【初月無料キャンペーン中】gooドクター

都(京都)が南で上総が南で上、下総が北で下と聞きましたが
東京湾岸を通って房総は南下していけば都から見れば北が上、南が下になりますよね?
船では効率が悪いように感じますが。
なぜ北が上で南が下なのですか?

A 回答 (5件)

地理的な遠近と共に、京都からの経路が影響するのでは。


駿河、相模から陸路を通れば下総の方が先に着く国になりますが
海路を通れば、安房・上総の順になりますよね。
時代は下がりますが、源頼朝が石橋山(相模)で挙兵して敗北した後、
海路房総半島に渡って再起しています。当時から房総半島への経路は
海が使われていたことが分かります。
    • good
    • 2

以前に同様の質問がありました。


「上総と下総の名前の由来について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1660275.html
No2で私が回答していますので読んでみてください。
要するに、京都から下総に行くには上総を経由する必要があったのです。
    • good
    • 0

すでに皆さんが書かれているように、都(上総・下総ができた当時は奈良です)に近い側が「上」とか「前」となります。

だから「越前」「越中」「越後」なんかでも、都から近い側からそう呼ばれています。
江戸時代の東海道も、本来は江戸から(江戸時代の都である)京都へ「上る」ものです。(ですから江戸時代の道中双六は江戸が「ふりだし」で、京都が「あがり」になります)

おそらくdehadekiさんがご質問のように感じられるのは、地図のことが頭にあるからではないでしょうか。今の地図では北が上ですからね。しかし、地図で必ず北を上にする(西洋式の描き方です)ようになったのは、明治時代以降なのです。当時(上総・下総の呼称のできた奈良時代)の人は、今の(北が上になった)日本地図が頭にあったわけではないのです。

この回答への補足

奈良から見れば越前や越中や越後は単純に西側、南側が前です
上総と下総の場合は千葉県の半島で南側が突端部、北側が陸路の入口だから北から入ってくるものではないか?ということなのです。

補足日時:2007/03/31 09:03
    • good
    • 0

No1に補足


京都に近い方が上、遠いところが下
京都に近い方が前、遠いところが後
東山道では 現群馬が 上野 現栃木が 下野
ということになっております

また 当時は東海道に武蔵は含まれなかった、理由は現在の東京のあたりは、湿原地帯(現在の利根川がここを流れていた)ために、交通手段が無かったので、京都からは、上野から南に下るのが武蔵とされた。
    • good
    • 0

古代の東海道のルートは湾岸を南下していくものではないという説が有力みたい。


もともと江戸は湿地帯で、浦賀から浦賀水道を渡って上総の国を通ってたんだってさ。箱根駅伝のルートじゃないみたい。
http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/tokaido/02_to …

でも、これが上総、下総の由来かどうかは分からない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング