東北)では、まだ手回しの交換手を介する電話もありました。

ちなみに街頭テレビは見たことないです。

数の子は、昭和30年ごろから鰊が激減し、私の子供の頃、昭和40年代~50年代半ばは高かった記憶があります、昭和55年以降には輸入物が増えた記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近は小学生でも携帯を持っていますが(それはそれで社会問題だと思いますが)、まだ電話が各家庭に普及していないころは共同で使っていたのですね。
頻繁に電話がかかってくる人が住んでいたら管理人さんも大変だったでしょうね。

数の子は、漁獲量が激減して輸入物が増えるまでは高かったのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:15

今でも本数の子は高いです。


お寿司も ハレ の食べ物でした。今は ハレ の習慣が失なわれて、年中ある野菜や果物と同じになっています。

昭和40年ごろはご近所に一つある電話を皆で使ったものです。
家庭に電話が控えるようになっても工事は順々で、電話局に何度も足を運んだものです。昭和50年前のことです。50年にはほとんどの家に電話がありました。地方都市の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今でも結構値が張りますよね。
サザエさんの中で、ものすごく貴重なもののように扱われていたので質問させて頂きました。

「ハレ」という習慣は失われてますね。
豊かすぎるのでしょうか。

電話の開通も順々で結構待たされたのですね。
30年前ごろにはほとんどの家に普及していたのですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/30 04:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電話の普及について質問です。

電話の普及について質問です。

昭和初期(満州事変)らへんで電話の普及率はどれくらいだったのでしょうか。
夫が他殺された件を妻に伝える方法で悩んでます。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昭和ひとけたの頃の東京の話です。
父が役人(公務員)だったので、役所が自宅に電話を引いてくれました。
回り近所の10軒近くがうちの電話を利用していました。
結構電話を借りに来ますが、掛かってきて呼びに行くのもありました。
名刺をもらった事があり、見たら呼び出し電話が載っており、うちの
電話番号と名が書いてありました。(ちゃっかりしています)
50m位離れた知り合いもおり、呼びに行かされるのはいやでした。
相手が留守の時も多くありがっかりです。
利用者はいくらかの通話料(お礼か?)を置いていくようですが、細かい
話は不明。

公共施設か大きい店には電話があり、そちらの利用者が多かったようです。
うちの例で見ると、人口100人あたり2,3本の電話という事です。

ところで緊急時の電話連絡は、個人では難しかったと思います。
役所、会社、金持ち間などでしょうね。
庶民は先方に電話がなければ、先答にある電報を使いました。
田舎では電話を引いた家は殆ど無かったのではないでしょうか。

昭和9年茨城県の祖母がなくなり「ハハシス・・・・」の電報が来ました。   
朝亡くなり葬儀の手配をし、昼ごろ打ったようですが、夕方早く来ました。   
母が役所の父に電話し早く帰った父はその夜立ちました。    
電報は以外に早く着き役に立ちました。

田舎でも電報電話局はあり、夜中でも電報は受付ます。
ただ伝送処理や配達がおくれるので、深夜受付は昼間の受付より時間が
掛かるようです。
うちの場合も深夜に依頼したと思われる「ハハキトクスグカエレ」の電報は
朝には間に合わず、「ハハシス・・・・」の少し前に着きました。

緊急時の電報連絡の見本は明治9年、熊本新風連の乱で、鎮台司令官の
種田中将が自宅で殺されたとき、一緒にいた妾が東京の親元へ打った電報
「ダンナハイケナイ ワタシハテキズ(旦那はいけない、私は手傷)」
が有名です。
主人が死んだあと、自分の安否を気遣う両親に、軽傷は負ったが心配ない
といち早く知らせ、新聞等より早かったかも知れません。

参考URL:http://park.org/Japan/NTT/DM/html_ht/KA001300_j.html

昭和ひとけたの頃の東京の話です。
父が役人(公務員)だったので、役所が自宅に電話を引いてくれました。
回り近所の10軒近くがうちの電話を利用していました。
結構電話を借りに来ますが、掛かってきて呼びに行くのもありました。
名刺をもらった事があり、見たら呼び出し電話が載っており、うちの
電話番号と名が書いてありました。(ちゃっかりしています)
50m位離れた知り合いもおり、呼びに行かされるのはいやでした。
相手が留守の時も多くありがっかりです。
利用者はいくらかの通話料(お礼か?)...続きを読む

Q日本の電話普及率について。

日本の電話普及率について。

こんにちは。
日本の電話普及率ってどのくらいなのでしょうか?

電話が繋がらない地域があれば教えてください。
(電話代が払えないとか、電話を意識的に引いていない等は含みません)

電話って日本ならどこでも引けるって思ってたんですけど、引けない地域があるのかなぁとふと疑問に思いました。
※固定電話、携帯電話等 電話という種別ならどれでもOK

ご存じの方おられましたら教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「地域」という意味なら、日本国内で人が定住している地域で、固定電話が引けない地域はない筈です。
あなたも何らかの「電話」をお持ちなら、1回線ごとに「ユニバーサルサービス料」を毎月7円だか8円だか払っている筈です。
この「ユニバーサルサービス」とは、日本国内のどんな辺鄙な地域にも、NTTの均質な電話サービスが受けられるよう電話基盤を整備するための費用ですので。

携帯電話については、各社のHPにカバーエリアが表示されています。

Q電話交換手

昭和時代などに活躍していた「電話交換手」について教えてください、
私が生まれた頃にはもう自動になっていたので全く想像も出来ない状態です。
受話器を上げたらすぐ電話交換手の人につながるのでしょうか?
あと存在しない番号に繋いでもらおうとしたら間違っている、と教えられるのでしょうか?
よろしければ解答お願いします。

Aベストアンサー

 
大体、次の様な会話をしながら接続してもらいました。
私)受話器を取り電話機のハンドルを回す。
交換手)はい交換です。
私)即時でお願いします。
交換手)即時ですね、番号をどおぞ。
私)123-4567お願いします。
交換手)あなたの番号は?
私)321-9876です
交換手・・・ここで123-4567に電話する。
交換手)123-4567番さん、321-9876番から電話ですが話されますか?
321-9876)はい話します。
交換手)321-9876番さん、123-4567さんが出ました、通話して下さい。

だから、存在しない番号の時は交換手が初めの通話確認が出来ないので、私に番号間違いを通知します。

 

Q昭和の初任給と年収

昭和31~32年頃の中卒者の初任給と年収
昭和40年頃の、23~27歳くらいの年収
昭和46年頃の、30歳の年収

いろいろ検索して探しているのですが
なにぶんかなり限定したものなので解決しません。
今回初めて質問する初心者で至らない点はありますが、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(昭和26年物価)はがき:5円、公務員初任給:6,500円、豆腐1丁:10円、入浴料:大人:12円

(昭和35年物価)白米10kg:870円、公務員初任給:12,900円、豆腐1丁:15円、日雇労賃:494円

(昭和40年物価)白米10kg:1,125円、公務員初任給:21,600円、日雇労賃:972円、週刊誌:50円

(昭和55年物価)白米10kg:3,235円、公務員初任給:101,600円、日雇労賃:6,550
円、週刊誌:200円

から推測しますと。

昭和31~32年頃の中卒者の初任給と年収 8千円、10万円くらい。

昭和40年頃の、23~27歳くらいの年収 40~70万円くらい。

昭和46年頃の、30歳の年収 70~100万円くらい。

根拠はありません。
 

Q今から60年前(昭和16~24ぐらい)の暮らしについて

最近、戦後60年記念類の番組をよく目にします。
今から60年前(昭和16~24ぐらい)の暮らしに興味が出てきました。
その時代と現代を比べれば物質(アイテム)が変わりましたが暮らしそのものは
今も昔も変わらない気がします。
あの当時、庶民より少し上の人達はどんな暮らしをしていたのでしょうか?
車・カメラ・8ミリカメラなど持っていたのでしょうか、後テレビは無いですから
ラジオが主流でしたよね、しかも民放がないのでNHKだけでしたよね
当時のラジオ放送は娯楽性があったのでしょう?(これは戦中と戦後では
違いますが、それぞれの人気番組とか教えてください)
さらに当時の裕福層の三種の神器とはいったいどんな物だったのでしょうか?
また、その時代に発売された商品で今日でも売られている商品はありますか?
後、仕事は週休1日だったのでしょうか?労働時間は?女性の社会進出は?etc
当時の世相がわかる人がいましたら色々教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

 わたしも書き物をするために、おもに親や当時を生きた方々から昔話として聞きながら、このような時代の資料を集めたり考証を重ねていますが、なかなか興味深いものがありますね。

 ひとつ大きく言えることは昭和16年から昭和20年までの太平洋戦争のいわゆる戦時中、そして昭和20年の8月に終戦を迎えてから昭和24年頃まで。このふたつの期間にはおどろくほど違いが見られます。終戦以降についてはもう#1さんからかなり詳しいご回答がありますので、それ以前の戦時中を中心に書いてみます。

 まず昭和16年から昭和20年までの戦時中。真珠湾攻撃で始まった戦争ですが、最初の勢いはともかく年々戦局は厳しいものに。米や麦、塩やタバコなどは配給制、食料はもとより物資がとにかく無くなって窮乏生活。
 ただ、わが家にはダットサンという小型車と人力車がありましたが、車引きの方も運転する人もみんな戦地に。それに、ベビーパールとツァイスイコンという2台のカメラにバーディーという8ミリのセット、それに電蓄というオーディオに沢山のレコードもありました。これらは戦前からあったようですが、終戦間際の空襲で全部焼失してしまったということです。

 ラジオはNHKの第一と第二だけですからほとんど選局しなくてもいいという便利さ?も。番組についてはまだ調べ切っていませんが、ラジヲ体操に落語に講談、浪花節などは人気番組。それらに挟まるように「今日の戦果は米戦艦1隻に巡洋艦4隻」なんて臨時ニュースが入るのも毎日のこと。今考えてみれば毎日そんなに戦果が上がるはずもないウソばっかり。そして空襲警報とともに「和歌山上空に敵B29爆撃機が100機編隊で関西方面に向けて侵入中」などとの軍の発表も。当時の子供の歌としては「お山の杉の子」、この歌知っています。

 当時の食事は、かなり裕福だったわが家でも玄米におかずは一品、それにお味噌汁。派手な服や和装、パーマなどは「非国民」と非難されたとか。よそ行きの高級なお召しをリフォームして作ったモンペと白い割烹着姿で国防婦人会というタスキをかけた祖母の写真も。これ、男性はほとんど戦地に出征していて女性が「銃後を守る」、つまり国土を守るということの現われ。
 宝石や貴金属類はもとより、鉄や銅のものなどはお国のためとなかば強制的に「供出」。当時の三種の神器といえば、氷で冷やす冷蔵庫、ハンドルを回して交換台を呼び出してつないでもらう電話、それにラジオぐらい。とにかく「欲しがりません、勝つまでは」がスローガンの時代でしたから。

 当時からの製品といえば、メンソレータム、花王石鹸、中将湯、ライオン歯磨き、三菱やトンボの鉛筆、ナショナルや東芝、シャープなどのラジオや電気アイロン、扇風機といった家電製品。まだ沢山あります。

 とにかく男性が足りない時代とて、家庭の主婦をはじめ女性が職場に。女子高(旧制)などの若い女性も挺身隊として学業そっちのけで職場や軍需工場、そして農村へ。勤務時間などはあってないようなもの、とにかく働けるだけ働くか、空襲警報で避難の毎日だったとか。そして終戦。。。。。。

 あとは#1さんがお答えの通り。終戦の時点ではたしかに車を持っている人はほとんどなかったと思います。空襲で焼け残った親戚にはカメラも8ミリもあって、まだ幼少の頃にそんな古いものを見せてもらった記憶がありますが。
 「尋ね人」、それに戦災孤児を扱った「鐘の鳴る丘(ラジオドラマ)」なんかはとても象徴的ですね。この時代ではとにかく食料が乏しく、まして甘いものがなかったとか。まるで今の北朝鮮さながら。

 ラジオではそのほか、「三太物語」「えり子とともに」、「大学を出たけれど」などラジオドラマや「日曜娯楽版」などが大人気、これやがてのちの大ヒットドラマとなった「君の名は」につながって行く。#1さんよくご存知ですね。

 当時流行した歌に「一万三千八百円」というのがありましたが、これは当時の平均的サラリーマンの給料の額。
 電気洗濯機、電気冷蔵庫、白黒テレビが三種の神器と言われたのはわが国が戦後の復興期から高度成長期にさしかかった昭和30年のこと。もうこの時代ともなるといろいろな分野で今と同じブランドの製品が出ています。こんな話、好きですが書ききれません。

 わたしも書き物をするために、おもに親や当時を生きた方々から昔話として聞きながら、このような時代の資料を集めたり考証を重ねていますが、なかなか興味深いものがありますね。

 ひとつ大きく言えることは昭和16年から昭和20年までの太平洋戦争のいわゆる戦時中、そして昭和20年の8月に終戦を迎えてから昭和24年頃まで。このふたつの期間にはおどろくほど違いが見られます。終戦以降についてはもう#1さんからかなり詳しいご回答がありますので、それ以前の戦時中を中心に書いてみます。

 ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「ビバ」とはどういう意味か?。

 「ビバ」
 という言葉がありますが、どういう意味でしょうか?。
 
 用例
 ビバ!埼玉
 ビバ!兄弟

 などなど・・・。

Aベストアンサー

イタリア語でバンザイですね。「viva」

Q電報とは???

「電報」そのもののの意味が分かりません。

自分なりに調べましたところ、「電報とは、電信施設を使用して送受する通信文のこと」と書いてありました。
私が知りたいのは、かつて大学の合格発表を(サクラサクなど)など、電報で受け取る場合、受信者は受信機みたいなのが必要になるのですか?
それとも、手紙で配達されるのですか?それだと、時間もかかるし「郵便」になってしまうきがするのですが。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電報=電気で報せる。アメリカのモールスが電信機を発明しそれによって遠くまで情報を送れるようになりました。

最近の電報は、皆さんが回答されているように綺麗な台紙に印刷されております。申し込みも電話やインターネットなどで郵便局に直接行かなくてもよくなり、殆どが慶弔用になってしまいました。

昭和35年(正確では有りません)以前までの通信手段は電報と電話位でテレビも白黒で殆ど普及していない時代でした。電話の普及率も現在とは比較にならない位低かったのと電話料金がひじ用に高かく電報の方が早く、安上がりたったのです。又電話の無いお宅には電報で知らせるしかなかったのです。
A局からB局へモールス信号(トンツー・トンツー)で送られ、それを家庭へ配達されました。
郵便局(現在の特定局でも電信機が有りそこから送りました)には電信依頼紙が備えられていてそれに書きましす。一字○円で濁点も一字に数えられましたので、可能な限り短文で要点のみを送りました。「今無事に着きました、皆さんに報せてください」を「イマフシチャク、ミナニホチセヨ」とか、どうしてもお金が必要になり下宿先の息子が親にお金を送って欲しい時には「カネオクレ」と打ちました。(これには「ノマズニネテイロ」という返事が来たというエピソードがありますが…)
郵便局では届先の一番近い局へ、モールス信号で送ります。受け取った局(それも手書きです)には電報配達人が居て、配達に出ます。玄関をドンドンと叩いて「電報!電報!」と叫んで配達しました。

仰るように現在の電報は、郵便と変わらなくなりました。綺麗な台紙が欲しいがために利用している感があります。私が大学受験のときは、結果は郵便にしますか、電報にしますかと聞かれたものです。

質問者さんはお若い方と推察しますが、当時のことは想像すら出来ないかも知れませんが、私は現在が余りにも便利になりすぎて戸惑いを感じます。

拙い説明を長々と書きました。下記の逓信博物館へ行くと電信機の実物を見ることが出来ます。

参考URL:http://www.teipark.jp/

電報=電気で報せる。アメリカのモールスが電信機を発明しそれによって遠くまで情報を送れるようになりました。

最近の電報は、皆さんが回答されているように綺麗な台紙に印刷されております。申し込みも電話やインターネットなどで郵便局に直接行かなくてもよくなり、殆どが慶弔用になってしまいました。

昭和35年(正確では有りません)以前までの通信手段は電報と電話位でテレビも白黒で殆ど普及していない時代でした。電話の普及率も現在とは比較にならない位低かったのと電話料金がひじ用に高かく電報の...続きを読む

Qパスタ一人前って何グラム?

これから茹でようと思うのですが・・
パスタ一人前って何グラムですか?

Aベストアンサー

女性の場合ですと、具にボリュームのあるようなタイプ(ナポリタンなど)は基本80g。
具にボリュームの無い、たらこスパやカルボナーラなどは100gが目安です。

あとはその人の食べる量により加減しますね。
何作るんでしょう?♪


人気Q&Aランキング