痔になりやすい生活習慣とは?

購入を検討してノートPCを探していたら、HDDタイプがPATAとなっているものを見つけました。
BTO可能サイトでカスタマイズするときはSATA、シリアルATA等がほとんどでPATAというのを見かけたことはありません。
違いもわかりません。

そこで質問です。
標準搭載のHDDがPATAのノートPCを購入して、後で何か困った事が起きる可能性があるでしょうか?
何か対応していないとか、SATAに比べて明らかに性能が劣るなど、何か困る事があれば教えてください。
ちなみにノートなので、内蔵HDDを増設する予定はありません。
外付けのポータブルHDDは使っています。

そういえばポータブルには何も書いてありませんが、PATAとかSATAとかいうのは内蔵HDDだけに使われる言葉なのでしょうか?

アドバイスをお願いします。
専門用語少なめだとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

パラレルATAというのはこれまでの2.5型HDD端子です(デスクトップでいえばIDE3.5型HDDの端子)。


ケーブルセレクトはコネクタの位置でマスタ、スレーブ決まるが、シリアルATAはつないでいってBIOS設定などで起動順位など決めます。

1台接続ならそういうややこしさは関係ない。ノートパソコンなら1台か2台しかHDD入らないから仕様に合うHDD購入すればいい。

内蔵インターフェースの名称ではSCSIもある。
外付けではUSB、IEEE1394、eSATA、SCSIなどある(SCSIやその後継規格は企業向け多い)。

HDDの価格は流通量で決まります。売る方にすれば2規格に対応すれば在庫管理コストかさむだけです。どちら選ぶかは担当者の好みでしょう。
インターフェースの規格はともかくHDDはディスク回転数もかかわるから実速度はどちらでも(どれでも)同じようなものです。

ノートパソコンなら他の選択肢はないから(^^)SATAノートでもPATAノートでも同じ規格のHDDと交換できるだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
つなぎ方やBIOSなどはわかりませんが、要するに内蔵HDDをいじらないのであればどちらでも良いということですね。

お礼日時:2007/03/31 13:54

IDE=Integrated Drive Electronics。

1986年にコンパックとConnerが開発したHDDインターフェース技術
ATA=Advanced Technology Attachment。IDEを元に拡張し、1989年に各HDDメーカーが共通仕様として制定。1994年にANSIで規格化。
SATA=シリアルATA
PATA=パラレルATA
ATAPI=ATA Packet Interface。アタピーと読む。IDEの制御をSCSIっぽいコマンドパケットで行うインターフェース規格

と言う訳で、ATAとは、内蔵、外付けに限らず、マザーボードとHDDのインターフェースのハード、ソフトの規格の事を言います。

「内蔵、外付けに限らず」とは言いましたが、パソコンの起動時に最初に認識させておく必要があり、一旦認識したら取り外せない、パソコン起動後に後から差しても認識しないなど、内蔵用に特化した仕様なので、ほぼ間違い無く「内蔵用のHDDで使われるインターフェース」と思って間違いありません。
(例外的な珍品ですが「ATAインターフェースの外付けHDD用キット」と言うのも存在するので「内蔵専用」とは言い切れないのです)

ぶっちゃけ、シリアルATAとパラレルATAは「まったくの別物」と思って間違いありません。どっちにも一長一短があり、比べても無意味です。メロンとスイカを比べるようなもので、意味無いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
インターフェースとかはよくわかりませんが、規格の違うものなんですね。
ブルーレイディスクとHD-DVDみたいなものでしょうか。
どちらも一長一短があるということはただ使う分にはどちらでもよいということですね。

お礼日時:2007/03/31 14:08

>後で何か困った事が起きる可能性があるでしょうか?


いずれPATA(パラレルATA)は、なくなるでしょう。後年、内蔵HDDを交換するような場合は、SATA HDD搭載のものを。
ただ、ここ2~3年では、PATAはなくならないと思いますが、ひょっとすると、値段はSATAの方が安くなっているかもしれません。
>そういえばポータブルには何も書いてありませんが
ほとんどPATAです。なぜなら、2.5インチPATAHDDの方が安いからです。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0327/pa_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、何年か先に内蔵HDDを交換する場合にあまり出回ってない可能性があるんですね。
コスト的には現在のところPATAがいいんですね。

お礼日時:2007/03/31 13:59

たぶんPATAはパラレルATAを指しているのでしょうが、古い規格です。


今後はSATA(シリアルATA)が主流になるのでそちらを選んだほうがいいと思いますよ。

違いはいろいろあるのですが、何かが劇的に違うと言うことはありません(壊れやすさにも差はありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます。
規格は古いものの、PATAも機能的には大差ないのですね。

お礼日時:2007/03/31 13:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIDEのHDDをSATAに変換して使用したいのですが

 このたび、PCを更新しようと考えています。
 スペック等については検討中ですが、3Dオンラインゲームを
バリバリするとかはなく、インターネット、メール、オフィス等を中心に使用を考えています。
 このため、CPUはCore2DuoのE7000番台かAthlonIIあたりで、グラフィックはオンボード、メモリは2G~4G搭載しようと思っています。
 OSについては、現在使用しているXP Proをインストールしなおししようと思っています。
 HDDについては、BTOなどで注文すると、500GBあたりが標準みたいですが、とりあえず1TBくらいにはしようと思っています。
 その場合、現在のIDE接続のHDD(500GB)が余ってしまうので、SATAへの変換アダプタをつけて第2HDDとして使おうかと思っています。

 ここで、質問です。
(1)第1HDDが(正規の)SATAで、第2がこのような「変換SATA」とした場合、なにか問題はありますか(動作速度が遅くなる、とか)
(2)マザーボードにはSATAとIDEと両方接続できるタイプのものもあるみたいです。そういうボードを使う場合は、無理にSATA変換せず、IDE接続でそのまま使うということもできるかと思いますが、上の(1)と比べメリット・デメリットありますか。
(3)「どうしても使いたいのなら、むりに内部接続しないで、USB外付けアダプタをつけて使った方がいい」というようなことを耳にしましたが、そういうものでしょうか。

 自作をする、といってもこんな基本的な質問で申し訳ありませんが、アドバイスをお願いいたします。
 

 このたび、PCを更新しようと考えています。
 スペック等については検討中ですが、3Dオンラインゲームを
バリバリするとかはなく、インターネット、メール、オフィス等を中心に使用を考えています。
 このため、CPUはCore2DuoのE7000番台かAthlonIIあたりで、グラフィックはオンボード、メモリは2G~4G搭載しようと思っています。
 OSについては、現在使用しているXP Proをインストールしなおししようと思っています。
 HDDについては、BTOなどで注文すると、500GBあた...続きを読む

Aベストアンサー

以前似たような構成でHDDを使用していました。

余っていたIDEのHDDをSATA変換アダプタを使用してつないでいましたが、
特に不満なく動いていました。

外付け(ケース)HDDのメリットは必要な時だけ電源を入れられるといったことぐらいでしょうか。
HDDのベイが空いているなら外付けケース買うよりもSATAアダプタの方が安上がりの上、
速度的にも勝っているので外付けにするメリットはあまり無いように思います。

1ファイル数ギガの動画編集や数千単位のファイル数を一度にコピーするとか、
タフな使い方をしなければ、
当初の予定通りの構成で速度的には問題ないかと思います。


実際に使用していたもの
http://www.century.co.jp/products/ide-sata.html
HDDの全長が長くなるなのでPCケースによってはケーブルの取り回しに注意。

QIDEのハードディスクのコピー(クローン)方法を教えて下さい。

旧型の機器(パソコンではありません)のデータ保存で使っているHDDのバックアップを作っておきたいのですが、(SATAのクローンはマーシャル等のデュプリケーターで簡単にできます)IDEの2本立ちが探しても見つかりません。
できるだけ費用をかけずに、何かよい方法がありましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

下記は、HDDがクローンできるデュプリケーターです。本来SATA HDDのコピー用ですが、下記のようなIDE→SATAアダプタを2台のIDE HDDに取り付ければ、クローンできます。ハードウエアでのコピーなので、ファイルフォーマットなどの影響は受けません。旧HDDのセクタを新HDDのセクタにコピーするので、時間はかかりますが、そっくりなもの(クローン)ができます。
http://amazon.co.jp/dp/B007SQJ92E ← ¥4,167 SATAのポートに下記のアダプタをつけたIDE HDDを挿せばクローンできます。
http://amazon.co.jp/dp/B004GBGM8S ← ¥1,600×2=¥3,200 IDEのアダプタ2個

アダプタは、IDEケーブルと電源ケーブルをIDE HDDに接続した後、アダプタの板にねじ止めして一体化させます。合計 ¥7,367 と比較的安くなります。

私は、「これdo台Pro」 KD25/35PRO を持っていますが、今買おうとすると下記のように型落ちでも結構高値です。確かに、IDE HDDのクローンがPCレスで簡単にできます。また、IDEとSATA、2.5/3.5インチにそれぞれ対応しており、PCレスでも使えるし、USB2.0/eSATAインターフェースを持っているので、各1台ずつ2台までの外付けHDD用としても使えます。
http://amazon.co.jp/dp/B00HVER2VS ← カスタマーレビューをお読み下さい。ヤフオクで¥27,000くらいでしょうか。

最新のものはPCレス SATA HDDのコピーに特化していて、IDE HDDは上記と同じようにアダプタ経由で接続します。ただ、対応するパーティション・テーブルがMBRとGPTなので、それ以外の形式に対応するかどうかは不明。価格もそれなりに高いので、お薦めとは言いにくいです。メリット、コピー速度がかなり速いです。
http://amazon.co.jp/dp/B00HVER2VS ← ¥28,054
http://amazon.co.jp/dp/B00HG1G1WW ← ¥2,302 上記とセットで ¥30,356

下記は、HDDがクローンできるデュプリケーターです。本来SATA HDDのコピー用ですが、下記のようなIDE→SATAアダプタを2台のIDE HDDに取り付ければ、クローンできます。ハードウエアでのコピーなので、ファイルフォーマットなどの影響は受けません。旧HDDのセクタを新HDDのセクタにコピーするので、時間はかかりますが、そっくりなもの(クローン)ができます。
http://amazon.co.jp/dp/B007SQJ92E ← ¥4,167 SATAのポートに下記のアダプタをつけたIDE HDDを挿せばクローンできます。
http://amazon.co.jp/dp/B004G...続きを読む

QUltra ATA-100のHDDはIDE接続のハードディスクケースでいいのでしょうか?

ノートパソコンのハードディスクを本体から抜いてハードディスクケースに入れて、
USB2.0で他のパソコンに繋いでデータを移そうと思っています。

OS(WinXP)が時々しか立ち上がらず、立ち上がってもマウスが効かない等、
動かなくなったからです。
修理依頼したメーカーの話だとマザーボードとハードディスクのトラブルで、
ハードディスクは換装しOSの入れ替えが必要と言われました。

それならばと、修理を中止し、ダメもとでハードディスクを抜いてハードディスクケース
に入れて、移せるデータだけでも助けたいと思っています。
(ノートパソコン自体は買い換える予定です。修理費と同じ金額で買えるので)

ハードディスクを抜くのは Ultra ATA-100 というタイプですが、これを入れる
ハードディスクケースはIDE接続のハードディスクケースでいいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2.5インチ用 IDE 外付けHDDケース(USB2.0)って書いてあれば大丈夫

IDE=Ultra ATA-100 OK

違う物
S-ATAはシリアルATAなので接続部がまったく違うので注意

QHDDのキャッシュは数字が大きければ速い?

HDDの性能詳細によくキャッシュと書いてありますが、8MBと16MBとでは、どちらの方が速いのでしょうか?
というかキャッシュは何に対して速くなる要素なのでしょうか?

Aベストアンサー

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的には速くなっているとも言えますが
本来、キャッシュメモリは規格上(理論上)のPC性能に近づけるためのしくみです。

厳密に言えば、多いほうが性能が向上する見込みはあります。
しかし、Quantum LP240Sがもてはやされた時代に比べれば
HDDのキャッシュメモリ容量が、決定的な性能差を生むことは無いと思います。
当時はOSのキャッシュ機構が拡張バス上の遅いメモリー使ったりしてたけど
今は、数GBのメインメモリーがディスクキャッシュに活用されたりするしね。

あと、キャッシュの多いメモリーのほうが機械的動作の負担が少なく
耐久性が上がるという説もあるけど、まゆつば。

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的に...続きを読む

Qコマンドプロンプトを使ってipアドレスからコンピュータ名を知る方法

ipアドレスは分かっていますがコンピュータ名が分かりません。リモート接続ソフトなどは使えないので、それでコンピュータ名を調べることはできません。
コマンドプロンプトを使ってipアドレスからコンピュータ名を知る方法を教えてください!

Aベストアンサー

なんか回答がバラバラなので整理しましょう。
調査している自分自身が使用している端末は、Windows XPのPCであると仮定します。
また、調べるのは基本的に外部から名前解決可能な名前(No.2さんの言う"2"に相当する名前)とします。

パターン1:
対象のIPアドレスがWindows端末機で、自分が使用している端末と同じネットワークに属しているか同一のWINSサーバを参照しているとき……No.4さんの答えで検索できます。

nbtstat -A <IP Address>

パターン2:
ネットワーク管理者がDNSをきちんと管理しており、対象IPについても管理者の管理下にある場合……以下2つのいずれかの方法で検索できます。

  nslookup <IP address>

または

  nslookup -q=ptr <reverse ip>.in-addr.arpa.
  ex) 192.168.12.1 のIPを調べたい場合、以下のように入力する
  nslookup -q=ptr 1.12.168.192.in-addr.arpa.

  (DNSサーバで逆引きが設定されていないと、正しく検索できない場合があります)

パターン3:
上記以外の場合

外部から名前解決できないので、調べようがありません。または、調べてもそれが正しいホスト名である保証がありません。
そのIPの端末自体に設定されているホスト名を直接調べるしかありませんが、それには実際にそのIPの端末を操作して調べるしかありません。
つまり、No.2さんの回答となるのですが、
IPを使用しているのがWindows PCやUnixサーバなどである保証はないので、確認するコマンドはその端末の種類(OS)によって異なります。

なお、tracert (traceroute)を使用する、という回答がありますが、これはパターン1またはパターン2のいずれかまたは両方を満たしていないと表示されませんので、厳密には正しい答えとはいえません。
(たいていの場合、"tracert <IP address>" や "ping <IP address>"で用が足りてしまうことも多いので、必ずしも間違いではないのですが)

なんか回答がバラバラなので整理しましょう。
調査している自分自身が使用している端末は、Windows XPのPCであると仮定します。
また、調べるのは基本的に外部から名前解決可能な名前(No.2さんの言う"2"に相当する名前)とします。

パターン1:
対象のIPアドレスがWindows端末機で、自分が使用している端末と同じネットワークに属しているか同一のWINSサーバを参照しているとき……No.4さんの答えで検索できます。

nbtstat -A <IP Address>

パターン2:
ネットワーク管理者がDNSをきちんと管理して...続きを読む

Qマザーボードの故障の確認方法

先日、PCの電源が入らなくなったので
電源ユニットをテスターでチェックしたところ
電源ユニットの故障でしたので新しい電源ユニットをつけたのですが
電源が入りません。新しい電源ユニットもテスターでチェック済です。
それならば電源スイッチが原因かと、それも交換したのですがだめでした。
となるとマザーボードの故障かと思うのですが、確証が持てません。
どのようにして確認すればよいのかお教えいただけますでしょうか?

Aベストアンサー

>他に故障が考えられるのでしょうか・・・

マザーのコンデンサには問題なさそうですか…。
ならば
1) BIOS 設定のクリア(ジャンパなどで…マザーのマニュアルに書いてあります。
2) マザーの電池を交換してみる。
3) もしかしたら商用電源100Vが90Vとかに低下してないか確認してみる。地域的なもの、他の電気大食らいのもののせい、配線やテーブルタップの不良などで電圧が下がっている可能性もあります。もしそういうことならマザーを交換しても不安定さは継続するかも知れません。

そういう場合は昇圧トランスを使用すると改善するかも知れません。
こんな感じのもの。
http://www.soma.or.jp/~sendai/hanbai/transe.htm

QWindowsXP32bit版が認識できるHDDの容量の限界は?

WindowsXP32bit版が認識できるHDDの容量の限界(1パーティーションあたり、1ドライブあたりではなく、PCつないだHDDの合計の容量)を教えてください。

Aベストアンサー

インターフェース仕様による上限

XPSP1以降の標準のIDEドライバは48bit LBAをサポート、144PBペタバイト(約144000000GB)まで対応
クラスタ サイズが 512 bytes × 248(2の48乗) = 144,115,188,075,855,872 bytes=144PB
ATAタイプのHD
一部のHDでは、BIOS (Basic Input/Output System) の INT13 インターフェイスの制限により、7.8 GB を超えるブート可能なパーティションを作成できない場合あり。

ファイルシステム仕様による上限
NTFSの現在の実装: 32bit = 2.1TB (2TB)
Windows OSで32bitアドレスを使用
512 bytes × 232(2の32乗) = 2,199,023,255,552 bytes = 2.2TB(テラバイト)
http://support.microsoft.com/kb/140365/
これは、1パーティション(1ドライブ)当たり管理できる最大容量

>1パーティーションあたり、1ドライブあたりではなく、PCつないだHDDの合計の容量

Volume Size が2 GB–2 TBの場合NTFS クラスタサイズ 4KBの制限で2TBに制限されます(NTFS Boot Sectorや BIOS parameter block 、MSの「サポートなし」など)からパーティションを分ける以前に2TB以上がOSから見えないため複数に分けられないでしょう。
下記URLをご覧ください。
HDDには2つの原因の「2TBの壁がある」こと。
(1)2TBより大きいパーティションを扱えないMBR形式のパーティションテーブル
(2)2TBより大きいHDDの2TBまでしか扱えない10バイトCDB

発売された2TBのHDDは実質的に1.82TB

http://wiki.nothing.sh/page/Over2TB



クラスタは 64 KB 未満である必要があります。

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP310525

インターフェース仕様による上限

XPSP1以降の標準のIDEドライバは48bit LBAをサポート、144PBペタバイト(約144000000GB)まで対応
クラスタ サイズが 512 bytes × 248(2の48乗) = 144,115,188,075,855,872 bytes=144PB
ATAタイプのHD
一部のHDでは、BIOS (Basic Input/Output System) の INT13 インターフェイスの制限により、7.8 GB を超えるブート可能なパーティションを作成できない場合あり。

ファイルシステム仕様による上限
NTFSの現在の実装: 32bit = 2.1TB (2TB)
Windows OSで32bitアドレス...続きを読む

Q2.5インチHDで、Serial ATAとUltra ATAの違い

Serial ATAとUltra ATAの違いが良く解らないので、質問です。

1.シリアルATAとウルトラATAは接続ケーブルが異なるのか?(ピンの数が違うとか)
2.2つはどの様な事が違うのでしょうか?
3.元はウルトラATAが付いていたのですが、やはり同じものの方がいいのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

シリアルATAとATAは規格が違いますので、接続端子もケーブルも違ってきます。デスクトップPCならば変換端子を利用して使用することもできますが、
2.5インチHDとの事ですので、使用PCはノートタイプかと思います。
ノートの場合、スペースの余裕もなく事実上不可能と思われます。

IDE規格の2.5インチHDDを選んでください。
この場合もOSにより 最大認識容量が違ってきますので、お使いのPCの型番等をアップすれば詳しい方々の適切なアドバイスが得られるかと思います。

参考URL:http://buffalo.jp/products/catalog/storage/serial_ata/index.html

QDMR-BW800のHDD換装について

PanasonicのDMR-BW800を2台所有しておりますが、先日1台がHDD不具合を起こしてしまい録画等できなくなってしまったので、HDD交換しフォーマットしましたが、フォーマット完了せず使用不能でした。動作しいている機器のHDDコピーを作成し装着したところ、フォーマットは完了しますが、録画できません。
どうやら、HDDの情報と機器の情報がHDD内に記録されているようなのですが、どなたかその記録情報の変更方法等ご存知の方はおられないでしょうか??
詳細ご存知の方の回答をお願いします。

Aベストアンサー

下のURLをクリックして参考にして下さい。
関連記事が掲載されています。
本を購入して内容を検討すると良いでしょう。
また、機種が異なりますので、上手くいくかどうかは不明です。
自己責任として下さい。

[ラジオライフ 2012年5月号/三才ブックス]
http://www.sansaibooks.co.jp/cgi-bin/list.cgi?detail=702

QIDEとSCSIの違いについて

最近、協力会社に行き、その会社で開発した製品を使用しています。
マニュアルを読んだところ、
「IDE接続のドライブでは使用できず、SCSIやRAID接続のデバイスとして認識されるドライブでは○○の機能が有効になります」
と記載されていました。

会社にいる人に質問したのですが、うちの会社にあるのは基本的にSCSI接続のドライブだから気にしないでと言われました。

まだ、会社の周りに突っ込んだ質問出来る相手がいないので(仕事とは無関係(金融系の会社なので)な知識なので聞ける雰囲気ではない)、質問させてください。
IDE接続とSCSI接続のHDDの違いはどのように区別すれば良いのでしょうか?
デバイスマネージャで確認して、認識される場所がどうなっているかはわかるのですが、物理的にどのようなものがIDE接続でどのようなものがSCSIか分かりませんでした。

たとえば、NECやSONYで新規に購入したPCに入っているハードディスクやUSBで接続した外付けHDDは、全てSCSI接続のHDDという認識で良いでしょうか。
IDE接続の外付けHDDはWindows 98時代に使っていたディスク(転送速度が遅いもの)なのでしょうか。

詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

最近、協力会社に行き、その会社で開発した製品を使用しています。
マニュアルを読んだところ、
「IDE接続のドライブでは使用できず、SCSIやRAID接続のデバイスとして認識されるドライブでは○○の機能が有効になります」
と記載されていました。

会社にいる人に質問したのですが、うちの会社にあるのは基本的にSCSI接続のドライブだから気にしないでと言われました。

まだ、会社の周りに突っ込んだ質問出来る相手がいないので(仕事とは無関係(金融系の会社なので)な知識なので聞ける雰囲気ではない)、質問させて...続きを読む

Aベストアンサー

HDDインターフェースの動向は他の方が述べられている通りです。

外見で区別する方法ですが、コネクタを見ればだいたい分かりますよ。ケースを開けなければなりませんが。

古めのコネクタは↓に載ってますね。
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/cableconnect/01scsi/scsi.html
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/cableconnect/08drive_inter/drive_inter.html

SATAのコネクタは、幅1cmくらいの小さいものですので、すぐ区別は付きますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%ABATA#.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.83.96.E3.83.AB.E3.80.81.E3.82.B3.E3.83.8D.E3.82.AF.E3.82.BF.E3.83.BC.E3.80.81.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88


USBの外付けHDDの場合はUSBからHDDのインターフェースに内部で変換して接続しているので、個々の製品の仕様によります。今日日、ほとんどSATAだと思いますが。


また、SCSIのHDDは、最近ではサーバ用のマシンでたまに見かけるぐらいで、デスクトップ用やノートでは10年以上見ていないですね。

HDDインターフェースの動向は他の方が述べられている通りです。

外見で区別する方法ですが、コネクタを見ればだいたい分かりますよ。ケースを開けなければなりませんが。

古めのコネクタは↓に載ってますね。
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/cableconnect/01scsi/scsi.html
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/cableconnect/08drive_inter/drive_inter.html

SATAのコネクタは、幅1cmくらいの小さいものですので、すぐ区別は付きますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%ABATA#.E...続きを読む


人気Q&Aランキング