株について、ものすごく素人なので馬鹿な質問かもしれませんが、
「株を買う」というのはその発行している企業から買うんですよね。
では、「株を売る」というのはどこに売るのですか?
普通、値が上がったから売るんですよね。
そんな高くなったものをわざわざ買う人はいないと思うのですが…。
特に、「今売らないと後は下がる一方だ」なんていう株を
誰がほしがるのでしょうか?
でも実際には、売ることができますよね。
買う人がいないから売れないって事もありえるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>株について、ものすごく素人なので馬鹿な質問かもしれませんが、


>「株を買う」というのはその発行している企業から買うんですよね。
>では、「株を売る」というのはどこに売るのですか?

株の売買は通常、証券会社を通して証券取引所で行われます。
「内出来」等、時々証券会社の中だけで解決する売買や、会社からの
譲渡など特殊なケースもありますが。

>普通、値が上がったから売るんですよね。
>そんな高くなったものをわざわざ買う人はいないと思うのですが…。
>特に、「今売らないと後は下がる一方だ」なんていう株を
>誰がほしがるのでしょうか?
>でも実際には、売ることができますよね。

株は「必ず」値上がりする状態、値下がりする状態というのはないので
多少下がりそうな局面でも買う人は居ますし上がりそうな局面で売る人
もいます。なぜなら、いま少し下がっても将来大きく上がる事もあるし、
その逆もあるからです。

また、「信用取引」という売買を行うと期日までにその取り引きを解消
しなければならないという取り引きも有ります。
(「信用取引」について説明すると長くなるので省略します。ここで、
質問するか証券会社のホームページに行けばどのような取り引きか教
えてもらえると思います。)

その他にも、株式を保有しているとその会社に対して、持ち株数に
比例した発言力が得られます。で、その発言力を得るために株式を
買うというケースもあります。

>買う人がいないから売れないって事もありえるのでしょうか?

あります。特に上場2部、店頭取引株、などは売買されている量が少ないため
相場価格より高くてもいいから欲しいけど買えない。
相場価格よりやすくてもいいから売りたいけど、売れない。
ということもありえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
上がるか下がるかは誰にも分からないんですね。
だから、売る人もいれば買う人もいる。
そうやって成り立っていたんですね。

お礼日時:2001/07/30 15:40

Q:「株を買う」というのはその発行している企業から買うんですよね。


A:企業から買うのではありません。当該会社の株券の持ち主(株主または一時的持ち主)から買います。
Q:「株を売る」というのはどこに売るのですか?
A:一般的には株を買いたいと希望している人です。もっと上がりそうだからこの位の値段なら買って儲かりそうだと思っている人(個人・投資信託・外国人投資家等)。
またこの会社の株主になっていれば取引上有利だとか、さらに沢山買い集めてこの会社の経営権を握ろうとか思っている人。
Q:そんな高くなったものをわざわざ買う人はいないと思うのですが…。
A:「そんな高く」の定義がありませんから、どこが一番高い値段であるかは誰もしらないのです(分ってしまえばその高値になる前に皆売ってしまうでしょう)。光通信は2500円から24万円まで値上りしました、今は1500円くらいです。
Q:「今売らないと後は下がる一方だ」
A:「今売らないと後は下がる一方だ」と誰が決めるのですか。あくもでそう思うのはその人の主観です。倒産しない限り一番安値で買った人は損をしませんからそろそろこの値段が安値だろうと考えている人々が存在します。常に強気の人(上がると考えている人)と弱気の人の綱引きで株価が決まります。
Q:買う人がいないから売れないって事もありえるのでしょうか?
A:希望の値段で売れない場合は常にありますが、株価に無関係ならば売れると思います。1000円で買うのはいやだが100円ならいいと思う人がいるからです。
しかし、店頭市場など人気のない株は何日間も取引無しということがありますので流動性の問題がありますから、そうゆうことも考慮をすればいけないとおもいます。
【簡単のご質問ですが、十分にお答えするのはむつかしいです。実際に売買されればご理解は簡単だとおもいます。】
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
上がるか下がるかは誰にも分からないんですね。
だから、売る人もいれば買う人もいる。
そうやって成り立っていたんですね。

お礼日時:2001/07/30 15:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株を買う、株を売るとは一体なにをしているのでしょう

バブル時に株を買わないのはバカと言われて以来30年いろいろ本や雑誌を読みましたが株というものが理解出来ません。
ある会社の株を買うと言うことの実態は何なんでしょうか?
自分の買った会社にお金を預け、会社の儲けからおこぼれをもらう事なんでしょうか?そうであればがんばれと株を買ってあげることは悪いことでは無いと思いますが、短期間に売ったり、買ったりしてもうけることには何となく罪悪感が伴います。法律上は悪ではありませんが。
株で大儲けしたときは誰かが損、または大損しているのでしょうか?
法律上罰則のないネズミ講といわれればそんな気もします。
どなたかこのぼんくらに目の覚めるような解答をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、3年ほど株取引をしていたものです。

まず現在の株取引(特に個人において)は金儲けのためだけだと思います。博打といってもいいと私は思います。

なぜ一部の人の博打が世の中全員に影響するのか?
それは博打に参加している人の懐具合が世の中に影響するからだと思います。

ここで言う博打は株取引全体を指します。

ちょっと話はそれますが、企業の株って個人がもっている量より銀行がもっている量が多いんです。
これは企業の大株主の一覧みたいなので確認することができます。
正確な数字は手元にないんですが大企業のほとんどが銀行が株主に入ってます。

株が世の中全体に影響するのは銀行が原因ではないかと思います。
今の会計方法だと株は資産になります。
例えば1000円の株を10株持っていて10000円分の資産があるとします。
その株が500円になったとき資産は5000円分に目減りしてしまいます。
もし銀行が資産がなくなってお金が回らなくなって倒産ってなったら困りますよね?
だから資産が減ったらお金を貸したりしなくなってくるんです。
そうすると世の中のお金の流れが悪くなる=景気が悪くなるんだと思います。

だから株取引=博打自体ででた損益は参加者だけの問題ですが、その参加が世の中に及ぼす影響が大きいから株は大事なんだと思います。

ちなみに株価が安いという理由だけで会社がつぶれることはありません。
株価が安い=将来儲ける予想がないってだけで、意外にがんばって会社を続けている企業もあるみたいです。

はじめまして、3年ほど株取引をしていたものです。

まず現在の株取引(特に個人において)は金儲けのためだけだと思います。博打といってもいいと私は思います。

なぜ一部の人の博打が世の中全員に影響するのか?
それは博打に参加している人の懐具合が世の中に影響するからだと思います。

ここで言う博打は株取引全体を指します。

ちょっと話はそれますが、企業の株って個人がもっている量より銀行がもっている量が多いんです。
これは企業の大株主の一覧みたいなので確認することができます。
...続きを読む

Q株を買って、その株を売るまでの期間ってある?

初心者です。
今、ある株を買おうと思ってます。
株を買ったあと、その株を売ろうと思ってるのですが、売れない期間とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まじめな質問なのですよね。証券取引所の立会時間以外は売れません。ホリエモンみたいな人は、時間外取引できますが。
ネット証券なら夜中でも注文を出せますが、それは、翌日の受付をしているだけです。

今は、前受け制が多いので、売れない期間はないですが、営業マンを通じての取引で、約定してから振込めば良い場合は振込んで入金処理されるまで売ることができません。

手数料込みで利益が出たら売ればいいのですが、買うときに、利益はこのくらい、値下がりしたらこのくらいで売ると決めておくと良いです。買うより売るほうが難しいですから。

Qなぜ買った株は下がり、売った株は上がるのでしょうか?

なぜ、買った株は下がり、売った株は上がるのでしょうか?

そうならないためにはどのような、心構えが必要ですか?

Aベストアンサー

まだ若葉マークですか?
私も似たようなもんですけど・・・・・。
突っ込み買い、買い下がり、逆バリができるようになるには
1年半から2年ぐらいかかると思います。

まず買った根拠と売った根拠をはっきりさせることです。
あおられて飛びつき買い、ゆさぶられてのチキン売りでは
今のままです。
テクニカルで買うのか、ファンダで買うのか、材料で買うのか、読みで買うのか・・・・
直感で買っても、サイコロ振ってもかまいませんが、確率の高い買い方、
INの仕方を一つ二つ決めるといいでしょう。これは銘柄によっても違ってきますので自分であれこれ研究して、自分ができる方法を見つけるといいでしょう。
買ったら次は損きりでしょうか。
一般に1トレードで総資金の2%までならリスクを取っても大丈夫だとか。
(ただ一月6%負けたらトレードを休むべきだとか・・・)
たとえば総資金100万なら手数料等含めて2万までリスクを取れるわけです。
そうすると買うときにここで買ったらいくら儲かるか、と考えるより
ここで買ったらどのくらいリスクがあるか?と考えるわけです。
そう考えられれば、下がった時のほうがリスクも小さくなるというのが
わかるかと思います。
でもどこまで下がるかわからない・・・と思うとおもいますが
これは初心者は1年ぐらい銘柄をしぼって
できれば1銘柄、多くても5銘柄ぐらいを見続けてみてください。
そうすると株は倒産しない限り、決して0にはならず
なぜか下がれば上がり、上がれば下がってくることが
実感できると思います。
この株価がなぜ上下するか?に関しては諸説あるんですが、
われわれトレーダーはそんなことより、その上下する時のクセを見抜くように訓練するべきです。
このクセにもいろいろあって、日経や先物に引きずられるもの、円高や金利に反応するもの、季節的なもの、あるいは仕手的な材料で上下するもの、売り長など需給の偏り、そしてテクニカルに素直なものとか・・・・
テクニカルにもまたいろいろあって、平均線や足型にはじまってストキャス、MACD、一目、RSI・・・・
どれに反応する確率が高いか銘柄によって違います。
でもまあ1年ぐらい見てると、この銘柄はストキャスが底打って上がってくると株価も上がってるとか、週足の26週線で反発するクセがあるとか、
わかってきます。
テクニカルで入るならそういう場所ではいるほうが
リスクが多少低くなるかなっと想像できます。
指標といっても またいろいろあってストキャスなら変数を変えるとか、
ストキャスにトレンドラインひくとか日足との組み合わせで見るとか・・・
まあ必勝法ということでしょうね。

売った株が上がることはあまり気にかけることはないと思います。
手数料をひいて利益が残ったのであれば、自分の株を買ってくれた人が
損しなかったのは結構なことです。
ただ売る根拠もはっきりすべきでしょうね。
トレイディングストップで利益を守りながら
いったんプラスになったものは
下がってきても、マイナスになる前にトントンで逃げるようにすべきでしょう。そしてすかさずリトライ。
ドデンよりこれが有効であることも多いです。
つまりトレーディングプロセスは正しかったけど
ノイズに揺さぶられて振り落とされてしまうことも多いわけです。

コマゴマしたことはいろいろありますが
とりあえずトレンドラインの引き方だけでも勉強して
直近の高値と安値を確認して
その株が高値から安値に向かってるのか
安値から高値に向かってるのかだけでも確認して買うようにしてみては
どうでしょうか?

まだ若葉マークですか?
私も似たようなもんですけど・・・・・。
突っ込み買い、買い下がり、逆バリができるようになるには
1年半から2年ぐらいかかると思います。

まず買った根拠と売った根拠をはっきりさせることです。
あおられて飛びつき買い、ゆさぶられてのチキン売りでは
今のままです。
テクニカルで買うのか、ファンダで買うのか、材料で買うのか、読みで買うのか・・・・
直感で買っても、サイコロ振ってもかまいませんが、確率の高い買い方、
INの仕方を一つ二つ決めるといいでしょう。...続きを読む

Q『株のプロは何を買っていつ売るのか』を読んで中国株に当てはめたいのですが。

『株のプロは何を買っていつ売るのか』田久保龍 著、インデックスコミュニケーションズ出版を読んで、その中の理論株価というものを利用したのですが、中国株の場合はどのように当てはめたらよいのでしょうか?株式リスクプレミアムはどうしたらいいのでしょうか?ご存知の方よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

日本株の4%より、ぶれが大きいと思うので、それなりに大きくしたらどうでしょうか。

ごの本に書いてある「逆数」って、おかしいです。

Q株を買うときと売るときのことで 

株を買うときと売るときのことで うかがいたいのですが、

まず 買いのときですが、 先日 指値で500円で買い注文

をだしました。 

で 数分後 492円で買うことが できたのですが、

今日 別の株を 指値で600円で売り注文だしたんです。

そしたら、610円で 数分後 売れたのですが

指値で 売り 買い するときって その指値

で 売買 できるってことではないのですか?

というか ちがうんですよね。 条件の良いほうで

決着するってことでしょうか?

そのばあい 成り行き で OK と おもってしまうのですが。。。

結果としては 安く買って 高く 売れたので

良いのですが、 どうしても 理解できないので、

お付き合いおねがいいたします。

Aベストアンサー

例えば、現在値で600円の銘柄を 500円で指値売り注文だしたとします

ある人が「この銘柄なら500円なら買いたい」と思い500円で指値買い注文を出したとします

さて、この状態で500円同士の注文があったので500円で約定させてしまったらどうなるでしょう

現在値500円となり、相場はパニックです


500円で指値売り注文を出したとしても、買い注文の中で一番高い買い注文の人に対して売りをぶつけるわけです

つまり、あなたが600円で売り注文を出した時に610円で買い注文があったため、600円の買い注文よりも優先させて610円で約定したわけです



例えば下記のような板の状態ならば
600円で指値売り注文を出したら600円で約定します。
売り 値段 買い
1000 650 
1000 640 
1000 630 
1000 620 
1000 610 
    600 1000
    590 1000
    580 1000
    570 1000


以下のような状態の場合は600円で売り指値しても610円で約定します
1000 650 
1000 640 
1000 630 
1000 620 
    610 1000
    600 1000
    590 1000
    580 1000
    570 1000

例えば、現在値で600円の銘柄を 500円で指値売り注文だしたとします

ある人が「この銘柄なら500円なら買いたい」と思い500円で指値買い注文を出したとします

さて、この状態で500円同士の注文があったので500円で約定させてしまったらどうなるでしょう

現在値500円となり、相場はパニックです


500円で指値売り注文を出したとしても、買い注文の中で一番高い買い注文の人に対して売りをぶつけるわけです

つまり、あなたが600円で売り注文を出した時に610円で買い注文があったため、600円の買い注...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報